「わがまな」ではなく「権利」

   

こんにちは!

今日は1日犬たちと外で過ごしてとっても気分が良い犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

さて、本日は犬のわがままに関するお話です。

よく「うちの子はわがままで…」って言ってる飼い主さんの話を聞くんですが、それって本当にわがままなんでしょうか?

 

愛犬が「わがまま」になった?

家族はよく、ボダ子のことを「前に比べてわがままになった」と言います。

“前”というのは、わたしがボダ子に対して「ああしなさい、こうしなさい」「アレもダメ、ソレもダメ」と押しつけてばかりいて、ボダ子がストレスいっぱいだった頃のことです。

そのやり方が間違いだとやっと認められて、それまでのやり方を全て変え、ボダ子の表情やちょっとした仕草をよく観察し、できる限り言うことを聞いてあげて、嫌なことは極力しないように気をつけてあげました。

するとボダ子は「ああしたい、こうしたい」「アレは嫌、ソレは嫌」と伝えてきてくれるようになりました。

お客さんにも基本的にわたしと同じようにしてくれるようお願いしているので、そうするとボダ子と同じように意思をハッキリ伝えてきてくれるようになるのです。

しかし、それで時々「うちの子がわがままになった」と言う人がいます。中にはクレームとして伝えてくる人もいました。

でもそれって、本当に「わがまま」でしょうか

わたしはそうは思いません。

 

わがままではなく正当な「権利」

それまで嫌でも仕方なく我慢していたことを「嫌だ」とハッキリ主張することは、決してわがままではありません。

むしろ、これは非常に良い変化です。

飼い主に命令に従ってばかりいたり、飼い主がどうして欲しいか感じ取ってそれに沿うように行動したり、そんなことばかりやってると犬だって窮屈だし疲れてしまいます。

人間だって嫌なモノは嫌だとハッキリ言えるような関係の人と一緒にいたいでしょう。

以前の記事にも書いたように、嫌だとか怖いなどといった感情を否定しないというのはとっても大切なことなのです。またこれらの感情は生き物にとって当たり前のことであり、生きていくために必要なものなのです。

愛犬が何かを怖がったり、嫌がったりするのを見て、がっかりしたり、ましてや叱ったりしてはいけません。

わたしはいつも「そっか~嫌か~じゃあ仕方ないね」と軽く流して回避するようにしています。

こういう「嫌だ」といった主張をちゃんとしてくれると、何に気をつけてあげればいいのかわかるので、こちらとしても楽なのです。

また、しばらく回避してあげていれば犬の方も冷静になって「そんなに嫌なものじゃないかも…?」と自ら克服にチャレンジしてくれることもあります。

風に揺れるビニールハウスが大の苦手だったシェル太は、気づけばバサバサ煽られているビニールハウスの脇を平然と通り抜けられるようになりました。

ボダ子は、お散歩後に毎回やっていた時はブラッシングが大嫌いで歯を剥いていましたが、必要な時以外やらないようにしたら、今は時々ちょっとやるくらいなら快くやらせてくれます。

こんな風に嫌なものに対する「嫌だ」の度合いが下がって克服してくれることもありますが、克服してくれないこともあります。それも犬自身の判断に任せておけばいいのです。

嫌なことを嫌だと主張するのは決してわがままではなく、犬の正当な「権利」だと理解していただきたいと思います。

そして、犬が嫌がること、怖がることを極力やらないようにしてあげることが大切です。

愛犬が「嫌だ」と主張してきたら、それを我慢してやらせるのではなく、しっかりとそれを認めてあげて下さい。

 - 犬との接し方, 犬との関係, 犬とコミュニケーション