「優しいやり方が合わない」のは犬ではなく飼い主の方

   

「優しいやり方が合わない」のは犬じゃなくてあなたの方じゃありませんか?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

最近、のんちゃんが新しい遊びを発明しました。

わたしの口を舐めている時に、わたしが唇を「プルル~」ってやったら逃げるっていう、
よくわからん遊びを楽しんでやってます。

多分、口を舐めてる時にわたしがクシャミしたのが面白くて、
そこから編み出した遊びだと思われます。

ただ口を舐めさせてるだけだと「早く唇プルル~ってしなさいよ!」って催促するので、
わたしの協力ありきの遊びであります。
可能な限り協力してあげてますがこうしてブログ書いてる間中舐めてるのはやめてほしい。

スポンサーリンク

厳しいトレーニングをされても平気な犬はいないの記事を書いた時に、
こんなご質問をいただきました。

犬に優しいやり方が、合わない犬もいるのではないですか?

犬に優しいからと、ハーネスと3mリードで散歩しようとしたら、
ハーフチェーンを使っていた頃よりも犬が興奮してしまったというのです。

「トレーナーに相談したら、ハーフチェーンはチョークチェーンと違って、
犬に痛みを与えるものではなく、犬をコントロールするためのものだと言われました。
犬はコントロールされると落ち着き、安心する、ハーネスにロングリードでは、
自由がありすぎるため犬は不安になる。
“犬に優しいやり方”は、合う犬と合わない犬がいると言われた」

と書いてありました。

この方は別に批判されているわけではなく、純粋な意見交換といった感じだったので、
わたしとしても違う意見を持つ人がどういう考えでいるのか、
すごく参考になりつつやり取りをさせていただきました。

今回は、この方がトレーナーに言われたということに対する反論と、
「犬に優しいやり方が合わない犬もいる」という考えについて反論していこうと思います。

 

反論1:ハーフチェーンもチョークチェーンも結果は一緒

まず説明しますと、チョークチェーンというのは、全体は鎖状になっていて、
犬もしくはハンドラーが引っ張ると犬の首が絞まる構造の首輪のことです。

対するハーフチェーンは、首輪の3分の1くらいが首が絞まるチェーンになっているもののことをいいます。
チェーン状でない部分がストッパーになるので、チョークチェーンのように、
引っ張ったら犬がショックで気絶するほど首を絞めることはありません。

しかし、リードが張ったら首が絞まる、という結果は同じです。

何度かお話していますが、ハーフチェーンもチョークチェーンも、
普通の首輪であっても、首というとてもデリケートな部分に衝撃がかかることで、
頸椎がずれてヘルニアになる恐れがあります。

ハーフチェーンだから犬に優しい、ということはないのです。

犬の首は強く出来ているので少しくらい衝撃を与えても平気だと言うトレーナーがいますが、
首は大事な部分であるからこそ強く作られているのです。

そもそも、犬が気絶するほどの衝撃が、少しくらいの衝撃と言えるでしょうか。

例え飼い主に首を絞めるつもりがなくても、犬が少し早足になったり、
何かにびっくりして飛び退いたり、リードが絡んだり、
不測の事態が起こった時に犬の首を締めることになります。

こういったことはどんなに気をつけていても、散歩をしていれば普通に起こるので、
そのたびに犬をヘルニアの危険にさらすことになります。

こうした理由から、わたしはハーネスを使うようにしましたし、
相談して下さる方にもオススメしているのです。

ハーフチョークを使うと興奮度が下がる?

質問して下さった方は、トレーナーから「犬の興奮度を下げるように」と言われたそうです。

これにはわたしも賛成です。
この方の愛犬は日常的に興奮度が高く、散歩中も常にリードが張った状態とのことでした。

しかし、このトレーナーはなぜか、興奮度を下げるために
ハーフチェーンを使うようにと指示を出したのだそうです。

ハーフチェーンを使うと犬の興奮度が下がるのでしょうか?

そもそも、興奮度が低い犬はハーネスだろうがハーフチェーンだろうが、
ノーリードだろうが落ち着いてのんびり歩くものです。

ハーネスは首輪と違って、衝撃がかかっても体全体に分散するので、
着けている感が少ないのです。

着けていないかのように感じると興奮してしまう、
つまり首にテンションがかかっていない状態だと興奮してしまうというのは、
引っ張ると首が苦しくなるから、それが嫌なら大人しくしていろ
というこちらの脅しに、犬が反応しているということになります。

本質的に犬に優しくなりやり方なのです。

こういう方法をとっていると、飼い主と犬との間に信頼関係なるものは築けません。

リードを離してしまえば犬はどこかに逃げて行くか、あるいは逆に無気力になって、
その場でうずくまってしまうでしょう。

そんな犬にこそ、ハーフチェーンではなく、ハーネスとロングリードが必要なのです。

スポンサーリンク

 

反論2:自由があると不安なのは犬ではなく飼い主

犬は自由があると不安になり、人にコントロールされることで安心し、安定する。

わたしは学生時代に座学でこう教わったのですが、この時から不思議でなりませんでした。

犬はコントロールされることで安心するというのは、
犬に対する支配性を正当化しているにすぎないのです。

100年ほど前まで、女性に自由を与えたら何をするかわからない、
などと言われ参政権すらありませんでした。

女性だけでなく、奴隷、有色人種、子どもに障害者…
歴史上、こういった社会的弱者にはコントロール、つまり圧倒的強者による
支配が必要だと長らく主張されてきたのです。

自由を与えればとんでもないことになる、と考えられていたためです。

長い間自由を奪われてきた者たちが自由を得たら、
何をするか予測不能で恐ろしいのでしょう。

支配していた自分たちに刃向かってくると考えたのかもしれません。
まあそんなの当たり前のことですが。

わたしはこれと同じたぐいの考え方が、「犬に自由を与えてはいけない」
という考え方にもあると感じます。

そもそも、犬も猫も、その他の動物も、何者にも支配されない自由な存在として、
生まれてきたのではないでしょうか?

彼らが生まれながらに持っているはずの自由を取り上げたのは人間なのです。

なので再び自由を得たら、喜んで走り回るのが当たり前なのです。

確かにその時、犬は興奮するでしょうが、そこでまたハーフチェーンを使って
興奮度を下げようとなんてしたら意味ありません。

犬には思う存分、自由を味わわせてあげましょう。

 

反論3:優しいやり方が合わないのは犬ではなく飼い主

ハーフチェーンを使わず、犬に最大限自由を与え、コマンドなしで生活し、
犬の意思を尊重する、犬に優しいやり方が合わない犬もいるのでは、とのことですが。

わたしが思うに、犬に優しいやり方が合わなのは、犬ではなく飼い主の方です。

犬の身になってみれば、朝から晩まで命令されっぱなしで、
散歩なんてちっとも楽しくなくてむしろ首締められて地獄な状態よりも、
最大限自由を保証されてうるさく命令されず、好きなことが出来る方がずっといいはずです。

犬のことを考えた、犬に優しいやり方が合わない犬なんていないはずなのです。

しかし、犬を支配したい人、犬に完璧に言うことを聞かせい人には、
犬に優しいやり方は向かないのです。

そういう人にはこのまったり式も合わないでしょう。

また、上手くいかないと感じる人の中には、中途半端に真似してしまって、
細かい部分がまったく出来ておらず自分のいいように解釈してしまっているがために、
失敗してしまうというパターンが多いです。

中途半端な気持ちで手を出して、中途半端に真似して実行するのはやめて下さい。

 

犬に優しいやり方は全ての犬に通じる

犬のためを考えた、犬に優しいやり方は、全ての犬に通じるやり方です。

あの方法は合わない、この方法は合わないというのは、
犬に合うか合わないかではなく、飼い主の都合なのです。

犬には優しいやり方なんだけど、わたしには難しくてちょっと出来ないとか、
これはわたしの考え方とは違うから合わないとか。

自分の都合や、出来る出来ないかばかり考えて、
本来のしつけの対象である犬のことが全く考えられていないのが現状です。

だから平気で、チョークチェーンで犬の首を絞めろとか、
毎日1時間仰向けにして押さえつけろとか、言われるようになるんでしょう。

ネットにも本にも、膨大な数のしつけ方法がありますが、
その多くが犬のためではなく飼い主の利益のみを考えたものです。
飼い主にはやりやすく、効果的に見えるのでしょうが、
犬にとっては迷惑極まりないのです。

自分のやりやすさや利益、簡単かどうかや時間がかからないかなどではなく、
「犬に優しいかどうか」これだけを考えて下さい

犬のしつけは犬のためのものなのですから、
犬に優しいやり方であることにこしたことはないのです。

スポンサーリンク

 

おまけ

スタンディングでおやつおねだり。笑
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

 - まったり育犬, ドッグトレーナー, 犬との接し方・関係作り