大人しくても嫌がってる?ブラッシング中のカーミングシグナルに要注意

ブラッシングは優しくしてあげよう。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、犬のブラッシングについてです。

トイプードルやヨーキーなど、ブラッシングが必要なトリミング犬種の飼い主さんからよくいただく相談が、

うちの子はブラッシングをやろうとするととても嫌がるのですが、大人しくさせる方法はないですか。

というものです。

これに対しては「犬が嫌がらないように優しく、そっと、短時間でやってあげて下さい」と答えるしかありません。

トリミング犬種は必然的にブラッシングが必須になるので、愛犬をきれいに保とうとする飼い主さんは毎日頑張ってブラッシングをしているでしょう。

しかしブラッシングというのは、犬には本来必要ないものですし、犬にとってはされる意味がわからないものです。

それに多くの場合、犬がなぜ嫌がるかと言えば、飼い主さんのブラッシングのやり方が乱暴すぎるのです。
優しくやっているつもりという人でも、動画を撮って見せてもらえば雑にやっています。
トリマーさんも乱暴にブラシを扱うことが多いので、トリミングに出されることでブラッシング嫌いになってしまう子も多いでしょう。

暴れて嫌がったりせずに大人しく見えても、実はカーミングシグナル出しまくりで嫌がっているということも多いのです。

今日は動画を参考に、ブラッシング中に見られるカーミングシグナルについて解説します。

毎日ブラッシング頑張ってるけど犬が嫌がって困るという飼い主さん、ぜひ参考にしてみて下さい。

ブラッシング中のカーミングシグナル

多くの飼い主さんがやりがちな犬にとっては乱暴なブラッシング中に、犬がどんなカーミングシグナルを出しているのか。

動画を参考に解説します。

以下の動画は、きれいにトリミングされ、毎日飼い主さんがブラッシングを頑張っているのだろうということがよくわかるトイプーちゃんが、ブラッシングされている動画です。

カーミングシグナルをたくさん出しているので、ぜひ動画を見ながらシグナルを探してみて下さい。

大人しくしているので飼い主さんは嫌がっているとは思ってもいないでしょうが、犬の方は明らかに嫌がっています。

まず、冒頭から顔を横に向けてカーミングシグナルを出しています。
表情は固く、力が入って緊張しているのがわかります。

0:07で瞬きと舌ペロのシグナル。

0:18で大きなブラシが登場しますが、顔のショボ具合も上昇してしまっています。

0:39で白目が見えていますが、これはかなり強いカーミングシグナルです。

脚や体をブラッシングされる時は、顔ほど嫌がってはいないですが全体的に扱いが雑で可哀想です。

仰向け抱っこをする時もそうですが、手足を無理やり伸ばしたり、顔を横に向けさせたりというのは、犬が間接を痛めることがあるのでやってはいけません。

終始、トイプーちゃんの顔は「ガーン」といった感じで、BGMになっている悲し気な音楽と絶妙にマッチしていますね。

 

スポンサーリンク

 

ブラッシングで嫌がられないコツ

この動画の飼い主さんもそうですが、多くの飼い主さんが、ブラッシングをする時にブラシの動かし方が乱暴で雑なのです。

わたしも学生の時、トリミングの授業でブラシの使い方としてこうやってザッザッと速く動かすように教わりましたが、これでは多くの犬が嫌がるのは当たり前です。

体はともかく、顔周りをこんな風に乱暴にブラッシングされたら人間だっていやでしょう。
ただでさえ顔周りを触られるのを嫌がる犬は多いですし、目の前でブラシが乱暴に動いていたら目に入らないかとひやひやしてしまいます。

それに、ブラシを早く動かしていると毛に絡まった時に強く引っ張ってしまうことになります。
何度かそういったことをされて、その痛みや不快感からブラッシングが嫌いになるという子もいるでしょう。

もし、ブラッシングをやる必要があるのなら、この動画の4分の1くらいの速さで、ゆっくりゆっくり、優しくブラシを動かしてあげて下さい。

毛がからまっていたらブラシを使って解こうとするのではなく、指でもみほぐすようにしながら解くか、どうしてもダメな場合はハサミでその部分だけカットしてあげましょう。

顔周りをやる時は体をやる時よりもさらに繊細にブラシを動かし、目を手で覆うようにしながらやってあげるといいです。

のんちゃんもるーこも、トリミング犬種ではないので基本的にブラッシングは必要ないのですが、毛玉になりやすい部分や換毛期にはやってあげるようにしています。
やる時は動画のように固定したりしないで、自由に動ける状態でやり、犬たちが嫌になって逃げたらそれ以上はやらないようにしています。

ブラッシングがしょっちゅう必要ないように、テディベアカットやらアフロカットなど言っていないで出来るだけ短くカットしてあげるのも犬に優しいです。

トリマーさんのところでは、シャンプーの後ドライヤーで乾かす時にブラシで毛を乱暴に梳かしながら乾かすので、それを防ぐためにもシャンプーは自宅でやり、カットだけ頼むというのもいいでしょう。

人に頼むのは楽ですが、犬のためを考えて出来るだけ負担のない方法を選んであげましょう。

 

カーミングシグナルに注意しよう

トリミング犬種を飼っている飼い主さんには、犬のブラッシングというのはやって当たり前のことでしょう。

必要なのは仕方ないですが、やり方は優しくしてあげるべきです。

ブラッシングの最中、犬が動画のようなカーミングシグナルを出していないか注意しましょう。

大人しくして嫌がっていないように見えても、実は嫌がっていることが多いのです。

そして、やっている時にこんなシグナルを出したらその時点でやめてあげるようにしましょう。
そんなことをしていたら少しずつしか出来ないじゃないかと文句を言われる飼い主さんもいますが、それでいいのです。

一回に少しずつ、嫌がらないようにやってあげることが、苦手にしないためのコツです。

トリミング犬種として生まれた以上、犬にはどうしても必要なことなのですから、必要なことが苦手にならないようにしてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

嫌がられないようにまずは少しずつ!のポチッをお願いします。
いつもクリックありがとうございます!とっても嬉しいです(≧▽≦)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

今日からスターチャンネルで、海外ドラマの「チェルノブイリ」が始まります~~~♪

ここしばらく、冒頭10分間の映像がスタチャンで頻繁に放送されてました。
たった10分だけどめちゃくちゃ引き込まれた~~~♪

何か、ゲームオブスローンズよりも評価が高いらしいですね!

最近の子…というか、同年代の人でもチェルノブイリの原発事故を知らない人が多くてびっくりです。
妹が知らなかったのにはほんと驚いた。

ああいう人的悲劇って、絶対に忘れちゃいけないことだと思うのだけど。

わたしは何で知ったんだったかなと思って思い出したけど、確か小学生の時に図書館の漫画で知ったんだったかな。
それで興味を持って色々、本とかで調べたり映画観たりしたんだったな。

とにかく今日の夜11時が楽しみです。

キャスト陣も豪華なのでそっちも楽しみ。

スター・チャネル加入してる人はぜひ観てね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です