のんちゃん2ヶ月の我慢☆パピーライセンスをご存じ?

   

皆様こんにちは!

犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

わたしは一応サービス業なので、普段土日なんて絶対に休めないのですが、
明日からの土日が休みなのです。

とうとう本格的に干された芸人の気分です…

 

さてこちら、生後4ヶ月のるーこ。

ボンレスハム並のむちむちっぷり

そのどすこいぶりを裏切らない食いしん坊で、のんちゃんにあげるつもりのおやつを、
横からかっさらっていくこともしょっちゅうでした。

しかしまだ生後4ヶ月。
ギリギリパピーライセンス所持の期間だったので、
おっかない海音おねーちゃんに怒られることもありませんでした。

まだこの時は。

この頃はよく2頭連れでお散歩に行ってました。

るーこは大好きなおねーちゃんと一緒だとよく歩く。

もちろんまだチビなので、そんな長時間歩かせられないし、公園まで行ってちょっとぶらつく程度。
のんちゃんはそんなお散歩で満足するはずないので、個別にお散歩の時間を作ってあげてました。

公園で撮った2頭のおすまし写真。

ふと振り返ったらいつの間にか子どものギャラリーが出来てて、
今にもその中の一人が触らせて下さいとか言ってきそうだったので、
慌てて撤収した記憶があります。

わたしは基本、子どもに限らずよその人に自分の犬を触らせません。

近づかれるとスーッと逃げて行くので、変な人と思われてそう。

るーこも4ヶ月後半になる頃には体力ついてきたので、
のんちゃんと一緒に遠出出来るようになりました(^▽^)

歩いて20分くらいの河原によく遊びに行ったなあ。懐かしい。

おねーちゃんを追いかけるのに必死なるーこと、
そんなるーこを尻目にさっさと先に行っちゃうのんちゃん。

いつでもどこでも、るーこはのんちゃんを追いかけてました。

この時はまだ全然、のんちゃんのスピードには追いつけなかったね。
今は全力で走ると追いつけるようになってきました。

休みの日は4時間くらいここで遊んで過ごしたね。

そうこうしている内に、何となく、のんちゃんもるーこを受け入れてきたかな~って思います。

 

パピーライセンスをご存じですか?

前回の記事にもちょこっと書いた、パピーライセンスなるもの、ご存じですか?

生後4ヶ月くらいまでの子犬は何をしても大人の犬に叱られない特権を持っており、
それをパピーライセンスと言います。

子犬に限らず、ほ乳類の赤ちゃんは本来みんな持っているものなのだそうです。

なぜなら、生まれてからこれくらいまでの時期は、全身に愛情を受けて育つ必要があるからです。

この時期にひどい扱いを受けることなく、どれだけ愛情を受けられるかで、
その子の一生が左右されると言っても過言ではありません。

必要以上の干渉を受けることなく、ある程度自由に自分の好きなように動け、
危ない時は親や周りの大人が守ってくれる。

叱るのではなく、教えてくれる

それが生き物にとって本来あるべき乳児期の姿なのです。

以前、実家で飼われていた雌犬が子犬を産んだ時も、近所の雌犬が子犬を産んだ時も、
子犬がある程度大きくなるまで何をしても叱ることがありませんでした。

そのかわり、当時はそうとわからなかったのですが、カーミングシグナルを出していたなと思います。

耳や尻尾にじゃれて噛んでくる子犬に対しては、体を硬くしてじっとフリーズし、
顔を背けたり尻尾を隠したり、それでも子犬がわからないと立ち上がって移動したり。
そういった行動で子犬に「やめなさい」と教えていました。

子犬同士が遊んでいてヒートアップし、どちらかが悲鳴を上げるような場面には、
すっと子犬の間に割って入ってやめさせたり。

くわえてはいけないものを口にした場合は、取り上げるのではなく、
何か別の物に興味を向けさせて、子犬が自分で口から出すように仕向けたり。

最低でも4ヶ月になるまでは、絶対に叱っていなかったと思います。

ところが、人間に飼われている子犬は、強制的にパピーライセンスを剥奪されてしまうことがほとんどです。

生後2ヶ月足らずで親元から離され本来受けるべき愛情を受けられず、子犬市場やペットショップでひどい扱いを受け、
飼い主のもとに行ってもケージに隔離されて、夜泣きしたり甘噛みしたり、子犬として当然のことをしただけで叱られてしまいます。

受けられるはずの愛情を受けられず、叱られるはずのない時期に叱られたことで、
子犬は将来的に様々な問題行動を起こします。

これから子犬を飼おうかというあなた。

子犬はパピーライセンスという大事なものを持っていることを忘れず、
無意識にそれを取り上げるようなことのないようにお願いします。

というか、そもそも、犬を叱る必要はないのだということを、
何度も言ってますがもう一度ここに言っておきます。
詳しくはコチラの記事をどうぞ
訓練しない・叱らない・嫌がることをしない「3つの基本理念」
犬を叱る3つのデメリット

 

さて、生後4ヶ月も後半にさしかかったるーこ。

2ヶ月の間、茶色い残像の横暴に耐えてきたのんちゃん。

次回、のんちゃんの逆襲が幕を開けます。

のんちゃんによく耐えたねの愛の一票を♪
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

 - うちの犬たちのこと, 海音, 犬を叱らない, 琉海