「ちゃんとしつける」「ちゃんと育てる」をやめれば犬育ては楽になる

「ちゃんと」をやめれば犬育ては楽になる。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、犬をちゃんと育てるということについてです。

犬がちゃんとしつけられている=犬をちゃんと育てている飼い主、という考え方がいまだに根強く残っています。

まったり犬育を始めて下さっている方でも、頭ではわかっていてもそういった「犬をちゃんと育てなきゃ」という考え方からなかなか抜け出せないという話はよく聞きます。

「ちゃんとしつけないといけない」とか、「ちゃんと育てないといけない」とかいう世間の、そして自分自身の考え方が、犬に限らず子どもについても、飼い主や親に重くのしかかっています。

そしてこのことが、犬と飼い主、親と子どもの心の余裕を奪い、「いい子」の強要を招いているなと感じることがあるのです。

犬でも子どもでも、それぞれ様々な「個性」を持っています。
その「個性」を自分や世間が考えた「ちゃんとしている」に当てはめようとするから、色んな可能性を摘んでしまうことになるのです。

犬の習性で、犬がやって当たり前のことをすると、しつけがなってないと言ってそれをやめさせようとするような人もいます。

お悩み相談で特に多い「吠え」も、吠えること自体は犬の習性であり、わたしたち人間が声と言葉を使ってお喋りするのと同じくらい、禁止されたら困ることでやめることが不可能なことなのです。

「犬はちゃんとしつけないといけない」「ちゃんと育てないといけない」という考えにとらわれすぎていませんか?

もちろん、最低限のしつけをして育ててあげるというのは大事です。
でも、「ちゃんと」しようとし過ぎて、犬も、自分自身も辛い思いをしていませんか?

愛犬に問題行動に対して「ちゃんとしなきゃ!」と思っている飼い主さん、完璧を目指している飼い主さん、ぜひ読んでみて下さい。

「ちゃんと」という考え方

お悩み相談を受けていると、いまだに飼い主さんが困る犬の行動で多い「吠え」というものがあります。

特にアパートなどの集合住宅だと、宅急便やお客さんなど訪問者への吠えを気にする飼い主さんが多いようです。

しかし、先ほども言ったように「吠え」というもの自体は犬の習性であり、また不審者に吠えてテリトリーから追い払おうとするのも犬の習性です。

飼い主が対応したり、不審者が立ち去ったら吠えるのをやめるのであれば、それは犬として正常な状態です。
うちの犬たちは、わたしや家族が対応したら役目は終わったとばかりに静かになります。

訪問者が立ち去ってもずっと吠えていると、犬はだんだん興奮してしまってストレスがかかるので、それは犬にとってよくないという話です。

日常的に訪問者が多い家だと、それが慢性的なストレスになっていて吠える原因になっていることもあります。

そういう場合だけ、ストレスの原因を取り除くために訪問者を減らしたり、飼い主が伴って家にお客を入れるなど工夫して、正常な状態での吠えにおさまるようにしていくのです。

犬に吠えること自体をやめさせることは不可能ですし、犬の習性を否定することになります。

ところが、吠える=しつけがなってないと考えて、吠えを完全にやめさせようとする人もいます。

これは、犬の習性への無理解が原因です。

いっぽうで、犬は不審者に吠えるものだとわかってはいても、「世間体」というものを気にしてやめさせようとする人もいます。

「犬はしつけるもの」という考え方が世間に蔓延しているので、「犬のしつけも出来ない飼い主」と思われたくないと言うのです。

飼い主の無理解や世間体を気にした「ちゃんとしなければ」という考え方が、犬に不自由な思いをさせて、犬も飼い主さんもお互い辛くなる原因になっているのです。

「ちゃんと」が犬を苦しめる

「ちゃんとしつけなきゃ!」

「ちゃんと育てなきゃ!」

ちゃんと、ちゃんとと思っていると、犬に「完璧」を求めがちになります。

しかし、完璧な人間がいないのと同じように、完璧な犬なんてのもいません。

そもそも、何をもってして完璧な犬というのでしょうか。

人間の言うことを何でもどんな時でも完璧に聞くのがいいのでしょうか?
だったらロボット買えって話ですよね。

ちゃんとしなきゃと思っている内に、「理想の愛犬」像を追い求めすぎて、愛犬のことを見ているようで見ていない状態になります。

あまりに理想を追い求めすぎてしまうと、犬に無理を強いることになります。
犬が「もうこれ以上無理!」と悲鳴を上げていることに気づかず、その結果犬はストレスによりさらなる問題行動を起こしてしまうのです。

すると、理想からかけ離れた犬を見て、飼い主さんは「こんなはずじゃなかった…」と頭を抱える、飼い主にとってもストレスになるという悪循環を生み出すのです。

本当に「ダメ」なこと?

ご相談を受けていると、ダメじゃないのに「ダメ」と言っている飼い主さんが多いなと感じます。

散歩中の飼い主さんと犬を見ていても、危ない場所でもないのに「そっちに行っちゃダメ」とか、草むらに入ろうとすると「ダメ」とか、落ちているもののにおいを嗅いでいるだけなのに「ダメ」とか。

これじゃあ犬は散歩になりません。

少し待っていれば自分で戻って来るだろうし、ちょっとにおい嗅ぎをすれば満足するでしょう。
こういう時は「ダメ」と言わずに、黙って観察しながら少し待ってあげればいいだけのことです。

「急いでいて」「時間がないから」というのは人間側の言い訳であって犬には関係ないことです。
犬の散歩に行く時は、犬が寄り道出来る余裕をもっていかないといけません。

家の中でも、観葉植物をかじろうとして「ダメ」と言ってしまう、という飼い主さんがいました。

るーこも、初めて実家に連れて行った時に観葉植物をかじろうとしました。
でもこれは「ダメ」ではありません。

るーこは散歩中に葉っぱをかじって遊ぶのが好きなんです。
わたしは自分の家に植物なんておいていなかったので、室内の植物をかじってはいけないというルールを知りません。

散歩に行った時はよくて、室内の植物はダメ、というルールは教えることは出来ますが犬にはわかりにくいし、理解までに時間もかかります。
その間、飼い主さんは犬が植物をかじろうとするたびに「ダメ」と言わなければなりません。

こういう時は、かじりたくなるような植物を犬の口の届くところにはおいておかないという対処をした方が、犬も人も平和でいられます。

ゴミ箱をあさるなどの行動も、物理的に出来ないようにしてしまえばいいのです。

いっぽうで、散歩中の引っ張りについては、ただ単に学んでいないということに加え、日常的な興奮やストレスが原因になっていることもあります。

なので、学んでいないということと、興奮・ストレスという原因を分けて対処していくことになります。

「ちゃんと育てなければ」と思うと、何をやっても犬のしつけが悪いように感じられて、つい「ダメ」と言ってしつけたくなります。
でも、「ダメ」と言ったところで何も解決はしないし、そもそも犬がやっていることは全然「ダメ」ではないことも多いのです。

 

「ダメ」でしつけをしたつもりになっている?

そもそも、「ダメ」と叱られたところで、叱られたことを二度としないという犬はいません。

ほぼ100%の犬が、何度叱られても同じことをまた繰り返しています。

叱られたから、その瞬間だけはやめても、またやるということはそれが悪いことだとは犬は認識していないということです。

それに気づいている飼い主さんもいるでしょうに、ではなぜ叱るのをやめないのでしょうか。

「ダメ」と言って叱っていると、何となくしつけをしているように見えるからでしょう。

愛犬をきちんとしつけている飼い主はいい飼い主であるという認識がいまだに強いため、叱る=しつける(ように見える)という行動がやめられないのです。

なぜ叱ることがしつけをしているように見えるのかというと、犬には厳しい態度で接するべきという考えがいまだにあるからです。

犬にビシッと指示を出して、きちんと従わせている飼い主が、「ちゃんと」犬のしつけをしているいい飼い主なのです。

しかし、どんなに厳しく叱ったところで犬に通じていないのであれば、しつけとして成り立たないし、犬はただ怖い思いをするだけでなんの意味もありません。

しつけるフリをするよりも、犬にわかりやすい方法で教えてあげた方がずっと効果的出し、犬にも自分にも優しいのです。

みっともない「しつけているフリ」は今すぐやめるべきです。

 

「ちゃんとしよう」とすると大変なことになる

「犬はちゃんとしつけないと大変なことになる」とは、よく言われていることです。

知恵袋などで「犬を初めて飼う」といったような相談をしている人には、必ずこういった回答がついています。

「ちゃんとしよう」と飼い主さんは張り切ってしつけをするのですが、「ちゃんと」を求めるあまり犬たちは習性や個性を否定されるようになります。

犬にはそれぞれ「個性」があります。
その「個性」が飼い主さんの「ちゃんと」に当てはまっていないと、犬は苦しい思いをします。

よく吠えるとか、何かを噛みちぎるのが好きとか、そういうのも「個性」として認めてあげればそれで済む話です。

そこで無理をしてやめさせようとすると、かえって飼い主にとっての困った行動が悪化したりします。

逆に、個性を尊重されて、ゆるく、楽しく、楽に、まったり育てられた犬は、それほど飼い主を困らせるようなことはしません。

人間も同じで、人と違う個性を尊重された人は社会によく適合し、自己評価も高いと感じます。

るーこのようにちょっと興奮しやすかったり、のんちゃんみたいなデリケートな犬でも、個性を尊重されてまったり育つと、穏やかでにこにこ顔になります。

あれが出来ないとダメ、これも出来ないとダメと、「ちゃんと」させるためにしつけやトレーニングに励むと、犬はしょんぼりして生気がなくなったり、ギラギラして攻撃的になったりします。

「ちゃんとしないと大変なことになる」と言われていますが、「ちゃんとしようとすると大変なことになる」というのが正解です。

しかも、大変なのは犬だけでなく飼い主もなのです。

それよりも、楽しく、楽に、犬の言うことをよく聞いて、たっぷり甘えさせてあげればいいのです。

すると、その子のいいところがたくさん見えて来るし、いいところがどんどん伸びていきます。

犬も飼い主も笑顔になれます。

そうやってまったり犬に育てて行った方が、「ちゃんと」した犬を育てるよりずっといいと思うのです。

 

スポンサーリンク

 

ちゃんとよりも「まったり」育てよう!のポチッをお願いします。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

昨夜、のんちゃんが唐突にベッドに上がってきて、どうしたのかな~と思ってたら。

今朝、まさかの下痢。

おい、どうした、大丈夫か。

一発目はちょっと緩めだけど形はあるウンチだったのが、2回目はもうほぼ水って感じの下痢。

何か最近、下痢よくするね~のんちゃん。
お腹弱くなったのかな~。

病院行ってもらった薬飲んで、様子見中。

いつかみたく嘔吐はないし、食欲元気もあるから大丈夫だと思うけど、7歳になった途端これだからちょっと心配よね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です