うちの子はわがまま?愛犬をわがままだと感じる原因は「意思の疎通」が出来ていないから

愛犬のことを「わがまま」だと感じるのは意思の疎通が出来ていないから。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は「愛犬がわがままだ」と感じてしまう理由について。

まったり式犬育てに取り組み始めて下さったという方から、時々こんなことを言われることがあります。

「うちの子が最近わがままになってきた気がする」

まったり式を始めてから1~2ヶ月くらいたったという飼い主さんから言われることが多いです。

わたしは、「犬がわがままだなんて有り得ない」という考え方なので、実際に自分でまったり式で犬たちを育て始めた時も、
一度も「わがままになってきたなあ」なんて感じたことはありませんでした。

では、なぜ飼い主さんたちはまったり式を始めてしばらくたつと「うちの子わがままになってきた」なんて感じてしまうのでしょうか?

その原因として、まず、叱るのをやめたことで愛犬が自己主張し始めたということ、そして飼い主さんの対応不足ということが挙げられます。

更に、「わがままになった」と感じてしまう一番の原因は、愛犬との意思の疎通が出来ていないことにあります。

では、詳しくお話していきましょう。

愛犬をわがままだと思っている飼い主さんは是非読んでみて下さいね。

スポンサーリンク

 

わがままではなく「自己主張」

わたしは飼い主さんからご相談を受けた時にまずお願いするのが「叱るのをやめて下さい」ということです。

犬を叱らないというのは、まったり式犬育ての基本理念の一つにもなっており、これが出来ないことにはまったり犬育ても出来ないと考えています。

しかし、この「叱る」という行為を飼い主さんがやめたことで、今まで言うことを聞かないと叱られるので渋々言うことを聞いていた犬たちが、自己主張を始めるようになります。

例えば、吠える犬を叱ることで黙らせていたとしたら、叱るのをやめれば吠えるようになるというのは当然です。
今まで吠えれると叱られるから黙っていた犬も、叱られないとわかれば途端に吠えて自己主張するようになるでしょう。
吠える以外にも、叱ることでやめさせていた行動をどんどんするようになります。

しかし、これは決してわがままではなく、むしろ喜ばしいことです。

「叱る」という行為は、愛犬が抱えているストレスからくる問題行動すら封じてしまうので、一見、何の問題もない犬に見えてしまいます。

叱るのをやめることで吠えたり物を破壊したり、散歩中に引っ張ったりなどの問題行動が出てくれば、その子が何に対してストレスを抱えているのか原因を知り、その原因を取り除くことが出来ます。

また、今まで散歩中は飼い主さんの行く方に大人しくついて行っていた犬がこっちに行きたいと言い出したり、呼ばれない限りそばに来なかった犬がくつろいでいる飼い主さんに対して撫でて!と言いに行ったりなど、犬として当然のことをするようになります。

しかし、これを「自分を困らせるためにやっている」と感じてしまう飼い主さんがいます。

叱らないことで愛犬が起こすようになる様々な行動は全て喜ばしいものなのですが、これを「わがまま」と感じてしまう飼い主さんは多いのです。

スポンサーリンク

 

飼い主の対応不足

飼い主さんの犬への対応が不十分なことで「わがまま」と感じる場合もあります。

例えば、ご飯を食べているそばを人間が通りがかるたびに犬が噛み付くので、その都度叱りつけてやめさせていたとします。

まったり式犬育てを始めて、叱らないようにと言われたのでその通りにしたら、噛み付きが改善しないどころかむしろ悪化して躊躇なく噛むようになった、というのはよくある話です。

この場合、叱らないだけでなく、犬が「噛み付く」という行動を起こさないように飼い主さんが工夫してあげなければなりません。
これも決して難しいことではなく、食事中の犬に近寄らないようにすればいいだけの話です。
日常的なストレスマネジメントも必要ですし、コミュニケーションで関係を改善しなければいけません。
その上で、犬が一人で静かにご飯を食べられる環境を整えてあげて、食事中には誰も近寄らないという配慮も必要です。

まったり式犬育て=叱らないしつけ、と勘違いしているとこういうことが起こりがちです。

叱らないというのももちろん大事ですが、それは犬育てのごく一部にすぎず、どうすれば犬を叱らないでいられるか、どうすれば犬が少しでも楽になるかを考えてあげなければいけません。
この配慮をせずに「叱らない」だけをやっても、まあ叱り続けているよりはマシでしょうが、目に見える効果というのはなかなか現れないでしょう。

わたしが見たところ、愛犬を「わがまま」だと感じる飼い主さんは、この辺の配慮やストレスマネジメントが不十分であることが多いようです。

これぐらいでいいだろうと妥協せずに、可能な限りストレスを減らす配慮をしてあげることが改善につなげるコツです。

例えば、ドアチャイムに吠える犬であれば吠えるたびにストレスになります。
ドアチャイムを鳴らないようにするとか、音量を下げるとか、音を変えるなどの工夫が必要になります。
のんちゃんもドアチャイムにすごく吠える子だったのですが、チャイム音を変えたら吠える回数が減りました。

こういったストレスを減らすための配慮は先送りにせず、思いついたら即行動して欲しいです。

 

意思の疎通が出来ていない状態

わがままと言われる犬のことを「アルファシンドロームだ」と言って、厳しくしつけようとするトレーナーがいます。

  • 犬のわがままは許してはいけない
  • 飼い主の言うことは絶対に聞かせないといけない

というのがトレーナーたちの持論です。

しかし先にも説明した通り、わたしは犬がわがままだなんて思ったことはないし、アルファシンドロームと言われている犬たちのこともわがままだとは思っていません。

ではなぜ、言うことを聞かないのか、飼い主の言うことに逆らっているように見え、わがままだと感じてしまうのか。

それは、意思の疎通が出来ていないことが一番の原因なのです。

言うことを聞かないというのには、犬にだって犬なりの理由があるはずです。

呼んでも来ないなんていうのは一番ありがちですが、これはわがままと言うよりも単に練習不足か、もしくは飼い主のことが嫌いで行きたくないだけです。

食器やおもちゃを取ろうとすると唸ったり噛んだりするのは犬の本能ですし、もしくは日常的に飼い主に何かを取り上げられていると物に対する執着が強くなるので、その場合は飼い主が悪いと言えます。

散歩中に動かなくなるなんていうのを「わがまま」と言うのはもはやナンセンスです。
「そっちの道には苦手なものがあるから行きたくない」の意思表示かもしれないし、子犬の場合は散歩の時間が長すぎて疲れてしまっているとも考えられます。
自分の脇にピタッとツケさせて軍隊の行進のような散歩をしているのであれば、そんな散歩に嫌気がさしているのです。

これらの行動がわがままだとか、酷いとアルファシンドロームなどと言われてしまっている原因は、犬との意思疎通が出来ておらず、犬のことをよく理解していないせいです。

愛犬の行動を見て「うちの子はわがままだ」なんて決めつけずに、まずは自分の犬に対する行いを省みて、犬の気持ちになってなぜこんなことをするのかを考えてみて下さい。

 

犬のことを理解しよう

わたしが見てきた限り愛犬を「わがまま」だと感じるのは、愛犬との意思疎通不足と理解不足が原因です。

まずは犬の習性や行動の意味について理解しましょう。

呼ばれたら来ないとか命令に従わないなんていうのは、そうしたくないからですし、そうしたくない理由があるはずです。
いつも怖い声で呼んだり、命令に従うのが遅れたら叱ったりしていませんか?

ソファからどかそうとすると怒るのは、そこが犬のお気に入りの場所だからでしょう。

散歩の途中で動かなくなるのは疲れているのか、もしかしたら足が痛いのかもしれません。肉球に怪我をしていたりしませんか?

わがままだと決めつけて厳しく接するのではなく、一つ一つ、行動の意味を考えて、理解してあげて下さい。

そうすれば取り除くべき原因も見えてきますし、愛犬がなぜそんな行動をするのかもわかります。

原因を一つ一つ解明し、小さなストレスを片っ端から思いつく限りの方法で減らしていくことが、まったり式犬育てにおいて何より大事なことです。

スポンサーリンク

 

おまけ

本日のパソコン仕事のお供。

スーパーで買えるチーズはわたし的に6Pのコクうまが最強だと思ってたけど、久しぶりに食べたkiriもとても良かったです。

もちろん犬たちにもお裾分け。

おいしいものは犬たちとシェア。
おかげで何を食べてもだいたいはお腹壊さない頑丈な子らに育ちました。

それぞれ6個入りなので、毎日一つずつ食べても12日はもつ~~~♪なんて思ってたのに、おいしくてついつい食べちゃって、
あともう4つずつしか残ってないです…反省はしてるけど後悔はしてません。おいしかった。

塩分取り過ぎだろうか…
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

2 Comments

りのん

こんにちは!

今までの私なら 希の 行動を「わがまま」だと思い、叱ってやめさせていただたろうなーと 思いながら ブログを読ませたいだきました。
お散歩時 「そっちの道は 行きたくないのだ」とか「まだ 帰りたくないのだ」と言って、動かなくなる事もしょっちゅう。
家では 「お庭は寒いから行かないよー」とか 「おもちゃはいらない、おやつちょーだい」とか、、、今まで そんな希の声を聞くこともしませんでした。
でも、まったり式を始めて ふた月足らずですが、希の声が 聞こえるようになってきてる事が 嬉しいんです!

今朝は 午後から仕事のため 4時間程の お留守番の日。
その お詫びの意味もあって、朝散歩は まったり、たっぷり行ってきたつもりでしたが、家の前の道まで帰ってくると 「まだ 足りん!」と 座り込んでしまいました。
えーーー まだーーーと思いましたが、希の意思を尊重して 家の隣の空き地で 暫く匂い嗅ぎに お付き合いしました。
こんな時、いつも プンプン怒りながら無理矢理連れて帰っていたから、どんどん 希が暴れん坊になったしまってたんでしょうね。
もっともっと まったり散歩を練習して極めたいです^_^
そして もっともっとわがままのんちゃんになって ほしい!!!

返信する
瀧沢かいるー

りのんさま

コメントありがとうございます。

考え方しだいでわがままではなく正当な自己主張だと理解出来ることなんですよね。
愛犬が何を考えているのか、今どういう気持ちなのか、少しでも自分で想像出来れば全然違うのにな~と思います。
犬はなぜか「飼い主を困らせないもの」と思われているので、少しでも自分の意に介さないこと、
例えば希ちゃんのように「そっちには行きたくない」と正当な理由があって自己主張しただけにもかかわらず、「この子はわがまま」と、
理不尽に思われてしまっている子が本当に多いな、と感じます。
少し遠回りしてあげれば済むことだし、まだ家に帰りたくないという時だってちょっと匂い嗅ぎに付き合ってあげればそれで満足してくれるのに。
ストレスレベルが高い子だとずーーーっと匂い嗅ぎしてるなんてこともありますが、それでも付き合ってあげていれば1週間足らずでだんだん落ち着いてきます。
はじめは大変ですが、最初にちょっと飼い主さんが努力すればあとはずっと楽なんです。
その、最初の努力というのをやろうとしない飼い主さんがほんと多いなって。
犬だけを人間に合わせるのではなく、人間も出来る限り犬がやってくれているように犬に合わせて、両者で妥協点を探って行ければいいなと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です