日本にはなぜ「攻撃的な犬」が多いのか?他犬への攻撃行動を治す方法

他の犬への攻撃行動を治すのは現代日本ではとっても困難?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、他犬への攻撃行動の直し方についてです。

James O’Heare〝The Dog Aggression Workbook″より、知らない犬への攻撃行動の修正方法について紹介します。

では早速…といきたいところなのですが、この本に紹介されているやり方を日本でそのままやるのはとっても困難です。

多くの場合、犬に対する攻撃行動の修正そのものが困難なのです。
なぜなら、他の犬の行動をコントロールすることは難しいですし、行動修正の段取りをコントロールすることも難しいからです。

社会性を取り戻すにはリハビリが必要ですが、そのためには非常に社会性が高くしっかりと社会化された犬にリハビリに協力してもらう必要があります。

この、非常に社会性が高くしっかりと社会化された犬、というのが現代日本にはほとんどいないのです。

本書には、リハビリに協力してくれる犬とのセッションについての説明がありますが、場所、協力者(人と犬)、その他の条件を満たすのがかなり難しいなと思いました。

日本では、遠くから他の犬を見せ、大人しくしていられるという行動を強化しながら、少しずつ距離を詰めていくというのが安全かつ現実的なやり方です。

そこで今回は、本書に書いてある内容をもとに、日本でも誰でも出来る他の犬への慣れさせ方をご紹介します。

あわせて、なぜ日本には他犬に対して、吠えたり飛び掛かろうとしたりという攻撃的な犬が多いのか、その理由についてもお話します。

愛犬が散歩中に他の犬を見かけるたびに興奮して吠える、飛び掛かろうとして困っているという飼い主さん、ぜひ読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

「下がって」の合図を覚えてもらおう

他の犬に慣れさせ、社会性のリハビリをやる前に、犬と対峙して不安定な状況に陥った時に、言葉による「下がって」の合図を聞いてもらえるよう練習する必要があります。

トレーニングを始める時は、まずは犬が緊張しておらず、リラックスした状況でやりましょう。

以下、練習の仕方。

  • おやつを準備しましょう。犬の好きなものなら何でもいいですが、ポケットから出す時にまごつかないよう、あらかじめ手に握りこんでおきましょう。
    コングにクリームを塗ったものなど、いつでも素早く差し出せるものがいいです。
  • 「下がって」などの合図を足、自分の腿を叩くなど犬の気を引いて、犬が少しでもこっちを見たらすかさずおやつを与えます。
  • 少し距離をあけて「下がって」と腿を叩く合図を出し、犬がそばに来たらおやつをあげるようにします。
  • リラックスしている状況で出来るようになったら、今度は散歩中、遠くに他犬を見つけて、犬が立ち止まって少し緊張しているような状況で「下がって」と腿を叩く合図を出します。
    犬が一歩でもその場から離れたらすかさずおやつを出し、そのまま他犬から遠ざかるか、脇道に入りましょう。
    これを「下がって」の声の合図だけで出来るようになるまで繰り返します。
  • だんだんと他犬との距離を詰めていき、他犬とにおい嗅ぎをし合える距離まで近づけるようになりましょう。
    その時、犬が動揺していたり緊張していたり、怖がるようなしぐさを見せていたら、すかさず「下がって」の合図を出します。緊張が強いようでしたら腿叩きで気を引くのも使いましょう。
    犬が一歩でも他犬から離れたらすかさずおやつをあげます。
  • 相手の犬からにおい嗅ぎをされている時、犬がじっとしていたら呼ばないようにします。
    こうした状況では大人しくじっとしているのが正しい行為であり、もしその時に人に呼ばれたことで動いてしまったら、喧嘩が始まることがあります。

このセッションを少しずつ段階的に進めていくと、犬に会っても知らんふりしているか、気の合う犬ならにおい嗅ぎをしてサラッと挨拶を交わすことが出来るようになってきます。
そういう行動が出てきたら、それを強化していきましょう。

相手の犬に対して攻撃的な行動を取らないのであれば、犬と会った時に毎回呼び戻す必要はありません
少しずつ社会化を身につけさせていきましょう。

ただし、もし攻撃的になりそうな場合は、攻撃行動をとる前に早めに呼び戻しましょう。

いずれにしろ、犬のボディシグナルをよく見て、大丈夫そうかダメそうかを早めに判断出来るようになりましょう。

おやつを使う注意点

このセッションにはおやつを使いますが、その際に注意点があります。

それは、おやつに頼りすぎないということ。

おやつを使うと、おやつに頼りっきりになって、犬も飼い主もおやつしか見なくなるということが度々起こります。

飼い主さんは、犬がおやつなんて落ち着いて食べられる状況ではないのに、無理矢理おやつで釣ってその場を乗り切ろうとしたりしますし、犬も犬でおやつしか見ていないので、大丈夫でないことでもおやつパワーで乗り越えられてしまうことが多いのです。

おやつを使うセッションですが、最終的におやつをなくすことが目標です。
なので、はじめからおやつに頼りっきりでいると、いざおやつをなくしてみたら実は全く出来なかったということがよく起こるのです。

おやつに頼りすぎると、犬が本当に大丈夫なのかどうか、犬がどこまで出来るのか、そのレベルがわからなくなります

なので、おやつではなく犬をちゃんと見てあげて下さい。

犬が全然大丈夫ではないのに、おやつで釣って乗り切って、犬の口におやつを無理やり放り込みながら「ほ~ら大丈夫だね~」なんて言ってるどこかのトレーナーみたいにならないようにしましょうね。

 

スポンサーリンク

 

日本はなぜ「攻撃的」な犬が多い?

本書では更に難しい状況での犬慣れの練習についての記述が続きますが、社会性を発達させるリハビリの機会が非常に限られている日本ではなかなか難しいので割愛いたします。

そもそも、なぜ日本には攻撃的な犬が多いのでしょうか?

日本ではヨーロッパに比べて、他の犬に攻撃的な態度をとる犬がけた違いに多いのです。

これはひとえに、子犬を展示販売するペットショップで犬を買う人が多いことが原因と言えます。

ペットショップの子犬は飼いにくい

ブログで何度も言ってきたことの繰り返しになりますが、ペットショップの子犬は社会性の機会が少なく、とても飼いにくい子犬なのです。

日本では犬も猫も小さければ小さいほど良いとするおかしな考え方があるので、ショップに展示されているのはみんな生後1か月半をようやく過ぎたかというほどの子犬・子猫ばかりです。
たまに売れ残って大きくなってしまった子もいますが、そういう子はほとんど売れません。

そんな月齢でペットショップに来るためには、それよりも更に幼い頃に輸送し、競りにかける必要があります。

そのためには、1ヶ月そこそこで親兄弟から引き離さなければならないのです。

子犬は、親兄弟と一緒にいて遊ぶことで、甘噛みの抑制をはじめ、たくさんの社会的ルールを学びます。
しかし、その前に引き離され、さらにその後輸送されて競りにかけられるという辛く恐ろしい経験をします。
子犬にとってのストレスも半端なく、輸送中に亡くなる子犬も少なくありません。

わたしもペットショップで働いていた頃、輸送されてきた子犬が入っている段ボールの蓋を開けた時、まだ温かいのに口から泡を吹いて、動かなくなっている子犬・子猫を何頭も見て来ました。

輸送を乗り切っても、その先に待っているのはひとりぼっちでガラスケースに入れられ、展示される毎日です。

同じ犬たちや、外の世界から切り離され、あんな狭い場所でいったい何を学べというのでしょうか。

実際、子犬時代のトラウマ体験と社会化不足、早すぎる時期に親から引き離された不安により、ペットショップで買われた犬が問題行動を引き起こす率が一番高いという調査結果があります。

みんな気軽にペットショップで犬を買いますが、とても育てにくいだけでなく、問題行動を起こしやすい上に、先天性疾患を持っている確率も非常に高いのです。
さらに恐ろしいのは、ショップ店員たちが先天性疾患などあって当たり前という認識であることです。

小型犬によくある「膝蓋骨脱臼」や「泉門」などは立派な先天性疾患ですが、「小型犬にはよくあることで問題はない」という言い方をする店員が多いですし、実際にそう思い込んで重大視していません。
よくついて勉強もせずに犬を買おうとする飼い主は、その言葉を信じてしまうのです。
》「遺伝病」は当たり前?

もちろん、それでも飼い主の努力によりいい子に育てることは出来ますが、とても大変だということを肝に銘じておきましょう。

ヨーロッパでは生後2か月以前に親犬から子犬を引き離すことを禁じる法律があり、国によってはそれがさらに3ヶ月までに延長されています。

さらにショップでの生体販売は禁止されています。

こうした法律により規制は犬猫の福祉のためだけでなく、飼い主のためになるものです。

日本の遅れているどころではなく動物愛護法に、早くこうした規制が盛り込まれることを願います。

 

スポンサーリンク

 

おまけ

「キングダム」3回目観に行ってきました♪

パンフレットも購入しましたよ~~~。

1回目の映画観に行く前から父がなぜか原作漫画を買ってきて、それをちょいちょい読んでいるのですがわたしは壁のあんちゃんが好きです。

映画でも壁役の満島君好きだからなおさら。

原作よりもちょっと優男風というか、何か普通感が否めないけど壁ってもともと普通だもんね。
いやいいんだけど、見せ場は削らないで欲しかったなぁああああ~~~(ノД`)・゜・。

「剣に斬れぬものはなし!」って言って欲しかったぁ~ちゃんと~~~!!!

あと、ついにシネマイレージカード、持っちゃいました。

数えてみたら今年に入ってすでに映画10回観に行ってるし、この後も「ゴジラ」「アラジン」「ラインキング」「アルキメデスの大戦」「メンインブラック」「ロケットマン」などなど、
今年は映画の豊作年なのでまだまだ観に行く予定なので。

今年だけでも十分もとは取れるだろうと思って、入会しちゃいました~~~。

入会金だって500円だし、更新の時だってたったの300円だし!

毎週火曜日はチケット1,400円になるしぃ~~~♪

映画観に行く人で東宝シネマズがメインだよって人はぜひぜひ、入会してみて下さいませ~~~。
決して東宝シネマズの回し者ではございませんw

勢いあまって、映画「キングダム」のノベライズも購入しちゃいました♪

今年は面白そうな映画がいっぱいでホクホクでございます♪
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です