【分離ストレス】犬はもともと分離不安?深刻化させないための対策と対処法

そもそも犬はみんな分離不安?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、犬の分離不安症(分離ストレス)についてお話します。

飼い主さんの後を家中追いかけてついて回ったり、姿が見えないと泣いてトイレにまで入って来ようとしたり、
出かけるといつまでも遠吠えして家に帰ると物を壊し果ては下痢をしていたり…

このように、人間と離れることで引き起こされる特徴的な行動を分離ストレスと言います。

分離不安症と言った方がなじみがある方も多いかもしれませんが、この診断自体が非常に難しいので、
症状よりももっと行動に注目しようということで今では分離ストレスと呼ばれるようになってきました。

愛犬の分離ストレスにお悩みの飼い主さんも多く、相談をいただいた時に愛犬の困った行動を聞くと、必ずといっていいほど分離ストレスによるものと思われる行動が書いてあります。

分離ストレスの原因は、日本で犬を飼っていると当たり前にやってしまっていることが多いです。

そもそも、犬にはもとから分離不安の傾向があり、犬が分離不安になるのは当たり前のこととも言えます。

今回は、犬が分離ストレスになる原因と対策、対処法について詳しくお話します。

愛犬の分離不安にお悩みの飼い主さん、色々やってみたけど何だか悪化しているような気がするという飼い主さん、ぜひ読んでみて下さい!

 

分離ストレスとは?

飼い主が出かけた時にいつまでもキャンキャンと鳴いていたり、家中どこでもついて回ったり、いつもじっと見つめていたり、
人間と離れることによる特徴的な行動を「分離ストレス」と言います。

かつては分離不安症と言われていましたが、症状よりも飼い主と離れたストレスによる行動の方に注目しようと、今では「分離ストレス」と呼ばれています。

犬はみんな「分離不安」

犬やオオカミなどは、子どもの頃に親から遠く離れすぎないよう、安全のために親に密着しているようにという本能があります。

親や、自分を守ってくれる大人と離れることを不安がり、そばにいると安心するという、そもそも分離不安の傾向がもとからあるのです。

幼形成熟(ネオテニー)の犬ではこの傾向を成犬になっても持っており、自分を守ってくれる存在である飼い主と離れることを不安がり、
留守番が苦手なのは当たり前のことと言えるのです。

とはいえ、正常な状態であれば、ちょっと飼い主が離れただけでキャンキャン鳴いたり、同じ家の中にいるのにどこでもついて回ったりなど、
強い不安から物を破壊したり下痢をしたりと、極端な分離ストレスによる行動は起こさないものです。

何が犬をここまで不安にさせてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

 

分離不安の原因

分離不安のリスクファクターは以下の通りです。

  • 罰を使った訓練
  • 里子にもらってきた
  • ゲージに長い間入れられていた
  • 今までかまってもらえていた飼い主とあまり触れあえなくなった
  • 毎日のスケジュールの大幅な変更
  • 引っ越しなどの環境の変化
  • 飼い主の構いすぎ
  • ウツなどがある
  • 留守番中のトラウマになるような出来事
  • 心のトラウマ
  • 親兄弟からの早すぎる分離
  • 子どものころに一人で過ごした経験がある
  • 留守番に慣らすことへの失敗
  • 家族の長期不在
  • 新しい家族が増えた
  • 認知機能障害がある
  • 人間と一緒に仕事をしている(常に人間と一緒にいる)

これを見ると、親兄弟から生後1か月そこそこで引き離され、ショーケースの中で一人で過ごし、長時間ゲージに入れられて留守番をさせられる日本の犬たちは、かなりの確率で分離不安になると言えます。

その上、こういった環境で育って何かしらの問題行動が出たからと、強制訓練なんてものを受けさせられた日には事態は悪化の一途をたどるでしょう。

新しい家族=2頭目をお迎えした時に、先輩犬が分離不安になるというのはよく聞く話です。
のんちゃんも、るーこが家に来てしばらくは子犬返りしたかのように甘えん坊になったし、ふと気づくと見つめられていたり、ちょっと動くとあとを付いてくるということがよくありました。

また、相談を受けていて原因として特に多いと感じるのが飼い主さんの構いすぎです。
飼い主さん自身がいつも犬のことを気にしすぎていて、もはや過干渉のようになってしまっているのです。
この場合はまず、飼い主さん自身が変わる必要があります。

分離不安による行動

分離不安からくるストレスによる特徴的な行動は以下の通りです。

  • 吠える、鼻を鳴らす、叫ぶ
  • 家具、ドア、窓枠などを引っかく
  • 歩き回る
  • 目で追う
  • 物を噛む、かじる
  • 排泄する
  • ドア、窓、ケージのドアをよだれで濡らす
  • 立ち去ろうとすると唸ったり噛んだりする
  • 自傷行為(脇腹や足、手を舐める)
  • 大喜びして大興奮で出迎える
  • 引っかきにより爪やパッドが傷ついている
  • 吠えすぎて喉や気管が傷ついている
  • かじりすぎてマズルや歯が傷ついている
  • ストレス性大腸炎や潰瘍
  • 無気力
  • 食欲不振
  • ウツ
  • 下痢
  • 便秘
  • 嘔吐

わたしが見てきた限り、分離ストレスが大きければ大きいほど、破壊活動をよくするように感じます。

4歳になるまで家には必ず誰かしらいて、留守番も1日に2~3時間程度しかした経験がないという子が、ある時から急に10時間もの留守番を毎日しなければならなくなった時はそれはそれはすごかったです。
ドアや壁など木の部分はみんなかじられ、テーブルの脚はやせ細り今にも傾いて倒れそうになり、靴や本、服、その他かじれるものはみんなかじっていました。
よだれの量も異常なほどで、床がよだれまみれになっていたそうです。

他にも、飼い主がいるとちゃんとトイレで出来るのに、留守番中はなぜかトイレではない場所で排泄したり、ひどい下痢をしたり、
排泄関連のストレス行動はよく見られるものです。

飼い主が立ち去ろうとすると怒って噛みついてきたり、反対に帰宅時には異常なほどの大興奮で出迎えていつまでもハイテンションだったりすることもあります。

サークルに入れられて留守番している子は、サークルの柵をずーーーっと噛み続けて、マズルが擦りむけてしまったり、歯が欠けてしまったりすることもあります。

分離ストレスが大きくなればなるほど、その被害や問題行動も重大になります。

 

対策と対処法

分離ストレス行動を引き起こさないための最善の方法は、生後11ヶ月齢までの間に、我慢できないほどの時間一人にしないということです。

1日10時間もの長い留守番はもちろん、夜に家族と離れた部屋や、サークルに入れて寝かせることも分離不安を引き起こす原因になります。
家に来たばかりの子犬をサークルに入れて寝かせようとする人がいまだに多いですが、子犬を独りぼっちにさせて不安を煽るのは脳に悪影響を及ぼし、将来的に犬の行動に悪い影響を与えるのです。

犬が精神に異常をきたさずに留守番をしていられる時間は、長くても6時間までと言われています。

子犬に限らず犬を飼ったのであれば、毎日10時間もの留守番なんてさせてはいけません。

もちろん、家に来たその日から子犬とは一緒に寝てあげましょう。
その方がずっと落ち着きますし、子犬も安心して眠れるのです。
》これから子犬を飼うあなたへ「一緒に寝てあげて下さい」

飼い主が出かける準備をするとソワソワして泣き始めるという場合、いまだに出かける前の30分間は犬にかまわないようにだとか、黙って気づかれないように出かけるようにだとか言われていますが、これも間違った対処法です。

たいていの場合であれば、規則正しい生活をして毎日のリズムを作り、これから飼い主が出かけるなと予測できるようにしてあげます。
出かけると予測出来てしまうことが不安につながると言われていますが、それも違います。
いつ出かけるのか?出かけたらどれくらい留守番しなければいけないのか?それが予測出来ないから犬は不安になるのです。

それよりも、飼い主さんは毎日この時間に出かける、この時間に出かけたらこの時間には帰って来る、といつも一緒であれば犬は安心出来るのです。
犬は「いつもと同じ」が大好きです。

また、出かける時には必ず声をかけてあげましょう。

わたしはいつも、飼い主さんにこう言ってもらうようお願いしています。

「いってきます。〇時には帰るからね」

出かける時に必ずこの言葉を言っていると、これが「飼い主が出かける合図」となります。
はじめはやはり不安がって泣いたりするかもしれませんが、根気強く続けていると、そのうちに犬もあまり騒がなくなり見送ってくれるようになったという飼い主さんが多いです。

のんちゃんも一時期分離ストレスがあった時、毎日この言葉を繰り返していたら騒がなくなり、留守番中の破壊行動もなくなりました。

声をかけてしまうと犬を不安にさせると言われていますが、声をかけない方が不安にさせてしまうのです。
あなただって、家族が急にどこに行くのかも何時に帰るのかも言わずに黙って出かけてしまったら不安になりますよね。

そしてもう一つ大事なのは、「〇時には帰るからね」と言った時間には必ず帰って来ることです。

犬に上手に留守番をしてもらうコツは、犬を裏切らないことだと言います。

約束した時間には必ず帰るようにしましょう。

もし、万が一遅れてしまった時には謝ってあげましょう。

のんちゃんもるーこも、約束した時間よりちょっと遅れてしまうと、むすっとした顔して待っています。
それでも待っててくれてるところが可愛いんですけどね。
》犬の気持ちに寄り添うために「いってきます」を言おう
》ハイジさん名言!出かける前に愛犬にすべきこと

飼い主がちょっとでも動くと過剰に反応したり、常に家中歩き回って家族全員を監視しているというようなひどい場合は、集中的なストレスマネジメントを行い、
飼い主との関係改善、その上で留守番に慣らす練習をし、クロミカルなどの薬物療法、低たんぱく高炭水化物の食事、精神的刺激と肉体的刺激を与え、
快適な散歩や室内フリーなどの環境を整えていきます。

特に、留守番に慣らすというのは根気が必要です。

数分がダメな場合は数秒と、少しずつ少しずつ慣らして時間を延ばしていく必要があるので出来るようになるまでに時間がかかります。

なかなか厄介で途中で挫折してしまう人も多いのですが、これをやらずに薬物療法だけやっても上手くいかないのです。

ここまで大変な思いをしないために、また犬にもさせないためには、子犬の頃からの接し方と環境を整えておく必要があるのです。

構いすぎの場合は

飼い主の構いすぎによる分離ストレスの場合は、まず飼い主さんに自分自身が犬を構いすぎているということに気づいてもらう必要があります。

多くの場合、飼い主さんは自分が愛犬の分離ストレスの原因になっているとは思っていません。

過剰に撫でたり触ったり、声をかけたりしているのは愛情だと思っています。

犬が付いてくるとどうしてもかまいたくなったり、声をかけたくなったりするものですが、それをやめない限り分離不安は治りません。

犬の方からそばに来て「撫でて」と言ってきたのであればもちろん撫でてあげていいですが、その場合も「もういい」と言われたらすぐにやめてあげること、
自分から犬に近づいてわざわざ撫でたり抱っこしたりはしないこようにしましょう。

構いすぎをやめ、自分は自分、犬は犬のペースで過ごしているとだんだん付きまといもなくなってきますし、出かける時にいつまでもキャンキャン鳴いているということもなくなっていきます。

 

分離不安にさせないために

生後1ヶ月そこそこで親兄弟と離れ、ペットショップでは独りぼっちでショーケースに展示され、飼い主宅でもサークルに閉じ込められ麻衣んち10時間も留守番させられて、夜寝る時も一人ぼっち…

言うことを聞かないからと強制訓練をさせられ、その一方で可愛がっているつもりの飼い主にベタベタ触られ何かと声をかけられる。

日本の犬は分離不安になる条件が揃いすぎていると言えます。

もともと分離不安の傾向がある犬に、少しでも飼い主と離れている間穏やかに過ごしてもらうためにも、とにもかくにも毎日の落ち着いた規則正しい生活をすることです。
そして愛犬をまったり犬にすることです。

ストレスがなく毎日落ち着いた生活をしているまったり犬は、少しくらい飼い主と離れていても平気なのです。
》「まったり犬」ってどんな犬?

出かける時も「あ、お出かけ?いってらっしゃ~い」とベッドの上から顔だけ上げて見送るような感じですし、何なら帰宅した時の出迎えとかもなかったりします。
気が向くと直前まで寝てたことバレバレの顔でお出迎えしてくれることはありますが、尻尾ブンブンで大興奮しながら飛びついてくることはありませんし、
数回撫でただけで(それも撫でさせてやったってな顔で)満足してどこか行っちゃいます。

こっちが着替えたり荷物置いたりして「ふう」と一息つくと、見計らったかのように膝に乗ってきて「撫でろ」と催促したり、
そばに寄り添って膝に顎を乗せたりと、そういうことはしてくれます。

そういうのは少し寂しい?

いえいえ、あなたがいない間、愛犬がずーーーっと泣きながら待っているのと、昼寝でもしながらのんびり待っているの、どっちがいいですか?

まったり犬は昼寝してるだけなので、物を破壊したり下痢をすることはありません。

飼い主に依存しているわけでもないので、ずーーーっと見つめてきたり、あとをくっついて来ることもありません。
お気に入りの場所で日向ぼっこしてゴロゴロしてるだけです。

人間と暮らしている以上、犬にとって「飼い主と離れる」というのは避けては通れないことです。

本能的に、飼い主と離れて独りぼっちになるということは、犬にとってとても不安なことなのです。

なのでその時間を、少しでも多くの犬が、「まあ寝て待つかあ」くらいの気持ちで過ごせるようになってくれれば嬉しいなと思うのです。

スポンサーリンク

 

おまけ

湯たんぽがわりにされるるーこ。

そんな柔らかくないだろう失礼な。

昨日は上着一枚脱いで散歩に行けるくらい暖かかったのに、今日はまた肌寒かったですね…

とはいえ、日本各地では桜が開花したところもあり、すっかり春めいてきたな~と感じます。
うちの近くの公園の桜も、だいぶ蕾が柔らかくなってきて、ピンクがかってるところも見られるようになりました。

明確に、こうなったら春!っていうのはないけど、桜が咲き始めると春になったな~って思うのは日本人独特の感性ですよねきっと。

去年の桜。

また今年もこの並木道を歩くのが楽しみです♪

そういえば今年はまだ桜餅食べてない…
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

3 Comments

りゅうのすけ

はじめまして。いつも楽しく、かつ反省しながら読ませていただいております。
分離ストレスについてのブログも大変参考になりました。我が家に来て2週間の4ヶ月になる子犬も(ペットショップではなく里親になりました。我が家に来る前は兄弟とケージの中で暮らしていたようです)来た当日からどこに行くにもついてまわり、トイレに行ってる間の時間もキャンキャン悲痛な声で鳴き続けております。興奮しやすいですし、ストレスが溜まった状態なんだとわかっているのですが、うまく解消させてあげられてません。私の力不足なのですが、今後ブログで集中的なストレスマネジメント方法(本来は個別で違うのは理解しています。あくまで例でいいので)を取り扱っていただけたら嬉しいです。
我が家のワンコもまったり犬になってもらえるよう、気張らず気長に接していきたいと思います。
気候の変動の激しい時期ですのでご自愛下さいね。これからも応援しています!

返信する
瀧沢かいるー

りゅうのすけ様

はじめまして。コメントありがとうございます。

里子ちゃんを引き取られたのですね。
里子で、しかもまだ子犬となれば、飼い主さんへの後追いや、姿が見えないと悲痛な声で鳴くのはよくありますね。
悲しそうな声で鳴かれるとおちおちトイレにもゆっくり入ってられないですよね。
そういう姿を見ると、つい何とかしてあげたい!とあれこれ世話を焼いてしまいがちですが、まずは、犬との関係構築の基本であり、
ストレスマネジメントを行う上でとっても重要なことでもある「何もしない」というのを徹底してみて下さい。
相談を受けたどの飼い主さんにもお願いしていることです。
同じ家で暮らしてはいるけれど、必要以上に干渉せず、しばらくはご飯と散歩の必要最低限のお世話だけにします。
分離ストレスもあるようですので、子犬の方からそばに寄ってきて、膝に乗りたいと言ったら乗せてあげ、撫でてと要求したら撫でてあげ、
「飼い主さんのそばにいたい」という欲求を満たしてあげて下さい。
ブログでもお話しましたが、子犬にはもともと守ってくれる存在のそばから離れてはいけないという本能があるので、飼い主さんにいつもくっついているのは自然な行為です。
でも、子犬を構うのは子犬の方から近寄ってきた時だけです。
子犬がそばに来て構ってと言ってきたら構ってあげますが、それ以外の時は干渉せず、子犬の好きなように過ごさせてあげましょう。
構いすぎてあれこれ世話を焼いたり、心配して常に見はったりしていると、それがまた犬の分離ストレスの原因になります。
興奮しやすいとのことですので、ボール投げや引っ張りっこなどの興奮させる遊びは、やるとしても5分程度の短時間でやめて、
それよりも子犬を外に出してたくさん探検させてあげましょう。
自宅に庭があるようでしたらそこに出してあげてもいいですし、他の犬がいない時間帯を見計らって公園などに連れて行ってあげてもいいです。
興奮してストレスがたまった状態なのであれば、運動や遊びで解消させようとするよりも、ロングリードで自由に歩かせてにおい嗅ぎをさせてやり、
新しい刺激を与えてあげた方がよっぽどいいリフレッシュになります。
このお散歩の後は家で死んだように寝ているのでとっても楽です。笑

まだ生後4か月の子犬とのことですので、今から適切なストレスマネジメントを行い、興奮させる遊びやストレスを与える行為を極力せずに育てていけば、
将来的にとっても落ち着いた、一緒に暮らしやすいまったり犬になりますよ。
上手くいかないことも多くあるかと思いますが、失敗してもそれで終わりではないので、気長に、少しずつやっていきましょう。

返信する
りゅうのすけ

返信ありがとうございます!
それが正しいと思っているわけではなくても、世間では子犬はケージで飼わないといけないとか、散歩の主導権は人間だとか言われることが多く「そんな育て方はしたくない」と不安だったのですが、このブログで精神的に救われました(笑)
ついつい困ってそうな顔をしていると声をかけたくなってしまうので、子犬からアクションがあるまではそっとしておくを肝に命じます。そして、たっぷりと外でストレス発散させてあげたいと思います!
こんな形で相談して申し訳ありませんでした。でも、嬉しいです。ありがとうございました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です