自分から犬に歩み寄る配慮を持とう

   

犬に合わせてもらうことばかり考えていませんか?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

窓が開いててちょっと肌寒くて、閉めようとしたら、
犬たちから「何で閉めるの?」と非難の目を向けられました…

犬たちにとっては丁度いいんでしょうね。
人間は上着を羽織るとしましょう。

 

さて夕方、どーーーしてもコーラが飲みたくなって、
近くの自販機に買いに行った帰り道。

家の前の幅2mほどの狭い道をお散歩してる、
チワワちゃんと飼い主さんがいました。

チワワちゃんは道の左側で草むらの匂い嗅ぎをしてて、
飼い主さんはすぐそこの角を右に曲がりたいのか、
リードをいっぱいに張った状態で道の右側にいました。

つまり、ピンッと張ったリードが道を通せんぼしている状態で、
どちらかがよけてくれないとわたしは通れないことになります。

どうなるかなーと思いながら近づいていったのですが、
わたしに気づいた飼い主さん、リードをぐいっと引いて、
チワワちゃんを無理矢理引き寄せ、そのまま歩いて行ってしまいました。

 

うん、だと思った。

 

可哀想なチワワちゃん。

舌をペロッとして体をブルブルッとさせ、しょんぼり顔で
とことこ飼い主さんについて行った。

スポンサーリンク

 

自分が犬に近づこう

こういう時、もしわたしだったら、自分が犬に近づいて道を空けるようにします。

でもなぜかこういう時、無理矢理リードをぐいっと引いて、
犬を自分の方に引き寄せる人が多いんですよね。

ついこの前も、愛犬が匂い嗅ぎをしている時に信号が青になってしまい、
まだ匂い嗅ぎが終わっていない愛犬を引きずって
横断歩道を渡っていく飼い主がいました。

信号1回分くらい、待ってあげればいいのにな、と思うわけです。

そんなに急いでいたんでしょうか?
犬の散歩にはもっと余裕を持つべきです。

犬が道の反対側に行ってしまった時などは、犬を引き寄せるのではなく、
自分が犬に近づいてあげるようにするべきです。

小型犬は引き寄せることが出来ますが、のんちゃんくらいのサイズだと、
引き寄せることが難しくなります。
四つ足で踏ん張られると、てこでも動かないことありますからね。

そうなると、自分から離れることを犬に禁止する飼い主が出てくるのです。

ちょっとでもふらっと離れようとしようものなら、
リードを引いて犬を引き寄せ、「離れちゃダメ」と言ったり。

そうなると犬は気になるものを十分に観察出来なくなり、
飼い主にそのつもりはないのだろうけども、常にツケの状態で
歩かなければならなくなるのです。

しょんぼり顔で散歩する犬の出来上がり、というわけです。

スポンサーリンク

 

犬に合わせる配慮を持とう

散歩に限らず、なぜか人間は、犬が自分たちに合わせるのが当然だと思っています

そういう人が本当に多いと感じる。

何でもかんでも、自分たちの都合に犬たちを合わさせようとするんですよね。

毛の抜ける犬種を飼っておきながら、部屋に抜け毛が落ちるのが嫌だからと、
服を着せたり、執拗にブラッシングやシャンプーをしたり、
特定の部屋に犬が入ることを禁止したり。

子犬が家で一人留守番しているというのに、仲間内での飲み会に参加して
帰りが遅くなり、夜ご飯を食べられない子犬はお腹を減らして待っていたり、
挙げ句低血糖になってしまったり。

今日は雨だからとか、疲れているからとか、自分勝手な理由をつけて、
犬にとって何よりの楽しみである散歩に行かなかったり。
行っても「もういいよね」と犬の気持ちを無視して、
10分程度で終わらせてしまったり。

ペットショップで「散歩がいらないと言われたから」と、
誰が何を言っても散歩に連れて行こうとしなかったり。

大型犬が飼いたいと言っているくせにあまり大きくなって欲しくないとか言うのは、
その最たるものだと思います。

なぜか。

犬が人に合わせるのが当然という考えが蔓延している

これが同じ人間相手なら、いつも合わせてもらって申し訳ないから、
今日は自分があなたに合わせるよと思うのが普通なのですが、
犬相手だとそんな配慮すらなくなってしまうのです。

何ででしょうね?

犬は本当に辛抱強く、我慢強く、人間のたいていの横暴には、
文句一つ言わず付き合ってくれる、とてもよく出来た人格者です。

我慢している間に心が壊れ、無気力になり人の言うなりになってしまうのです。

中には自分を守るために攻撃する子もいますが、
そういう子は更に厳しいトレーニングを受けるか、
人間と暮らすには不適切と判断され殺されてしまいます。

もっと、自分から犬に合わせてあげましょう。

自分から、犬に歩み寄り、犬の気持ちを理解してあげて欲しいです。

犬は本当によく人間に合わせてくれますし、
人間の気持ちを理解してくれます。

犬に対しても、いつも合わせてもらってごめんね、
今日はわたしが合わせるからね、という配慮を持って欲しいのです。

スポンサーリンク

 

おまけ

日没後のマジックアワー♪
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

 - まったり育犬, 犬との接し方・関係作り