犬に暴力を振るう原因は「自尊心」にある

こんにちは!

今日も今日とて泥だらけになった犬たちと一緒に泥だらけになった犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

さて恥ずかしい話ではありますが、わたしの家族は「犬を叩く」ということに抵抗がない人たちです。

父は良くも悪くも「昔ながらのトレーナー気質」で、「犬は厳しくしつけないと人を見下す」という都市伝説をいまだに信じています。

なので、犬を叩くのは当たり前、むしろ叩かないといけないとすら思ってます。。。書いてて非常に恥ずかしい。

妹は、実際に叩きはしません。

でも、叩く真似をします。

帰宅をお出迎えにいったわたしのるーこが吠えるのをうるさがって、持ってた書類で叩く真似をしました。

もちろんるーこは怯えて首をすくめます。

それを目撃して本気で蹴飛ばしてやろうかと思った。

唯一、母は小型犬である実家のトイプードルを飼って以来、犬を叩くのはいけないと思い始めています。

しかしそれは小型犬に対してのみで、ある程度大きい犬は叩いても問題ないと思ってます。なのでわたしののんちゃんやるーこを時々叩くんですよねえ…

やめんかアホって言ってるのにな。

そもそも、何で人って犬を叩くに限らず、暴力を振るうんでしょうね?

色々理由はあるかと思いますが、わたしは、人なら誰しも持っている「自尊心」ってやつが大きな理由になってるんじゃないかと思ってます。

 

人は他者から「尊敬」されたがる

人なら誰しも持っている「自尊心」。

例えば、うちの父は自尊心が高い人です。っていうかむしろナルシストって感じかも。

また思い込みも激しく、一度自分で正しいと思ったことを否定されるのを嫌がります。例え間違いであっても決して改めません。

だから、「犬は厳しくしつけないと人を見下す」なんていうどこで聞いたのかわからない都市伝説をわたしがどんなに間違いだと説明してもいまだに信じています。

そして自尊心が高いゆえに、犬に見下されまいと犬を厳しくしつけて叩くんです。

人は誰しも「自尊心」を持ち、他者から「尊敬」されることを望んでいます。

そして、誰かから見下されることはひどく不快なことで、恥ずかしいことなのです。

刑務所の囚人に、殺人や暴行の理由を聞くと、「相手に見下されたから」という答えが返ってくることも少なくはないと言います。

犬に対して暴力を振るう理由も、この「見下された」という感情が影響しているのではないでしょうか。

犬を飼う人は「自尊心」が高い人?

犬を飼う人は「自尊心」が高く、また「支配欲求」が高い人だというデータがあります。

つまり、犬を飼い、服従させることで自分の「自尊心」と「支配欲求」を満たすのです。

犬って基本的に飼い主に忠実で服従心が強いっていうイメージですもんね。そんなイメージが人の自尊心をくすぐるんじゃないでしょうか。

だから、犬にちょっとでも見下されたと感じると、同時に自尊心が傷つけられたと感じて、暴力を振るって犬を服従させるんです。

飼い主の暴力に怯えた犬のしおらしい態度って、自尊心と支配欲求を満足させる何よりのものなんじゃないでしょうか。

何だか書いてて人間不信になりそうです。

 

犬は人を見下さない

このブログでは再三言っていることではありますが、犬が人を見下すということは絶対にありません

犬は人のように自分と誰かを比較して、相手が劣っているなどとは思わないのです。

犬に見下されているだなんて思うことは、犬を悪い方向に擬人化しているにすぎません。

犬が指示を聞かないのはあなたを見下しているわけでも何でもなく、ただ単に「聞きたくない」からです。もしくは指示の意味がわからないからです。

叱られている時に顔を背けたり、背を向けたりするのは、見下しているわけではなく、あなたを落ち着かせるためのカーミングシグナルです。

あなたに都合の悪いことを犬がやったからといって、あなたを見下しているということにはなりません

世間一般で「支配的」と言われている犬たちが、ただ単にわがままなだけであることは、コチラの記事「アルファシンドロームなんて大ウソ!」で詳しく書いた通りです。

 

犬への暴力が正当化されている

いつからか人は犬のリーダーにならなければならず、飼い主は犬に見下されないよう厳しい態度で接しなければならない、などという都市伝説が広まってしまいました。

犬が言うことを聞かないのを「見下している」などと思い込み、犬を殴ったり蹴ったり、首を絞めたり、押さえつけたりするのです。

そうやって犬を暴力で服従させて、人は「自尊心」を保つのです。

犬を叩けとか、暴力を振るえとか公言するのははばかられるので、

「犬のリーダーになれ」

「厳しい態度で接しろ」

とかいう言葉で正当化されています。

これが「パックリーダー論」です。

何度も言いますが、犬はリーダーになろうだなんてこれっぽっちも思っていません。

人を見下したりすることも絶対にありません。

犬を叩いたりしなくても、むしろ叩かない方が犬との関係はずっといいものになります。

犬を叩いている人、暴力を振るってリーダーになろうとしている人に知って欲しいです。

人はどうやっても犬のリーダーになんてなれません

まずはわたしは家族の犬への接し方を変えたいと思います。

犬とのより良い関係を築くために読んで欲しい記事
犬と友達になるために実践すべき3つのこと
わたしがパックリーダー論を不定するワケ
犬の信頼を得るためには「犬の意思」を尊重すべし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です