「愛犬との生活に疲れた」育犬ノイローゼの原因・症状・対処法

      2018/10/12

「愛犬との生活に疲れた…」そんな風に思うことはないですか?

皆様こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

最近、涼しい夜が続いたので、犬たちが久しぶりに布団に入ってきました。
ぬっくぬくで寝られたんだけど、必然的にベッドの端に追いやられる形になり、

「あれ…わたしのベッドってこんな狭かったっけ?」

なんて思ったり。

ダブルベッドなら犬がいても広々寝られるかとも思ったけど、
だぶんベッドが広くても犬たちはわたしにくっついて寝るので、
狭い思いをすることに変わりはなさそうだな、と思うようになりました。

先日、Googleアナリティクスを見ていたら、

「犬との生活に疲れた」

というキーワードでこのブログに来て下さった方がいたようでした。

試しに検索してみると、「疲れた犬はいい犬」の本当の意味の記事が上位に食い込んでいたので、
この方が求めていた情報とはちょっと違ったのかと。

犬との生活に疲れた…育犬ノイローゼか、その一歩手前って状態なのでしょうか。

わたしの周りにもけっこう、犬を飼ってノイローゼになったって人がいます。
場合によっては愛犬を手放す原因にもなりうつ、深刻な症状になってしまうこともあります。

そこで今回は、犬の飼い主なら誰もがなり得る、
育犬ノイローゼ」についてお話します。

スポンサーリンク

 

育犬ノイローゼとは

育児ノイローゼと同じで、犬を飼っている人なら誰もが発症する可能性のあるものです。

人間の赤ちゃんは、言葉が話せない代わりに、泣くことでお母さんに自分の意思を伝えようとします。
しかしお母さんは、赤ちゃんがなんで泣いているのかわからず、
ただ泣かれるのが辛くてノイローゼになってしまいます。

これと同じように、当然ながら言葉の通じない犬がなぜそんな行動をするのかわからず、
犬のしつけやお世話が予想以上に大変で、犬が思い通りにならないことなどから、
飼い主さんはノイローゼになってしまうのです。

友人の姉の事例

友人の姉が、まさにこの育犬ノイローゼになってしまったそうです。

お姉さんが飼ったのは生後3ヶ月のヨーキーで、この子がまたテリアらしいというか、
やんちゃで意思が強く、自分の意に沿わないことはしない、
悪く言ってしまうととても飼いにくい子だったそうです。

ご飯をあげようとしても咬む、撫でようとしても咬む、
抱っこしようとしても、おトイレの始末をしようとしても、
お姉さんがただくつろいでいるだけでも、
とにかく何をしてても咬んでくる。

子犬の甘噛みなんて可愛いものではなく、毎回流血するほどの本気咬みだったそうです。

おまけにちょうど歯がかゆい時期で、手当たり次第にものを咬んで回り、
家の中のあらゆるものを破壊していく。

まるで小さな暴風雨。

「とても一緒になんて暮らせない…」と、妹である友人に、
泣きながら電話をしてきたそうです。

育犬ノイローゼになりやすい人の特徴:真面目で神経質な人

わたしの経験上ですが、ノイローゼになりやすい人にはこんな特徴があります。

  • 初めて犬を飼う人
  • 生真面目で神経質な人
  • 心配症な人
  • 完璧主義な人

お姉さんはまさに、この特徴にぴったり当てはまる人でした。

今まで犬どころか生き物を飼ったことがなく、ずぼらで細かいことは気にしない友人とは正反対で、
神経質でとっても真面目。
旅行に行く時なんかは、はじめから終わりまで、分単位の計画を立てたがるそうです。

何事も完璧にこなそうとする人で、ちょっとでも自分の納得出来る結果にならないと、
すごく落ち込むという人でした。

そして、初めて犬を飼うということもあり、とてももともと心配症なのが更に拍車がかかっていたそうです。

ヨーキーちゃんをペットショップで飼ったあと、お迎えまでの1週間に、
しつけ本や子犬育て本を買いあさり、毎日のようにネットで情報を集めていました。

それらの情報をもとに、子犬をどんな風に育てるか、
しっかりと計画を立てていたのです。

しかし、迎えた子犬はとんでもないやんちゃっ子で、
初めて子犬を飼うお姉さんには手に負えませんでした。

子犬育て計画通りにことが運ばす、集めたどの情報とも違う。

色々試してみたけれど上手くいかないし、むしろどんどん状況は悪化していく。

子犬とは意思疎通がはかれず思い通りにならない。

このままで大丈夫なのだろうか…と、不安が不安を呼び、
結果、ノイローゼになってしまったそうです。

育犬ノイローゼの症状:犬を手放す結果にも

  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 動悸
  • 不眠
  • 無気力

いずれも、精神からくる体調不良が多いです。

愛犬のことが可愛いと思えなくなったり、感情の起伏を犬にぶつけるようになったり、
お世話をしなくなったり(出来なくなったり)、愛犬を手放す結果になることもあります。

症状が悪化すると鬱病を併発してしまうこともあり、かなり深刻な状況になることもあります。

お姉さんも、友人に電話をしてきた時にヨーキーちゃんを手放したい、
といったことを話していたそうです。

スポンサーリンク

育犬ノイローゼの対処法:トレーナーに相談はちょっと待った

まず、誰かに相談することです。

ノイローゼになってしまう人は、不安や心配を一人で抱え込み、
周りに相談せずに一人で対処しようとしてしまう人が多いんです。

今まで一度も犬を飼ったことがなかったり、
犬を飼っている友人や知人がいないとなかなか相談出来る人がいないかもしれませんが、
今はネットという便利なものがあります。

SNSに投稿したり、知恵袋なんかに相談してみるのもいいでしょう。

悪質な批判をしてくる人もいるかもしれませんが、
親身になって相談にのってくれる人もいるはずです。

このブログのような犬ブログもたくさんありますので、
そのブロガーさんにコメントを送って聞いてみてもかまいません。

同じ犬好きさんが困っていると知れば、
相談にのってくれるブロガーさんはけっこういますよ。

ただし、トレーナーに相談する、というのはちょっと待って下さい。

今回、育犬ノイローゼについて調べた中で、ほとんどの記事が、
対処法として「プロのトレーナーにお願いする」と挙げていました。

しかし、わたしはちょっと待った!をかけます。

トレーナーに相談して、どういったことをされるのか、問題です。

カウンセリングを行って、愛犬との良好な関係作りを目標に、
アドバイスを行ってくれるというのであればまだいいでしょう。

その関係作りのために、まずは主従関係を築きましょうと、
オビディエンストレーニングをされるようならば大問題です。

このブログで何度も言っていることですが、
犬との暮らしで大切なのは主従関係ではなく信頼関係であり、
信頼関係はオビディエンストレーニングでは築けません

これでは逆に愛犬との関係を悪化させ、
愛犬はますます飼い主に心を閉ざし、ノイローゼも悪化してしまいます。

スポンサーリンク

 

教科書通りにはいかないと納得する

育犬ノイローゼの対処法として、そして、ノイローゼにならないために、
一番大切なことは、教科書通りにはいかない、と納得することです。

今、ネットには犬の育て方についてたくさんの情報が溢れています。

しかし、あなたが家族に迎えた「うちの子」について書いているものは、一つもないのです。

全ての犬にあてはまる犬育て法は存在しないし、犬に絶対もありません。

真面目な人ほど、本やネットの通りにいかないと不安になってしまうのではないでしょうか。

ちなみに、我が家に犬関連の本はたくさんあるけれど、
いわゆるしつけ本や、犬育て本なんかは一冊もありません。

学生時代の教科書はあるけれど、押し入れでほこりかぶってます…

のんちゃんとるーこを育てる上で、そういった情報を参考にしたこともありません。

のんちゃんはうちに来て1週間で自分からトイレに行くようになったけど、
るーこは4ヶ月になっても走りながらその辺でオシッコする子で、
やっと失敗がなくなったなーと感じたのは7ヶ月になってから。
それでもしばらく失敗してたけど、それでも全く気にならなかった。

のんちゃんとるーこを比べて、何でのんちゃんは出来たのに
るーこは出来ないんだろう…なんて悩むこともなかったです。

きみのことだよ。

まあ、手は焼かされたけど。
それだって今はいい思い出。

「うちの子」のことは、本にも、ネットにも、どこにも書かれていないことです。

うちの子のことをよく見て、理解してあげられるのは飼い主しかいません。

不安になったり、心配になったり、ノイローゼになりそう!って人は、
一度、愛犬の犬種も、月齢や性別なんかも全て忘れて、
しつけ本も本棚に戻してパソコンも電源を落として、
リードを用意して公園にでも行きながら、世界にたった1頭しかいない、
あなたの愛犬と、じっくり向き合ってみて下さい

 

おまけ

ばくんっ!といく0.5秒前。
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

 - まったり育犬, 犬との接し方・関係作り