犬は論理的思考が出来ないから人間に従わせる?

   

新規バナー

論理的思考が出来ない犬には人間に従うと楽しいことが起こると演出する?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日はネットサーフィンしてて見つけた、ちょっと気になる犬のしつけ方について。

わたしはブログのネタ集めと自分の引き出しを増やすためにも、
定期的にネットサーフィンしてたくさんのトレーナーや獣医師が提唱する
「犬のしつけ方」を調べています。

先日、「科学的アプローチ」と「犬に立場に立った」しつけを謳っているトレーニングサイトを発見しました。

トレーニングを謳っているはずなのでトレーナーが運営するサイトなのだろうと思ったのですが、
なぜか動物取扱業訓練の登録番号も、トレーナーの名前も出ておりません。

そこで調べてみると、トレーナーではなく獣医師のようでした。

サイトには、飼い主がリーダーとして犬を服従させるのではなくて、いかに犬に気持ちを合わせてあげるかが大事だ、
といったことが書かれています。

ふむふむ、なるほどと思いつつも、「科学的」に多少ひっかかりながら読んでみました。

そこで更に気になったのが「犬は論理的思考が出来ない」というものと、
人間に従ったら楽しいことが起こると演出してあげて下さい」というもの。

お前もか…と思いながらも気になるページは読んでみたので、感想をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

 

犬は論理的思考が出来ない?

サイトには、犬は論理的思考が出来ないことを理解しつつ、犬の気持ちをよくわかってあげましょう
といったことが書いてありました。

動物には論理的思考能力がないという考え方には要注意です。

確かに、人間のように複雑な言葉を使って考えないので、論理的な思考が出来ないとは言えるのですが、
だからといって思考しないわけではないということが新しい行動学分野の研究では明らかになっているのです。

犬だって色々考えているし、感じているから、それをわかってあげましょう、というのであれば共感出来ます。

しかし、論理的思考能力がないということを、犬は何も考えていない・考える能力がない、
だから人間が色々指示を出してあげなければいけない、といった考え方にはいい加減飽き飽きしてきますね。

スポンサーリンク

 

人間に従うと楽しいことが起こるようにする?

さらに読み進めていくと、人間が命令ばかりしているのも、また犬の要求に振り回されてばかりでもいけない、と書かれています。

ん~~~、ちょっと引っかかるところがないわけでもないけれども、確かにそう言えるかもしれない。

しかし続いて、楽しいことは人間に従うことによって起こるのだというように演出してあげて下さい、
との文言が現れると、「お前もか…」と落胆してしまいました。

まあすでに、要求に振り回されてはいけないと言っている時点で、犬の感情や考えがどこかに行ってしまっているのは確かですね。

なぜ要求しているのかを理解する

犬の感情を大事にするというなら、要求している時の感情について深く理解してあげないといけません。

フラストレーションの表現かもしれないし、興奮状態で我を忘れた状態での行動かもしれません。

よく「要求吠え」などと言われますが、トゥーリッド・ルーガスによれば犬の吠えを項目分けした時に、
要求吠えという項目はないとのことです。
多くの場合は、フラストレーションや不安や興奮による吠えが、飼い主にとっては「要求吠え」と感じられるということです。

例えば、狭いサークルに閉じ込められている犬が鳴いているとそれを「出してくれという要求だ」と多くの飼い主さんが思うでしょうが、
実際は狭い場所に閉じ込められているストレスからくる吠えだったり、不安だったり、寂しくて吠えているということが多いのです。

犬の行動を「要求だ」と感じたら、なぜそういった要求をしているのかということを汲み取った上で、
対処してあげることが大切だと感じるのですが、どうでしょうか。

▼合わせて読みたい
それって本当に「要求吠え」ですか?

 

人間に従ったら楽しいことが起こる?

そして、このサイトで一番矛盾して、問題に感じたところは、「犬に服従させるのではなく」と言っているにも関わらず、
人間に従ったら楽しいことが起こるようにする」と言っているところです。

 

・・・あ゛??

 

なんで?何のために?

従わせる必要がどこにあるというのでしょう。

「犬の立場に立った」とか「犬の気持ちを理解する」とか言っておきながら、
結局は号令に従わせるトレーニングから離れられていないのです。

続けて、楽しいことが起こると理解すれば、いずれは気の進まないことにも従うようになるように強制していく、
とまで書かれているではないですか。

これはやっている根本的なことは従来の服従トレーニングと変わりありません。

スポンサーリンク

 

犬は「仲間」であり「友達」です

こういったタイプの人間は、専制君主型、あるいは暴君型のリーダーは否定しますが、
犬が喜んで従う良きリーダーというのは肯定しがちです。

なので、理想化されたリーダーシップ(実現可能かはさておき)を掲げてしまうのです。

こうした発想の根本には、犬に「何かやらせる」、もっとはっきり言えば犬を「従わせる」という考え方があります。

これが最も一般的な犬と人との関係パターンなのです。
悲しいことに、いまだに。

わたしは今でこそ犬には何も要求しませんし、何もやらせようとは思いません。

従わせるという発想ではなく、一緒に何かするという発想なのです。

それはわたしが犬のリーダーではなく仲間であり、犬たちのことを友達だと思っているからです。

仲間だから一緒に行動するし、友達だから無理難題を押しつけて困らせないようにお互い配慮するのです。

しかし、こういった考え方はいまだにマイナーなようでほとんどお目にかかれません。
時々、いいこと言ってるなと思っても詳しく聞くと従来の従わせるトレーニングと何も変わらなかったり、
オブラートに包んでいるだけで本心は犬に思い通りに言うことを聞かせたいという考えが見え隠れしています。

長年、犬に限らず他の動物に対しても命令を聞くように強制してきた歴史が人にはあるので、
人間の間に染みついてしまっているこの考え方は簡単には変わらないでしょう。

下手したら同じ人間相手にすら言うことを聞かせようとするのが人間ですからね。

しかしそれでも、人間が動物を思い通りに動かそうという考え方が、いつか変わらないかと思うのです。
その発想を少しでも変えることが出来ないかと思うのです。

そのためにも、コツコツとブログを更新していきます。

▼合わせて読みたい
基本理念「犬と友達になるために実践すべき3つのこと」

 

おまけ

今日は金曜日。

「坂上どうぶつ王国」がやる日だったんですが、今日は見ませんでした。
妹が「何かつまんない」とか言い出して、見なかったので。

うちはテレビのリモコン権は基本、妹です。

わたし?わたしはいいんです。
休みの日の昼間、スターチャンネルで見たい映画やってたら優先的に見るし、
8時過ぎれば2階に行ってパチパチとパソコンいじってるんで。

で、坂上どうぶつ王国見ないかわりに爆報フライデー見てたんですけど、
そこで警察犬きなこの孫が同じく警察犬になったっていうのを見てたんですけどね。

太りすぎてやしないか?

ラブであれはないわ。

といったように、テレビやネットで見た犬や動物関連の感想を書きためておくノートがあるんですが。

とてもお見せできない暴言の嵐。

まさに言いたい放題ですw
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

 \おすすめドッグフードはコチラ/
新規バナー
≫詳しいレビューを見てみる

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

 - まったり育犬, 犬との接し方・関係作り, 犬の気持ちを理解する