「叱ってやめさせる」という考えをやめる

こんにちは!

オリンピックの応援疲れで寝坊した犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

犬たちの視線が痛かった…ごめん。よくよく謝りながら散歩に行きました。

さて、「犬のしつけ」というと、必ず「叱る」という話が出て来ます。

「叱らない」というのはまず見たことがありません。

今回はその「犬を叱る」という考え方についてちょっとお話します。

 

叱ってやめさせる?

「叱らないしつけ」というのは見たことないと言いましたが、「叱らないしつけ」と謳っているものはよく見かけます。

確かに、一般的に叱っていると見られるようなことはしていませんが、叱るよりももっとひどい、嫌がらせのようなことをしているものがほとんどです。

例えば、リードを強く引くとか、大きな音を出すとか、物を投げるといった身体的苦痛を与えたり、無視をしたり閉じ込めたりといった、いじめのような精神的苦痛を与えたり。

どうも、犬には罰を与えるものという考え方に捕らわれているような気がします。

ではどういう時に叱るかというと、「飼い主にとって好ましくない行動をした時に叱る」とか言ってる人を見てゾッとするわけです。

拾い食い、吠え、飛びつき、破壊、噛みつき、とにかく何でも叱ってやめさせようとします。

まさに暴君。

叱っても逆効果

散歩をしている時によく見るのが、吠えている犬を叱る飼い主さんです。

他犬への吠え、人や車、バイクへの吠えを、とにかくよく叱ってます。

しつけ本などには

『ダメ!』と言って吠えるのをやめさせて、『オスワリ』で落ち着かせ、それから言うことを聞いたご褒美をあげる。

といったことが書いてありますが、その失敗例しか見たことがありません。わたしも成功したためしがないです。

ダメって言っても吠えやまないし、オスワリなんてしないし、おやつなんて食べやしない。

それどころかますます興奮して吠えるわ引っ張るわで大変でした。そんなことするよりもサッサとその場を立ち去った方が吠え止むの早かったわ。

散歩中よく見かける吠え犬たちは、叱られながらも吠え続け、改善する様子は全く見られません。

犬は何かが嫌で吠えているのだから、嫌だと言っているものを叱っても直らないのは当たり前です。

それからありがちなのが、室内で興奮して物を破壊したり、留守番中に家具を壊したりした犬を叱るというものです。

これも、飼い主にとって好ましくない行動をしたら叱る、というパターンです。

興奮や不安による行動をしたところで、余計に興奮したり不安になったりするだけなので逆効果です。

うちのシェル太は興奮すると座椅子に戦いを挑むのですが、それを叱ってやめさせようとすると更に興奮してエスカレートします。しまいには布類を全て咬んで回るので、叱るよりも気を逸らして、それから落ち着かせた方が効果的です。

 

「叱ってやめさせる」をやめる

飼い主さんは、叱ることを前提として上で、どう叱るか、効率的な叱り方に関心を向けがちですが、そろそろそういった考えはやめましょう

動物の権利とか何だとか言う前に、とりあえずその行動をやめさせることだけを考えてみても、「叱る」という手段は不適切です。

「叱る」という行為には多くのデメリットがあります。罰や不快な刺激、苦痛を与えることも同様です。

それよりも、なぜ犬がそういった行動をするのかをよく考えてみましょう

お散歩中に吠える犬なら、社会化不足で犬や人に慣れていないのかもしれないし、何か苦手なものがあっても回避のしかたを知らないのかもしれません。あるいは普段お散歩に行けなくて興奮しているのかもしれないし、特定の場所で吠える場合はその場所で何か嫌な思いをしたのかもしれません。

犬や人が苦手なら出来るだけ接触しないように注意すればいいし、回避の仕方がわからないのなら飼い主がお手本を示して教えてあげましょう。お散歩が不十分なら、回数や時間を見直して質を高めてあげて、嫌な思いをした場所は通らないようにしてあげればいいのです。

原因を突き止めれば、解決方法もわかってきます。

思い通りにならないからとすぐに犬を叱るのではなく、よく犬を見て、犬の気持ちを理解してあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です