『生きる気力を失う』犬を「わがままにしない」ということ

犬が「生きる気力」を失わないために。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、犬の「わがまま」と「生きる気力」についてです。

まったり犬育では、犬の意思を尊重し、最大限の自由を保証し、基本的に犬がやりたいようにさせてあげることを大事にしています。

犬に落ち着いて、穏やかでストレスない生活を送ってもらうには、犬の意思を尊重するのが一番なのです。

というと、「やりたいようにやらせると犬がわがままになる」と言われることがあります。

まったり犬育を始めたばかりの飼い主さんでも「犬を自由にさせたらわがままになりませんか?」と心配される方もいます。

「好きなようにさせたり、やりたいことばかりやらせてたらわがまなになる」というのは、人間の子どもについてもよく言われることです。

だから人間の親も犬の飼い主さんも、あれこれと必要ないルールを作って、「あれはしちゃダメ」「これはしちゃダメ」と子どもや犬を束縛し、子どもも犬も本当にしたいことをさせてもらえなくなってしまうのです。

つい昨日、本屋に行った時に小学3年生くらいの子どもが絵本が欲しいと母親に言っていました。
でも母親は、「もうお姉ちゃんなんだからそんな赤ちゃんが読む絵本なんてダメ。もっとこういうのにしなさい」と、ヘレンケラーとか野口英世とか、偉人伝記ものの本を勝手に買ってしまったんです。
お姉ちゃんは残念そうにうなだれて絵本を返し、母親が買った本を渡されてもちっとも嬉しそうではありませんでした。

別に、小学3年生が絵本を読んでもいいと思うのですが。なぜダメなんでしょう。
わたしも今でこそ分厚い本も大好きでよく読みますが、4年生くらいまでは薄くて挿絵がたくさんある本しか読みませんでした。

こんな風に、本当にやりたいことを「ダメ」と言われ続けてやらせてもらえないと、子どもも犬も「無気力」になっていきます。

やりたいことを自由にさせて、意思を尊重してあげるというのは、わがままを聞くということではなく、「生きる気力」を与えるためにとても大事なことなのです。

わがままになると思ってたくさんルールを作っていたという飼い主さん、ぜひ読んでみて下さい。

したいことをさせてもらえないと「無気力」になる

少し前に、Twitterでまさにこの「わがまま」と「無気力」についてのツイートを見つけました。

「したいことばかりさせていたら、わがままな大人になる」には、「したいことをやらせなければ、生きる気力を失った大人になる」と返したい。『生きる気力』に比べたら、『わがまま』なんて、大した問題じゃない。

わたしも本当にこの通りだと思います。

子どもの頃、したいことをさせてもらえず、勉強ばかりさせられてすっかり気力を失ってしまった人が、身近なところにも何人もいます。

犬についても同じなのです。

言うことを聞かせるためのトレーニングのせいで、犬は自分の意思をことごとく否定されていきます。

それも、マーキングのにおいをちょっと嗅ぎたいとか、道に落ちているリンゴを食べたいとか、不審者を確認しに行きたいとか、そういった犬として当然のことも禁止されます。

それどころか、ひどいと排泄のタイミングまで管理されたり、ご飯を前に長々とおあずけされたり、常に軍隊のように行進することを強要されたり、人間だったら虐待と言えるようなことまでされます。

こういう犬を、これまで何度も見て来ました。

そういう子たちはみんな、能面のように凍り付いた無表情な顔をしています。
犬らしい、キラキラした感じが微塵も感じられないのです。

やりたいことを全部禁止されてしまうと、生きる気力がなくなるのです。

だって、やりたいことを出来ないのなら何のために生きているのかわからない。

そういえば、不良品としてペットショップのバックヤードでずっと閉じ込められていた友人のダックスも、助け出された当時は無気力で無表情でした。
その一方で、些細な事で興奮してやたら吠えたり、飛びついたり噛みついたりなどもしていました。

のんちゃんも、ストレスレベルが一番高かった頃に同じような状態で、大人しいというより無気力で、ちょっとでも気に入らないことがあると暴れて噛みついたり飛び掛かったりしていました。

なんというか、生きるのが辛そうだなと感じました。

強制トレーニングで自分の意思を打ち砕かれ、すっかり心を閉ざしてしまい、ロボットみたいになってしまう犬もいます。

コマンドにはよく従うので、人間は「喜んでやっている」と勘違いしがちですが、ただ興奮しているだけということが多いです。
そしてそういう犬ほど、人間が出すコマンドがないと自分では何もできないということが多いのです。
室内で大人しく見えるのも、落ち着いているというよりは「無気力」なだけというようにわたしには見えます。

犬がやりたいと思うことは、人間の嗜好にはちょっと合わないことかもしれません。

でも、それを禁止ばかりしていると、犬はだんだん犬としての意思を失い、生きる気力を失っていってしまうのです。

 

「生きる気力」を取り戻すには

一度「無気力」になってしまった犬に、「さあ、今日から自由にしていいよ」と言っても、犬は何をしていいかわからずに茫然としてしまいます。

しばらくは今まで通り、無気力に過ごすことになるでしょう。

少しずつ自分を取り戻し、気力を取り戻していくには、それなりに時間がかかります。

人間側が「これやってみない?」「あれやっていいよ」と誘ってみても、長い間禁止ばかりされてきた犬は自分で自分のやりたいことがわからないのです。

無理に誘ったりけしかけたりせずに、犬の方から「あれやりたい」「これやりたい」と言い出すまで、じっと待ってあげるようにしましょう。
その間、新たなルールを作って禁止したり、コマンドを出したりしないようにします。

よく、せっかく今までのルールを全て廃止したのに、新しいルールを作って犬を縛り付けてしまう飼い主さんがいますが、それでは本末転倒です。

犬の自由を最大限保証し、やりたいことは出来るだけさせてあげるようにして下さい。

のんちゃんも、散歩に出た時に「こっちに行きたい」と言うようになり、公園で枝を見つけてかじったり、リンゴを拾い食いするようになるまでに1年ほどかかりました。

友人のダックスも、自分から散歩に行きたいと言い出すまで2年かかったそうです。

人間の場合は事情が込み入っているので生きる気力を取り戻す道はもっと険しいものになります。

犬はそれでも、意思を尊重して好きなことができるようにすると、どんどん変わっていきます。

その点では人間よりもたくましいし、見習わないといけないなと思うところです。

 

「わがまま」にはならない

犬にやりたいことをさせても「わがまま」にはならないとわたしは常々言っているのですは、もし仮に「わがまま」になったとしても、生きる気力を失うことに比べたら大したことではないだろうと思います。

犬の「わがまま」なんて可愛いものです。
今日はちょっとあっちに行ってみたい、あそこに落ちてるリンゴを食べたい、ちょっと撫でて欲しい、ここの臭いを嗅ぎたい。
これくらいのことを「わがまま」だなんて言って怒る人は、犬となんて暮らしてはいけない人です。

犬を自由にさせたらわがままになる(=大変なことになる)というのはよく言われていることですが、何を根拠に、なぜこんなことが信じられているのでしょうか。

まったり犬育では犬は最大限自由にさせていますし、のんちゃんとるーこもそういう生活にしていますが、わがままになって大変なことになったという話は聞いたことがないのです。

ずっとルールでがんじがらめにされていた子は、はじめの数日は家の中で興奮して大変だったという話はありますが、それがずっと続くわけではありません。

数日たてば、家の中では落ち着いて寝ているようになり、まったり散歩をするようになったらだんだんと穏やかになって、楽になっていきます。

犬が生きる気力を取り戻していく過程で、自分の意見を言うようにります。
散歩中に「今日はこっちがいい」とか、何かやってる時に読んでもすぐに来なくなるとか。
それまで乗らなかったのにソファやベッドで寝るようになることもあるでしょう。

もし、そういったことを「わがまま」だと思うのなら、犬はあなたと暮らして幸せにはなれません。

犬は人間の言うことを聞くのが生きがいと言われることもありますが、そんなことはありません。

犬だって、人間と同じように、やりたいことをやって、自由に暮らすことこそが生きがいなのです。

犬を「無気力」にしてしまわないために、犬にはやりたいことをやらせて、自由に過ごさせてあげましょう。

犬の育る気力を奪わないようにしよう!のポチッをお願いします。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

最近のお気に入り。

韓国のり~~~♪

ごま油と、ちょうどいい塩気が最高です。

軽いし、食べても食べたって感じがしないからどんどん食べちゃうw

ところでさ、職場で同僚に「最近韓国のりお気に入りでね~」って言ったら、「ふ~ん」って微妙な顔されたんですけど。

え、何。

今韓国ってそんなタブーなの?マジ?

それはさすがにないと思うんだけどそんなに気を遣わなきゃいけないデリケートなことなの?

普通に韓国人の友達とかいるから、テレビでやれ韓国が悪いとか言われてるの聞いてもすごく胸糞悪い。
いや、国と人を一緒にすんなよって。

普通に日本人と仲良くしてくれる韓国人もいるし、テレビで報道されてるような常識外れの韓国人って日本と同じでほんの少数だと思うよ。
そりゃさ、育った環境が違うんだから常識も違くて当たり前じゃんね。

犬育てでもそうだけど、他者を理解しようと思う気持ちと違いへの寛容さが大事だと思う。


鴨肉 鴨手羽中(骨抜き) 1kg フォアグラ採取鴨 ハンガリー産

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です