ずっと匂いを嗅いでいる?少しくらい待ってあげよう

皆様こんにちは!

犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は朝からちょっとした事件が起きました。

近所の工場で飼われている和犬ミックスちゃんが脱走してしまったのである。

のんちゃんのお散歩に行く時に、リードだけ持った飼い主さんに会って、
見かけたら教えてくれと頼まれました。

この辺りはけっこう車通りもあるし、坂道なのでけっこうスピードを出すんです。

心配しながら歩いてたら、公園に行く道でその子を発見。

しかしのんちゃんはその子があまり好きではないので、
脇道にそれてすれ違わないようにしました。

スポンサーリンク

帰りの道でまた飼い主さんに会ったので、公園の近くで見たと伝えたのですが、
その後るーこの散歩に出発した時、なんと公園とは正反対の道でまた発見。

るーこはその子と仲が良いので、しゃがんで呼んでみたのですが、
遊びモードになってしまって近くまで来るけど手の届かない位置で離れて行ってしまい、
結局その時も捕まえられませんでした。

最終的に秋田犬を飼ってるお父さんが、おやつで釣って捕まえてくれたそうで、
るーこのお散歩を終えて帰る時には、ちゃんとお家に戻っていました。

るーこを連れている時に会った時、少し後をつけてみたのですが、
尻尾は右よりで高く上げて、好きなように匂い嗅ぎしながら、
なんだかとっても楽しそうに歩いていました。

犬が自分自身で散歩すると、こんな感じなんだろうなーっていうのがよくわかった。

ゆっくりゆっくり歩きながら、草むらの匂いを嗅いでマーキングしたり、
気に入った枝をくわえて遊んだり、心から楽しんでいる。

これが犬本来の散歩であって、わたしたちは犬がこの散歩に少しでも近づけるようにしてあげないといけない。

お家に戻ったミックスちゃん、ちょっとしょんぼりしていたけど、
この子はいつもまったり散歩に近い散歩をしているのをよく見ているのし、
飼い主さんからも可愛がられているのでとても落ち着いている。

ただ、いつもいるこの環境は、夏場は日射しがまともに当たって暑いし、
冬も雪が積もればそのままなので、犬を飼うにはあまり好ましくない。
おまけに下は石でゴツゴツしていて寝にくいだろう。

最近、少しずつ苦手な立ち話をして飼い主さんと仲良くなれたので、
今度それとなく、飼育環境の改善をお話してみることにします。

スポンサーリンク

散歩繋がりで、少し前に、

「散歩の時、犬がずっとにおいを嗅いでいるのですが、どうすればいいですか」

という相談を受けました。

実際に現場を見ないと、この質問に答えるのってすごく難しいんです。

「ずっと」っていうのがどれくらいの時間であるかや、犬がどんな状態で匂い嗅ぎをしているかによって、
答えは違ってくるからです。

ストレスなく穏やかに暮らしている犬だって、当たり前ですが匂い嗅ぎはします。
だけど、よっぽど魅力的なもの、例えば人間の食べ残しや、骨なんかが落ちていない限り、
同じ場所でずっとにおいを嗅いでいるということはまずありません。

そういう魅力的なものを見つけてずっと匂いを嗅いでいるのを、飼い主が困って、
どうすればいいですかと聞いているのだとしたら、好きなだけ嗅がせてあげて下さい、と答える。

のんちゃんもるーこも、当たり前のように匂い嗅ぎはするし、いつも同じ場所の匂いをチェックしている。
時々、草むらや電柱で長々と匂い嗅ぎをするけども、待っていられない程ずっと嗅いでいることはありません。

相談を下さった方には、愛犬が匂いを嗅いでいる様子を動画に撮って見せてもらったのですが、
正常な範囲の匂い嗅ぎで、そのまま好きに嗅がせてあげて下さい、とお願いしました。

しかし、高ストレス状態で、外に出た途端に地面に鼻をくっつけて匂いを嗅ぎまくって、
全く周りが見えなくなり突進するといった状態は問題です。

その場合は、匂い嗅ぎそのものをやめさせるんじゃなく、ストレスの原因となっているものを
取り除いてあげる必要があります。

お散歩の時間が短すぎるのか、場所が悪いのか、普段からケージ飼いなのが悪いのか、
ストレスの原因は一つではありません。
低気圧が原因だったってこともあります。

他にも、のんちゃんがそうなのだけど、車通りが多い場所に来ると、
途端に匂い嗅ぎをして進まなくなる犬もいます。
これは車通りが多い場所を通ることが一時的にストレスになっているために、
匂い嗅ぎをして自分を落ち着かせようとしているためです。

匂い嗅ぎというのはカーミングシグナルの一種でもあり、
きつい口調で呼ぶ飼い主に対して、犬が匂い嗅ぎをしてなかなか来ないというのは、
飼い主に「落ち着いて」と言うと同時に、「落ち着け自分」と自分自身を落ち着かせているのです。

スポンサーリンク

のんちゃんもるーこも、お散歩中は常に鼻の匂いセンサーを最大限活用して、
いつもクンクン、クンクンしている。

特に食べ歩き(拾い食い)ポイントに来ると、入念に匂い嗅ぎする。

ちなみに今日は食べ歩きポイントの畑に、イチゴと、

リンゴが落ちていたのですが、どちらも傷んでいたので、
のんちゃんもるーこも見向きもせず。

食べ歩きを楽しみにしているのんちゃんは、ちょっと残念そうでした(^▽^;)

匂い嗅ぎが長い場合は、飼い主は花などを愛でつつ待っております。

匂い嗅ぎは犬の散歩の楽しみの一つなので、急かさずに待ってあげましょう♪
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です