「犬の情報発信」マーキングはやめさせるべきではない

犬のマーキングはやめさせるべきでしょうか?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

田んぼに水が引かれたためか、夜にカエルの大合唱が始まりました。
夜に窓開けて寝ることが増えたのでよく聞こえるんですが、
これを聞くと夏だな~って感じますね。

るーこは気になるのか、しばらくセコム頑張ってましたが。笑

 

さて今日は犬のマーキングについて、
やめさせるべきか、やめさせなくていいのか、のお話。

ご相談に乗っている中で時々聞かれるのが、
マーキングを辞めさせたいのだけどどうすればいいか」ということ。

愛犬がマーキングをすると、ほとんどの飼い主さんは、
やめさせなければならない、と思うみたいですね。

しかしマーキングというのは、犬の習性です。

習性からくるものを、果たして辞めさせていいものでしょうか?

スポンサーリンク

 

なぜマーキングを辞めさせたい?

ネットでのしつけ相談や知恵袋などを見ても、
愛犬のマーキングをやめさせたいと思う飼い主さんは多いです。

なぜ、皆さんやめさせたいと思うのか。

住宅街で周囲への臭いが気になるとか、犬が優位性を示す行動だとか、
飼い主にしっかりツケをして散歩させるためにマーキングをさせるべきではないとか、
調べたら理由は色々あるのですが、わたしが一番感じたのはただ単純に、
あちこちオシッコひっかけながら歩くのって人間の感覚ではお行儀悪いし、汚いからじゃないかなと。

外歩いてる時に、あちこちマーキングする犬の散歩をしてる飼い主さんは、
マーキングする愛犬をちょっと嫌そうな顔で見てることが多いんですよね。

住宅街とか、人通りの多いところだと、人の目も気になりますし。

でも、マーキングをやめさせたいというのは人間の勝手な都合であって、
マーキングは犬にとってちゃんと、大事な意味を持つ行為なんですよ。

人間にとって、お行儀悪くて汚いと感じることでも、
犬にとってはちゃんと意味を持った正常な行動なんです。

スポンサーリンク

 

マーキングは「犬の情報発信」

犬がマーキングするのを、優位性の主張だとか、縄張りの主張と侵入者への警告だとか、
そんな風に言われていることが多いです。

家の中でマーキングするのを、「自分がボスだ」という主張だとして、
服従訓練をしっかりやり直すべき、と教えるトレーナーもいます。

確かに、そういう意味を持っていることがある場合もあります。

しかし、たいていの場合、犬のマーキングは「情報発信」の意味を持つのです。

よく見ていると、犬はマーキングの前に匂い嗅ぎをしているかと思います。
これは、自分の前にそこにマーキングされた匂いを嗅いでいるのです。

そして、匂い嗅ぎをした後は十中八九、そこに自分もマーキングします。

この、重ねてマーキングするという行為が、相手に対する優位性の主張だと
思われてきたのですが、これは違います。

犬は、相手のオシッコから様々な情報を読み取ります。

相手がオスかメスかはもちろん、体の大きさやその時の体調、
感情まで読み取ることが出来ると言われています。

匂い嗅ぎをしてそれらの情報を読み取り、
マーキングすることで自分の情報を相手に教えているのです。

人間で言うと、メールやLINEのやり取りとか、
文通みたいなものですね。

顔は見えないけれど、
「最近どう?」
「まあまあかな」
とか、やり取りしてるのかなと思うと、ちょっと微笑ましいですよね。

 

犬のマーキングは辞めさせるべきではない

結論としては、

犬のマーキングは辞めさせるべきではありません

もちろん、ストレスからくるものは辞めさせた方が犬のためにはなりますが、
その場合もマーキングそのものを禁止するのではなく、
マーキングに至るストレスの原因になっているものを取り除いてあげる必要があります。

アスファルトに固められた住宅街だと、確かに臭いが気になるし、
人の目も気になることでしょう。
しかしそもそも、犬の散歩はそういった住宅街でするものではありません。
草と土があって犬が存分に匂い嗅ぎ出来る、静かで落ち着いた場所でするべきものです。

近くの公園や河原まで抱っこや車で行くなどして、
住宅街を歩かないようにする工夫が必要です。

住宅街を散歩する時は、水を入れたペットボトルを持って、
犬がオシッコしたらそれで流すというマナーがいつの間にか出来上がっていますが、
流すだけでは意味がありません。

流しただけではオシッコの染みは広がるだけで、アスファルトに固められた道路では、
自然に地面に染みこむということもないからです。

流した後、必ずペットシーツで吸い取ることが必要です。

人や犬のいない公園なら、流さなくても地面に吸い込まれていきますし、
臭いもあまり気になりません。
もちろん、花壇や芝生は気をつけないといけませんが。

マーキングは犬にとって相手との情報交換というとても大事な意味があります。

お行儀悪いとか、汚いとか、散歩中は常にツケで歩くとか、
そんな人間の都合で安易に辞めさせていいものではないのです。

わたしたちだって、スマホやパソコンを取り上げられて、
家族や友人と連絡がとれなくなったら困りますよね。

犬だって、たまには同族とやり取りしたくなるのです。

いつもわけのわからないことを言ってくる人間と暮らしてるのですから、
たまには言葉の通じる仲間との交流が必要です。

マーキングに限らず、犬の行動には必ず犬なりの意味があります。

人間に都合が悪いからとやめさようとする前に、
なぜそうするのか、何の意味があるのか、どうすればやめさせずにすむか、
考えて、工夫するということをしてみて下さい

スポンサーリンク

 

おまけ

クシャミする5秒前。
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です