男性が犬を「アクセサリー」として飼うと質が悪い

   

女性だけでなく男性も犬を「アクセサリー」として飼うことがあります。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

さてこの時間に(現在4:30am)ブログ更新してるってことは、
本日も2時起床でございました。

何かもう…いいやって感じになってます。

5,6時間は寝られてるし。

昼間特に眠くて仕方ないってこともないし。

起きてから今まで何してたかってゆーと、
やっぱりDVD見て漫画読んでました。
自分時間有効活用。

あ、犬たちは相変わらず微動だにせず爆睡してます。

スポンサーリンク

最近、うちの職場の芝生に、よく犬連れて散歩に来る人がいるんです。

背が高くてがっしりした体格のいいおじさんで、
カウボーイハットに革ジャン、先のとんがった革靴と、
何だか妙に気取ってるおっさん。

で、その連れてる犬はというと…

断耳してピンッと立たせた耳のドーベルマン、チョークチェーン付きである。

「犬をアクセサリーにする」というと、トイプーやチワワなど、
小型犬を飼って可愛い服を着せて連れ回したりという、
女性がよく批判されているが、男性もこうして犬をアクセサリー化していることがあります

しかも、男性が犬をアクセサリーにすると、女性よりもよっぽど質の悪いことになるのです。

 

「力の象徴」としてのアクセサリー

女性が犬をアクセサリーにする場合、「可愛らしさ」を求めている場合がほとんどです。

可愛い小型犬をにリボンをつけたり服を着せたりして(ウゲェ)、
あちこち連れ回したり、SNSにアップしたりして、
周りからの「可愛い」という反応を望んでいるのです。

しかし男性は、小型犬ではなく、ドーベルマンやロットワイラー、
グレートデン、ピットブル、土佐犬などといった、
いかにも強面の強そうな犬に、チョークカラーやピンチカラーをつけて、
自分もキメッキメの服装をして連れ歩くのです。

どうも、こういう男性は「力」への強い憧れを持っているように思えます。

女性が小型犬に「可愛らしさ」を求めるように、
男性は強面の大型犬に「力」とか「強さ」とか、そういったものを求めているのです。

そういう犬を連れていると、自分が「力」を持った「強い」存在に
なったように思えるのではないでしょうか。

つまり、キメッキメの男性は強面犬たちを
「力の象徴」としてのアクセサリーとして連れ歩いているのです。

スポンサーリンク

 

しばしば起こる「虐待」まがいのしつけ

「力の象徴」として大型犬を飼った男性は、しばしば自分の力を見せつけるかのように
犬に虐待まがいの体罰を使った厳しいしつけを行います。

いかにも強そうな強面の犬を屈服させて、言うことを聞かせて、
指示通りに動かすのはさぞや気分のいいことなのでしょう。

近所の秋田犬を飼っている男性もまさしくそうで、
体の大きいがっしりした虎毛の秋田犬くんを太いしめ縄のようなリードで繋ぎ、
庭先でトレーニングしているのをよく見かけるのですが、
首根っこをつかんで地面に伏せさせたり、ちょっと反応が遅れると叩いたりと、
虐待まがいどころかもはや完全に虐待なのです。

「犬のリーダーにならなければいけないから」とか、
「上下関係が大事だから」とか、
もっともらしい間違った理由をくっつけていますが、
ようは自分の支配欲を満足させたいだけなのです。

体罰を受けている犬は、攻撃的な場合が多く非常に危険です。

職場に散歩に来るドーベルマンも体罰を使われているようで、
同じように散歩に来たパピヨンちゃんに向かって突進していったそうです。
そのパピヨンちゃんの飼い主さんが教えてくれたのですが、
飼い主さんの制止を振り切りリードを引きちぎる勢いで駆け寄って来て、
慌てて建物内に避難したと言っていました。

60㎏はありそうな大きな強面犬が自分に向かって突進して来るというのは、
なかなかの恐怖です。

だいたい、力任せのしつけをしている人に限って、
犬は全くその人の言うことを聞かないものです。

だから「力」を求める飼い主は余計に犬を厳しく叱りつけ、
すると犬はますます言うことを聞かなくなる…という悪循環です。

そりゃそうだ。

信頼関係も絆もなく、ただ飼い主の「力」を示すアクセサリーとして飼われ、
厳しいしつけをされてきた犬の心は限りなく飼い主から遠いのです。

世間ではこういった強面の犬にこそ体罰を辞さない厳しいしつけが必要という風潮が
いまだにあるけれど、それはあまりに危険なことです。

強そうな大型犬こそ、罰を使わない、叱らない接し方をして育て、
人との絆をしっかり築き、間違っても自分より弱い相手を攻撃することが
ないようにしたいものです。

犬は自身の「力」への欲求を満たすアクセサリーでも、
支配欲を満たすための道具でもないのです。

しっかり向き合って、“友達”“仲間”“家族”としての関係を築いていきましょう。

スポンサーリンク

おまけ

最近、お散歩後にこういう顔することが増えたのんちゃん。

これ以上暑くなったお散歩いつ行くよ…
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

 - まったり育犬, 犬との接し方, 犬との関係