近寄っちゃダメ?犬の「黄色いリボン」の意味を知ろう

   

新規バナー

犬が身につける黄色いリボンの意味、理解していますか?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、犬が身につけている「黄色いリボン」についてお話します。

長野では滅多に見かけませんが、千葉や東京にいた頃は時々見かけた、
黄色いリボンやベストを身につけている犬たち。

犬たちが身につける黄色いリボンの意味、理解していますか?

オシャレではないんですよ。

「わたしには無闇に近づいたり、触ったりしないで下さい」という意思表示なんです。

今でこそSNSなどで拡散されて注目されたこともあり、だんだんと認識が広まっていますが、
それでもまだ正しく理解されていないことが多いなと感じます。

そこで今回は、犬たちが身につけている「黄色いリボン」について、
どういう意味を持つのか、そういった犬を見かけたらどうしてあげればいいのかを詳しくお話します。

スポンサーリンク

 

イエロードッグプロジェクトを知っていますか?

黄色いリボンをつけた犬には無闇に近寄ったり、触らないで、そっとしておいてあげましょう
という趣旨で、2012年6月にスウェーデンで始まった運動を、イエロードッグプロジェクトと言います。

この趣旨に賛同したアメリカやオーストラリア、カナダなどのトレーナーや犬の心理学者などが基金を立ち上げ、
今では世界中に広がりつつあります。

わたしは東京にいた頃に時々見かけたのですが、黄色いリボンをリードにむすんだり、犬の首に巻いたり、
もしくはバンダナやベストを身につけていたり、リードそのものが黄色いといった犬を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

ベストなどには「私はトレーニング中です。声をかけたり、触ったりしないで下さい」と書かれていることもありましたね。

共通しているのは、犬が身につけているものが黄色いということです。

ちなみに、この運動自体はスウェーデン発祥ではありますが、この元となったアイデアは1900年代末に、
アメリカのドッグトレーナーがトレーニングに取り入れたものであり、それがスウェーデン、オーストラリアなどに広まって、
イエロードッグプロジェクトとしてアメリカに逆輸入されました。

「黄色」を身につけるのはどういう犬?

黄色いリボンやベストを身につけるのは、愛犬に他の人や犬に無闇に近づいて欲しくない場合、
近づかない方が犬のためになるといった場合です。

以下のような場合が挙げられます。

  • 病気や怪我、高齢などの理由でそっとしておいて欲しい
  • 他の犬や人を怖がる、近づかれると興奮したり攻撃的になる
  • 視力や聴力の低下で急に近づかれたり触られると怖がる
  • 保護したばかりの犬

怪我や病気のリハビリ中だったり、高齢になって人や犬に邪魔されずゆっくり散歩したい子だったり、
人や犬に過剰反応するのを直している練習中ということもあります。

耳や目が不自由な犬は急にそばに寄ってこられたり、触られたりするのを怖がるものです。

元保護犬は過去のトラウマを抱えて知らない人が苦手かもしれません。

お散歩の経験がないままペットショップの裏で育ったり、前の飼い主に閉じ込め虐待されていた犬は、
最初は目に入るもの全てが怖くて、そばを通った車や電車の踏切の音で怯えて歩かなくなることもあります。
少しずつ改善してきても、そこで見知らぬ人に触られたり、知らない犬に突然においを嗅がれたりすれば、
そこで台無しになってしまうこともあります。

そういう子たちを、ストレスや負担から守るための「黄色」なのです。

スポンサーリンク

 

「黄色」をつける時の注意点

もし、自分の愛犬に「黄色」をつけようと思ったら、その時にくつか注意点があります。

目立つ場所につける

リボンやバンダナを愛犬の首に巻く飼い主さんがいますが、特に毛が長い犬は毛に埋もれて、
せっかくつけたのに周りから見えなくなってしまうことがあります。

周りに認知してもらうためのものなので、見えないと意味がありません

リードに結ぶ場合でも、太めで目立つタイプのものを、目立つ場所に結びましょう。

一番目立つのはベストです。
ある飼い主さんは「無闇に触ったり声をかけないで下さい」の文字を自分で入れたと言っていました。

ただ、ベストを着るのを嫌がる子もいるので、そういう子は無理には着せずに、
リボンやベストを目立つ場所に、周りからよく見えるようにつけてあげましょう。

「黄色」の意味を誤解しない

これは実際にわたしが経験したことなんですが。

「黄色」の意味を自分の都合のいいように誤解してしまっている飼い主さんがいるようです。

千葉にいた頃、近所にチワワを3頭飼っている方がいて、その飼い主さんがチワワたちのリードに黄色いリボンを結んでいました。
チワワちゃんたちは人や犬を見かけるとものすごい勢いで吠えかかる子たちだったので、
黄色いリボンをつけていなくとも絶対に近寄りたくない子たちでした。
のんちゃんの散歩の時は、いつもすれ違わないよう、遠くに見かけたらすぐに方向転換するよう細心の注意を払っていました。

ある日、のんちゃんを連れていない時だったのが不幸中の幸いだったのですが、曲がり角でチワワ3頭連れた飼い主さんと、
鉢合わせしてしまったことがありました。

鉢合わせしてしまったということもあり、いつもよりも吠えまくるチワワちゃん。

狭い道だったのでよけることも出来なかったのですが、飼い主さんはいきなり、
「ちょっと、黄色いリボンが見えないの!?道をゆずりないさいよ!」
と怒鳴ってきたのです。

バカか。

黄色いリボンっていうのはあくまで無闇に近寄らないで下さいという意思表示であって、
それを身につけた犬に出会ったら道を譲らなければいけないなんてものじゃねえんだよ。

他の犬や人が愛犬に近寄らないように気をつけてあげるのは飼い主の仕事だろうが、このボケ。

要約するとこんな感じのことを言いました。もちろん、もっとマイルドな表現でしたが。

友人たちにも、同じような飼い主さんに会ったという子がいるので、
一部の飼い主さんの中には「黄色いリボンをつければ道を譲ってもらえる」と勘違いしている人がいるようですね。

違うっちゅーねん。

「黄色」に頼りすぎない

これは上述した誤解と似ていますが、「黄色」に頼りすぎて、肝心のトレーニングを全くしない飼い主さんもいます。

黄色いリボンは確かに「近寄らないで下さい」「声かけをしたり触ったりしないで下さい」という意思表示で、
人や犬が苦手な犬のためのものです。

しかし、人や犬に過剰反応して興奮し、攻撃的になったりするのを、そのまま放置しておいていいというわけではありません。

黄色いリボンをつけて、「近寄らないで下さい」と意思表示しつつ、それと平行してストレスマネジメントをし、
人慣れや犬慣れの練習もしてあげないといけないのです。

黄色いリボンをつけているから、多少吠えたりしても周りもわかってくれるだろうなどと思って、
一番大事なことをおろそかにしてはいけません。

アメリカなどでも同じような考えの飼い主さんがいるというから驚きです。

いずれにしろ、黄色いリボンは犬のためのものであって、飼い主が楽をするためのものではないということです。

必要のない子に「黄色」をつけない

犬自身はとても社交的で犬語上手な子なのに、飼い主さんが心配症で、他の犬に近づけたら相手を噛んでしまったり、
逆に噛まれてしまったりしないか、喧嘩したりしないかなどと心配し、挨拶させたがらないという人もいます。

▼合わせて読みたい
噛まれそう?他の犬と挨拶させるのが怖いという飼い主さんへ

そういった場合、必要もないのに愛犬に黄色いリボンをつけてしまうことがあるのです。

そうなると、犬自身はすごく社交的なのに、飼い主さんの都合で社会化の機会を奪われてしまうことになります。

犬というのは本来社会的な動物ですので、同じ種族の仲間との交流を必要とします。
黄色いリボンによって、それが出来なくなってしまうということです。

愛犬に黄色いリボンをつけようという場合は、本当に必要かどうかをよく考えましょう。

スポンサーリンク

 

「黄色」を身につけている犬にはどうすればいい?

「黄色」を身につけている犬を見かけたら、ジロジロ見たり、声をかけたり、近寄ったり触ったりせず、
知らんふりして通り過ぎてあげましょう。

犬が身につけている「黄色」の意味を知らずに、単なるオシャレだと思って「可愛いですね~」などと声をかけられ、
大変な思いをした飼い主さんのお話を聞いたことがあります。
「うちの子、人が苦手なのであまり触らないでもらっていいですか?」と丁寧にお願いしているのに、
何故か相手が怒り出して「ちゃんとしつけしてないんですね」なんて言われたそうです。

近寄りすぎたせいで例え相手の犬から吠えられたりしても、嫌な顔をしたりせずに、
「ああ、そういう子なんだな」とそのまま通り過ぎてあげて下さい。

こちらの反応など気にもせず「うちの子わんちゃん大好きなのよ~」などと言いながら、
ものすごい吠えられているのに自分の愛犬を近づけようとしたり、挨拶させたがる飼い主さんは多くいます。

また、知らない犬でも「可愛いね~」などと言って無理矢理引き寄せて撫で回したり、
あまつさえ「お手」などと言い出す人もいるので困ったものです。

全ての犬が人間大好き!犬大好き!で知らない人にでも呼ばれれば尻尾を振って駆け寄り、
知らない犬とでもすぐに匂いを嗅ぎ合えるなんてことはありません。

飼い主都合で犬同士仲良くさせようとしたり、自分が犬好きだからと嫌がっている犬に気づかず、
無闇に触ったりしないようにしましょう。

とはいえ、日本ではまだまだ認知度が低く、せっかくリボンをつけても理解してもらえないことがほとんどです。

まずは、人や犬が苦手でストレスマネジメント中の飼い主さんが黄色いリボンをつけて、
誰かに聞かれたら正しく説明して、認識を広げていきましょう。

そして、黄色いリボンのことを知っている人は、家族や友人にも説明してあげましょう。

黄色いリボンをつけている犬に限らず、知らない犬には無闇に近寄らず、声をかけたり触ったりせず、
離れたところからそっと見守ってあげるのが一番優しいということを、多くの人に理解してもらいたいですね。

スポンサーリンク

 

おまけ

昨日、おとといと、ストレッチと筋トレをサボったのですが…

今日、久しぶりにやったら、出来なくなっててショックでした。
特に、肘をついてやる腹筋が、30秒×3回出来てたのが、2回目の途中で力尽きてしまいまして。

こういうのって、毎日コツコツ続けてやらないとダメなんだな~って改めて思いました。

1日ならともかく、2日も続けてサボるともとの状態に戻すのが大変ですね。

わたしの筋トレ中、ベッドを占領していらっしゃるのんちゃん。

とっても伸び伸びしてますね。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

 - まったり育犬, 犬のストレス, 犬の社会化