犬の気持ちに寄り添うために「いってきます」を言おう

      2018/10/12

新規バナー

こんにちは!

犬の散歩中に滑って尻餅をついた犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

お尻に青痰出来ました…まあ、見せる相手もいないからいいけど。

昨日の記事にも書きましたが、人間の事情はしっかりと「ことば」で犬に伝えるべきだとわたしは思っています。

なので、出掛ける時も必ず犬たちに「いってきます」と言うようにしています。

よく、出掛ける時に声をかけると犬が不安になるので、気づかれないよう黙って出掛けましょう、と教えているしつけ本やサイトを見かけます。

しかし、黙って出掛けてしまうことこそ、犬を不安にさせてしまうのではないかと思うのです。

 

「いってきます」はとっても大事

これから出掛けるよと犬に伝えよう

「いってきます」という言葉は、人と暮らしている犬にとって「飼い主がこれから出掛ける」という合図です。

その合図のせいで、犬が不安になり吠えたりまとわりついたりすると言いますが、それとこれとは全くの別問題です。

飼い主と離れることを過剰に不安がることを分離不安と言いますが、「黙って出掛ける」というのは分離不安には何の効果もないのです。

むしろ、余計に不安にさせてしまいます。

誰だって、家族が何も言わずに突然出掛けたら「えっ、どこ行ったの?いつ帰ってくるの?」と不安になります。

犬だって同じなのです。

わたしはいつも犬たちに一声かけてから出掛けるようにしていますが、急いでいてそれを忘れると上のボーダーコリーなんかは、

「ちょっと、どこ行くの!?何で黙って出て行くのよ!!」

とご立腹です。


ムキ顔のボダ子です。めっちゃレアです。

ちゃんと声をかけてあげると、納得してベッドの上から「いってらっしゃ~い」と応えてくれます。

2頭目のシェルティも、最近やっと「いってきます」がお出かけの合図だと理解してくれました。

声をかけず出掛けてしまった時、犬たちはオロオロソワソワして、ずっと玄関で待っていたと母に言われたことがあります。

声をかけて出掛けるのは、決して犬を不安にさせることではありません。

飼い主がこれから出掛けるということを理解してもらい、犬を安心させてあげるのに大切なことなのです。

帰る時間を伝えるのも大事

「いってきます」と言う時に、「○時に帰るからね」と伝えるのも大事です。

昨日の記事にも書いたように、犬は人間が話していることの全てを理解出来るわけではありませんが、話している飼い主の雰囲気から何となく状況を察するのです。

うちの犬たちは、わたしが「○時に帰るよ」と伝えた時間になると玄関に出て待っているそうです。

ちょっと早めに帰るとお出迎えに遅れて、慌てて飛び出して来ます。

「ちょっと~お出迎え遅くない~?」なんて意地悪を言うと、「だって帰ってくるの早いじゃないの~」とボダ子は文句を言います。

遅れて帰ると、一応はお出迎えに来てくれますが、ムスッとした顔をしています。

再びレアなボダ子のムキ顔です。しつこいですねすみません。

そんなところも可愛いです。

犬にお留守番をさせるコツは、犬を裏切らないことだそうです。

遅れてしまったら、ちゃんと謝りましょう。

 

「ただいま」を言うのも大事

飼い主の帰宅時、愛犬が吠えたりつきまとったりするのは、嬉しいからなんです。

それを「うるさいっ!」と叱るのではなく、「ただいま~」と言って受け止め、共有してあげましょう。

うちのシェル太は、わたしが帰ると嬉しさのあまり吠えながら出迎えてくれますが、「ただいま」と言って撫でてあげるとそれだけで大人しくなります。

ためしにただいまを言わないでいると、言われるまでひたすら吠え続けていました。

「嬉しい!おかえりおかえり!」と言っている犬の気持ちを受け止めてあげるためにも、必ず「ただいま」を言ってあげましょう。

自分の気持ちを受け止めてもらえたことがわかれば、犬は満足するのです。

 

愛犬の気持ちに寄り添ってあげよう

「いってきます」と「ただいま」は、飼い主が出掛けて不安、飼い主が帰ってきて嬉しい、という愛犬の気持ちに寄り添ってあげるために必要なことです。

犬の気持ちを理解するのは案外簡単ですよね。理解して、どう接してあげるかが大事です。

不安な犬に対して黙って出掛けるのか、嬉しくてつきまとう犬に「うるさい」と叱るのか。

犬の気持ちが理解出来たら、その気持ちに寄り添うためにはどうするかを考えてあげて下さい。

そうすれば自然と「いってきます」と「ただいま」が出てくると思います。

 - 犬との接し方・関係作り