トレーナーに幼稚園…100万かかる!?犬を「いい子」にするために本当に必要なものとは

犬をいい子に育てるには100万円かかるって!?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

同僚が「また犬を飼おうと思う」と言い出しました。

以前、雄の黒ラブを飼っていたそうなのですが、話を聞く限り本当に伸び伸び自由に育てられた子のようで、
まさにわたしが目指すまったり犬そのものでした。

数年前にその子を亡くして以来、犬はもういいや…という気になっていたそうなのですが、
その同僚も旦那さんもまだ40代前半。
まだまだ、犬を飼っても問題ない年齢です。

またラブを飼おうかなと言うので、先代ラブくんをあんなにいい子に育てた実績があるのだから、
わたしも「いいんじゃない?」と大賛成でした。

しかしその同僚。

「でもさ、子犬をいい子に育てるには100万かかるって旦那が言うんだよね」

 

・・・ん?(゜∀゜)??

 

何を言っているのかな?

「いや旦那がね、犬をいい子にするには100万かかるってどこかで聞いたんだって」

犬をいい子にするのに100万かかるんすか!!皆さん知ってました??

どこにそんなお金かけるんですかね!?ちょっとわたしには不思議でなりません。

いいですか。

犬をいい子にするために100万もかかりませんし、もっと言えばお金なんて必要ないんですよ!

スポンサーリンク

 

犬を「いい子」にするのに100万?

同僚から詳しく話を聞くと、犬をいい子にするのに100万かかるというのは、

トレーナーについて、オビディエンストレーニングを一通り教わって出来るようになるまでに100万かかる

ということでした。

わたしが学生の頃、トレーニングを習っていた講師の一人は出張トレーナーで、1時間のトレーニングの料金が12,000円でした。

このトレーナーに毎週欠かさず出張に来てもらうとして、1年を52週として、12,000円×52回=年間費用624,000円になります。

1年と半年ちょっとくらいで100万円になりますね。

そういえばこの講師が、真っ白な状態の犬に毎週欠かさずトレーニングして基本的なオビディエンスを教えるまでに1年半くらいかかると言っていたので、
だいたいこれくらいで基本的なオビディエンスが出来る「いい子」になるということでしょうか。

本当に100万で「いい子」になる?

1年半かけて、100万もかけてトレーニングし、基本的なオビディエンスが出来るようになった愛犬は、
果たして本当に「いい子」になっているでしょうか?

ガンガンの体罰方式、おやつを使った方法、どんなやり方であれ、抑圧され命令され、言うことを聞くよう強制されてきた犬たちは、
ぱっと見は飼い主の横にぴったりくっついて歩くとてもよく出来た犬に見えるかもしれません。

この講師がトレーニングしたという自慢の「いい子」な犬たちを直に見せてもらったことがありますが、確かにトレーナーの言うことはよく聞くし、
ロボットのように従順なのですが、犬らしい美しさがなく、なんだか犬ではないようで、目が死んでいました。

初めて見た時は、「え、これが犬?」と驚いたものです。

わたしがそれまで実家がある田舎で見ていた、自由にその辺を歩き回り、人の言うことなんて聞きもしないけどなんとな~く仲間と認めてそばで暮らしている、
犬らしい犬たちとは全く違ったからです。

しかしわたしもこの時は本当に馬鹿だったので、「これがトレーニングして目指すべき犬の姿なのか」と納得してしまいました。
ああ、あのときに戻れるのなら一発ぶん殴ってやりたいです。

講師も講師で、「犬をいい子にするためにトレーナーにつくのはお金がかかる」と言っているような人でした。

この講師じゃないですけど、犬のトレーニングにどれだけの大金をつぎ込んでいる、大金を使えば使ったほど犬のトレーニングに力を入れている良い飼い主である
みたいなことを思っているバリバリのトレーナー系飼い主が、特に男性で、いまだに一定数いるなと感じるんです。

スポンサーリンク

 

そもそも「いい子」って?

同僚がこんなことを言うので、本当にトレーナーについて100万かけてオビを習うつもりなら、それはやめるべきだと大反対しました。

「先代ラブくんがオビが出来なくて困ったことある?」と聞くと、同僚、よくよく考えて。

 

「・・・ない」

 

でしょ?でしょでしょ!?

だから、オビなんて出来なくてもいいんだよ!

先代ラブくんと同じように、サークルになんて一度も入れられたことのない完全室内フリーで、お気に入りのベッドでぐっすり寝るような生活させて、
人間の余り物のご飯とドッグフードをあげて、リンゴやナシなんかも食べさせてあげて、お散歩はまった~り河原を歩いたり走ったりで、全然よくないですか?

だってその方が断然「いい子」になるじゃないですか。

オスワリやフセが完璧に出来るよりも室内で大人しく寝ててくれた方がよっぽど助かるし、飼い主の横にピッタリくっついて歩くことが出来るよりも引っ張らずにペースを合わせて好きな範囲で歩いてくれた方が楽しくお散歩出来るし、
ごはんを前にして長時間マテが出来ることよりも人間の食べ物を欲しがらないでいることの方が必要ではないですか?

「いい子」って言うのは、100万出してオビを習うことでそうなるのではありません。

小さい頃から、犬の言うことをよ~~~く聞いて、抑圧せず最大限自由を認め、犬らしく、犬の意思を尊重してあげることで、
自然と「いい子」になるんです。

100万かけてオビを習って、死んだ目の犬が出来上がったところで「いい子」にはならないんです。

 

「いい子」のためにお金を使うのはやめよう

犬を「いい子」にするためにお金使って、幼稚園に行ってみたり、トレーナーについてもらったりするの、もういい加減やめませんか?

もちろん、すでに何か問題が起きてしまっていて、それを修正するために自分だけの知識では足りないから、専門家に力を借りるというのならわかります。

でも、何の問題もないまだ真っ白な状態の子犬に、お金を払ってオビディエンストレーニングを習ったり、アジリティやディスクなどのドッグスポーツを習ったり、
はたまた幼稚園なんかに通わせたりする必要ってどこにもないとわたしは考えているんです。

特に何の問題もない愛犬を幼稚園に通わせたいという知人に理由を聞いたら。

「だってそこの幼稚園、犬におもちゃの片付けを教えてくれたりするんだよ?出来たらすごくない?」

もうバカ…

犬におもちゃ片付け教えてどうするんですか?
確かに芸が出来ることを喜ぶ飼い主さんはいますけど、それが犬のためになりますか?

おもちゃ片付けが出来ることよりも、苦手なことが少なく落ち着いて日々が過ごせることの方が大事じゃないですか?

そんなことにお金使うなら、もっと別のことにお金使ってあげればいいのにって思います。

そもそも日本の幼稚園って、よっぽど犬のことを考えたお犬様第一主義でない限り、通うことで犬のためになることって滅多にありません。
「犬の幼稚園」とは名ばかりで、飼い主さんのための商売ですからね、あれって。
本当の意味での「犬の幼稚園」が日本にいくつあることか…

例え100万かけてオビが出来るようになったとしても、それって日常生活では出来なくても全然困らないものです。

だったら、お金をかけるよりももっと大事なこと、犬の意思を尊重して接してあげるということをしてあげましょう。
そうすることで出来るようになることは、どれも日常生活で出来なくては困るものですし、犬とのまったり生活をするために必要不可欠なものです。

犬を「いい子」にするために100万なんて必要ない!

必要なのは飼い主の、犬への最大限の配慮と思いやりなのです。

スポンサーリンク

 

おまけ

実はおとといから下痢が続いているのんちゃん。

ベッドで巣作りして寝ていたので、寒いのかと思い布団をかけてあげたら、嫌がらずそのまま寝てました。
そうか…寒いのか…

あまりにも続くので、昨日の午前中病院に行って来たのですが、原因不明。
検便してもらっても異常ないし、何か食べ慣れないものを食べたわけでもない。

強いて言うなら、同僚からもらった鹿肉かな?
でも鹿肉なんていつも食べてるものだし…その手の専門店から買ったわけじゃないから殺菌ちゃんとされてなかったとか、ある?

今は薬でだいぶ良くなっています。

ちなみに先日下痢だったるーこは良くなってて、のんちゃんと同じ日に同じもの食べたのに全く異常なし、です。

久しぶりに下痢ピー用ご飯作ったよ。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です