女一人暮らしで犬を飼う前に!知っておきたい必要なこと

女一人暮らしが犬を飼うには?必要なあれこれまとめ。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は「女一人暮らしで犬を飼う」ということについてです。

わたしがおととしまで一人暮らしで犬を飼っていたためか、「女 一人暮らし 犬」などの検索ワードでブログに来て下さる方が多いようです。
一人暮らしで犬を飼うのだけど何が必要か、ということを相談されたりもします。

一人暮らし女が犬を飼うということについては、ブログでも何度もお話してきました。
問題点だったり、デメリットだったり、飼う前にやるべきことや準備することだったり、仕事を辞めたことだったり、
一人暮らしで2頭目を飼ったらどういう生活になるのかということだったり。
出来るだけ洗いざらい、わたしが体験したことをお話してきました。

そこで今回は、それらの記事をまとめて、犬を飼いたいけど一人暮らしだからなあ…と悩んでいる人に、
是非知っておいて欲しいことをまとめました!!

スポンサーリンク

 

一人暮らしで犬を飼う問題点

一人暮らしで犬を飼いたいと言うと、必ず「一人暮らしで犬なんて飼うべきではない」と言う人がいます。
知恵袋や発言小町を見ても、こういう質問をした人に対して必ず言う人がいます。

そういう人たちの言い分を聞いてみると「一人暮らしの飼い主は何かと犬を捨てる機会が多い」と考えていらっしゃるようです。

一人暮らしで犬を飼う問題点
  • 留守番の問題
  • 経済的な問題
  • 引っ越しの問題
  • 病気や怪我による入院の問題

確かに同様の理由で犬の里親募集なんかでも単身者は不可とされている団体がほとんどです。

でも、一人暮らしで犬を飼う問題点って、何も一人暮らしに限ったものではないんですよね。

問題点は「家族暮らし」と共通

一人暮らしで犬を飼う時に起こりうる問題は、家族で暮らしていても十分に起こりうる問題なんです。

家族で暮らしていても両親共働きで子どもも学校に行っていれば留守番は長くなります。
家族暮らしでも犬にかかる費用は変わりませんし、子どもがいれば子どもにお金をかける必要があり、
犬に使えるお金がなくなるということもあります。
新居に引っ越す時に犬を連れて行くと新居が汚れるからという理由で犬を捨てていく家族もいます。
家族の誰かかが病気になったり介護が必要になったりすれば、犬にまで手が回らなくなるでしょう。

子どもの進学や家族の病気にお金がかかるからと捨てられる犬は多いのです。

大事なのは「覚悟」と「責任感」

犬を飼う上で重要なのは一人暮らしであるかどうかよりも、何かあった時に犬に対してどの程度責任を持って飼い続けられるか、
飼い続ける努力が出来るかどうかです。

一人暮らし、家族暮らしに限らず、犬を飼いたいという人は自分にそれだけの責任と覚悟があるかどうか、
よく考えてみて欲しいのです。

犬を捨てる人は覚悟もなく安易に飼い始め、結局飼いきれなくなった時に、飼い続けるだけの努力と工夫をしなかっただけのことです。

飼い主を選べない犬のために、何があっても飼い続ける「覚悟」と「責任」が必要です。

スポンサーリンク

 

犬を飼ったら自分の時間がなくなる?

よく、「犬を飼ったら自分の時間がなくなって辛い」と言う人がいます。

特に一人暮らしだと、自分の時間が全くなくなってしまって本当に辛い、犬を飼ったことを後悔し始めている、
などと深刻な問題になってしまうこともあります。

しかし、「犬を飼ったら自分の時間がなくなって辛い」っていうのはすごくおかしな言い分だと思うんですよね。

そんなことは犬を飼う前からわかりきっていることだし、理解した上で飼わなければならないのです。

犬を飼ったらやるべき飼い主の勤め
  • 食事を与える
  • 散歩に連れて行く
  • 排泄の後始末をする
  • 健康管理をする
  • 混合ワクチンや狂犬病の予防接種を受けさせる
  • 病気や怪我をしたら病院に連れて行き、看病する
  • 年をとって介護が必要になったら介護する
  • 十分なコミュニケーションをとる

ざっと考えただけでもこれだけの「飼い主がやるべきこと」があります。

一人暮らしとなれば、仕事に行って帰って来てこれらの世話をやっていればあっという間に1日が終わる、
ということはたやすく想像出来るはずです。

「犬に費やす時間」が増える

犬を飼うと自分の時間がなくなる、のではなく「犬に費やす時間」が増えるのだとわたしは考えています。

つまり、自分の時間のほとんどを犬のために使うということで、それが出来ない、自分の時間は100%自分のために使いたい、
というのであれば犬を飼うべきではありません。

自分の時間の中に「犬のために費やす時間」がどれだけあってもいい、むしろそれくらい出来るような人でなければ、
犬を飼うべきではないと考えています。

 

女一人暮らしで犬を飼うデメリット

結婚前の独身女が一人暮らしで犬を飼う、というのであればそれなりのデメリットも考えておかなければなりません。

  • 婚期は確実に遅れます
  • とにかく費用がかかります
  • 一人暮らしだからこそ出来る贅沢は出来ません
  • 「自分の時間」が減ります
  • 愛犬はいずれ必ず年をとります

特に「婚期」については一人暮らし女特有のデメリットと言えます。
わたしと同じように一人暮らしで犬を飼っている女友達10人(26~38歳)は、わたしも含めて誰一人結婚していません。
犬を飼うとさっさと家に帰るようになるし、飲み会や合コンなど出会いの場に全く行かなくなるので、まあそれは当たり前のことと言えますが。

犬を飼ったせいで結婚出来なくなると言うよりも、結婚願望がなくなりますし、彼氏も欲しいと思わなくなります。
っていうかむしろどうでもよくなります。
休みの日は家にいて犬と一緒にいた方が楽しいし、幸せ。

犬を飼うってこういうこと

飼う前にもう一度考えて!
  • 自分は犬を飼える人か?
  • 自分は犬を飼ってもいい人か?

動物愛護法に飼い主「終生飼育」が努力義務の一つとして定義づけられても、日本ではいまだに年間数万頭の犬猫が殺処分されています。

飼う前に、もう一度よ~~~く考えてみましょう。

犬なんて飼える状況ではないのに飼ってしまうと、あなたも犬も不幸になります。

あなたは、その犬が死ぬまで責任持ってお世話をし、愛してあげることが出来ますか?

その犬を腕の中で看取る覚悟がありますか?

犬を飼う前に、犬を飼うということがどういうことかをよく理解して下さいね。

 

女一人アパート暮らしで犬を飼う前にやるべきこと

犬を飼う前にはそれなりにやるべきこと、準備するものがあります。

  • ペット可の物件に住む
  • ご近所づきあいは良好に
  • 犬を連れて行ける職場を探す
  • 自分に何かあった時に犬を預けられる人を見つけておく
  • 犬のための貯金をする

ペット可の物件に住むというのは犬を飼うなら常識です。
ペットショップで「ペット禁止のアパートでもばれませんよ」などと超小型犬を売ろうとする店員がいますが、騙されてはいけません。
ペット禁止の物件で犬を飼うというのはルール違反です。

ご近所付き合いは良好にしておいて損はありません。特に鳴き声によるトラブルは集合住宅では多いので、
そういう時に隣近所からの印象が悪いと必要以上にトラブルが大きくなりかねません。
引っ越しの時はもちろん、犬を飼い始める前にも粗品を持って「これから犬を飼うのでご迷惑をおかけするかもしれませんが…」
くらい言っておいても損はしませんよ。

犬を連れて行ける職場というのは日本にはまだまだ少ないのでこれは難しいかもしれません。
出来ればお昼休みとかに帰って来られるくらい近い職場だと安心です。
留守番時間の長さによっては仕事を変えることも考えなければいけないですね。

病気や事故で入院した時、最悪死んだりした時のために、犬を預かってくれる人、引き取ってくれる人というのは必要です。
人生何が起こるかわかりませんから、自分が犬より先にいなくなってしまった時のことを考えておかなければなりません。
わたしは同じ県内に住んでいた友人が一時預かりをしてくれることになっていましたし、死んだ時は学生時代の恩師が引き取ってくれることになっていました。
そういう時のためや、犬が病気になった時のために、愛犬のための貯金というのも必要になります。
犬を飼うっていうのはどうしたってお金のかかることですからね。

 

一人暮らしで犬を2頭飼ったらどんな生活?

わたしは千葉で暮らしてた頃、一人暮らしで犬を2頭飼っている状態でした。

そこでよく聞かれたのが、

「一人暮らしで犬2頭って飼えるものでしょうか?」

「一人暮らしで犬を2頭飼うとどんな生活になりますか?」

というもの。

結論から言うと、「単純に2倍」です。

  • 毎朝4時半起きで散歩へGO
  • 毎日2時間5kmの運動
  • 休日も家にいるようになる
  • 彼氏出来なくなる
  • 飲み会には行かなくなった
  • 友達減った(本当に気の合う友達は増えた)
  • 自由に使えるお金が減った
  • 掃除をまめにするようになった
  • 一人でもよく笑うようになった
  • 早く家に帰るようになった
  • 犬のウンコを素手で持てるようになった
  • 幸せだと感じる瞬間が増えた

これをメリットととるかデメリットととるかはあなた次第。

デメリットしかないな~と思った人は一人暮らしで2頭目どころか犬を飼うことはおすすめしません。

これを見て「なんつぅ幸せな!」と思ったあなたは一人暮らしで犬2頭飼う資質有りです。

犬にかける時間も、費用も、単純に計算して2倍になりました。
お散歩は基本1頭ずつなので時間も歩く距離も倍だし、ご飯の量や食費はそれでも2倍くらいでしょうか。
ペットシーツの消費量も倍ですし、なぜか倍以上の消費スピードになったのがウンチを取るトイレットペーパーです。

何より、幸せだと感じる瞬間も2倍です。いや、相乗効果で2倍以上ですね。

 

最後に

以上、女一人暮らしで犬を飼う時に知っておいて欲しいことをご紹介しました。

一人暮らしで犬を飼いたいと思っている方、わたしと同じように女一人暮らしで犬を飼いたいと思っている方の参考になれば幸いです。

わたしは昔から犬が好きで、何よりボーダーコリーという犬種が好きで、社会人になって一人暮らしをしたら
絶対に可愛いボーダーコリーを飼いたい!と思っていました。

そして社会人になり、一人暮らしをして、念願だったボーダーコリーをお迎えして一緒に暮らし、
更に4年後には2頭目をお迎えしました。

一人暮らしで犬2頭、大変だったことももちろんありますが、毎日とても楽しくて幸せでした。

今は実家に戻って家族と住みながら犬たちと暮らしていますが、近いうちにまた一人暮らしに戻りたいな~って思っています。

犬を飼う上で大事なのは、様々な問題はありますがそれを心配することよりも、それらの問題が起きた時に、
犬に対して責任を持って飼い続ける努力が出来るかどうか、その覚悟があるかどうかです。
一人暮らしでも家族暮らしでもこれは変わりません。

それに、犬を飼う上でデメリットと言われていることを、むしろ醍醐味と思えるくらいでなければ、
一人暮らしで犬を飼うというのは難しいです。

それでも犬を飼いたい、と思える人だけ飼うことを考えましょう。

そして、その子を腕の中で看取る日まで愛してあげて下さいね。

一人暮らしで犬を飼うのって、大変なことはもちろんたくさんありますが、楽しいこと、幸せなことはもっとたくさんありますよ。

スポンサーリンク

 

おまけ

犬ってさ、何でこう、シャッター切る瞬間に顔背けるの上手いんだろうね?

友人宅の柴犬は写真を撮ると毎回必ず顔がブレてるので、写真には決して写らない忍者犬と言われていましたよ。
どの写真見ても必ず顔がぶれてるし、高性能カメラの高速連写使ってもブレてたしw
だから亡くなっちゃった時、遺影をどれにするかですごく悩んだみたい。

その話を聞くと可愛い顔たくさん撮っておかなきゃ!って思いますね。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です