騙されるな!トレーナーは「ウソ」をつく

こんにちは!

本日も全力で犬と遊びすぎて筋肉痛の犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

さて今回はドッグトレーナーのお話。ドッグトレーナーという職業の人たちがついている「ウソ」のお話です。
わたしがトレーナー嫌いになった理由はコチラの記事愛犬をトレーナーに虐待された話

学生時代に感じた疑問

わたしはドッグトレーナー科で学んだ卒業生です。3年間、ガチガチの服従訓練を学びました。

わたしが学んだ専門学校では、より多くのトレーニング方法を学べるようにと、卒業までに何人ものトレーナー講師からトレーニングの授業を受けます。わたしは座学・実技を含め5人のトレーナーから学びました。

しかし、所詮はみんな、パックリーダー論にまみれた「服従訓練」を売りにするトレーナーたちです。

トレーナー講師たちは、みんな同じように犬たちの首に鉄で出来た首輪(ハーフチェーンやチョークチェーン)をつけてトレーニングするように学生たちに教えます。ピンチカラーや電気ショックを与える首輪を使っている講師はさすがにいませんでしたが、実際に自分がお客さんの犬をトレーニングする時には使うと言う人もいました。

そして、リーダーシップがどうのこうの、服従心がどうのこうのと言いながら、犬の首にショックを与えて見せるのです。

首を絞められて痛くないのかな?

初めてその様子を見た学生は誰もが疑問に思います。わたしも思いました。

「痛くない」「一瞬だから平気」

学生たちの疑問に、講師たちはこう答えます。

「犬は痛みに強いし、一瞬しか力を加えていないから痛くない。こうすることが犬を落ち着かせるのに一番効果的だ。ほら、犬も大人しくなっているでしょう?」

見れば確かにさっきまでリードを引っ張りまくって暴れていた犬が、リードを引いたショックによって大人しくなったように見えます。

正しくは、見せるのです。

それを見て、わたしたち学生は、そうか、痛くないのならやっても大丈夫だろう、などと思ってしまうのです。そして加減も何も知らない学生たちは容赦なく犬を痛めつけるという地獄絵図が出来上がるのです。

これは一般の飼い主さんにも言えることです。

まずは自分で試してみるべき

もし、犬の首に鉄の輪っかをはめて強く引っ張ることを実践するならば、まずは自分の首にチョークチェーンなりハーフチェーンなりはめて、同じことをされてみるべきだと思います。

わたしたち学生に座学で犬のしつけについて教えてくれていた講師は、こういった犬を痛めつける服従訓練には否定的な人でした。

犬の首に鉄の輪っかをはめることに罪悪感がなくなりつつわたしたちに、犬たちが日頃感じている痛みと恐怖を教えてくれました。首にハーフチェーンをはめ、人に首を絞められるということがどれだけの苦しみと痛み、恐怖を伴うのか

二人一組で、首輪をはめられる人と、リードを引っ張る人になります。そして、リードを引っ張る人はあらかじめ「やってはいけない行動」を決め、首輪をはめている人がその行動をしたらリードを引いて罰する、という内容でした。

何をされるかわかっている分、首輪をした人はいつ何をしたら首を絞められるかビクビクでしたし、リードを引いてショックを与える学生も恐る恐るやっていました。犬にはいつも、あれだけ迷いなく、ガツンとショックを与えているのに。

わたしたちはいつも、そんな恐怖を犬に与えていたのです。

わかっていて「ウソ」をつくトレーナーもいる

トレーナーの中には「痛くない」だとか「一瞬だから平気」だとかは、ウソだとわかっていて言っているという人も少なくありません

ではなぜウソとわかっていて言うのかというと、トレーナーのもとにやってくる飼い主たちのせいだと言います。

飼い主は「すぐ効果の出る方法」を好む

トレーナーのもとにやってくる飼い主の多くは、犬に何かしらの問題を抱えていて、一刻も早くその問題を改善したいと思っています。なので、効果が出るまでに一ヶ月も二ヶ月もかかる方法や、手間がかかる方法では、すぐに諦めて別のトレーナーのもとに行ってしまうのです。

トレーナーだって客商売です。お客さんとなる飼い主がいなければ、どんなに素晴らしいトレーニング方法を提唱していても商売上がったりです。

要は、顧客獲得のために「ウソ」をつくのです。

世の中には「3分で直る!」とか「とても簡単」とかいう謳い文句のしつけ方法があふれています。ちょっと冷静になればウソだとわかりそうなものですが、藁をもつかむ思いの飼い主さんは、早く問題を改善したいという気持ちばかり焦って、愛犬に多大なる負担をかけることもいとわないのです。

というか、愛犬に負担になっているということすら気づかないのだと思います。

問題はまた別の形で現れる

こうして痛めつけられて、厳しくトレーニングされた犬は、問題行動が直ったかのように見えても何かしらまた別の形で問題が出て来ます。

なかには厳しいトレーニングにもめげず、ロボットのように命令を聞くようになって、そういう犬を育てて満足する人もいますが、そういう人ははじめからロボットを買って下さい。犬を飼うよりよほど安上がりでしょうし、犬よりもよく命令を聞きますし、反抗もしません。

人に厳しく痛めつけられた犬はストレスが強く、攻撃的になったり下痢を繰り返す犬も多いです。学生時代も、トレーニングの授業が終わると必ず下痢をする犬がいました。

その犬は飼い主が常にチョークチェーンをはめて、とても厳しい態度で接しているようで、攻撃性も高くトレーニング担当の学生は何度も咬まれていました。飼い主にだけは恐怖心からとても従順だったので、飼い主はそれで満足しているようでしたが、攻撃的で誰も近寄れずストレスを抱え込んで下痢を繰り返す犬と、一緒に暮らしたいと思うでしょうか?

トレーナーが「ウソ」をついて行うチョークチェーンやハーフチェーンを使った服従訓練は、一見問題行動が直ったように見えるだけで、根本的な解決にはなっていません。直ったように見えても、時間がたてば再発したり、別の形で問題となって現れたりするのです。

例えば、散歩中の引っ張りは直ったけれど、人を咬むようになったというように別の問題行動として現われることもありますし、臆病になって散歩を嫌がるようになったとか、下痢をするようになったとか、犬の精神面に問題として現われることもあります。

問題行動は根本から解決しないと意味がないのです。

そのために、犬のリーダーになったり、罰を使ったり、せっせと服従訓練をしたりする必要はありません。

ただ、犬との接し方を見直して下さい。

犬たちは、わたしたち人間が行う横暴に根気よく付き合ってくれます。わたしたち人間も、もう少し根気よく犬に付き合ってあげましょう。

鉄の首輪で犬の首を絞めた時に、犬がなんと言っているかわかってくるはずです。それがわかれば、「痛くない」とか「一瞬だから平気」だとか言うのは「ウソ」だとわかるはずです。

トレーナーがつく「ウソ」に騙されてはいけません。

犬との関係を見直したいという方はコチラの記事犬と友達になる方法
パックリーダー論による服従訓練の弊害はコチラの記事わたしがパックリーダー論を否定するワケ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です