【犬育て】「しつけ」ではなく「コミュニケーション」という考え方にしよう

「しつけ」ではなく「接し方」「関係づくり」を上手くやろう!

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、犬の「しつけ」についてわたしが思うことをお話します。

こうしてブログをやって、のんちゃんやるーことの日常を書いていると、「よくしつけが出来ていますね」とコメントいただくことがあります。

でも、わたし自身は「しつけがよく出来た」とは思っていないんです。

というか、ずっと「しつけ」という言い方に違和感がありました。
一般的に言われている「しつけ」と、わたしが今考えている「しつけ」ってだいぶ違うと思うんですよね。

一般的に「しつけ」と言うと、昔ながらの犬のリーダーになれ論をもとにしていたり、人間社会のルールを犬に覚えてもらうためのものと言われていることが多いです。

何だか、人間側が一方的に犬にこうして欲しいことを覚えさせるためのもの=しつけ、であるように感じるんですよね。

まったり犬育の理念や考え方からすると、そういうのはちょっと違う。

なので、最近では「接し方」とか「関係づくり」という言い方にするようにしました。

ブログの過去記事も、リライトしつつ少しずつ修正しています。

接し方や関係づくりが上手くいけばコミュニケーションも円滑に出来るようになり、無理な「しつけ」なんてしなくても楽に犬と暮らせるということを、わたし自身この数年で実感しました。

毎日「しつけ」に精を出しているという飼い主さん、犬だから「しつけ」をしないとという考え方を一度取っ払って、一から犬との関係を見直してみませんか?

犬の「しつけ」とは

「犬のしつけ」と検索すると、だいたいこんなことが書かれている記事がたくさんヒットします。

人間社会で暮らしていくために必要なことを犬に教えること。

本屋で適当に手に取ったしつけ本にも、同じようなことが書かれています。

少し前までは、「オスワリやフセなどコマンドを教え、犬が人間の言うことに従うようにすること」と書かれていることが多かったのですが、今はそれが少なくなったことはいいことだと思います。
いまだにそう思っている人が多いのは残念なことではありますが。

また、「しつけのために叱る」ということを書いている記事もたくさんあります。

叱るとはっきり言っていなくても、犬を脅かしたり恐怖心を与えたりする行動で犬を罰していることが多いです。

ブログを読んで下さっている方ならご存知かと思いますが、わたしは犬を叱ることをよしとしません。
誰が何を言ってもこれは変わらないです。

母犬がやるように叱ればいいという人もいますが、母犬がやるように犬を叱るのは人間には無理があります。
それに、同じ種の動物同士でやるのと、人間が自分より立場の弱い違う種の動物に対して行うのでは全く性質が違いますし、同列に論ずることは出来ません。

そもそも、自然界の動物の母親は、人間がやるように子どもを叱ったり、罰することはないのです。

人間が「罰している」と思うような行動は、不自然で劣悪な飼育環境でのストレス行動であったり、動物同士のコミュニケーションが叱っているように見えているだけであることが多いのです。

叱ってやめさせるのではなく、叱りたくなるような状況を作らない工夫をしましょう。
もし万が一、そういう状況になってしまったら、叱るのではなく気をそらすなどで対応し、二度とそういう状況にならないように工夫を凝らすのです。

また、飼い主さんが叱りたくなるような行動は犬の本能に基づいた行動であることがほとんどです。
いたずらなんてその最たるものです。

ダメではないことでも「ダメ!」と言って叱っており、そうするように教えるトレーナーも多くいます。
本能に基づいた行動を叱って禁止するのではなく、行動の出し方を変えてあげましょう。
靴ではなくおもちゃを噛むようにするために、靴を片付けて犬の好きな感触のおもちゃを買ってあげるとか、飽きないように色んな噛み心地のおもちゃを買ってあげるとか。

引っ張りや吠え、噛みつきなど、ストレスや生活環境、飼い主の接し方が問題の行動については、叱ってもどうにもならないし更に悪化させるだけなので、まずは原因究明につとめ、それえお取り除く・改善するのが先決です。

犬自体には問題はなく、飼い主の家庭環境や職場環境などストレスや負の感情が溜まり、八つ当たり的に犬を叱っている場合もあるので、そういう時は自分のイライラをコントロールできるようになりましょう。

「しつけ」の名の元に犬に無理を強いたり、言うことを聞かせようとしたり、必要ないことまで叱ってやめさせようとしたりすることが多いですが、わたしが考える「しつけ」はこんなものではないのです。

 

スポンサーリンク

 

しつけは「共生するために必要なこと」

わたしは犬のしつけについて「人間社会で暮らすために必要なことを犬に教えること」ではなく、「犬と人間が共生するために必要なこと」だと考えています。

同じじゃないの?と言われるのですが、この二つは全く違います。

人間社会で暮らすために必要なことを犬に教えるといった考え方でいると、犬だけが人間に合わせればいいという考えになりがちです。

そうではなくて、犬が人間に合わせるだけでなく、人間も同じくらい犬に合わせてあげることが必要なのです。

そのための「犬と人が共生するために必要なこと」なのです。

「共生」に必要不可欠なもの

わたしが考える「犬と人の共生」に必要なものは、円滑なコミュニケーションです。
人間同士でも、一緒に暮らしていくためにはコミュニケーションは必要不可欠ですよね。

そして、円滑なコミュニケーションのためには、「良好な関係」が必要不可欠です。

良好な関係を築くためには、普段から相手のことを思いやった「接し方」をしなければなりません。

普段から思いやりを持って接し、良好な関係を作れていて、円滑なコミュニケーションが取れる友人や家族とは、一緒に暮らしていく上で何の苦にもならないでしょう。

犬もこれは同じなのです。

なので、同じようにすればいいのです。

仲の良い友人はささやかな要望をむげに断ったりしないし、無理難題を吹っかけて困らせたりすることもないでしょう。

犬の要望を聞き入れてばかりいるとどんどんエスカレートしてわがままになるといまだに恐れられています。
でもこれは違います。

自分の頭で考えることができる安定した犬は、むやみに要望を暴走させることはありません。

満足するということを知っているし、だいたいこの範囲なら相手を困らせないということもわかっています。

ここまでだったらやってもいいという限度は、人間がしゃかりきになって教え込まなくても、人間との付き合い方の中で犬が自分で学んでいくことです。

でも、ストレスいっぱいで不安が強い犬は、理性的な判断が出来ずに何かに追い立てられるように行動したり、どんなに要望をかなえてもらっても満足しなかったり、執着したり、何かに依存したりします。

こういうところも人間と同じですね。

そういう子相手でも、やはりこちらがまず思いやりを持って接することが大事です。

それを続けていった結果が、「よくしつけが出来ているね」と言われるわたしと犬たちとの関係なのだと思います。

まずは犬のちょっとした要望をかなえてあげることから始めましょう。

犬にやるべき「しつけ」というよりも、飼い主がやるべき「しつけ」といった感じです。

 

「しつけ」という考え方をやめる

「犬=しつけが必要」という考え方がいまだに一般的です。

トレーナーが教えるのも「しつけ」だし、ネットや犬の育て方の本に書かれていることも「しつけ」です。

接し方やらコミュニケーションやらが必要と言われていても、「しつけのためには正しい接し方や犬とのコミュニケーションが必要」と言われていて結局は「しつけ」のためであることが多いです。

そういうのを読むたびに「違うな」って思うんです。

現に、ネットや本に書かれていたり、トレーナーに教わった「しつけ」の方法で、犬との関係がどうにもこうにも悪化したという飼い主さんからの相談をたくさん受けます。
カウンセラーである恩師のもとにも、そういった相談がたくさん来るそうです。

それどころか、ここ最近増加傾向なのだとか。

中途半端に「犬に優しい」を謳うトレーナーが増えたからではないかと言っていました。

犬に必要なのは「しつけ」ではありません。

思いやりある接し方とにより良好な関係づくりと、円滑なコミュニケーションです。

「上手くしつけるにはどうすればいいか」という考え方をやめて、「上手くコミュニケーションをとるにはどうすればいいか」という考え方にしてみて下さい。

「しつけ」というと、一方的に飼い主が言うことを聞かせるためのものであると思われがちです。

「コミュニケーション」というと、犬の言うことも聞いてあげなきゃ、という気になります。

犬との「コミュニケーション」を軸に接し方や関係づくりをやっていくと、犬との生活がぐっと楽になりますよ。

 

スポンサーリンク

 

犬のお願いを聞いてあげよう!のポチッをお願いします。
いつもクリックありがとうございます!とっても嬉しいです(≧▽≦)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

今日は久しぶりにお山の遊び場に行ったのですが。

ふと気づいたんだけどね。

注意看板多すぎぃwww

「禁止」ってあえて書かれてるってことは、やる人がいるってことだよね。

「犬の糞は持ち帰ること」なんてあえて書くべきことじゃないし、書かれてなくても飼い主はやるべきことなんじゃないかなあ。

そういえば我が家の上の道にも犬の糞が放置されてることが多いんです。
はじめは山からおりてくる動物の糞かなって思ったんですけど。ハクビシンとかよく来るし。

でも、袋に入った状態で放置されてれば犬の糞確定ですよね。

っていうか袋に入れたんなら家まで持ち帰れよと思う。

何で途中で面倒くさくなっちゃうんだよ。

「禁止」と言われなくても自主的にやっちゃいけないことはやらない、そういう日本人の道徳はどこ行ったのやら。

ねーのんちゃん。

本日のベストショット。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です