犬が食器を取り上げると噛むは誰のせい?原因と対処法は?

      2018/10/12

新規バナー

噛んだのが先か。取ったのが先か。たいていは・・・

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は久しぶりに暑かったですね。

今日は午前中から仕事でコンサートの手伝いに地元の公民館に行ったんですが、
そこのエアコンが音がうるさかったので、コンサートの演奏中はエアコンをオフにし、
MCの間だけオンにしてたようなのですが、まあ暑くて暑くて。

途中からホール内入って聞かせてもらえたんですが、暑くて途中で出て来ちゃいました。

犬たちも暑かったのか、家に帰って来たら水がここ最近ないくらい減ってました。

たくさん入れてってあげて良かった。

のんちゃんは久しぶりに玄関の石畳で寝てたみたいです。

夕方は涼しくなってくれたので、お散歩はたっぷり行けました。

スポンサーリンク

去年の今頃だったと思うのですが、当時2歳だった雄のトイプーを飼ってる友人から、
食器を取り上げようとしたら犬が急に噛んで来るようになった」と電話がありました。

その時のわたしの答えは「犬から食器を取り上げるな」でした。

食器(に限らずですが)を犬から取り上げようとしたら噛んできた、という話は本当によく聞きます。

多くの飼い主さんは「急に」とか「突然」とか言いますが、それって本当に「急に」「突然」なんでしょうか?
犬が噛む原因というのは犬から食器を取り上げようとしているせいだというのはわかり切っているのですが、
なぜ飼い主さんは犬から何かを取り上げるというマナー違反をしてしまうのでしょうか。

今回は、愛犬が食器を取ろうとすると噛むようになってしまった場合について、
何がいけないのかの原因と、どう対処してあげればいいのかをお話します。

▼合わせて読みたい
危険!「犬から取り上げる」はマナー違反

 

本当に「急に」「突然」?

愛犬が急に・突然噛むようになった、という飼い主さんは多いですが、
ブログで何度かお話しているように、犬が本当に「急に」「突然」噛むということは滅多にありません

たいてい、噛むという強い拒絶の行動に出る前に、何かしらのカーミングシグナルを出しているはずです。
舌をペロペロしたり目を逸らしたりという軽いものから、体を硬直させたり唸ったりというわかりやすいシグナルに移行していくのです。

恐らく、友人含め犬が「急に」「突然」噛むようになったと言っている飼い主さんは、
それまでに何度も食器を取り上げるという行為をしているのでしょう。

何度も何度もそれを繰り返されている内に、犬にも我慢の限界が来て噛むようになるのです。
わたしだったら食事中に食器を取り上げられるなんてことされたら一度でキレますけどね。

それを犬という優しい生き物は突然キレるのではなく、まずはカーミングシグナルで「それやめて」と平和的に伝えるのです。
しかし飼い主がそれに気づかないがために、わかりやすく噛むという手段に出るわけです。

噛むというのもいきなり手に噛み付くのではなく、空咬みで噛む真似をしたり、歯を手に当てるだけなど、
急に相手を傷つけるようなことはしません。
それでも飼い主がわかってくれないと、いよいよ本格的に相手を傷つける噛み方をするのです。

「急に」「突然」噛むようになったと言っている飼い主さんは愛犬が出す「やめて」のシグナルに気づいていないだけで、
優しい犬がいきなり噛むなんてことは本来有り得ないことなのです。

犬に噛まれる飼い主さんは、犬が噛むほど嫌なことをしているのだと自覚しましょう

 

噛むようになった原因は?

食器を取り上げようとして犬が噛むようになってしまった原因は、
当たり前ですが犬から食器を取り上げようとしたことにあります。

食器に限らず、犬から何かを取り上げるというのは重大なマナー違反です。

犬が何かおもちゃにして欲しくないものを噛んでいる時に、取り上げようとする飼い主さんが多いですが、
それを続けている結果、噛まれるようになるというケースは多くあります。

犬に好きなようにさせてはいけないという思いから、もしくは犬をからかうつもりでやっている人もいますが、
いずれにしても犬にとっては許しがたいパワハラなのです。

特に食器に執着する子は多いですし、まだ犬が食べてる途中に取り上げるという行為は断じて許されません。
人間だってまだ食事中に母親や奥さんから「もう洗うからね」と食器を取り上げられたら、
「ええ、何で?まだ食べてるよ!」と納得いかないでしょう。

そもそもなぜ、犬の食器を取り上げる必要があるのでしょうか?

「意地汚い」という考え

犬は食器が空っぽになってもしばらく舐めていることがあります。

これが一部の飼い主さんにとっては「意地汚くて嫌だ」と感じられるらしいのですが、
犬はおいしいものはにおいまできれいに平らげようとします。

人間で言えばご飯粒一粒残さずにしっかりきれいに食べている状態です。

それをなぜ「意地汚い」などと言われて、途中で取り上げられなくてはいけないのでしょうか。
むしろ褒めてあげればいいのではないでしょうか。
うちではいつも「よく食べたね~」って褒めてあげるくらいです。

意地汚いとまでは思わなくても、食器を早く洗いたいがために犬がまだ食器を舐めているのに
「もう食べたね~おしま~い」と食器を取り上げてしまう飼い主さんもいます。
確かに食器の中にフードは残っていないので、人間目線だと食べ終わったように見えるかもしれませんが、
犬がまだ食器を舐めていればそれは食べている途中ということです。

犬の食器を洗うのは、犬が本当に食べ終わった時、つまり満足して自分で食器から離れる時です。

わたしはいつも、犬たちが食器から離れても「洗うよ~」と一声かけるようにしています。
まだ食べ足りない時は慌てて戻って来て食器をきれに舐めることもあるからです。

「意地汚いから」「早く洗いたいから」という理由で食器を取り上げ続けていると、
「まだ食べてるんだってば!」と怒って噛み付くようになってしまうのです。

○○分以内に食べ終わらなかったら取り上げる?

しつけ本やサイトなので、「食べるのが遅い犬は、○○分以内に食べ終わらなかったら食器を取り上げてしまいましょう」と書かれていることがあります。

愛犬に食べムラがあり、なかなか食べ終わらなくて困っている、いつまでたっても食器が洗えない、
という悩みを持っている飼い主さんもいらっしゃるでしょう。
特に小型犬はちょっと食べては別のことをして、気が向いたらまた食べに来る、という子が多くいます。

そこで、「○○分以内に食べ終わらなかったら食器を取り上げる」という考えになるのですが、
これってちょっとおかしくないですか?

人間だって食べるの遅い人いますよね?
そういう人って、食べ終わるの待ってあげません?

何で犬は待ってもらえないで取り上げられなければならないんでしょうか。

それよりも、なぜ犬がご飯を食べないのかを考えてあげて下さい。

フードが合っていないとか、においや味がタイプじゃないのかもしれません。
時々、特定のフードを食べると体調を崩してしまう犬もいます。

ストレスが強い犬は過食になることが多いですが、逆に食べなくなることもあります。
そういう場合は何がストレスになっているのか突き止めて、原因を取り除いてあげる必要があります。

日常的に興奮度が高く、ご飯どころではない、という場合もあります。
のんちゃんは子犬の頃にパピークラスに行った後、ひどく興奮してしまい、
数日間ご飯を半分近く残したことがありました。

食べないから取り上げる、ではなく、なぜ食べないのかを考えてあげて下さい。

スポンサーリンク

トレーニングのため

飼い主が「放せ」と言った時に、いつでもくわえている物をすぐに放せるように、
トレーニングのためにあえて食器を取り上げるという人がいます。

一番信じられないし、犬にとってはいい迷惑な話です。

何度も言いますが犬がくわえているものを取り上げるのはマナー違反です。
そんなマナー違反を受け入れられるようにするトレーニングなど必要ないのです。

もちろん、不測の事態というのはいつでも起こりえることです。
散歩中、ふと目を離した隙に何かくわえてしまったとか、うっかり出しっ放しにしてしまったものをかじっているとか、
そういう時はやはり犬にくわているものを放してもらわなければなりません。

しかし、そういう場合でも一方的に取り上げるのではなく、おやつで気を逸らしたり、
何かと交換するようにしましょう。
気を逸らしたり交換する時に使う物は、犬がくわているものよりもグレードの高いものにします。

咄嗟にそういうものが取り出せない時は、わたしはハーネスとリードを持って来て、
「お外行くよ!」と短い散歩に連れ出していました。
そうするとお散歩モードになってくわえている物を放してくれるので。
ただし、この時は必ず外に連れ出してあげなくてはなりません。そうでないと犬を騙したことになります。

何かと交換するのを続けていると、交換でもらえる物目当てに良くないものをくわえるようにならないか、
と心配される方がいますが、そもそも良くない物を犬の口の届くところに置いておかなければいい話です。

 

噛むようになった時の対処法は?

では、すでに犬が食器を取り上げようとすると噛むようになってしまっている場合、
どのようにして対処し、直していけばいいのでしょうか?

対処法は主に2つあります。

犬が自然と食器から離れるのを待つ

一番いいのは、犬がしっかりとご飯を食べ終わり、自然と食器から離れるのを待つことです。

犬が食器に興味を失い、クッションなどでくつろぎ始めるまで食器を洗うのは待ちましょう。

犬が食べている間も、無闇に近寄るのは禁物です。
すでに噛むようになっている犬は食器に執着していることが多いので、
少しでも食器を取られると思えば、唸ったり空咬みしたりすることがあります。
こういった悪い経験をさせるのは良くありません。

それよりも、「あなたが食べている間は、わたしたち飼い主は食器に近寄らないよ」ということを示し、
犬に安心してご飯を食べてもらい、取り上げられる心配がないということをわかってもらいましょう。

そして、犬が食器から離れて「もういいよ」と言ってから、やっと食器を手に取るのです。

うちはいつもこのやり方ですし、これが一番平和的なやり方です。

一度離れても取ろうとすると噛みに来る場合

状況が悪化していると、一度食器から離れても飼い主さんが食器を取り上げようとしているのを察知すると、
戻って来て噛み付くようになってしまっている犬もいます。

こういう時は、無理に取り上げてはいけません。
犬が見ている前では絶対に取り上げないようにします。

これを直すためには、まず食器を2つ用意します。

朝、食器の一つにご飯を入れて食べさせ、それを食べ終わっても取り上げず、そのままにしておきます。

そして夜、もう一つの食器にご飯を入れて食べさせている間に、朝からそのままだった一つ目の食器を取り上げ、洗うのです。
この時、ご飯を食べさせる場所は一つ目の食器が見えない場所、別の部屋などであげるようにしましょう。

これは一人暮らしの場合に有効なやり方ですが、複数の家族で暮らしているという場合は、
散歩の時間をご飯の後にして、愛犬が散歩に行っている間に別の家族が洗う、というようにしてもいいでしょう。

夜も、ご飯の後に寝る前などに、トイレのついでに外に出している間に洗ってあげましょう。

夜は犬が寝てから洗えばいいじゃんと思うかもしれませんが、寝ているからと思って洗おうとしたら、
飛び起きてものすごい剣幕で吠えながら噛み付いてきたという子もいるので、決して安全てとは言えません。

食べ終わった食器を長時間放置しておくと、よだれのベタベタがこびりついてしまいますが、
クレンザーなどを使えば案外簡単に落ちるものです。

「汚い」などとつべこべ言わずに、犬にとって一番負担がなく、ストレスのないやり方を選んであげて下さい。

スポンサーリンク

 

「取り上げられる」という経験をさせない

犬が食器に執着せずに、取り上げられても平気でいられるようにするには、常日頃から「取り上げられる」という経験をさせないことです。

取り上げられるというのは人間だって嫌なことですが、深く考えずに当たり前のように、
犬のものを取り上げてしまっている飼い主さんは多いのです。

犬は優しいのではじめの内は我慢してくれるでしょうが、何度も繰り返され嫌な経験を積み重ねていくと、
「いやだ!」ということをハッキリ伝えるために噛むようになるのです。
飼い主さんが言うように「急に」「突然」噛むようになった。なんてことはまずあり得ません。
飼い主さんが日常的に、何かしら嫌なことを繰り返していることが原因です。

噛んだのが先か。取ったのが先か。

ほぼほぼ100%、飼い主さんが犬のものを取ったのが先です。

いずれにしろ、犬が噛むまで嫌だと思うことをしてはいけませんし、食事中の食器を取り上げるなんて言語道断です。
と、食いしん坊のわたしは考えるのです。

犬が「ごちそうさま」を言うまで待ってあげましょう

▼合わせて読みたい
危険!!犬から「取り上げる」はマナー違反

 

おまけ

いい夕焼け写真が撮れる季節になりましたね!
ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

 - 噛み付き対策, 犬との接し方・関係作り, 犬のストレス