「たんぱく質」「栄養不足」犬の攻撃性を増長させる食事に注意

たんぱく質は必要だけども攻撃性を増長させる?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、犬の攻撃性と栄養の関係についてのお話です。

犬の食事が問題行動に大きく関係しているということは何度かブログでもお話してきました。

先日、学生の時に受けた犬の手作りご飯の講座のテキストを読み返してみたのですが、そこに興味深いことが書かれていました。

食事について特に大事なのが、栄養状態が個体の気分や行動に直接影響する、ということです。

例えば、栄養不足の犬がいた場合、その犬にとってだけでなく、その犬から生まれた子犬にも社会性や学習能力が低下し、神経質で攻撃的になる傾向が見られると言います。

更に、犬の攻撃性にはたんぱく質の摂取量が大きく関係しています。

そこで今回は、犬の攻撃性と、栄養分について詳しくお話していきます。

 

食べ物の嗜好性

まず、犬の食べ物の嗜好性は、3~12週齢の社会化期の食事内容によって決まります。
ちなみに、猫は2~9週齢です。

この時期に食べたものを好きになるので、色んなものを食べて育つと、大人になってからも目新しい食べ物も抵抗なく食べてくれるようになります。

子犬の頃から手作り食を食べているるーこは好き嫌いなく、初めて食べるものでも喜んで食べてくれますし、子犬の頃はドッグフードが主食だったのんちゃんも、
おやつとしてけっこうフルーツや野菜なんかを食べていたので、初めて食べるものでも慎重ににおいを嗅いだりはしますが食べてくれます。

時々、子犬の頃からずーーーっとフードしか食べたことがない子に、飼い主さんが「手作りご飯にしよう!」と思い立って白米やらお肉やら野菜やらあげても、
全く食べないということがりますが、それはこの「嗜好性が決まる時期」も大きな一因です。

また、犬の食事の嗜好性の大きな特徴は、基本的に雑食で、たんぱく質が30%の食事を好むということです。

スポンサーリンク

 

食事と攻撃性

栄養と攻撃性の関係

先ほども言いましたが、食事に関して重要なのは、栄養状態が行動や気分に直接影響するということです。

妊娠中の母犬の栄養が不足していると、生まれた子犬の発達が遅れるだけでなく、社会性と学習性が低くなり、不安傾向が強くなります。
また、神経質で攻撃的な傾向が見られると言います。

ペットショップで買った子犬がなぜ飼いにくいかというと、ペットショップにいる子犬のほとんどが子犬製造工場(パピーミル)から来たような子犬で、
そこにいる母犬の健康管理がされておらず、栄養が不足している状態で妊娠・出産を繰り返しているからと言えます。

もちろん、母犬の栄養状態だけでなく、親兄弟からの早期引き離しや単独でのショーケース展示などの販売方法も関係しているのでしょうが、いずれにしろ飼いにくいことにかわりはありません。

たんぱく質と攻撃性の関係

そしてもう一つ。

犬の攻撃性には、たんぱく質も大きく関係しています。

犬は30%ほどの高たんぱく質の食事を好むと先ほど言いましたが、高たんぱくの食事は攻撃性を増長させることがわかっています。

逆に18%程度の低たんぱく食だと、セロトニンの前駆物質であるトリプトファンを効率よく摂取出来るので、攻撃性、不安、うつ傾向が低下します。

たんぱく質たっぷりの食事は、確かに犬の食いつきが良くなかなか食べてくれないと悩む飼い主さんは高たんぱくのフードを選びますが、
腎臓に負担をかけるだけでなく、攻撃性を増長させ噛みつきなどの問題行動に繋がります。

いただいた相談の内、愛犬が噛みつくなど攻撃性のある飼い主さんに食べさせているフードのたんぱく質の割合を聞いたら、その多くが18%以上の高たんぱくなフードでした。

ちなみにわたしが今まで犬たちに食べさせたフードで一番たんぱく質の割合が多かったのは、「アートゥー」の32%です。

その他攻撃性との関連

この他、攻撃性に関連しているのはチアミン(ビタミンB1)欠乏症とカルシウム不足です。

チアミン欠乏症は犬よりも猫に多いようで、炭水化物が多かったり魚中心のご飯を食べている猫は特に要注意です。

手作りご飯だとカルシウムが不足してしまいがちなので、吸収率は悪いですが卵殻パウダーを加えたり、山羊ミルクを使うという手もあります。

また、サプリも効果的です。

このブログでも紹介していますが、犬猫用抗不安サプリの「ジルケーン」が効果的です。
》犬猫用抗不安サプリ「ジルケーン」を使ってみた
*ジルケーンは製造中止の状態ですので代替になりそうな商品もこちらの記事で紹介しています。

わたしものんちゃんのストレスレベルが高かった時期にジルケーンを与えていたのですが、効果テキメンでした(個体差はあります)。

「マテ」のストレス

ストレスに関してついでに言うと、食事の前に待たせるのはストレスになりかえって良くありません。

いまだに「人間が先に食事をするべき」と言って、人間が食事をしている間犬を長々と待たせる人がいますが、これは葛藤とストレスを増し、食事に対する執着を強めてしまうのでやめたほうがいいです。

人間が食べ終わり、やっと自分のご飯だと思った時に、フードが入った食器を前に永遠と「マテ」をさせるのも同じです。
自分の命令に犬が一生懸命従っている姿を見て満足したいのか、はたまた涎を垂らしている姿が面白いのかわかりませんが、犬にとってはストレス以外のなにものでもありません。
》ご飯の前に「マテ」の悪影響と「コンパニオン」の意味

うちでは犬たちは人間よりも先に食事をします。

その方が、人間が食事を始める頃にはすっかり食べ終わってお腹いっぱいで寝ているので、わたしたちもゆっくり食べられるのです。

そのせいで問題が起こったことは一度もありません。

 

低たんぱく、高炭水化物な食事を

環境省の発表している数字によると、犬の食事で理想的な三大栄養素の割合は、

炭水化物:60%、たんぱく質25%、脂質:15%

とされています。

この数字を見て、あれ?って思いますよね。

たんぱく質25%って、多すぎない?

なのでわたしはいつも自分で手作りご飯を作る時は、多くてもたんぱく質が20%を超えないように注意しています。

低たんぱくで高炭水化物のフードは、攻撃性だけでなく犬の行動上の様々な問題を改善することがあると言われています。

イライラしている犬、興奮しやすい犬、噛みつきがある犬には、脳内のセロトニンレベルを上げて、精神状態を安定させてあげなければなりません。

そのためには毎日の散歩や日光浴、規則正しい生活に加え、たんぱく質少なめで炭水化物多めの食事にしてみましょう。

攻撃性があるという場合には、たんぱく質は動物性ではなく植物性にするのがおすすめです。

うちの犬たちには合いませんでしたが、ナチュラルバランスの「ベジタリアン」は肉を使わないベジタリアンフードなのでおすすめです。

もしくはホリスティックセラピーのベジタリアンでしょうか。のんちゃんはこっちの方がお腹を壊すことはありませんでした。
*調べたところホリスティックセラピーのベジタリアンは在庫切れ状態が続いており入手困難なようです。

手作りご飯ならやはり豆腐が一番です。木綿にすると絹よりもカルシムが3倍多く含まれているので、カルシウム不足にもおすすめです。

手作りご飯レシピ

犬の必要な三大栄養素を満たした手作りご飯のレシピは以下の記事に載せています。
》【レシピ付き】犬の食事における三大栄養素の理想割合

しかし、毎回こんな材料をそろえるのって正直大変ですし、手作りご飯とフードを合わせて使いたいという飼い主さんがけっこう多いので、
フードを併用する用のレシピをあらためて載せておきます。

材料

  • 鶏むね肉(皮付き)100g
  • 豆腐50g
  • ご飯250g
  • カボチャ 50g

たんぱく質:19,9%
カロリー:692kcal

作り方

  1. 鶏肉とカボチャを小さく切ってたっぷりの水で煮込む。
  2. カボチャが柔らかくなったらつぶす。
  3. 崩した豆腐とご飯を入れる。
  4. 一煮立ちしたら火を止めて冷ます。

フードと合わせてあげる場合はフードを半分にし、減らした分のフードのカロリーを計算し、そのカロリー分の手作りご飯を与えます。

いつもフードしか与えないという飼い主さんも、手作りご飯と併用すると犬の満足度が上がるのでおすすめです。
お腹がいっぱいになって満たされると犬は大人しく寝ているようになりますし、ダイエット中だという場合はこの満足度が重要になってきます。

 

犬の「食事」をもっとよく考えよう

まったり育犬にとって、特に大事なものは「食事」と「散歩」です。

この二つがしっかり出来ていれば、犬は自然とまったり犬になりますし、何の問題も起こさない、家の中ではお気に入りの場所で大人しく寝ている、一緒に暮らしやすい、楽な子になります。

散歩については、犬を飼えば必然的に散歩をすることになるという考えの飼い主さんが多いため、その内容はともかく、毎日しっかり散歩に行っているという飼い主さんは多くいます。

しかし、食事のこととなると、いまだに味覚オンチと言われてしまっていたり、原材料をよく見もせずに発がん性物質を使ったフードを与えていたりと、
あまり深く考えていない飼い主さんが多いのです。

相談を下さる方にも、散歩の内容を改善して下さいと言うとすぐに改善してくれるのですが、食事については詳しく説明しないと納得してくれない人が多いです。
これ、納得して下さるように説明するのってけっこう大変だったりします…

手作りご飯って面倒くさいって思ってる飼い主さん、多いんですよねえ。

でも一度始めてしまえば、愛犬の「おいしい!」という顔がやみつきになってしまうのが手作りご飯。

愛犬の喜ぶ顔が見たくてもっともっと勉強したくなっちゃいます。

わたしもその一人です。

手作りご飯にすると、みるみる犬の状態が良くなっていくんですよね。
黒々した鼻にアイライン、生き生きした瞳に、艶々の毛並み…我が愛犬ながら惚れ直します(親ばか

わたしが最近参考にしているのは須崎先生のこのレシピ本。


》手作りご飯初心者におすすめ!獣医師監修のとっても簡単レシピ本

あらゆる人におすすめしてます。
おすすめしすぎてウザがられるくらい。笑

須崎先生監修の他のレシピ本も買おうかな。

今では簡単に、誰でも犬の手作りご飯について勉強することが出来ます。
(ただし、ネットで紹介されているレシピの中には栄養的にめちゃくちゃなものも多いので注意が必要です)

愛犬の問題行動や攻撃性にお悩みなのであれば、ぜひとも「食事」の内容を見直してほしいなと思います。

スポンサーリンク

 

おまけ

今日は予定を前倒しして、のんちゃんとるーこのフィラリア検査に行ってきました!

4月に入ると検査に来た人で混み合って待ち時間が長くなるので、うちはいつも3月中に行くようにしています。

採血の時、のんちゃんはいつもわたしが保定するのですが、今日の看護士さんが新人さんで何も知らずにのんちゃんを保定しようとしたので、のんちゃん大慌てのパニック!

先生が慌てて「あ、ダメダメ、その子飼い主さんじゃないと」って言ってくれたけど、そういうのは事前に伝えておいて欲しいな~。
わたしも言ってくれてるだろうと思って、自分で言わなかったのも悪かった。

のんちゃん、せっかくコング作戦で落ち着いた状態で診察台に乗れたのに、興奮してコングに見向きもしなくなっちゃったので、
一度診察室を出て15分くらいして落ち着いてから再チャレンジしました。

るーこはいつも通り、看護士のおねーさんに保定されてうっとりしながら採血されてました。楽なやつ…

検査の結果は2頭とも陰性。

薬はなくすといけないので、投薬期間直前に取りに行きます。

犬飼いにとってはお財布が痛い時期が始まります。。。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

9 Comments

しゃぼん

今年から閲覧させて頂いており、大変参考にさせて頂いています。愛犬は1年前に譲渡してもらった7歳の雑種の保護犬です。このブログの影響もあり、1ヶ月前程から、散歩はまったりと、寝るときにケージに入れていたのを完全リビングフリーにしました。わがままになった印象はないですね。私がイライラしなくなったくらいです。ところで今年、三賢社より出版された、辻谷秋人著「犬と人はなぜ惹かれあうか」をご存じですか?パックリーダー論否定など、あなたのブログに共通するところもあって面白かったです。単なるお節介のコメントですので、返信されなくとも結構です。

返信する
瀧沢かいるー

しゃぼんさま

はじめまして。
コメントありがとうございます(^^)

本のご紹介ありがとうございます!
実は去年買った本を全て読み終わっていないので、今年発売の本は全く調べていませんでした…
早速ネットでチェックして欲しいものリストに追加しておいたので、今読んでる本を読み終えたら購入しようかと思います。

愛犬に対して、イライラしなくなったというお声をいただくとすごく嬉しいです。
せっかく大好きな愛犬と一緒にいるのに、愛犬に対してイライラするのってすごく嫌だし、イライラしてる自分への自己嫌悪がわたしはひどくてしんどかったです。
是非、愛犬とのまったりライフをお楽しみ下さい。

返信する
りのん

かいるーさま

こんにちは^_^
お久しぶりです♪

ちょうど ご飯の事で悩んでいたところで とてもタイムリーな ブログ!!ありがとうございます^_^

うちの 希は のんちゃん達には合わなかったナチュラルバランスのベジタリアンに 手作りご飯をプラスしてあげています。
とても よく食べ、まったり散歩をして落ち着いていたのですが、、、
ちょっと太ってきてしまいました。
先日、私も少し早めの フィラリアとノミダニのお薬をもらいに 掛かりつけの動物病院に行ったのですが、少しぽっちゃりしたなぁと 先生にも言われてしまいました。1.5キロくらい体重も増えてました
そのため、ダイエットをしようと 少しずつ フードとご飯の量を減らし、野菜と肉、お麩やおから、お豆腐などを増やして質量は変えずに 工夫していたのですが。。。
どうも それ以降 またガウガウ カミカミ イライラの時間が増えてきたようで 困っていました。
満腹感がないのかなあと バナナや お肉を増やしてみたり。。

私と希の 一対一の時は そうでもなく、お散歩から帰ると 暫くは 私の後を付き周り ちょっかいを出してきたりしますが、それも五分か十分程で 淡々と 私は私の用事をしていると 好きな場所で寝ています。
が、主人が帰って来たり、娘がたまに帰ったり、主人が一日中居てる土日など、もうずっと興奮状態が続きます。
「ご飯足りてないんじゃないの? お腹いっぱい食べさせてやって!」と家族から 非難轟々で、、、( ; ; )
今回 かいるーさんのブログで お肉よりご飯を増やせばいいんだ!と 思いました。

希と 同じ体重ののんちゃんが 360グラムの手作りご飯で、、、うち 6割が炭水化物とすると 200グラム前後のご飯を一回に食べてるんですよね?
希は 炭水化物を45グラムまで減らしていました。それに ふやかしたフード、お肉、お野菜、お豆腐、お麩やおからで量増しし、350グラムくらいにしてあげていました。
今日から 少しずつ ご飯の量を増やしてみようと思います。
ベストバランスが見つかるといいのですが(>_<)

因みにオススメの ジルケーンと リラックスハーブも試してみました^_^
希はジルケーンはサッパリでしたが、安心してねは 効果があるような感じなので、続けてふりかけています^_^
いつも参考にさせていただいています!!
ありがとうございます

返信する
瀧沢かいるー

りのんさま

お久しぶりです。コメントありがとうございます(^^)

太ってきたというのはカロリーのせいもあるかと思いますが、ストレスが減ってきた証でもあります。
ストレスレベルが高い状態だとカロリー消費量が3倍にもなると言われ、食べても食べてもガリガリに痩せたままということがよくあります。
のんちゃんも、適正量の3倍以上食べてもガリガリでした。
でも、ストレスマネジメントが進んでストレスが減って来ると、カロリー消費量も正常になってきますので、
それまでと同じ食事内容だと確実に太ります。
しかし、急にご飯を減らすと満腹感を得られずそれもまたストレスになりますので、腹持ちがするようにわたしはサツマイモを食べさせていました。
サツマイモは現在、ジャガイモに変わるアレルギーのリスクな少ない食材として、腹持ちを良くするためにフードにもよく使われています。

炭水化物(ご飯)とたんぱく質(お肉)の割合は、わたしはけっこう適当でいつも目分量なのですが、見た目で6:3くらいになればちょうどいいです。(残りの1は野菜や海藻類など)
特に希ちゃんは、まだご主人の帰宅時などに興奮することがあるようですので、意識して炭水化物を食べさせてあげるといいですね。
興奮がある子の場合は、動物性たんぱく質よりも植物性たんぱく質の方がおすすめです。豆腐などの大豆製品やえんどう豆、そら豆などの豆類などです。
ただし、植物性たんぱく質だけだと必須アミノ酸の一部が摂取出来ないので、摂取するたんぱく質の内最低でも半分は動物性たんぱく質にすることをおすすめします。
ベストなバランスや量については、希ちゃんの体調や体重をこまめにチェックしながら調整していくしかないですね。
また季節によってもベストバランスは変わります。
うちの子たちも、体温維持で消費カロリーが増え、おまけに運動量も増える冬は通常の1.5倍くらい食べますが、逆に全く動かなくなる夏は7割くらいの量に減らしています。
はじめは難しいですが、慣れてくると愛犬の様子を見ながら量や材料を変えたりと、いろいろ楽しくなってきますよ。

リラックスハーブは続けてこそ効果があるものですね。
わたしも一時期、のんちゃんにハーブを使わなくなってしまったら、ちょっとしたことに対する反応がひどくなってしまったことがありました。
完全にストレスレベルが下がって興奮が落ち着くまでは、ハーブは使い続けた方がいいですね。
ハーブを使っている状態で落ち着いてきたら、少しずつハーブなしにしていきましょう。

コメントいただけて励みになります。
これからも少しでも役に立つ記事を更新していきますね!

返信する
りのん

かいるーさま

お返事ありがとうございます。

ストレスが減ると太るんですね!!!
それなら嬉しいです^_^
ダイエットを始めてからは 炭水化物の量を圧倒的に少なくしてしまっていたので、希のストレスレベルが また 上がった来たのかもしれません。
今、徐々に増やしています。
炭水化物を意識的に増やすこと。
動物性たんぱく質より 植物性たんぱく質を摂ることですね!
さつまいもは 希の大好物なので、ご飯に入れていますが、それもOKとの事で 良かったです^_^
あと、豆乳を薄めたものを 寒天で固めて おやつにあげたり、ご飯のトッピングにしたりしています。

手作りご飯は大変だと思っていましたが、希が美味しそうに食べてくれると 嬉しいし、元気でいてほしいので 頑張ります!

また 教えてくださいね^_^
ありがとうございました!

返信する
りんご

いつも参考にさせて頂いています。我が家に1月から柴犬をお迎えし、もうすぐ生後5ヶ月になります。餌は肉主体がいい!とずっと周りから言われ、タンパク質29%与えてしまっていました。人間でも肉ばかり食べると攻撃的になると言われているのに、犬はいいの?とずっと疑問に思っていました。成長期だからタンパク質が大事だとワイルドレシピやシュプレモを与えていました。
こちらの記事を読んで、低タンパクに切り替えたいと思いました。パピーでもオススメのドライフードはあるでしょうか?
記事にあったフードは成犬用なので、パピー用でしたら大丈夫ですか?
ぜひ教えて頂きたいです。よろしくお願い致します。

返信する
瀧沢かいるー

りんごさま

はじめまして。コメントありがとうございます。

5ヶ月の柴ちゃんと暮らされているんですね。
5ヶ月といえばまだまだ成長期。
成長期の子犬には確かにたんぱく質が必要になります。
ただし、市販のパピー用フードのたんぱく質量だと確かに多いので、どんなに多くても20%くらいまでが目安です。
子犬は生きるためだけでなく成長するためにもエネルギーを使うので、成犬よりもたくさんたんぱく質をとる必要があります。
我が家のシェルティは子犬の頃から手作りご飯でしたが、生後2か月半~半年くらいまでは、
1回の食事におけるタンパク質と炭水化物の割合は5:4くらいでした(残りの1は野菜や海藻類など)。

ご紹介しているナチュラルバランスのベジタリアンは成犬~シニアが対象でパピー用はありません。
ホリスティックセラピーのベジタリアンも成犬用になります(最近調べたらどこも品切れ状態が続いているようでした)。
調べた限り、パピー用のベジタリアンフードはありません。
なので、ご紹介している手作りレシピと、市販のパピーフードを6:4くらいの割合で与えることをおすすめします。
もちろん、急に手作りご飯を6の割合で与えるとお腹を壊すことがあるので、少しずつ量を増やして慣れさせてあげて下さいね。

ご飯は子犬の体だけでなく、性格を作る上でもとても大事なポイントです。
犬にとって本当に良いご飯を食べさせてあげたいですね。

返信する
りんご

お返事ありがとうございます。
かいるーさんの記事を読んでから、犬は人間が支配しコントロールするもの!という考えから、人間が犬に合わせるようになり、のんびりライフを楽しめています。
餌は当初から気になっていました。やんちゃ盛りで噛み癖もあり、興奮させてしまうことがまだある為、餌も改めたいです。

1歳を越えたらそちらのフードを与え、今は手作りご飯に挑戦してみます。

ひとつご教授願いたいのですが、炭水化物:タンパク質:野菜=6:3:1との事ですがこの数値はカロリーでしょうか?それともグラムですか?
知識不足ですみません、、。
5ヶ月4.8キロの子犬には568カロリー必要だと調べるとあるので、そこからかいるーさんの数字で計算すれば良いでしょうか?

返信する
瀧沢かいるー

りんごさま

コメントありがとうございます。

子犬の内は、ある程度のやんちゃや噛み癖というのは必ずあります。
噛み癖というのも、子犬の場合は攻撃のために噛んでいるのではなく、遊びの延長や、賢い子だとどこまで噛んだら相手が痛いのかな?と確認のために噛んだりすることもあります。
噛むというのは、わたしたちが手で物をもって「これ何だろう?」と確認するのと同じくらい自然なことなので、痛いほど噛んだり、噛んで物を破壊するというのでない限り、
そこまで神経質にやめさせることはありません。
7歳になるのんちゃんはいまだにわたしの指を甘噛みして「まだ痛くないでしょ?平気でしょ?ちゃんと力加減出来るのよ」とドヤ顔です。笑

食事における炭水化物とたんぱく質、野菜の割合は、見た目です。子犬の内は特に見た目で判断してました。
というのも、育ち盛りの子犬というのは毎週、ひどいと毎日のように必要摂取カロリーが変わるので、最適なカロリーや割合を計算したところですぐに成長してしまい、
また計算しなおさなければならないのです。
なので、だいたいこれくらいかな?とあくまで目分量でした。
痩せてるかな?と感じたらたんぱく質の量を増やしてましたね。
うちは基本的に子犬の時はたんぱく質多めで、たんぱく質と炭水化物が5:4の割合になるようにしてました(残り1は野菜)。
子犬というのは好きなだけ食べさせてもなかなか太りすぎにはならないので、るーこの時は食べたいだけ食べさせていました。
毎回お腹がぱんぱんになるまで食べさせて、それでも獣医さんに痩せすぎと言われていたので。
るーこが生後5ヶ月の時にちょうど体重が5㎏前後だったのですが、2歳になる現在の食事量の1.5倍は食べていました。
食事が犬にとって大事なのは確かですが、あまり神経質にカロリーとか量とかを計算する必要はないと思います。
計算って正直言って面倒だし、面倒なことってなかなか続きません。
足りない部分をドッグフードに助けてもらうつもりで、気楽にやってみて下さい。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です