愛犬が甘えて来ないのはなぜ?甘えられない飼い主になっていない?

愛犬が甘えられない飼い主になってない?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、愛犬が甘えられる飼い主であるかどうかということについて。

うちの犬たちは、のんちゃんもるーこもどっちも、
わたしがこんな風にパソコンやってても関係なく、
甘えたい時に堂々と甘えてくる子たちです。

windowsのアップデートだの、ブログの不具合だのに、わたしが頭を悩ませていても、
そんなの関係ねえで膝に乗り込んできますし、キスしてきますし、
片手を軽くくわえて「撫でれ!」と催促してきます。

これが、犬の「普通」なのだと思います。

しかし、世の中には飼い主に甘えない犬というのがいるそうです。

よく話を聞くと、甘えないのではなく、甘えられないのだと思うのです。

では、なぜ甘えられないのか?

その原因は飼い主さんが、愛犬が甘えたい時に甘えさせてくれないからなのです。

自分が愛犬にとって甘えられない飼い主になっていないか、今一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

 

飼い主に「甘えられない」犬

1ヶ月ほど前、同僚に相談されました。

「うちの犬、旦那には甘えるんだけど、わたしにはちっとも甘えて来ないのよね」

その同僚の愛犬は、可愛らしい3歳のチワワちゃん。
毎日しっかり1時間のお散歩に行かせてもらって、手作りご飯を食べさせてもらい、
日中はお気に入りの窓辺で寝ているという、愛されていることがよくわかる子なのですが、
飼い主である同僚は「甘えてきてくれない」という悩みを抱えていました。

しかし、本当に全然甘えて来ないの?と聞くと、
甘えてくるよ、とのお返事。

・・・ん??

よく聞くと、夕食の準備をしていたり、出掛ける準備をしていたり、掃除や洗濯をしている時には甘えて来るのに、
テレビを見てくつろいでいる時とか、構ってあげられる時には呼ばないと甘えて来ないとのことでした。

これを聞いてわたし、はは~ん、と思いました。

甘えて欲しい時に甘えてくれない

夕食の準備や出掛ける準備、家事をしている時なんかは、
飼い主が忙しく動いていて、そんな時に甘えられても構ってあげられない、
というのが飼い主の本音なのでしょう。

時計を見ながら時間との勝負で、一秒も惜しいという時に甘えられると、
「はいはい、急いでるから後でね~」と言って構ってあげることが出来ない、
と同僚も言っていました。

対して、飼い主がまったりくつろいでいて、構ってあげられる余裕がある時は、
犬も同じようにまったりしてて寝ていたりするので、甘えてこない。

つまり、愛犬が甘えて来ないのではなく、甘えてきて欲しい時に甘えてきてくれない、ということなのです。

旦那さんは、愛犬が甘えて来るとほんの少しでも必ず構ってあげるそうなので、
犬の方も遠慮なくいつでも甘えられるのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

犬が甘えられなくなる

バタバタしている時に愛犬が甘えてきても、ついつい邪険にしてしまう飼い主さんも多いでしょう。

甘えてきているとは思わずに、邪魔をしている、と思うこともあると思います。

しかし、いつも邪険にされて「邪魔!」などと言われることが続くと、
犬はだんだん飼い主の顔色をうかがうようになり、甘えて来なくなります。

寝る時もそばでくつろいでくれることはなくなるでしょうし、
おもちゃをくわえて「遊ぼう!」と誘ってくれることもなくなるでしょう。

手の平に強引に頭を押しつけてきて「撫でれ!」の催促もなくなるでしょうし、
遠慮なく膝に乗り込んでくることも、横から思いっ切り首を伸ばしてのキスもなくなります。

飼い主が呼んであげないと、甘えられない犬になってしまうのです。

それってすごくつまらなくないですか?

唐突に甘えられて嬉しい悲鳴を上げるのって、犬と暮らす醍醐味だと思うのですが。

 

思いっ切り甘えさせてあげよう

「癒やし」を求めて犬を飼う人は多いでしょう。

犬を飼うには時間的にも、そして自分の心にも余裕が必要です。

しかし、「癒やし」を求めて犬を飼う人たちにはだいたいの場合その余裕が欠けているのです。
だからこその「癒やし」なのでしょう。

そのため、いつも忙しくて犬が甘えてきても構ってあげられない、
という事態になってしまうのです。

そうすると犬は甘えることを諦めてしまい、だんだん甘えなくなっていくのです。

いつもやることがたくさんあって忙しいというのはよくわかります。
わたしも今の生活になってようやく、少し余裕が出来たようなものです。

しかし、忙しいというのは犬を飼う前からわかっていたはずのことです。

その忙しさの中でも犬のために甘えられる時間を作ってあげるのが
飼い主の義務というものです。

犬の甘えたいサインを見逃さないようにしましょう。

うちの子たちのようにわかりやすく堂々と甘えて来る子たちもいれば、
控えめに寄り添うだけだったり、じーーーっと見つめてくるだけの子もいます。

犬に甘えることを我慢させてはいけません。

犬には飼い主しかいないのです。

犬が甘えられない飼い主には、ならないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

おまけ

同僚からもらった猪肉、解凍して犬たちに与えてみました♪

わたしは以前、ぼたん鍋で食べたことはあるけど、犬たちは初めての猪肉。
ちゃんと下処理してくれてるのか、臭みもなく人間でも食べられそう。

手作りご飯を切らしてしまってたので、フードにトッピングしてあげました。

母が「わたしたちは食べられないの?」と聞いてきたので、
「全部犬用」って答えたら勝手に人は食べられないと思ったようでした。

同僚からは「わんちゃん用に」って言われてもらってるから、ウソハイッテイナイ…

それから、今日楽天さんでこれも購入しました。

須崎恭彦先生監修の、犬の手作りご飯レシピ!
同じ手作りご飯仲間たちの評判が良くておすすめされたので購入してみました。

須崎先生と言えば知る人ぞ知る、犬の手作りご飯の先生です。獣医さんでもあります。
楽天市場には須崎先生監修の犬の手作りご飯商品がたくさん出回ってますよね。
腎不全と診断され何も食べなくなった子が、須崎先生のレシピで作ったご飯を食べて余命宣告から大幅に生きたという話もあるので、
今年5月に7歳を迎えシニアに片足を突っ込むのんちゃんの健康のためにも、手作りご飯をもう一度勉強したいなと思いました。

あす楽で明日には届くのでとても楽しみです。

いつまでも健康で最後までおいしいものを自力で食べられるのが理想ですよね。
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です