のんちゃんの肛門が赤い!対処法はオロナイン?

犬がお尻を痒がっていたら?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

おとといくらいから、自分のお尻を気にしていたのんちゃん。

今朝から、なんて言うんでしょうか、お尻歩き(伝わる?)を始めて、
見たら肛門が少し赤くなっていました。

あまりにもずっとお尻を気にしているので病院に連れて行きました。

犬のお尻・肛門というのはとってもデリケートな部分です。

ふとしたことで赤くなってしまうということは多いでしょう。

そこで今回は、犬がお尻を痒がる、肛門が赤くなっている時の
考えられる病気意外の原因と対処法を詳しくお話します。

スポンサーリンク

 

よくネットで紹介されている原因:病気の可能性

「犬 肛門 赤い」とか「犬 お尻 痒がる」とかで検索すると、よくネットで紹介されているのが
肛門周囲腺炎(こうもんしゅういせんえん)」と「肛門囊炎(こうもんのうえん)」の2つの病気です。

肛門周囲腺炎(こうもんしゅういせんえん)とは

肛門周囲腺炎とは、肛門の周囲にある細い管である肛門周囲腺が、
細菌感染などで炎症を起こす病気のことです。
炎症が悪化すると化膿してしまうこともあります。

肛門周囲腺とは?
肛門腺と呼ばれることも多く、犬がマーキングをする時に分泌する液を出す腺のことで、
まるでウンチのようなきつい臭いを発しています。
犬同士、お尻を嗅いで挨拶する時にもこの臭いを嗅いでいるのです。
トリミングの時などにトリマーさんが絞って臭い液を出している場合が多いですよ。

不衛生な場所に座ったり、肛門の周りが日常的に汚れていたりすると
感染を起こしやすくなります。

肛門周囲腺炎になると犬はお尻を痒がるようになり、お尻を地面にこすりつけたりするので、
その結果肛門の周りのただれや赤みが酷くなってしまうことがあります。

炎症が悪化すると発熱や排便する時の痛みがあったり、排泄自体が困難になってしまうことがあります。

肛門囊炎(こうもんのうえん)とは

肛門囊炎は、肛門周囲腺炎と症状が似ています。

しかし、肛門腺に分泌液が溜まりすぎて起こるのが肛門囊炎です。

分泌液は本来、排便とともに一緒に排泄されるのですが、
小型犬はこの分泌液の分泌が苦手な子が多いので、発症しやすいといわれています。
発症する犬の多くはトイプーやチワワなどの小型犬です。

トリミングに定期的に出されているという犬は、シャンプーの際に肛門腺絞りをしてもらっているので
心配は少ないかと思いますが、自宅でシャンプーしていて飼い主さんが肛門腺のことを知らないと、
分泌液が溜まりすぎて発症してしまいます。

悪化すると肛門腺が破裂してしまうこともあります。

また、中・大型犬でも高齢になると肛門周りの筋肉が失われ、力むのが苦手になり、
分泌液が溜まって炎症を起こすことがあります。

スポンサーリンク

 

病気以外の原因

今回、のんちゃんは肛門周囲腺炎でも肛門囊炎でもありませんでした。

そこで、病気以外の原因も考えてみましょう。

毛がチクチクして痛い

毛の長い犬種だと、トリミングの際にウンチがつかないよう、
肛門周りの毛をバリカンでカットすることもあるかと思います。

しかし、そのカットが下手だと、短くなった毛が肛門に当たって、
チクチクとして痛くて気になってしまうのです。

カットの直後に犬がお尻を気にし始めたらこの原因が考えられます。

バリカンで傷ついてしまった

肛門周りの毛をカットする時に、バリカンで肛門を傷つけてしまった、
ということも考えられます。

犬の肛門というのはとてもデリケートな部分です。

肛門周りの毛をカットする時は細心の注意を払いましょう。

ウンチの切れが悪い

ウンチをしている最中に、何かに驚いたりして排便を中断してしまうと、
ウンチが残った感覚が気持ち悪いのか、お尻を気にしたり、
床に擦りつけたりすることがあります。

犬が力んでいる最中は、なるべく大きな音を立てたりせず、
驚かせないようにしてあげましょう。

お尻を拭かれたのが気になる

犬がウンチをした後に、お尻を拭く飼い主さんがいます。

犬のお尻拭き専用のシートが発売されているくらいです。

人間は排泄したらお尻を拭くのは常識ですが、それと同じ感覚で
ウンチのたびに犬のお尻を拭いてしまうと、その刺激で赤くなったり、
腫れてしまうことがあります。

どうしても拭きたいという飼い主さんは、せめて1日1回、
専用のシートではなく蒸したタオルで優しく拭ってあげる程度にしましょう。

シャンプーでゴシゴシ洗った

今回、のんちゃんの肛門が赤くなった原因だと思うのですが、
シャンプーをする時にお尻が汚れているからとゴシゴシ洗ってしまったことが
原因である場合もあります。

犬の肌は人間よりも弱いですし、肛門なんて最もデリケートな部分です。

そこを化学物質まみれのシャンプーでゴシゴシ洗ってしまっては、
赤くなって腫れるのも当たり前と言えます。

犬のお尻を洗う時は、シャンプーをお湯でうんと薄めて洗ってあげて下さい。

のんちゃんもいつもそうしてるのですが、薄め方が足りなかったかな、と反省しています。

 

対処法

今回ののんちゃんの場合は。

先生「家にオロナインってあります?」

瀧沢「はい」

 

先生「じゃあそれ塗ってあげて下さい」

瀧沢「うっす」

 

専用の薬を出されることもなく、わたしも度々お世話になっている
オロナインを塗るよう獣医さんに指示されました。

早速、家に帰ってから塗ってあげました。

お尻に変なもの塗られたとしばらくは気にしてましたが、一眠りすると忘れたらしく、
痒がってお尻歩きすることもなくなりました。

犬専用の薬というのはなく、人間の薬と犬の体重や症状にあわせて処方してるので、
自宅にある塗り薬で使えるものがあればそれを使っていいのだそうです。

注意
ただし勝手に判断せず、獣医さんにきちんと相談しましょう!

 

予防:犬のお尻は繊細

感染を起こして肛門周囲腺炎にならないためにも清潔に保つことは必要ですが、
あまりに過度に清潔にしようとして1日に何回も拭いていると、
今度はそれが原因で赤くただれてしまいます。

肛門囊炎を起こさないために、自宅でシャンプーをするという飼い主さんは、
特に小型犬の場合は肛門腺の絞り方を覚えておく必要があります。
これ、わたしも学生の時習ったんですが、けっこう難しいんです…
出来ればプロの方に教えてもらうことをオススメします。

毛が長くてお尻周りにウンチがついていると、それが原因で感染することもあります。
お尻周りの毛をカットする時は、肛門を傷つけないように気をつけてあげましょう。

シャンプーも原液のままつけて洗うのではなく、お湯でうんと薄めてから洗ってあげます。

お尻は犬にとって特にデリケートな部分です。

慎重に、丁寧に扱ってあげることが大事なのです。

スポンサーリンク

 

おまけ

今夜のデザート。

夏らしくスイカ♪

1ヶ月に1度、あるかないかのデザートです。
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です