シャンプー嫌いな犬を騙してシャンプーする?

      2018/10/12

シャンプー嫌いな犬を騙してシャンプー?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

わたしが犬を飼ってると言ったら、職場の新人さんに
「じゃあ瀧沢さんベジタリアンですか?」って聞かれました。

犬好きとか動物好き=ベジタリアンorヴィーガンってイメージがあるんでしょうか。

確かに、畜産動物のこととか考えたらベジタリアンやヴィーガンはすごくいいとは思うけど、
わたしはとても無理だと思います。

ほんの数日、牛乳を抜いただけで体調悪くなったし、
続けて肉食べないとマジで気力がなくなります。

でも週一で動物性食品は食べない日っていうのはやってる。

その1日だけなら翌日すごく体調いいから、少しずつ慣して
ベジタリアンしたいなとは思っています。

スポンサーリンク

今日も1日、とてもいい天気でしたね!

火曜日のるーこにつづき、本日はのんちゃんをシャンプーしました。

昔からシャンプーが大の苦手なのんちゃん。

庭のシャンプー台に乗せられてストレススマイル。
それでも自分でシャンプーされることを納得しているので、
暴れたり逃げたりせずに大人しいです。

シャンプー、すすぎが終わって、少し余裕が戻った顔。

準備しておいた、日に当てて塩素抜きした水が足りなくて、
少しだけホースから水を出して使いました。

バスタオルでゴシゴシされるのは大好きなので、クネクネしながら
タオルに体をこすりつけてある程度水気をとったら、
玄関前でしばし自然乾燥。

すっごいブサイクな写真が撮れてしまったw

菜々緒と言われるのんちゃんですのにw

日に当たりながら何度かブルブル~ってやってくれれば、
今くらいの気温だと割とすぐに乾きます。

でも毛が濡れたまま長時間、日に当たると気化熱がこもって
熱中症になることがあるので要注意です。
特に鼻ペチャの子や、黒い毛色の子。

あとはドライヤーだけとわかっているので、のんちゃんも協力的。

この時期のドライヤーって暑いので、さっさと終わらせましょう。
目安は15分くらい。

全部乾かないで足先とか濡れててもオッケー。
お腹は濡れたままでエアコンなどで冷えると下痢するので、乾かしましょう。

良い匂いのふわふわサラサラのんちゃんの出来上がり~♪

お疲れ様でした。

背中の毛がクシャッてなってるのは、わたしのドライヤーの当て方のせいです。
のんちゃんは毛が柔らかいからか、癖がつきやすい。

そして写り込んでくる、るーこのかわゆさ。
今日これといって出番がないせいか。

部屋中にまっくろしろすけが出没。
かき集めてもこれくらいだから、まだその辺にいるはず。

のんちゃんはもともと、毛が柔らかくてふわふわサラサラなんだけど、
シャンプーから数日間は数割増しでふわサラ。

これで10月くらいにもう1回シャンプーすれば、
我が家は1年間のシャンプーはおしまいです。

なのでこのシャンプー後の手触りは年に2回しか味わえないのです~。

スポンサーリンク

 

犬を騙してシャンプー?

のんちゃんみたく、シャンプーの気配を察すると、
飼い主と目を合わせずハウスに引きこもったり、
どこかに隠れたりしてしまう犬は多いですよね。

のんちゃんも、今日わたしがシャンプーの準備を始めると、
こんな感じで目を合わせず、引きこもって出て来ませんでした。

こんな時、どうしますか?

小型犬なら無理矢理抱っこで連れて行ってしまう、ということが多いかもしれません。

のんちゃんのようにそれが難しい大きさの子は、リードをつけて無理矢理引きずって行ったり、
騙して連れて行く、という飼い主さんは多いのではないでしょうか。

「おやつだよ~」とおやつの袋を見せたりして、そのままお風呂場まで誘導したり、
「お散歩だよ!」と言ってリードをつけてトリミングに連れて行ったり。

おやつでの誘導も、お散歩と言って連れて行くのも、その他、
シャンプーだと言うことを告げずにウソをついて犬をシャンプーするところまで連れて行くのは、
どれも犬を騙す行為です。

騙したからといって犬が飼い主を恨むことはないし、そもそも騙されたこともわからないと思うかもしれませんが、
犬ってちゃんと飼い主が自分が騙したと認識していますし、それをちゃんと覚えています。

それを繰り返すと、だんだんと飼い主を信じなくなりますし、信頼関係にヒビを入れることになります。

犬との信頼関係は人間と全く同じく成り立っているので、騙したら信頼がなくなるというのは当然のことです。

うちは年に2回だけですが、毎月シャンプーするというような飼い主さんは、
そのたびに犬を騙していたら信頼関係なんて簡単に壊れてしまうでしょう。

犬に納得してもらう

ではどうすればいいかと言うと、これからシャンプーされるということを、
犬にちゃんと納得してもらうのです。

「これからシャンプーするよ」と伝えた上で付いてきてもらうのです。

それが出来ないから騙すしかないんだよ、と言われるかもしれませんが、
犬が納得してくれず騙すしかないのなら、シャンプーなんてしないことです。

シャンプーのタイミングを逃してしまい、2年間シャンプーしなかったことがありますが、
臭いも気になりませんでしたし、触るのも嫌なほど汚れるということもありませんでした。
むしろ必要な油脂が落とされなかったので毛も艶々で皮膚も健康的だったように思います。
それくらい、シャンプーというのは犬にとって不要なものなんです。

プードルのようにどうしてもカットが必要という犬種は、
テディベアカットなど時間のかかるカットなんてせずに、
短時間ですむようにバリカンで短くしてもらうだけで済ませましょう。

カットを楽しむためにプードルを飼ったのに、という飼い主さんもいますが、
犬はあなたのアクセサリーではありません。

犬の「嫌だ」をちゃんと聞いてあげて、シャンプーをしばらくしないであげると、
だんだんとシャンプーに対する犬の嫌悪感が薄れてきて、
ある日ふと「シャンプーするよ」と言うと何の抵抗もなく付いてきてくれるかもしれません。

のんちゃんがそうで、試しに1年間シャンプーなしでいた後に、
思いつきで「シャンプーしよっか」と言ったら少し考えた後に自分でお風呂場に行ったことがありました。

今も、準備している時こそハウスに引きこもって目も合わせませんが、
準備が終わってお声がかかるとのそのそと出て来て自分で外に出て行きます。

最低でも半年は待ってあげる必要があります。

そして犬が自分でシャンプーされるようになったからといって、
毎月のようにシャンプーしてはいけません。
そんな頻繁なシャンプーは犬には不要です。

年に2回くらいで十分です。

犬はちょっと汚れているくらいが丁度いいのです。

犬がちょっと汚れたらすぐシャンプーしたがる飼い主さんが多いですが、
犬にとって負担ですし、そのたびに騙していたら信頼関係なんて成り立ちません。

自分の都合で「今日は絶対にシャンプーする!」と固く決意するのではなく、
犬がちょっと気分が良いときに、何となくシャンプーしてもいいかな~と思ってくれた時に、
卑怯な手段は使わないでやってあげるようにしましょう。

▼合わせて読みたい
犬を苦しめる飼い主の「過度な清潔志向」

スポンサーリンク

 

おまけ

のんちゃんがシャンプーされてる間、ずっと玄関で待ってるるーこ。

うっすらと茶色いのが見える。笑
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

 - うちの犬たちのこと, 海音, 犬との接し方・関係作り, 犬のストレス, 琉海