動画で知ろう!「犬の気持ち」と「サーカスのゾウ」

人間が犬役を演じればわかりやすい!

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、犬の気持ちをよりわかりやすく理解するための動画をご紹介します。

犬の気持ちを理解しましょう、犬の表情からその時の気持ちを読み取れるように練習しましょう、とブログでも何度も言っていますが、「難しい」「なかなか理解できない」という声が多いです。

わたしも、出来るだけわかりやすく説明しようと思うのですが、自分自身は感覚で理解してきた部分が大きいのでなかなか伝わりづらかったりします。

慣れるまでは犬の表情の変化を読み取ったり、さらにそこから気持ちを読み取ったりするのは難しいです。

そこで諦めてしまう飼い主さんが多いので、何とかわかりやすく、伝わりやすく説明する方法はないかな~と思っていました。

すると、つい先日、友人から面白い動画を紹介してもらったのです!

犬の表情や気持ちを理解するのにとてもわかりやすい動画だったので、今回はその動画をもとに犬の気持ちについてお話していきます。

犬の表情がなかなか読み取れない、犬の気持ちを理解したいけど難しくて諦めかけているという飼い主さん、ぜひご覧下さい。

 

スポンサーリンク

 

犬を人間が演じている動画

今回ご紹介する動画は、アメリカの動物権利団体PETAが作成したもので、It’s His Walkというタイトルがついています。

直訳すると「彼の散歩」という意味になります。

タイトル通り、犬のための散歩なので、においを嗅いだり、草の上でゴロゴロするなど自由にさせてあげて、危険なものからはちゃんと守ってあげましょうという内容をドラマ仕立てにしたものです。

面白いのは、犬役を人間が演じているところです。

まずはじめに悪い飼い主の例が出てきて、その後に良い飼い主の例が出てきます。

冒頭、悪い飼い主は犬が飼い主の気を引こうとおもちゃを持ってきた時に、クレートに入れてしまうというシーンがあります。

その時の表や気持ちも、人間が演じているので、同じ状況を犬を使って撮影した動画よりもわかりやすいです。

ではご覧下さい。

まず、悪い飼い主はファッション雑誌を読んでいますが、良い飼い主はPETAの会報を読んでいるところに笑ってしまいます。

飼い主の気を引こうとおもちゃを持ってきた犬に対し、悪い飼い主は「NO!」と言って叱り、さらに犬がハイヒールをくわえてきた時点で首根っこをつかみクレートに入れてしまいます。
しかし良い飼い主は、その場で少し犬と遊んであげています。

散歩の時も、出かける直前にかかってきた電話を、悪い飼い主はそのまま話しながら犬に意識を向けずに犬の散歩を続けますが、良い飼い主は電話をすぐに終わらせ、しっかり犬に意識を向けながら散歩をしています。

悪い飼い主は、散歩中に犬が道路わきのにおいを嗅ごうとするとリードを引っ張りずんすん歩いて行ってしまいます。
この時の犬役の人のシュンッとした顔がとてもわかりやすいです。

良い飼い主は、犬がにおい嗅ぎしたり、草の上で寝転んだりするのを自由にさせて、犬の方をしっかり見ながら犬に合わせて散歩しています。
悪い例の時と違い、犬役のおじさんがどんなに嬉しそうな顔をしているか注目してみて下さい。

また、悪い飼い主の例では首輪をはめており、良い飼い主の例ではハーネスをはめています。

首輪をつけている時でもけっこう強めにリードを引っ張っているように見えたので、犬役のおじさんが頸椎を痛めてしまうのではないかとハラハラしてしまいました。

人間の首に首輪をはめて引っ張っているとこんなにハラハラするのに、犬の首に首輪がはまっているのは当たり前で、それでリードを引っ張っても平然としていられるのだから問題です。

これはこれで面白いのですが、まったり犬育で見てみるとちょっと違うなというところももちろんあります。

まったり犬育では、散歩の時はもっと長いリードでまったり歩きつつ、動画のような道路わきの歩道は極力歩かないようにします。

時々立ち止まったり、犬が興味を示したものに「あ、これ面白いね」と一緒に興味を持って眺めたりします。

「こっち行こうか?」とお互いに聞いたり、「あれ何の音だろう」と顔を見合わせたり、もっとコミュニケーションもとるようにします。

動画のようにスケボーが現れた時は、見えた瞬間に回避を始めて、すれ違う時は人間が間に入って壁になり、ガードしてあげるのです。

ご近所さんに会ったら、犬がよほど慣れている人でない限り、撫でないようにお願いします。

それにしてもこのPETAの動画はとてもわかりやすいです。

これ以外にも、犬のお手入れとか、日頃の接し方とかを人間が犬役をやって心の声を呟きながら表情を見せると、犬の気持ちがわかりやすくなると思います。

 

スポンサーリンク

 

サーカスのゾウ「カレン」の一生

PETAの動画でもうひとつ、Draw My Lifeをご紹介します。

直訳すると「わたしの人生を描く」、タイトル通り、とあるカレンというゾウの人生を描いた動画です。

タイで生まれたカレンというゾウが、人間たちに捕まり、飛行機でアメリカに輸送され、サーカスのゾウとして「調教」されていく様を描いています。

見ているととても辛くなってきますが、このように野生で暮らしていた動物を捕まえ、暴力を用いて芸を教え込み、サーカスで芸をさせるというのはいまだに行われていることです。

動画の中で、ゾウのカレンはどんどんや痩せて、やつれていきます。

サーカスのゾウ、見たことありますか?
動物園のゾウでも同じですが、テレビで見る野生のゾウよりも、明らかに痩せて、やつれて不健康そうに見えませんか?

目も落ちくぼんでいて、暗い目をしています。

動画の中でカレンは逆さまにされ、逆立ちの芸を教えられています。
以前、アニマルプラネットで見た番組ではまだ幼い子象の脚をクレーンで吊るして逆さまにし、逆立ちの芸を教えていました。

子象がどんな過酷で見るに堪えない暴力を受けているかは、コチラ↓のサイトにも写真があります。
https://izismile.com/2010/09/23/how_baby_elephants_learn_tricks_24_pics.html

本当に見るに堪えない、見ていて心が痛くなるような写真ばかりですので、見るという方は心してご覧下さい。

わたしは一度見たきりですが、写真の暗い目をしている子象たちが目に焼き付いて離れません。

そして、動画の中でも説明されている、調教師たちが持っている棒。
ゾウ使いなどの動画を見ると、みんな手に持っているのを見たことがある方もいるかと思います。

この棒は単なる棒ではなく、先が尖ったフック状になっています。
アンカスと呼ばれる道具です。

調教師たちはこのアンカスを使って、動画のようにゾウの体に痛みを与えて芸を教え込み、思い通りに動かすのです。

アンカスは鋭く磨かれており、ゾウに負傷を引き起こすほどの痛みを与えなければならないとされています。

ゾウの皮膚は厚いから少しくらいの痛みなら問題ないと言う人もいるでしょう。
しかし、アンカスを使って暴力を受けながら調教されたゾウは、たいてい耳の上や額、鼻、肘に傷があります。
車にゾウを乗せる際に、耳にアンカスをひっかけて引っ張り、耳が裂けてしまったり、耳がはれ上がって炎症を起こしてしまうこともあるのです。

実際に、サーカスのゾウは耳が裂けていたり、ボロボロになっている子も多いです。

もし、サーカスでゾウを見る機会があるという人は、ぜひ注目してみて下さい。

わたしも、小さい頃一度だけサーカスでゾウを見た時、なんであんなに耳がボロボロなんだろうと思ったことがあります。

耳だけでなく、動画のカレンのように、アンカスで体中ひっかけられて傷だらけになっているサーカスのゾウは少なくないでしょう。

こんなことが行われているのはアメリカだけではありません。

日本でも、恐らく同様のことが行われています。

久しぶりに木下サーカスのHPを覗いてみたら、ゾウをはじめ、白いライオンやシマウマ、キリンなどの写真が載っていました。

このサーカスではどのようにしてゾウなどの巨大な動物や、ライオンなどの猛獣に芸を教えているのでしょうか。

公演スケジュールを見ると、こういう動物を使った娯楽を、教育委員会や社会福祉協議会や子供会が後援していることがわかって、日本の意識の低さに辟易してしまいます…。

PETAの動画には、サーカスのトラバージョンもあるので、ぜひ合わせてご覧下さい。

 

まずは「知る」そして「興味」を持つ

PETAはいつもわかりやすくインパクトがあるやり方で、多くの人が動物に配慮し、動物福祉に関心を持つきっかけを作ってくれます。

この動画のように、わかりやすい方法だと興味を持ってくれる人も多いでしょう。

犬の気持ちにしろ、サーカスで行われている動物虐待にしろ、まずは知らなければ始まりません。

知ったことで興味を持ち、そこからいろいろ調べて詳しくなっていきます。
わたしもそうでした。

なので、まずは自分自身で知ろうとすることが大事です。

動物の気持ちがわかるようになったら、サーカスのカレンはどんな気持ちなんだろう、と想像もつくでしょう。
想像がついたら、いたたまれない気持ちになり、心が痛むことでしょう。

サーカスでロープで縛られ、逆さづりにされている子象がどれだけ過酷で、辛い日々を送っているかもわかるはずです。

遠い場所にいる動物たちだけでなく、自分のすぐそばにいる愛犬の気持ちもわかるはずです。

そうやって自分で動物の気持ちを想像していくと、だんだん表情の変化や気持ちを読み取れるようになります。

ぜひ、日頃からアンテナの感度を高くし、色んなことを知って興味を持って下さい。

動物を使った「娯楽」についてはコチラの記事「動物を使った「娯楽」の舞台裏に思いを巡らせる」でお話しています。あわせて読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

まずは自分で知ろう!のポチッをお願いします!
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

朝散歩中、のんちゃんがいつもと違う方に行ってしきりにクンクンしてるので、何だろうと思って見たら。

まさかのタケノコ~~~♪

おぉお~~~!!!と言いつつわたしタケノコ嫌いなんですがw

これ、どれくらいで大きくなるんでしょうね?

タケノコって採り時逃すとあっという間に大きくなるって言いますけど。

あっという間に竹になるのかな?

成長を見るのがちょっとした楽しみになりそうです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です