ブリーダー見学記録!子犬を迎える「場所」はよく見て決めよう

こんなブリーダーから子犬を迎えてませんか?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、こんなブリーダーから子犬を迎えるのはやめましょうというお話です。

先日、千葉県に行って来ました。

何をしに行ってきたのかというと、千葉にいる友人がブリーダーから子犬を迎えたいというので、目星をつけたブリーダーの見学に付き合って欲しいというので、一緒に行って来ました。

「飼いたい犬種がいるの?」と聞くと、「特にこれっていう犬種はないけど、小型犬からボーダーコリーくらいまでの大きさで、ネットで見て良いと思ったブリーダーさんのところから迎えたい」とのこと。

ブリーダーじゃなくて保護犬を迎えたらどうかというと、それも考えていくつか保護団体に問い合わせたけど、単身者だということで断られてしまったそうです。
いまだに「単身者不可」としてる保護団体は多いですが、単身者が犬を捨てる割合が高いという正確なデータは出ていません。

「単身者は引っ越しも多いだろうし、金銭的にも家族暮らしより劣っているから、何かあった時に犬を手放す人が多いのではないか」というのは全くの思い込みなのですが、残念ながらなかなか誤解は解けません。

譲渡してくれる団体がないなら仕方ないなと、友人に付き合っていざ、ブリーダーの見学に。

その日、見学したブリーダーは二つ。

人気小型犬種のチワワとトイプーを専門に繁殖しているブリーダーと、ボーダーコリー専門のブリーダーです。

結論から言うと、友人はこのどちらからも子犬を迎えないことに決めました。

現在、日本には数えきれないくらいのブリーダーが乱立していますが、よほど善良なところでない限り、環境はこの二つと似たり寄ったりなのではないかと思います。

今回は、見学したブリーダーの状況について感じたことをお話します。

ブリーダーから子犬を迎えようと思っている方、ぜひ読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

人気小型犬種のブリーダーの状況

まずはじめに見学に行ったのは、チワワとトイプードルの人気小型犬種を繁殖するブリーダーです。

事前にそのブリーダーのブログを読むと、ブリーディングを行っているのは30代後半の女性で、幼い子ども3人を抱え、繁殖用とは別にラブラドールを飼っているという状況でした。

チワワとトイプーあわせて、25頭もの繁殖犬がいました。

散歩されていない繁殖犬たち

自分で飼っているラブラドールと繁殖犬をあわせてどうやって散歩しているのだろうと思って聞くと、散歩はしておらず庭に放しているのだそうです。

確かに庭は広く、犬たちが駆け回る十分なスペースはありますが、どんなに広い庭を有していようと犬には必ず散歩が必要です。

どんなに広い敷地であっても犬にとってはそこは家であり、ずっとそこにいると新しい刺激を得ることが出来ません。
なので、家の敷地の外に連れ出して、新しいにおいを嗅がせ刺激を与えてあげる必要がどうしてもあるのです。

山や森をまるまるひとつ所持していて、そこに犬たちを放し飼いにしているというのであれば話は別ですが、少し広いくらいの庭では犬の欲求を十分に満たすことは出来ないのです。

にも関わらず、多くのブリーダーは繁殖犬を満足に散歩させていません。

愛犬であるラブちゃんは一応毎日散歩させているとのことでしたが、それでも15~30分くらいとのことなので、圧倒的に時間が足りません。

繁殖犬たちは一度も散歩に連れて行ってもらったことがない子もいるそうです。

遺伝性疾患に知識のないブリーダー

話を聞くと、この不況にも関わらずチワワやトイプーなどは相変わらず人気犬種の上位でどんどん売れているので、どんどん繁殖させているそうです。
見学に行った時はちょうど子犬はいませんでしたが、妊娠中の雌犬が4頭もいました。

何気なく「超小型犬は先天性疾患が多いから大変じゃないですか?」と聞くと、

 

「???」

 

と不思議そうな顔。

「先天性疾患って病気のことですか?みんな元気そうなので大丈夫ですよ」
と言うのです。

泉門、膝蓋骨脱臼、心臓病、水頭症、いくつか病名を挙げてみたのですが全くご存知ないようです。

先天性疾患について全く知識のない状態でブリーダーをやっていることに驚きましたが、現行の動物愛護法では犬に対して専門的知識がなくても繁殖を行うことが出来てしまいます。

なので、このブリーダーには全く知識はないですが、法に則った合法的な行為なので、何の罪にもならないのです。

攻撃的な親犬たち

親犬たちについて聞くと「とってもいい子たちなんですよ~」と言っていましたが、目の前で繰り広げられている犬たちのギャウギャウを見ているととてもそうは思えません。

繁殖犬たちを庭に出してもらった状態を見せてもらったのですが、どの子もみんな興奮していてストレスレベルが高いように見えます。

いくら広い庭とはいえ25頭もいればパーソナルスペースは十分ではなく、あちこちで小競り合いが起き、みんな落ち着きがなく大人しく寝そべっている子というのは1頭もいません。

すれ違いざまに相手を噛んだり(空噛みではなく本当に噛んでる)、マウンティングしたり、他の子の背中に前足をかけたり、そのたびにギャウギャウの喧嘩が起きていました。

ブリーダーはそれを止めるでもなく「いつものことなので~」と放置。

もうじき出産予定の雌犬を見せてもらいましたがその子たちも同じように攻撃的でストレスレベルが高い上、ストレスからか毛もパサパサしていて健康状態も悪いように見えました。

しかも、よく見ると中度の膝蓋骨脱臼で大きめの泉門まであります。

この時点で「おいおい…」と呆れてしまい、「ここはやめた方がいいよ」と友人に言ったら「そうする」とあっさり納得。

ここでは子犬は迎えないことにしました。

 

スポンサーリンク

 

ボーダーコリーのブリーダーの状況

次に行ったのはボーダーコリーのブリーダーです。

千葉にはけっこうボーダーコリーのブリーダーも多く、わたしたちが見学に行ったところもけっこう有名なところで、ブリーダーの子犬情報にもよく掲載されているのを見かけます。

繁殖犬も、雄2頭に雌4頭と、とても毎日散歩には行けないような頭数です。

ちょうど生後1ヶ月半になるボーダーコリーの子犬がいるというので見せてもらいました。

子犬がいるというのに不潔な環境

まずは犬舎を見せてもらいたいと言ったのですが今は人がいないので見せられないとのこと。
この時点でちょっと怪しいなと思いつつ、犬舎脇の子犬がいる建物のに案内されてそこに子犬を連れてきてくれることになりました。

子犬がいるというのに室内はかなり汚く、散らかっていて掃除が行き届いておらず臭いもする。

学生時代、たくさんの犬がいて、汚くて臭いがするブリーダーはまずやめるべき、と言われたことがあります。

たくさんの犬がいても犬のことを考えるブリーダーなら、犬がいる場所をしっかり掃除して清潔に保っている。
だから汚くもないし臭いもしない。

犬がいて汚くて臭いのは当たり前ではなく、そのブリーダーが犬のことを考えていない証拠とのこと。

この時点で「ああここはヤバイかもなあ…」と思いました。

1ヶ月で親から離される子犬たち

そこに子犬を連れてきてくれたのですが、なんと、5頭一緒に狭いゲージに入れた状態で連れて来るではないですか。

ギュウギュウに押し込まれ、不安そうにピーピーキャンキャン鳴いてとってもかわいそうでした。

ついでに父犬と母犬も見せてもらいました。

父犬はなぜか外に停めてあった車の中のバリケンから出てきたのですが、地面に降りるなりせわしなく動き回り、息も荒く目も血走って、全く落ち着きがありません。

訓練系の何かの賞をとったと聞いて納得しました。
訓練犬特有の落ち着きのなさと興奮が顕著に表れています。

母犬も同様に落ち着きのない動きをしていましたが、よく見ると毛がパサパサで尻尾の毛が禿げています。

皮膚炎や寄生虫ではないそうなので、恐らくはストレス性のものではないでしょうか。

子犬は普段は母犬と一緒にいるのかと聞くと、授乳の時だけ一緒にさせてあとは別にしているそうです。

何でそんなことをするのか聞くと、訓練性能を高めるために早めに親犬と離して人間と一緒にいさせた方が、人間の言うことをよく聞くようになるからとのこと。

いったい誰がそんなことを言っているのでしょうか。

なぜこんなにも不自然なことをするのか不思議でなりません。

子獣は時期がきたら少しずつ、自然に親離れしていくものです。

その時期を待ってあげれば、親の愛情とケア、そして教育を十分に受けた、安定した犬になるのです。

そんな犬は人間のもとに迎えられても、とっても暮らしやすい犬です。

生後3週齢以降の社会化や人間ルールの教育は、子犬を親元においたままで、ブリーダーがやってあげればいいのです。

YouTubeやアニマルプラネットでも、そんな様子がよく見られます。

先日アニマルプラネットの番組に登場していたブリーダーは、子犬は全て生後3ヶ月まで親元で育ててから譲渡するとのことでしたが、そこの子犬たちはみんな落ち着いていて、適応性も高い子たちでした。

親犬と一緒に子犬が呼び戻しの練習をしているシーンもありました。

繁殖犬の頭数も、日本のように何十頭と抱えるのではなく、雄雌1頭ずつ、多くても雄1頭に雌が2頭で、毎日散歩に連れて行ってもらっています。

落ち着いた親犬のもとで育てば、子犬も落ち着いた子になります。

それを、なぜあえて親子を引き離し、将来問題行動のリスクが高まるようなことをするのでしょうか。

「採算」だの「競技会入賞」だの人間のエゴが見え隠れしています。

結局、ここでも子犬は迎えないことにしました。

 

善良なブリーダーというのはあるのだろうか?

今回見学した二つのブリーダーは、いずれもネットでは評判が良いブリーダーでした。

しかし、実際に見学に行くとその環境の悪さというのはよくわかります。

帰り道、友人と話したのですが、善良なブリーダーなんてものがこの日本に果たして本当にあるのでしょうか。

のんちゃんをお迎えする前、ブリーダーから迎えることも考えていた時、ネットで知り合ったボダ飼いさんが「あそこはいいよ!」と絶賛していた宮崎県にあるボーダーコリーと小型犬種を扱っているブリーダーに見学に行ったことがあります。

年配の女性がほぼ一人で切り盛りしているブリーダーだったのですが、ボーダーコリーの繁殖犬が当時5頭に、小型犬の繁殖犬が4頭という状態でした。

確かにホームページには取り扱っている犬種に対して、そのブリーダーの思いとか、遺伝病をなくしたくてしっかり勉強したということが書かれていました。
実際に、ボーダーコリーの遺伝病である「CL症」の因子がクリアである親犬しか繁殖に使っていないというブリーダーは、調べた限りこことあと2か所くらいしかありませんでした。

しかし、繁殖犬はあわせて9頭もおり、おまけに子犬もいる状態。

とても年配の女性一人で散歩に連れて行ける頭数ではなく、散歩は毎日数頭ずつローテーション、行かない日もあるとのことでした。

幸い、敷地はとても広く、犬たちがそれぞれパーソナルスペースを十分保てるくらいの広さがあったので、散歩に行けないというストレスもさほどではないように感じました。

しかし、先ほども言ったように、どんなに広い敷地であろうと犬には必ず散歩が必要です。

ブリーダーさんは犬たちに対してとても愛情深く、犬種に対する知識も考え方もしっかりしていることが話していて伝わってきましたが、やはり自分ひとりで手に負えない頭数の繁殖犬を抱えているという時点でわたしとは考え方が合わないような気がして、結局そこからお迎えするのはやめました。

ブリーディングは、ヨーロッパのように「金儲け」とは切り離したところでやらないと、動物福祉はないがしろにされます。

日本にも良心的なブリーダーというのはいるのでしょうが、わたしは本当の意味での「善良なブリーダー」というのをいまだ見たことがありません。

今回、ブリーダーを見学出来たのはとてもいい経験になりました。

友人はブリーダーから迎えることも諦めたそうなので、のんちゃんを紹介してもらった学生時代のA先生に話をしておき、友人に合いそうな子がいたら紹介してあげて欲しいと頼んであおきました。

「犬が飼いたい!」という衝動に駆られて、安易に決めなくて本当に良かったと思います。

皆さんも、衝動買いは絶対せずに、ブリーダーから迎えようと思うのならまずは見学して、子犬どのような環境で育っているのかを把握しておきましょう。

犬の繁殖についてはコチラの記事に書いています。

子犬が育つ「環境」の大切さについてはコチラの記事に書いています。

ぜひあわせて読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

よく見学して決めよう!のポチッをお願いします。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

先日の記事に、コメント、メールを下さった方、どうもありがとうございます。

ちょっとまだ心の整理がついていないので、少しずつお返事していきます。

あの後、老犬の遺体を引き取ってくれた愛護団体の方から、「無事に火葬が終わりました」と連絡がありました。

「どうか、時々でいいので思い出してあげて、忘れないであげて下さいね」とも言われました。

あの子の飼い主はきっと、あの子のことなんてもう忘れてしまっていて、思い出すこともないのだろうと思います。
それとも少しは罪の意識があってふとした時に思い出すこともあるのだろうか…

6月20日、わたしと友人にとっては忘れられない日になりました。

どうか、あの記事を読んだあなたも、こんな子がいたんだということを覚えていていただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です