「Drケアワン」「犬心」お試しした高級国産ドッグフードがどれも絶望的に不味かった件について

高級国産ドッグフードがどれもこれもとてつもなく不味かった。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、ここ数か月色々試してみたお高い国産ドッグフードがどれもこれもウソみたいに不味かったことについてちょっとお話します。

今まで、うちの犬たちに食べさせていたのは海外のドッグフードがメインでした。
「シュプレモ」とか「アートゥー」とか。

逆に、国産ドッグフードっていうのは今まで滅多にあげたことがありません。

なぜかって言うと、確かに品質は良いものが多いんですが、1Kg サイズとか容量少ないのしか売ってないことがほとんどだし、何より高いんです。
1㎏5,000円って…確かに高品質ではあるんだけど、中型犬2頭飼いにはとても手が出るお値段ではありません…

それで今まで敬遠してたんですが、やっぱり興味もあるし、去年の10月くらいからいくつかのメーカーを選んでお試しで購入してみました。
アフィリエイトのセルフバックって知ってます?
自分で商品を購入した場合でも報酬が得られる商品がいくつかあるんですが、その対象商品を中心に購入しました。

ら。

もうこれが…不味いのなんのって。

初めてあげるフードは必ず自分で味見するんですけど、試したフードほぼほぼ全て、不味かったです。

いつもなら試してみて「あ~これは良くないな」って思ったものは紹介しないんですが、今回はあまりに不味かったのでお話します。

 

お試ししたフード

お試ししたフード名だけ挙げると、

  • 犬心
  • Drケアワン
  • UMAKA-美味華-
  • いぬはぐ

この4つです(お試しした順番です)。

中には薬みたいな味のフードも…?

一番不味かったのが「Drケアワン」。

不味すぎて写真撮るのも忘れてたけど、フードは本当に小粒で平べったい丸い形をしています。

味は…何ていうのか、漢方薬みたいと言うか、もはや苦い薬みたいと言うか。
フードの形も相まって本当に薬にしか見えなくなってきます。

とにかく苦いんです。

のんちゃんもるーこも、基本的に食べ物なら何でも好き嫌いなく食べるんですが、「Drケアワン」は一口食べて、
「ん?何これ?」みたいな顔してました。
それでも完食はしましたが。

「Drケアワン」と「犬心」は、獣医師監修を謳ったフードで、愛犬の涙やけ改善や腫瘍性疾患をケアするなど、療法食的なフードです。

「犬心」も、「Drケアワン」とまではいきませんが不味かったし、療法食ってやっぱり不味いんですね。

「美味華」と「いぬはぐ」は、それほど不味くはありません。
でもやっぱり、毎日食べさせたくはないなと思いました。

スポンサーリンク

 

味見をしないの?

試してみた国産フードがどれも不味くて、まず思ったのが「味見してないのか?」ってこと。

まあ、犬が食べるものですから十中八九味見なんてしてないんでしょうね。

いまだに犬は味音痴だと思われているし、多少不味くても香りが良ければ喜んで食べるという認識なんでしょう。

そもそも、ドッグフードは犬のための商品ではなく、飼い主のための商品です。
「添加物不使用」だとか「ヒューマングレード」だとかは確かに犬にとっても重要なことですが、愛犬の健康を重視する飼い主のためが一番です。
ひと昔前に、着色料をガンガン使っておいしそうな色にしていたのも、犬のためではなく飼い主のために見栄えをよくしていたからですもんね。

でも、いくら飼い主のことを考えて作ったって、結局食べるのは犬なんですよね。

飼い主に購入してもらうためにいくら厳選した材料を使い、高品質・無添加・国産を謳ったって、それで不味くっちゃ食べる犬が可哀そうすぎます。

犬は決して味音痴ではありません。

いつも不味いフードを食べさせられるのに嫌気が刺して脱走ばかりしていた犬が、手作りご飯に変えた途端ピタッと脱走するのをやめたという話もあります。
》脱走の原因は「ご飯が不味い」せいだった!?

犬の口に入るものなんだから、ドッグフードも是非製造過程で味見をしてほしいなと思うのです。

 

安心で「おいしい!」なフードは?

わたしは自分が食いしん坊なのもあって、犬たちにもどうせならおいしいものを食べさせたい!と思っています。

経済的にドッグフードを食べさせることもありますが、自分で必ず味見して、どうしても不味い!ってなったものは絶対にあげません。

厳選された材料、高品質、無添加、ヒューマングレードなどは、今のドッグフード業界では常識になりつつあります。
そこにもう一つ「人間が実際に味見をしておいしいと感じる」が常識になればいいなと思います。
今でも「人間が食べてもおいしい!」を謳ったフードはありますが、あれ実際に食べてみてもそんなにおいしくありません。
これをおいしいと感じるとか、その人味覚大丈夫かな?って思ったり。

今のところ、ドッグフードと名の付くもので、安心した与えられてなおかつ「おいしい!」のは「Butach ブッチ」くらいかな。

新規バナー
》本当にいいものを食べさせたい!ドッグフードButch(ブッチ)を与えてみた

あとはドッグフードとはちょっと違うけど、「手作り元気ごはんの素」と「薬膳ごはんの素」はどっちもおいしい。


》炊飯器で炊く「手作り元気ごはんの素」を使ってみた


》とことんアレルギー対策!「薬膳ごはんの素」を焚いてみた

あとは何より、手作りご飯は一番安心だしおいしいですね。

この2か月ほど、朝はフード、夜は手作りご飯を貫いています。
「元気ごはん」や「薬膳ごはん」を使うよりも、一から全部自分で材料買ってきて手作りした方が、安く済んでいるので助かっています。

毎週火曜日に1週間分作り置きするから楽ちん。

材料考えるのも楽しいです。

参考にしてる本はこれ。


》手作りご飯初心者におすすめ!獣医師監修のとっても簡単レシピ本

材料ごとに色分けされてて、どの色の材料をどのくらいの割合で入れればいいかも書いてあるので、ズボラなわたしでも簡単にレシピが作れます。

 

犬だっておいしいものが食べたい!

昔から、味覚オンチだからおいしいとか不味いとかわからない、と言われてしまう犬たち。

そもそもなぜ犬が味覚オンチだと言われるようになったかといえば、犬がいつも食べざるを得ないドッグフードが人間には不味く感じられて、そのフードを喜んで食べている犬は味覚オンチだと、と思われたのが理由だと教わりました。

人間に飼われている以上、犬は出されたものを食べるという選択肢しかないのだから、たとえ不味いドッグフードでも食べるしかない。
だというのに「よくこんな不味いものが食えるな」と、味覚オンチだと言われて不味いフードしか出されなくなったら犬もたまったもんじゃないでしょう。

それに、味覚には嗅覚も大きく関係しています。

どんなに味蕾が大きくても、鼻がつまっていれば味なんて感じません。

それなら、鼻の効く犬の方が人間よりもずっと味覚が敏感なのではないかな、と犬たちを見てて思うのです。

ストレスレベルが高く食べ物だろうが小石だろうが掃除機のように吸い込む犬は別として、精神的に落ち着いている犬は、おいしいものと不味いものを選別する能力に長けています。

うちの犬たちもそうです。
廃棄されているリンゴや、落ちている銀杏から、おいしいものだけを選んで食べています。
何をもっておいしいと判断しているのかわかりませんが、ちょっと食べてぺっと吐き出したものはそれ以上食べないし、二口、三口と食べるものはそのままガブガブと食べるので、食べてみて不味ければそれ以上食べないし、おいしければ完食するのでしょう。

よく、ずっとドッグフードしかあげていなかった犬に手作りご飯をあげたら、ドッグフードを食べなくなったと言うと、食事にうるさくなっただのわがままになっただのと言われますが、
ただ単純に「ドッグフードが不味かったから」ではないでしょうか。

きっと、犬たちだっておいしいものを食べたいと思っているはずです。

ドッグフード、おやつ、市販の犬用手作りご飯など、犬の「食事」を作っている皆さん。

是非、製造過程に「味見」というものを加えて下さい。

そこで人間が「不味い」と感じたものは、犬だってきっと「不味い」と感じるはずです。

スポンサーリンク

おまけ

ふと、そういえばのんちゃん、5月で7歳になるんだ、とさっき気づきました。

早いな~。
3月だってもう3分の1過ぎてるんだから、5月26日なんてあっという間ですよね。

犬も長生きになったとはいえ、7歳って「シニア」って感じしますよね。
6歳までとは明らかに違って、気を付けてあげなきゃ、って感じがします。
いやもちろん、今までも気を付けてあげてはいたけども。

3月の終わりにはフィラリアの検査に行く予定なので、その時ついでにやってもらってる血液検査の項目、増やしてもらおうかな~。

フードも7歳以上用にした方がいいのだろうか?

のんちゃん自身はまだまだ若いし、全然シニアって感じしないのに、飼い主だけ先走っちゃってます。笑

まだまだ長生きして下さいな~。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です