「出来るだけやる」の勘違い

      2018/04/27

皆様こんにちは。

犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

ついさっきから雨が降り始めました。
明日の散歩の時間までにはやむといいなあ…

さて、ご相談件数も増えてきているのですが(それゆえお返事遅れております…申し訳ありません)、
同時にちょっと気になることも出て来ました。

今回写真は適当でいきます。

わたしは常々、「これを完璧に出来ないとダメです」とは言わずに、
飼い主さんのペースで「出来るだけやってあげて下さい」とお願いしてます。

でも。

この「出来るだけ」を勘違いしている人が多いな、と思うのです。

スポンサーリンク

出来るだけというのは、文字通り出来るだけなのですが、
「出来るだけやる」と「出来ないからやらない」は全く違うのです。
出来るだけやるためには、飼い主さんの努力と工夫が必要になります

その努力と工夫を何もしないで、出来ないと最初から決めつけてやらないのでは、
犬のストレスも全然減らないし、改善するものも改善しない。

どうも、わたしが言う「出来るだけ」が、飼い主さんたちの逃げ道になっている気がします。

これは出来ないと決めつける前に、知恵を絞って何とかやってみれば出来るかもしれないのに、
それをやらない飼い主さんが多い。

ええ加減にせえや。怒るでしかし。

例えば、散歩の時間と回数を増やして下さいとお願いしたとします。
でも飼い主さんはフルタイムで働いていて、出勤前や帰宅後の散歩は難しいと言います。
では、出勤前や帰宅後に何をしているのかと聞くと、寝られるだけ寝ていたり、
見るともなしにテレビをつけていたり、ということが多いんです。

だったら、朝頑張って少し早く起きてみるとか、そのために夜早く寝るとか、
できる限り工夫をするってもんじゃないでしょうか。

そう言うと、「自分の時間がなくなる」と言う人がいるんですが、

 

犬を飼った時点で自分の時間なんかなくなると思え

 

というのがわたしの正直な答え。

子どもがいて家の中でバタバタすることが犬のストレスになっているのなら、
親として子どもがわかるように説明し、犬がいる時は静かにしてもらう必要があります。

わたしがオススメするような散歩場所が近くにないのなら、
抱っこや車などで連れて行ってあげればいいし、
それでも毎日は難しいというのなら、せめて週に1回だけでも連れて行くだけでだいぶ違います。

車が苦手なら、はじめは短い距離、時間から慣れさせてあげましょう。
のんちゃんは小さい頃、車に乗ると毎回酔って吐いていたので、車が大の苦手だったんですが、
車に乗せて楽しい場所に連れて行っている内になれてくれました。
どうしてもダメというなら、酔い止めを処方してもらうことも出来ます。

うちの子はこれが出来ないとか、わたしの状況ではこれは無理とか、
何でもかんでもやる前から決めてかかって、やろうともせずに諦めないことです。

やる前から諦めるなら何のために相談したんだよって感じですし。

スポンサーリンク

犬のために自分の生活パターンや時間を犠牲にしてまで何かすることを、
なぜか多くの人が嫌がります。

そもそも、「犠牲にする」っていう考え方がわたしには理解出来ない。

犬は人間に飼われてしまったがために、人間よりも遙かに多くのものを犠牲にしている。
それに比べれば、人間が犬のために何かしてあげることなんて、犠牲の内に入らない。

わたしも犬を飼ってから、ずいぶんと生活が変わりました。
でもそれを犠牲だとは全く思わないし、家族にしてあげる当然のことをしているだけです。

それに、本当に幸せな犬と暮らすことは、人間にとっても幸せなことです。

犬のことを考えてあれこれやることは、犬のためでもありますが、
飼い主さんのためでもあります。

「出来るだけでいいんだ」と逃げ道を作らずに、
本当の意味で「出来るだけやる」を実践してみて下さい。

出来るだけやった先には犬との幸せライフが待っています♪
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

 - 犬との接し方, 犬との関係