ガセ情報が蔓延するのは「キーワード」のせい

   

似たような記事がたくさんあるのは何でだろうって思ったことないですか?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日もまた暑かったですねえ…
犬もわたしたちもバテバテです。

朝散歩中、ちょっと暑かったので芝生でお休みするるーこ。

休むなら日陰行った方がいいと思うんだけど、
日陰には芝生がないから嫌なのかもしれない。
るーこ、芝生でゴロンゴロンするの好きなので。

のんちゃんは日陰のベンチがひんやりして気持ちいいの知ってるから、
いつも20分くらいそこで休んでいくのです。

そして公園の平和を見守る。
のんちゃんの日課。

スポンサーリンク

 

さて本日のお題。

なぜガセ情報がネット上に出回ってしまうのか

ネット検索して、色んな記事を読んで思うんですけど、
似たような記事=ガセ情報が多いんですよね。

しかもそういう記事ってだいたい、大手の企業が運営してるブログなので、
だいたい検索で上位表示される、つまりたくさんの人の目に触れるわけです。

運営してる企業は違うのに、何でどれもこれも同じような内容なのか?

それは、指定された「キーワード」のせいなのです。

 

記事を書く時指定される「キーワード」が原因

大手の企業が運営してるブログは、書き手が一人ではありません。
だいたいが、ライターさんに外注して記事を書いてもらうのです。

よく、ペット系のブログを見ると「在宅ライターさん募集!」とか、
そういうの見たことないですか?
クラウドワークスとか、そういうところにも募集が出ていたりします。

そのライターさんたちは何も、プロのライターとは限りません。

ただ単に「犬が好き」「書くのが好き」「家でお小遣い稼ぎに」といった理由で、
ライターの仕事をしたことがない人たちも応募して採用されています。
というか、ほとんどがそういった初心者ではないでしょうか。

「初心者でも安心!」「初心者大歓迎!」「犬が好きなら誰でも歓迎!」
といった内容で募集されてますしね。

で、実際に記事を書く時に依頼主から指定されるのが「キーワード」です。
記事を書くときに、こういう単語を入れて下さいね、というものです。

実はわたしも2年くらい前に、クラウドワークスを通じて、
こういうペットブログの記事を書く仕事をしてたことがありました。
なのでいまだに時々、過去に自分が書いた記事をうっかり見てしまったりして悶絶します。
もはや消し去りたい黒歴史。

その時に毎回毎回指定されるキーワードがまあやっかいで、
何十個とあるんですよね。

例えば「オスワリの教え方」といった記事を書くときなら、
「オスワリ」「お座り」「おすわり」で同じ「オスワリ」なのに書き方を変えて指定されたりとか、
他にも、「足」「開き方」とか、「お尻」「押す」とか、
「コマンド」「指示語」「統一」とか。

50個以上あったでしょうか。

それを全部、一つの記事の中に入れていかないといけないんです。

まあ大変でしたよ。
一つでもキーワードの書き漏れがあるとすぐに指摘されるし。

ちくしょう…ってなった時はいつものんちゃんの散歩行ってました。

大量のキーワードで「記事の内容」を決めている

なぜこんなに細かくキーワード指定があるのかというと、
このキーワードによって依頼主側がある程度、
書いて欲しい記事の内容をあらかじめ決めているからです。

つまり、このキーワードを全部入れれば、出来上がる記事はある程度決まってくるのです。

例えば、「足」「開き方」のキーワードを入れようとすると、
「オスワリした時の足の開き方によって、股関節形成不全などの病気がわかる」
といった一文が入れられます。

記事の完成形から逆算して、記事に入れるキーワードを決めているんですね。

検索流入対策のため

もう一つ。

同じ「オスワリ」なのに、「オスワリ」「お座り」「おすわり」などと、
違う書き方でキーワード指定されているのは、検索流入のためです。

オスワリの教え方で検索しようとした時に、
その人は「おすわり 教え方」のキーワードで検索したとしましょう。

しかし、その記事の中では「オスワリ」としか書かれていないと、
「おすわり 教え方」で検索した時にヒットはじかれてしまうのです。

なので、あらゆるキーワードで検索されることを見越して、
あらゆるキーワードを盛り込んでいるのです。

スポンサーリンク

 

キーワード選定者は犬について知っている?

ではこの膨大なキーワードを指定してくる人は、
犬について正しい知識を持っている人でしょうか?

答えは、恐らくNOです。

企業で運営されるブログは、編集責任者みたいな人がいて、
その人たちが外注した記事を校正して編集し、
ブログの記事としてアップするものなのだそうです。
(全ての企業ブログがそうとは限りませんが)

その人たちは、読まれる記事の書き方や、記事の編集や、
検索流入やキーワード選定には秀でているかもしれませんが、
犬について知っているとは限りません。

そういう人たちが指定するキーワードですから、
それを全部盛り込んだ記事が、犬について正しく書かれた記事とは限らないのです。

これが、ネット上に似たようなガセ情報が出回り、蔓延する理由です。

わたしはいつも、こういった企業ブログの記事はあまり信用しないんですよね。
それよりも、個人が全ての記事を書いているブログ方が、
人間味が出ていて一貫性があるし、信頼出来るものだと思っています。

何より、個人のブログはその人の経験が語られている点が、
わたしとしては何より信頼出来る部分だと感じます。

スポンサーリンク

 

外注で記事を書くくらいなら自分のブログを持とう!

わたしは1年半くらい、依頼されて記事を書く仕事を、
副業でやってたのですが、バカバカしくなってやめました。

けっこう稼げたんですけどね…書く勉強にもなったし。

でも、こうも膨大なキーワードを指定されると、
思うように書きたい記事が書けないし、
何より書いた記事は全部企業側の財産になってしまうわけです。

どんなに時間かけて丁寧に書いた記事でも、
どうやっても自分のものにはならないんですよねえ…

書いててだんだん、もやもやしてきて、
ある日、これって自分でブログ作って記事書いた方がぜったい良くないか?
と気づいて、依頼受けるのをやめました。

好きなこと好きなように書けるし。

確かに書く勉強にはなったし、自分が書いた記事のどこが直されてアップされているのか、
実際に見ることで読まれる記事がどんなものかも何となくわかりました。
なので全くの無駄な時間だったというわけではないんですが、
それでもキーワードを指定されてしまうと、れは正しくない情報だとわかってても
書かないといけないんですよね。

その結果、ネット情報の中にガセ情報が一つ増えてしまう

それがすごく嫌でした。

今、自分のこのブログで好きなこと好きなように書けてるので、めっちゃ楽しいです。

外注で記事書いてるよ~って人。

毎回指定されてくる膨大なキーワードにイライラしてませんか?

是非、自分のブログを持って、そこで書きたいことを書きたいように書いてみて下さい。

その方が絶対楽しいし、自分のためになります。

 

おまけ

かっこよく遠吠え。

ではなく。

ただの欠伸w
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

 - まったり育犬