「アルファシンドローム」なんて大ウソ!

   

スポンサーリンク

こんにちは!

今日も全力で犬と山に登って来た犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

今回は「アルファシンドローム」にまつわる大ウソの話です。

アルファシンドロームとは?

家族という群れの中で、犬が自分が一番えらく、自分以外の家族を下の地位であると勘違いした状態のことです。

権威症候群ともいい、アルファシンドロームである犬は飼い主に対して攻撃的になります。こういった犬たちには飼い主がリーダーであることを認識させるために、体罰も含む厳しいトレーニングが必要だと言われてきました。

要は、犬を厳しく罰するための免罪符です。

アルファシンドロームはすでに否定されている

犬が人のリーダーになったと勘違いしている、などという考えは非常にナンセンスです。

野生のオオカミは家族単位で生活し、家族の中に階級はなく地位を巡って争うことはないということがわかっています。オオカミの血を引く犬も同じであり、人間とともに暮らすイエイヌはオオカミよりももっと順位付けの意識は希薄です。
詳しくはコチラの記事わたしがパックリーダー論を否定するワケ

この説とともに、「アルファシンドローム」もすでに否定されているのです。

なぜいまだになくならないのか?

ではなぜ、すでに否定されているはずの「アルファシンドローム」はいまだに犬のしつけの中に深く根付き、なくならないのでしょうか?

それは、犬の問題行動を説明するのに一番手っ取り早い方法だからです。

例えば犬が攻撃的である場合、確かに犬の性格や飼い主の接し方(力で服従関係を気づいている場合)などによっては上位の座を狙っての攻撃であることもあります。しかし、それは本当にごく一部です。

一口に「咬む」といっても、性格、環境、ストレス、飼い主の接し方、過去のトラウマなど、理由は数え切れないほどあります。にも関わらず、原因を確かめもせずに「この子はアルファシンドロームだ」と言っているにすぎないのです。

学生時代に研修に行った訓練所でも、特に昔気質のトレーナーはこの「アルファシンドローム」が大好きです。こう言っておけば全て解決すると思ってるみたいに、何でもかんでもこう言います。

過去に叩かれたことがあるのか、明らかに人の手を怖がって攻撃的になっている犬にでさえ「この子はアルファシンドローム」という診断を下し、首にチョークチェーンをはめてトレーニングし始めたのには驚きました。あの子はよくなったんだろうか…悪化していないといいな。

「アルファシンドローム」と言われる犬たちはどういう状態なのか?

結論から言うと、ただ単に「わがままなだけ」です。

例えば、犬の邪魔を一切せず、遊びたいだけ遊ばせてやり、散歩中も好きなだけ引っ張らせて行きたい方に行かせ、好きなおやつを欲しがるだけあげて、好きな場所で寝かせ、好きなことを好きなだけやらせて、飼い主の言うことを全く聞かず気に入らないことがあると唸ったり咬んだりする犬が出来上がったとします。

そんな状態の犬を、「リーダー」といえるでしょうか?

このすぐ唸って咬む犬は、「リーダーになった」のではなく、ただ単に「わがままなだけ」なのです。

要は我慢することを教わっておらず、「わがままになって欲求をおさえられない」状態なわけです。好きなことを好きなだけ出来る生活が当たり前になると、自分の思い通りにいかないことがあった時にすぐに爆発するのです。

甘やかされて育った人間の子どもが、わがままですぐに癇癪を起こすのと同じです。

こんなものは、リーダーでもなんでもありません。

ボダ子とシェル太は「アルファシンドローム」

うちの愛犬、ボダ子(ボーダーコリー)とシェル太(シェルティ)は、世間一般ではアルファシンドロームと言われてしまう子たちです。

例えば、山や河原でリードを離して遊ばせている時に、そろそろ帰ろうと呼んでもまだ遊び足りないと1回呼んだだけでは戻って来ません。時間がない時は2回呼ぶと戻って来ます。朝は時間がないことを理解してくれてるので、1回で戻って来てくれます。

時間がある時はもう10分くらい待ってやれば、満足した顔で自分から戻ってきて、「さあ帰りましょう」とリードにつながれるのを待つのです。

これは、わたしが「犬の意思を尊重」して接している結果であり、犬たちがわたしに意思をしっかり伝えている結果でもあります。犬が飼い主に意思を伝えるというのはわがままでもないし、罰されるべきことでもないのです。当たり前のことです。


呼んでも来やしない犬たち。こういう時はとことん付き合ってあげます。

この前、河原で犬たちが呼んでも来ないので満足するのを待ってたら、よく近所でラブラドールにバシバシの服従訓練をしているおじさんに、

「何してるんだ!1回で来させないとダメだろ!」

とか怒鳴られました。

うっせえハゲが!!

無視して聞こえないフリしました。

間違いだらけの「アルファシンドロームを引き起こす原因」

今回この記事を書くためにアルファシンドロームについて調べている時、「アルファシンドロームを引き起こす原因」という間違いだらけのとんでもサイトを見つけました。

  • 犬に先に食事をさせる
  • 犬に前を歩かせる
  • 飼い主の目線より高い位置に犬をおく
  • 一緒に寝る

パックリーダー論で「人がリーダーになるためにやるべきこと」とされているのと全く同じですね。もう笑っちゃいます。

うちはこれ何一つ守ってませんよ。守ってないけどうちの犬たちは自分がリーダーになったなんて思ってないし、わがままになったりもしてません。自分の意思は伝えてくるけど。

そんなこと気にするくらいなら、もっと犬とコミュニケーションをとって、犬が何を伝えたいのか理解してあげましょう。

 - パックリーダー論, 犬との接し方