「甘えの効用」多頭飼いこそ甘えさせてあげよう!

愛犬にちゃんと甘えさせてあげていますか?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今度の火曜、水曜と連休なのですが、天気も良くて気温も上がるみたいなので、
犬たちのシャンプーをやろうかなと思っています。

のんちゃんもるーこも、どっちもシャンプーは好きな方ではないけれど、
数日前から「何日にシャンプーするからね」と言っておくと
心の準備が出来るのか当日協力的になってくれます。

好きではないけど、まあちょっとくらいならいいか、といった感じでしょうか。
なのでわたしは、犬たちが我慢してくれてる間にサッサと終わらせてしまうのです。

間違っても騙してシャンプーするなんてことはしないので、
どっちも協力的なのですごく助かります。

るーこはちょうど毛が浮いてきてるのでシャンプーの時に抜けて、
スッキリするかな。

今回シャンプーしたら、次は来年の夏までお預けです。

スポンサーリンク

今日の夕方散歩、いつも3時にのんちゃんのお散歩に出発なのですが、
ちょっと遅くなってしまって3時半出発でした。

というのも、のんちゃんが甘えてきて、それに付き合っていたら遅くなってしまったのです。

ベッドでゴロゴロしていたら、のんちゃんがお腹の上に顎を乗せてきて、
気持ちよさそうにそのまま寝てしまったので、起きるまで動けませんでした。
どーーーしてもトイレに行きたいとか、そういう時は申し訳ないけど起きてもらうのですが、
そうでなくて急ぎの用もない場合は、そのままわたしも一緒に寝ちゃいます。

最近は仕事が連勤なのでゆっくり過ごせなかったのですが、
今日は早帰りでゆっくり出来たのでたくさん甘えさせてあげました。

のんちゃん、今日は甘えたいモードだったらしく、お散歩中もやたら甘えん坊でした。

犬が甘えてきた時は、存分に甘えさせあげると、精神的にも安定します。
思う存分、甘えさせてあげましょう。

▼合わせて読みたい
愛犬が甘えられない飼い主になってませんか?

 

「甘え方」には好みがある

30分ほどわたしのお腹に顎を乗せて甘え、お散歩中も存分に甘えたのんちゃん。

その後のお散歩ではとてもリラックスして歩けていました。

のんちゃんのように怖い物が多くて不安が強い犬だと、ちょっとしたことに
ビクビクしてしまいがちです。
そういう時こそ、飼い主とまったり過ごして甘える時間が必要なのです。

こういう時に、マッサージをしてあげるといいと紹介する記事もあります。。

しかし飼い主が「さあマッサージするぞ!」とやたら気合いを入れてしまったり、
気持ちよくない触り方をしたり、テクニックに気を取られて緊張していたりすると逆効果です。

特にのんちゃんのように、あまり触られるのが好きではない犬にはやらない方がいいでしょう。

それよりは、犬と一緒に寝転んでダラダラしている方がずっといいのです。

犬の方から体をくっつけてきたらそれがお好みだということです。

のんちゃんは、お腹や胸に顎を乗せて来ます。
そしたら耳の後ろや首元を優しく撫でてあげると喜びます。

この時にるーこがそばにいても気にしないのですが、るーこがのんちゃんにくっついてきたり、
隣でちょっかいを出して来たりすると嫌がるので引き離してあげなければいけません。

るーこは、のんちゃんがこうして甘えていると、自分も自分も!とアピールしてきます。
なので次にるーこを抱っこしてあげると、ご機嫌でケラケラ笑いながら、
足をバタバタさせて大喜びでした。

犬たちが喜ぶ「甘えさせ方」をさせてあげましょう

 

多頭飼いこそ甘えの時間を!

うちのように多頭飼いの場合は、意識して1頭ずつの犬とのんびりする時間を取るようにしましょう。

留守番が寂しくないように、という理由で2頭目を飼う人も少なくはないでしょうが、
犬が増えたところで飼い主がいない寂しさは紛れることはないと言われています。
2頭目の犬が来ても、遊び相手が出来て寂しくない!と上手い話にはらなず、
飼い主の帰りを待つ可哀想な犬が1頭増えるだけ、と言う人もいます。

頭数が増えれば、1頭ずつにかける時間はどうしても減ってしまうのは仕方ないですが、
その分、意識して1頭ずつと過ごす時間を作ってあげて下さい。

お散歩途中、一緒に芝生に座ってまったりしながら、膝に顎を乗せてくる犬を
撫でてあげてもいいでしょう。
そのまま一緒に寝転んじゃってもいいですね。
わたしもよくやりますが、とても気持ちが良いです。

常に2頭一緒にいるよりも、飼い主と1頭ずつの時間をしっかり作ってあげた方が、
犬も精神的に安定します。

スポンサーリンク

 

甘えたい時は甘えさせてあげよう

充実した散歩ももちろん必要ですが、飼い主の愛情を受けながら
まったりした時間を過ごすことも、問題行動の観点から言うととても重要で、効果的です。

多頭飼育や、自分自身が仕事で忙しいという人は、特に意識して犬とまったり過ごす時間を
とるよう心がけてあげて下さい。

室内でボール投げしたり、引っ張りっこをしてバタバタするよりも、
犬のそばに寄り添ってのんびり過ごした方が、犬と一緒に過ごす時間としてはずっといいのです。

体や頭を使う遊びは散歩の時に、外でやっておきましょう。

常にかまいすぎるのは良くないですが、犬が甘えたい時に甘えさせてあげると、
精神的にも安定し、落ち着いた犬になります。

安心して甘えられる存在がいるということは、何より犬を落ち着かせるのです。

犬が落ち着くと飼い主も安定するので、良いサイクルが生まれます。

 

愛犬が甘えられる飼い主になろう

いつも余裕がなく忙しい人だと、愛犬が甘えてきても「はいはい、後でね~」と相手にしなかったり、
ついつい邪険にしてしまうという飼い主さんも多いでしょう。

しかし、そういったことを繰り返していると、犬はだんだんと飼い主の顔色をうかがい、
甘えて来なくなります。
そうやって、飼い主に甘えられない犬がたくさんいることでしょう。

忙しくて構ってあげられない、というのはよくわかります。

しかし、忙しいというのは犬を飼う前からわかっていたことではないでしょうか。

犬を構えないくらい忙しいのに犬を飼うべきではないですし、
例え犬を飼ってから忙しくなったのだとしても、その忙しさの中で犬のために時間を作るのが飼い主の義務というものです。

飼い主を気遣って、控えめに寄り添うだけだったり、じーーーっと見つめてくるだけといった、
犬たちの甘えたいサインを見逃さないようにしましょう。

犬には飼い主であるあなたしかいないのです。

犬に甘えることを我慢させてはいけません。

犬が遠慮して甘えられない飼い主には、ならないようにしましょう。

▼合わせて読みたい
愛犬が甘えられない飼い主になってませんか?

スポンサーリンク

 

おまけ

母の膝から一歩も下りなかった実家トイプー・海じい。

往年のランナーでしたのに。。。
ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です