叱られても大好き?飼い主を「尊敬する」の誤解

      2018/10/12

新規バナー

怖い飼い主を「尊敬する」は大きな誤解。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日、ボノボ目当てで見てた志村動物園で知ったんですが、
人間の足のにおいは果物やチーズに似てるそうです。

そのせいでキツネが人の家から靴やサンダルを持って行くという事件が多発しているそうですが、
うちの犬たちがわたしの足をひたすら、丹念に舐めてくれるのも
そのせいなのかなあ…と。

指の間まできれいに舐めてくれるし。

臭ければ臭いほど、犬にとってはたまらんにおいなんでしょうねえ。

スポンサーリンク

わたしはいつも、「犬を叱らない」と言っています。
わたしの犬育ての基本理念の一つにもなっています。

しかし一方で、犬が何か人間にとって都合の悪いことをした時に、
厳しく叱ったり怒鳴ったりなどしていても、
犬が「いい子」にしている時にきちんと褒めてあげれば、
犬は飼い主のことを「尊敬出来る人」だと思う、というようなことも言われています。

しかしこれは、犬を厳しく叱ったり怒鳴りつけたりしている人たちが
自分の行為を正当化するための言い訳に聞こえますし、
犬に厳しく接している罪の意識を、犬を「褒める」ことでなくしているのではないかと思うのです。

そもそも、罪の意識など感じていないかもしれませんが。

このせいで、「犬は叱られても飼い主が大好きだから、叱っても大丈夫」
などと都合のいいことが言われるようになってしまうのです。

それにしてもなぜ、そんな飼い主を犬は「尊敬する」だなんて思われるようになってしまったのでしょうか?

よくある犬のボディシグナルの読み間違いと、思い込みが原因だと思うのです。

 

厳しく怖い飼い主を「尊敬」する?

いつも犬に厳しく接し、時に怒鳴りつけたり、体罰までするような飼い主が帰宅すると、
尻尾を振って大喜びで出迎え、甘えたりして、いかにも飼い主のことが大好きであるかのように
振る舞う犬は確かに多くいます。

実際、愛犬を生後6ヶ月で厳しい訓練所に預け、戻って来てからも、
訓練所のトレーナーに教わった通りに厳しく接していたという飼い主が、
当時の愛犬の様子をこうだったと話してくれました。

わたしは、これはボディランゲージの読み間違えが大きな原因だと思うのです。

犬は本当に喜んでいる?

こういう時の犬をよく見て下さい。

犬は耳を後ろに倒し、腰を低くして、尻尾を低い位置で振りながら、
飼い主ににじり寄るように近づいて行っていないでしょうか。

それは「尊敬」しているがゆえの行動ではなく、「敵意はないから怖くしないで」の強いアピールです。

実際に嬉しそうにしている犬もいますが、それは純粋に優しくされて嬉しいということもあるでしょうが、
そうして機嫌をとっておけば飼い主が自分に苦痛を与えないと学習した結果でもあります。

人間だって、怖い人の機嫌はなるべく損ねないでおこうとしますが、
人間の感情に敏感な犬も同じようにするのです。

そういった犬の性質から、媚びへつらうというような意味合いで、
「○○の犬」というような表現が生まれてしまったのでしょう。

確かにぱっと見、顔は笑っているようにも見えますし、尻尾も振っているので、
飼い主が帰ってきたことに喜んでいるようにも見えます。

しかし、普段から何かと厳しく接し、怒鳴ったり時に体罰すらする存在が現れたことを、
果たして犬は心から喜んでいるでしょうか?

犬がそういう過剰ともいえる出迎えをした時は、もしかしたら、
自分は犬にとって「ご機嫌取りをしないといけない相手」だと思われている可能性がある
と考えるべきです。

スポンサーリンク

 

ご機嫌取りか喜んでいるのかの見極め方

不快な事態や痛い思いをすることを避けるために、飼い主のご機嫌をとっているのか、
それとも本当に飼い主が好きで喜んでいるのか、それを一瞬にして見極めるのは難しいことです。

しかし、飼い主に気を許している犬は、過剰なシグナルは出さないように思います。

うちののんちゃんやるーこは、わたしが帰宅してサラッとにおいだけ嗅いで立ち去ることがほとんどですし、
出迎えにすら来ないでベッドで寝ていることもあります。

犬同士でも、気を許した相手にはシグナルを省略しています。

一緒に住んでいるのんちゃにゃるーこはもちろん、同居して1年がたった実家のトイプーとも、
互いの存在になれたらちょっと顔を背けるとか、やたら接近しすぎないとか、そんな程度で対応しています。

わたしに対しても挨拶程度のシグナルは出しますが、低い姿勢で這いずって来るようなことはまずありません。

「嫌なことをしないで」の姿勢が、「服従している」とか、「へりくだっている」とか、
「媚びへつらっている」とか解釈されてしまうことがありますが、大きな誤解です。

そう思うことで人間はいい気分になるのかもしれませんが、
それで「犬は自分を尊敬している」などと思って尊大に振る舞ったり、
犬に横暴に接したりするのは間違いです。

わたしだったら、犬には同じ犬仲間のように接して欲しいと思います。

その方が尊敬されるよりずっと楽しいし、それこそ犬と暮らす醍醐味なのではないでしょうか。

ともかく、犬のことを叱ったりなどしないということです。

怖い存在として過剰なご機嫌取りをされるよりも、同じ仲間として普通に挨拶してもらえる関係を目指しましょう。

いつも怒っていて怖い飼い主を、それでも犬が好きでいることなんて、まずないのです。

スポンサーリンク

おまけ

並べられて遊ばれるのんちゃんw
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

 - 犬との接し方・関係作り, 犬の気持ちを理解する, 犬を叱らない