犬と暮らしている人へ「何でそんなことするの?」と思わないために

犬に対して「何でそんなことするの?」と思わないために。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は犬と暮らしている方に向けて、愛犬に対して「何でそんなことをするの?」と思わないためにやって欲しいことについて。

すなわち、カーミングシグナルについてお話します。

というのも、何度も言っているように犬とのコミュニケーションに、カーミングシグナルを理解することは必要不可欠だと思うからです。

そのためには(これまた何度も言っていますが)、犬をよく観察して、カーミングシグナルの意味を正しく理解することが何より大事なのです。

それが出来れば、犬も人も「何でそんなことするの?」と思いながら、ストレスを抱えて生活する必要もなくなるのです。

逆に、いつも犬の行動の意味がわからず、「何でそんなことするの?」「何でそうやってわたしを困らせるの?」と愛犬のことをわがままだと思っていたりする飼い主さんは、犬を観察出来ておらず、カーミングシグナルの意味も理解出来ていないのです。

驚いたことに、犬を飼っているのに「カーミングシグナル」を知らないという人がけっこういるのです。

わたしが教えてあげたことで初めて知った、という飼い主さんが今までに何人もいました。

わたしは、犬を飼うのであれば、犬の言葉であるカーミングシグナルを理解することは必要不可欠であり、また飼い主として当たり前だと考えています。

 

スポンサーリンク

 

カーミングシグナル=犬語を理解しよう

カーミングシグナルで少しややこしいのが、ストレスがかかって自然と出てしまうものと、
相手に対するコミュニケーションの手段として意図的に出しているものがある、ということです。

これらを混同してしまうと、犬たちの言葉を正しく理解出来ないのです。

例えば、わたしがしゃがんだとします。

この行動自体はコミュニケーションではありません。

しかし、目の前に相手がいて、しゃがむという行為にメッセージが込められていれば、
コミュニケーションになるのです。

犬が横を向いたり、前足を上げたりなどの行動をした場合には、
それがストレスシグナルなのか、それとも他の犬に対するシグナルなのかを、
よく観察して見極めてあげることが大事です。

シグナルには応えてあげる

そして、自分に向けられたシグナルには、きちんと応えてあげましょう。

ところが、犬と人の間では、人が犬の言葉を理解していないがために、
コミュニケーションが成立しないというケースが非常に多いのです。

犬がせっかく人間に向けて喋っているのに、それを理解出来ないというのは
なんとも悲しいことです。

犬も人間も、「何でわかってくれないの」「何でそんなことをするの」と思いながら、
ストレスを抱えて生活することになるのです。

しかし、逆に犬のボディシグナルをわたしたちが正しく理解してあげたら、
犬も人もとても暮らしやすくなるし、楽しく生活出来るのです。

犬が「やめて」と言ったら、他の犬がそうするようにやめてあげましょう。

「これ以上こっちに来ないで」と言ったら撤退してあげます。
こちらからも「落ち着いて」と伝えてあげましょう。

こういう意思疎通が出来ると、とても楽になります。

スポンサーリンク

 

命令ではなくコミュニケーションを

一方的に命令するだけでなく、双方向的なコミュニケーションが取れるようになると、
犬との関係もより深いものになります。

わたし自身、犬のというか、のんちゃんの言葉を正しく理解しようと心がけるようになってからは、
「何でそんなことするの?」とイライラすることは全くなくなりました。

お互いに理解し合っている、相手はわたしのことを理解してくれている
という安心感があります。

犬の感情は人間のように複雑ではなく、ずっとシンプルでわかりやすいものです。
それを深読みしすぎたり、変に擬人化してしまうから意思疎通の事故が起きるのです。

犬が伝えようとしていることを、単純に、シンプルに受け取るだけでいいのです。

それが出来るようになって、飼い主さんたちにはもっと愛犬と仲良くなって欲しいと思うのです。

スポンサーリンク

 

おまけ

夜8時、家に響き渡るわたしの悲鳴…

わ、わたしのマシュマロがぁああああ~~~・・・ッ!!!

誰!食べたのは!

るーこ?!

違う。

じゃあ、のんちゃん?!

君か!

出しっ放しにしといてゴメン!!

うちは概ねこんな感じです。

絶対に悪いことしたとは微塵も思ってないよね。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です