愛犬の問題行動の予防と対処法その3「ストレスマネジメント」

犬の問題行動の予防と対処その3.ストレスマネジメント。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

間にらーちゃんの追悼記事を挟みましたが、今回も引き続き、犬の問題行動の予防と対処法についてお話します。

まったり犬育では愛犬に何かしらの問題行動が見られる場合、犬に苦痛やストレスをかけず、逆にストレスを減らすことで問題行動を軽減していくやり方をしています。

基本的な対処法は以下の3つです。

  1. 生活環境の改善
  2. 飼い主の接し方の改善
  3. ストレスマネジメント

今回は3つ目の、ストレスマネジメントについて詳しくお話していきます。

問題行動の予防や対処にはストレスマネジメントが必要不可欠であるということはブログでも常にお話していることなので、いつもブログを読んでくださっている方は「何を今更」といった感じかもしれませんが、復習もかねてぜひ読んでみて下さい。

これは問題行動の予防にもなるので、今のところ困ってはいないという飼い主さん、これから犬をお迎えする予定のある飼い主さん、ぜひ読んでみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

ストレスマネジメントのポイントは?

いつもブログを読んで下さっている方には耳にタコでしょうが。

犬の問題行動の主な原因は、恐怖や不安とそれによるストレスです。

まずはこのことをしっかりと理解しておきましょう。
吠えや噛みつき、リードの引っ張りなど、個別の問題行動への対処は後回しで、根本的なことを解決しないければなりません。

理解した上で、どんなことが犬のストレスになるかを考えて下さい。

犬のストレスがどんなものかというと、問題行動の予防と対処その1とその2でお話した「生活環境」と「飼い主の接し方」もストレスの大きな原因になります。

生活環境を整えて、接し方を改めたら、次はそれまでたまったストレスを解消してあげなければなりません。

どんなことが犬のストレスの原因になるかはこちらの記事「あれもこれもストレスの原因?犬のストレッサーは飼い主次第で回避可能」をお読み下さい。詳しく説明しています。

ストレスの原因となることは徹底的に避けなければなりません。

よくあるのが、せっかくストレスマネジメントでストレスを解消・軽減したのに、新なストレスをかけてしまったせいで問題行動が悪化し、それをまた改善するといういたちごっこになってしまうケースです。
それではストレスマネジメントの意味がありません。

具体的にどのようなことに気を付ければいいか、お話していきましょう。

スポンサーリンク

 

性ホルモンによるストレス解消

健康で手術が可能な犬の場合、わたしは必ず不妊・去勢手術をするようお勧めしています。

これは、時々誤解されている方がいますが、手術すれば問題行動が治るからではありません。

手術をしないと、雌犬は発情のたびにストレスがかかりますし、雄犬は発情した雌が近くにいつことでストレスになります。

雌犬の発情したにおいというのはかなり広範囲にまで届き、それを嗅ぎながらお預けを食う雄犬の心情は、人間の男がドストライク好みの美女の裸を前にして永遠とお預けを食っている状態だと学生時代の恩師(男)は説明していました。
クラスには女子が多かったのでみんないまいちピンときていませんでしたが。

その上、乳腺腫瘍や子宮蓄膿症、肛門周囲腺腫などにもなりやすくなります。

発情時には雄も雌も脱走しやすくなりますし、そこで万が一交尾してしまえば、ただでさえ過剰な犬の数をさらに増やし、結果、殺処分数を増やしてしまうことになります。

出来るだけ自然な状態でいさせてあげたいと手術を躊躇する方がいますが、犬にとって自然な状態というのは、雌犬は発情したら交尾をして妊娠・出産し、雄は発情した雌がそばにいたら交尾するというのが自然な状態なのです。
発情しても交尾出来ないというのは、犬にとって自然な状態とは言えず、かえってストレスをかけることになります。

発情の時だけ攻撃性が強くなるという雌犬は多いですし、発情した雌を前にすると興奮して飼い主の言うことが耳に入らないという雄も多いです。

道の反対側を発情期の雌が歩いていて、飼い主の手を振り切って走り出した雄犬が車にひかれて亡くなったという話もあります。

自分の愛犬の健康のためにもの、望まれない命を増やさないためにも、健康や性格に問題がないのならば不妊・去勢手術は受けさせておきましょう。

コチラの記事も合わせて》正しく理解してる?避妊・去勢手術の必要性

 

まったり散歩によるストレス解消

そして何より、ストレスマネジメントに欠かせないのが散歩です。

しかし、やり方を間違えるとかえってストレスのもとになってしまいます。

以下の点に気を付けてまったり散歩を心がけましょう。

散歩=運動ではない

散歩の時は、犬につられて速足になったり、一緒に走ったりしないよう、常に自分自身が一定の速度でゆっくり歩くようにしましょう(もちろんにおい嗅ぎの時は止まってあげます)。

問題行動がある犬には運動させてストレス発散させてあげなければいけないと思っている方が多いですが、犬にとっての運動は自由度の高い散歩で十分なのです。

あえて人間が「さあ走れ」と煽って走らせる必要はありません。
犬は走りたければ自分で走るでしょうし、走りたくなければその辺を冒険してにおい嗅ぎをしているでしょう。

若い犬や活動性の高い犬は、広い庭や貸し切りのドッグランなどでリードを外して自由にさせてあげますが、その際に人間が走らせるのではなく、自分で歩いたり走ったり好きにさせてあげましょう。
のんちゃんもるーこも、よく山に行く時はリードを外しますが、走ることはほとんどありません。

ディスクやボール投げ、アジリティなどのドッグスポーツは今までも説明してきた通り、ストレスの原因になるので、やっているという方にはすぐにやめるようにお願いしています。
問題行動がある場合には特に、すぐにやめましょう。

ストレスレベルが高い犬にさらにストレスをかけないことはもちろんですが、今現在のストレスも下げなければいけないのです。
その点で、ドッグスポーツというのは百害あって一利なしです。

ドッグスポーツをやっている犬は総じてストレスレベルが高く、アジリティの競技会で飼い主がスタートの合図を出した途端、噛みついたりその場で吐いたりという子を何頭も見て来ました。

愛犬のストレス解消のためにドッグスポーツをやるという人もいますが、それよりは同じ時間、まったり散歩をした方がよほど効果的です。

ハーネスとロングリードを使う

まったり散歩では首輪やハーフチェーンやチョークチェーンではなく、ハーネスを使います。

体にかかる圧力が分散されるような、なおかつ脇が擦れずに、首のそばにベルトが来ないもの、金具が直接犬の体に当たらないものを選びましょう。

それから、3mから8mのロングリードを使います。

散歩は「行進」ではないので、人間のそばにピタッとつけさせて歩く必要はありません。

犬が前を歩いても、後ろを歩いても、横を歩いても、リードの範囲内であればどこを歩いてもいいのです。

リードはこまめに手元で長さ調整をします。
伸ばしすぎて犬の足に絡んだり、体に当たったり、逆に短すぎてピンッと張ったりしないように注意しましょう。

リードの長さ調節は両手でするので、両手が空くように散歩バッグは手提げタイプよりも、肩掛けやリュック、ウエストポーチタイプのものがおすすめです。

ハーネスを嫌がる場合には、嫌がったらつけるのをすぐにやめて、少し時間をおいてから再度挑戦するなど、少しずつ慣れさせていきましょう。

散歩は1頭ずつ

の散歩は基本、1頭ずつです。

2頭や3頭連れて、長いリードで歩くことはほとんど不可能なので、散歩は1頭ずつ行きましょう。

人間が2人以上いればそれぞれがリードをもって2頭一緒に行くことも可能ではありますが、同居犬でも犬によって行きたい方向やにおい嗅ぎをしたい場所は違うので、犬のペースに合わせることが基本のまったり散歩では複数の犬と飼い主で一緒にお散歩というのはお勧めしていません。
仲良しの飼い主さん同士が集まって一緒にお散歩するお散歩会的なものも、やっているという方にはやめてもらうようお願いしています。

もしお喋りしたいのであれば、犬は抜きで、飼い主さんだけで会うようにしましょう。

多頭飼いをしたら1頭ずつ散歩に行く時間がなくなったという人もいますが、1頭ずつ散歩に行ける時間がなくなるのであれば多頭飼いなんてしてはいけません

リードの固定の仕方に注意

犬がぐいぐいリードを引っ張る場合は、ガツンと衝撃がかからないよう注意しながらリードをこまめに固定して歩きます。

リードを固定するたびに犬が舌をペロッとしたり、こちらを振り向いたり、体をブルブルさせていたら、衝撃がかかって不快だということです。

犬がカーミングシグナルを出さないように、多少リードが滑ってもいいので、リードを前に送り出すように流しながら固定しましょう。
一気に力を込めてギュッと固定するのではなく、リードを流しつつゆっくり力を込めて固定します。

そうやってこまめにリードを止めながら歩いていると、だんだん引っ張りがなくなってきます。

もし、散歩の終わりまでに変化が見られなかったら、それは犬につられて人間が早く歩きすぎているか、上手く固定が出来ていないということです。

大型犬だと犬が走り出した時に引きずられて一緒に走ってしまう飼い主さんが多いので、しっかり固定しようとするあまりガツンと衝撃をかけてしまうことがあります。
そういう時は、しっかりと腰を落として、リードの先端を持った手を背後に回して固定し、もう片方の手でリードを流しながらゆっくり固定しましょう。

はじめは上手くできないことも多いでしょうが、まずはゆっくりまったり歩くことを心がけてみて下さい。

散歩場所も重要

まったり散歩には場所も重要になってきます。

車通りや人通りが多かったり、犬がたくさん通る場所は、犬も興奮するのでおすすめしません。

散歩は、なるべく静かな場所にしましょう。
ストレスレベルが高く、車や人、他犬に反応する犬は特にです。

コンクリートで固められた都内の住宅密集地のようなところは、犬も人間も散歩していて楽しくないし、リラックス出来ません。

土や草木などの自然があって、広くて静かで、人も犬も車もあまり来ないような、落ち着いた場所を散歩しましょう。

そういう場所が近くにないという方もいますが、そもそもそんな場所は犬を飼うのに適していません。

本当に犬のためを思うのであれば、引っ越しすることをおすすめします。
とはいえ、現実的にすぐ引っ越すというのは不可能でしょうから、車や自転車などに乗せて広い場所まで連れて行き、そこで散歩させてあげて下さい。

公園まで交通量が多い道を歩かなければいけないという場合も、公園まで車や自転車、抱っこで連れて行って、そこから散歩をスターt0するようにしましょう。

「やってはいけないこと」はひとまず忘れる

散歩中はリラックスしてまったり歩くことだけを考えて、「ああしてはいけない」「これはやっちゃダメ」などということはひとまず忘れましょう。

他の犬が苦手だという犬なら、近づかないようにだけ気を付けて、愛犬が緊張したり吠えたりしない距離を保つようにします。

そのためにも、ニアミスしない場所を散歩場所にしましょう。

食糞や拾い食いを気にする方もいますが、これは犬の習性です。
やたら食べるとか、それを探してばかりいるとか、食べられないものまで食べてしまうというのはストレス行動なので、やめさせることに気を取られて飼い主さん自身が緊張していると、犬も緊張してますます拾い食いがひどくなります。

そういう場合には、危険物が落ちていない、拾い食いの対象が少ない場所を選び、自分が先に発見した時にはリードを固定することで対処し、間に合わなかったら諦めるというくらいの気持ちであまりカリカリせずにいきましょう。
ストレスが減ってくれば解決することなので、まずはストレスマネジメントに専念しましょう。

なお、食べてもいいものを拾い食いするというのは別にやめさせる必要もないことです。

まだ食べられるリンゴや柿を見つけて食べるというのは、犬の散歩の小さな楽しみです。
のんちゃんもるーこも、よく畑でリンゴを見つけては嬉しそうに食べています。

トレーニングはやらない

散歩はリラックスするために行うものなので、「トレーニング」的なことは一切やらないようにしましょう。

散歩コースの途中の公園や河原でトレーニングをしてから帰るという飼い主さんをよく見ますが、おすすめはしません。

におい嗅ぎしている犬をわざと呼んで反応を確かめたりと、意地悪みたいなことをするのも良くないです。
何かに集中しているのをいつも呼びつけられると、犬は飼い主に呼ばれるのがだんだん嫌になって、呼ばれても無視するようになってしまいます。
そうなると、本当に来て欲しい時に来てくれなくなるのです。

一緒にゆっくり歩くことで犬は飼い主を自然と意識し、わざわざ呼びつけなくても離れすぎたなと思ったら自分から距離を詰めるし、におい嗅ぎをしていても少し待ってあげていれば自分でやって来るのです。

まったり散歩で犬を呼ぶということはほとんどありません。

それから、おやつも一切使いません。

苦手なものとすれ違う時などもおやつは使わずに、人間が間に入ってガードして犬を安心させてあげます。
また、見ただけでパニックになるほど苦手なものには近づかず、回避することを優先しましょう。

回避を繰り返して、ストレスレベルが下がって来ると、案外平気になっているということはよくあります。

おやつを出すのは、犬と一緒に公園のベンチなんかでくつろいでいる時にして、犬と一緒に食べるようにしましょう。

まったり散歩についてはコチラの記事「【完全版】まったり散歩マニュアル」に詳しくまとめています。合わせて読んでみて下さい。

 

落ち着いた穏やかな生活を提供する

以上、3回に渡って「犬の問題行動の予防と対処」についてお話してきました。

  1. 生活環境の改善
  2. 飼い主の接し方の改善
  3. ストレスマネジメント

まずは生活環境を整え、飼い主さん自身の接し方を改め、まったり散歩を中心にストレスマネジメントでストレスの軽減・解消をはかりましょう。

個体や問題行動の症状、重症度によってかかる時間は違いますが、毎日やるべきことを淡々とやっていれば解決に向かいます。

そして何より、犬には少しでも、落ち着いた穏やかな生活を提供しましょう。

犬はいつだって元気に走り回ってボールを追いかけるものだと思い込んでいたり、構ってあげないと可哀そうだと思っている人がいますが、そういう思い込みがかえって犬にストレスを与え問題行動を引き起こす原因になります。
》落ち着いた犬はつまらない?「犬らしい」が問題行動を引き起こす

それよりも、留守番時間を減らして不安をなくし、毎日規則正しい落ち着いた生活をさせてあげましょう。

ストレスのない犬というのは1日20時間以上寝るのだそうです。

落ち着いて寝ていれば室内で興奮して暴れまわったり、物を破壊したりしないので、一緒に暮らす上で楽になります。

愛犬の問題行動にお悩みの飼い主さん、まずは犬にとってストレスのない生活を目指しましょう!

参考までに、「犬にとって最もストレスのない生活」の例。

  • 留守番時間は6時間以内
  • 散歩時間は2時間以内(コースは毎日同じ・回数は2回)
  • 睡眠時間は20時間以上
  • 遊びよりも落ち着いてスキンシップ

詳しくはコチラの「睡眠時間は20時間以上!犬にとって「最もストレスのない生活」とは」をお読み下さい。ドイツでの調査データをもとにお話しています。

 

スポンサーリンク

 

おまけ

10連休真っただ中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

10連休をカレンダー通りに休める人は、全社会人の3割しかいないのだとか。

残り7割の一人であるわたしは昨日、今日と仕事で明日休みです。1日だけ。
平成最後の日は遅番だし。

まあ10連休きっちり取れたとしてもどこにも行く予定ないし、いつもの休みと変わらず犬たちの散歩してパソコンやって映画観て、ゴロゴロしてるだけなんですけどね。
10日間もそんなことやったら仕事戻るの嫌になりそうだわw

昨日、今日と寒かったので、布団を急遽1枚、しまってたのを戻しました。

のんちゃんは最近、ベッドに上がってこず床で寝るようになってたのが、またベッドを占領して寝るようになりました。

天気予報では「平成最後の寒の戻り」とか言ってたけど、何でも「平成最後」つければいいってもんじゃないと思った。

「平成が終わるまであと〇日!」とかテレビで言ってるのが正直ウザイと思ってるのはわたしだけじゃないと思う。

これで令和始まれば「令和最初の~」が始まるんですよね。

はじめは一緒になってちょっと浮かれてたけど、一周回ってそろそろウザイ。
一周回っちゃうのが人より早いのだと思います。

へそ曲がりと言われます。存じております。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です