ナチュラリー・フレッシュ ターキー&ラビットを与えてみた感想

   

ウサギ肉使用のドッグフードを与えてみた感想。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

最近、夜が肌寒いですね。

そのせいか犬たちがベッドに上がり込んでくるようになったのですが、
それはまださすがに暑いし、しかも場所をとられて隅っこに追いやられるので
とても寝にくいのです…

いっそのこと犬たちにベッドを譲ってわたしが床で寝ようかと思うくらいなんですが、
多分そうしても犬っていうのは飼い主にくっついて寝るんでしょうね。

友人のGレトリバーちゃんは夏場でもピッタリくっついて寝たがるので、
暑くて犬の方が可哀想だと言っていました。

大型犬の飼い主さんは大変ですね…

スポンサーリンク

紹介するのを忘れてたのですが、先日、初めてのドッグフードを購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナチュラリーフレッシュ ターキー&ラビット 2.27kg
価格:3369円(税込、送料無料) (2018/8/10時点)

ナチュラリーフレッシュ ターキー&ラビット
原産国はカナダです。

ウサギ肉を購入して以来、ちょっと珍しい肉にはまってしまった飼い主です。

検索すると、ダチョウ肉とかも普通に売られてるんですね。
さすがにお高いものでしたが。
でもオーストラリアで食べたジャーキーはおいしかった。

ドッグフードの原材料や特徴、食べさせてみた感想をご紹介します。

 

原材料

骨抜き七面鳥、エンドウマメ、乾燥全卵、白インゲンマメ、トウジンビエ、ハトムギ、トマトポマース、キャノーラ油(ミックストコフェロール類で保存)、骨抜きうさぎ肉、二リン酸カルシウム、天然香味料、サーモンオイル、炭酸カルシウム、キヌア、塩化ナトリウム、ビタミン類(塩化コリン)、ビタミンEサプリメント、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸 (ビタミンC)、ナイアシン、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンAサプリメント、リボフラビン、ビタミンB12サプリメント、硝酸チアミン、塩化ピリドキシン、ビタミンD3サプリメント、葉酸)、ミネラル類(硫酸亜鉛、硫酸鉄、硫酸銅、硫酸マンガン、亜鉛タンパク化合物、鉄タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム、銅タンパク化合物)、乾燥チコリ根、酵母エキス、トリポリリン酸ナトリウム、リンゴ、ニンジン、クランベリー、ホウレンソウ、サツマイモ、大麦若葉、乾燥枯草菌発酵産物、乾燥リケニホルミス菌発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィラス発酵産物、乾燥ラクトバチルス・カゼイ発酵産物、乾燥ビフィズス菌発酵産物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥アスペルギルス・オリゼー発酵産物、酸化防止剤(ビタミンEサプリメント)

粗タンパク質 24.0%以上、粗脂質 12.0%以上、粗繊維質 3.5%以下、水分 10.0%以下、カルシウム 0.8%以上、リン 0.7%以上、オメガ6脂肪酸 2.00%以上、オメガ3脂肪酸 0.35%以上

原材料を見る限りでは粗悪や材料や危険な添加物などは不使用のようです。

タンパク質も一般的なドッグフードに食らえて少なめですので、
手作りご飯と合わせて使うのにいいかもしれないですね。

 

ホールフード

ホールフードとは、素材そのものの力や栄養を、なるべく手を加えずに、
食物の多様性を認め、その食物の本来の姿のままいただこうという考え方、だそうです。

ナチュラリーフレッシュは、ホールフードのコンセプトに基づき、
食材そのままをまるごといただくことで、自然の本来持つバランスの取れた栄養を、
犬猫たちに届けることを目指しているとのことです。

使われているお肉は100%生肉で、調理するその日の朝に届けられ、その日のうちに調理されます。
野菜や果物も工場(所在地はカナダ)の近くにある農場でとれたものを使い、
運搬に時間がかからないため素材が劣化せず、新鮮な内に調理出来ます。

また、GI値の低い食材を使っています。
GIとはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の
上昇スピードを表したものです。
この値が低いほど、血糖値の上昇は緩やかになります。

現代の犬猫たちは食生活が豊かになっている一方で、GI値の高いものを取り過ぎる傾向にあります。

ナチュラリーフレッシュではGI値の低い食材を使い、犬猫たちの健康に配慮しています。

スポンサーリンク

 

口コミ

ネッ上ではけっこう評判のいいフードのようです。

もちろん中には「合わなかった」とか「食べなかった」とかいう口コミもありますが、
本当に少数ですので気にすることはないでしょう。

多かったのが「食いつきがいい」という評判で、偏食気味の小型犬でも食べる子は多いみたいです。

食いつきがいいのは、天然香味料であるミートブロス(お肉でとったスープ)
が入っているためだと思われます。

この価格帯でこの原材料であれば、とっても優秀なフードと言えるでしょう。

 

実際に与えた感想

うちの犬たちはフードの好き嫌いがなく何でもよく食べてくれるので、
食いつきに関してはイマイチよくわからないのですが。

我が家ではいつも通り、夜ご飯にこうやってふやかしてからあげました。

お湯につけて1時間くらいふやかすので、そのおかげか、
古いフードと会わせて新しいフードになれさせるなんてことをしなくても
お腹を壊したことがありません。

ただ…のんちゃんもるーこも、このフードを与え始めてから、
ウンチの臭いが変わりました
というか、臭いが強くなった?
2階でしたウンチの臭いが1階まで漂ってくるような…
しかもけっこう強烈です。

どっちも、合わないフードを食べるとウンチの臭いが変わるので、
もしかして合わないのかなあ…と思っています。

食べ慣れない原材料だからでしょうかね。
特にお肉。七面鳥なんて食べさせたことないし、ウサギだってあの1回きりだし。

加工されているからといって、いきなり食べ慣れないものを与えると
体に合わなかったりお腹壊したりする子もいるので要注意です。

でも毛並みやアイラインの調子は変わらないので、栄養はちゃんと吸収出来てるってことでしょう。
本当に合わないフードだと一気に調子悪くなるので。
今まで一番調子悪かったのはロイヤルカナンあげてた時です・・・

ウンチの臭いも少しずつマシになってきてるので、体が合わせてきたのかな~と。
犬はずっと同じものを食べ続けていると、それに合わせて体調を整えられるらしいので、
しばらくは同じものを食べさせ続けた方がいいようです。

ちょっと珍しい種類のお肉をあげてみたいけど、生であげる勇気はない、
っていう飼い主さんにいいのではないでしょうか。

うちの同僚で、一人「ウサギ肉食べさせてあげたいけど生はちょっと…」と言っていた人が、
このフード教えたら早速購入して、今度生肉もあげてみるとか言ってます。

ターキー&ラビット以外にも種類があるので、同じメーカーでローテーション出来るのもいいですね!

大袋での販売はないみたいですが、複数買うと少し安くなるし、何より袋にジッパー付きなのが嬉しい。
大袋にはない使用なので地味に嬉しい。

スポンサーリンク

 

おまけ

たまに撮れるワルのんちゃん。

今にも舌打ちが聞こえてきそう…
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

 - 商品紹介, 犬の食事