庭、ベランダ有効活用!犬は外に出してあげよう

犬を外に出すのはいけないこと?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

まずですね、新しく買った虫除けお香の紹介から。

楽天の「住マイル」さんの虫除けお香渦巻き(8個セット)204円。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

虫よけお香渦巻き【8個セット】TH-086【虫除け】/【ポイント 倍】
価格:204円(税込、送料別) (2018/7/20時点)

 

これを3つ買いました。

この前まで使ってたのはお線香タイプのだったけど、
今回は燃焼時間がもっと長いのが良かったので渦巻きタイプ。
燃焼時間は70分ほどです。

香りも、シトロネラではなくレモングラス。

レモングラスもシトロネラと並んで虫除け効果があるそうですね。

ここ数日、パソコンやってる時や寝る前に炊くようにしてますが、
あのぷぅ~~~ん…って音にさいなまれることはなくなった気がします。

蚊取り線香みたくにおいがきつくないし、
犬たちにとってもわたしにとってもいいものです!

スポンサーリンク

うちの犬たち、特にのんちゃんは、夏場でもそれほど暑くない時間帯は、
ベランダで寝ていることが多くあります。

同じ暑いのでも、家の中と外なら、外の方がずっと気持ちいいのでしょう。

風が色んなにおいや音を運んでくるし、何より開放的です。
わたしも室内に閉じこもっているより外に出ている方が好きです。

うちはベランダ解放ですが、庭を自由に行き来出来るようにして、
庭で一人遊びが出来れば子犬でも室内で走り回ったり、いたずらしなくなります。

今回は、犬を外に出すことのメリットについてお話します。

 

犬を外に出してはいけない?

ヨーロッパのブリーダーでは、広い庭がない家に住んでる人には、
大型犬を譲渡しないことがあると聞きました。

ヨーロッパやアメリカなどでは庭がある家では、犬が庭と室内を自由に出入り出来るのは当たり前です。

一方、日本では犬を庭に出す人には犬を譲渡しないという愛護団体があります。
里親募集でも「室内飼い」は必須条件になっていることが少なくありません。

ずいぶんな違いです。

日本は家に入る時は靴を脱ぐという文化があるのも理由の一つでしょう。

庭に出ればどうしても犬の足が汚れますし、犬が家に入るたびに足を拭かなければならなくなります。
出入り自由にしていると、飼い主が気づかない内に出たり入ったりして、
足を拭くことが出来ないということもあります。

犬は室内で飼うというのが普及してきたというのはいいことなのですが、
なぜか室内に閉じ込め飼いというように勘違いされているというのもあります。

昔は普通だった外に繋ぎっぱなしという飼い方は犬に良くないですが、
かといって室内に閉じ込め飼いというのも決して良くないのです。

スポンサーリンク

 

犬は外に出してあげよう!

これは、犬には自由が必要だということが理解されていないと、
犬は室内に閉じ込めっぱなしにしないといけないという妙なルールが出来てしまいます。

うちは庭を自由に行き来出来るようには残念ながらなっていないが、
それでも散歩以外に日に何回かは外に出してあげています。

庭に出ていると、のんちゃんとるーこの2頭で追いかけっこしたり、
穴掘りをしてその中に入って涼んだり、枝をくわえてきて放り投げてみたり、
草を食べたり土のにおいを嗅いだりと、自由に過ごしています。

おかげで、やんちゃなるーこも室内では全くいたずらなんてしないで過ごせています。

2頭ともただ寝ているだけです。

庭に繋ぐのではなく、きちんと囲って犬の安全を確保した上で、
その中で自由にさせてあげましょう

そして、犬も人もお互いが見える場所にいましょう(監視はしない)。

外を通る人や犬に吠える場合はそれがストレスになるので、目隠しを作ってあげます。

それでも吠えてしまう場合は飼い主がそばについていてあげて、
「大丈夫だよ~」と声をかけてあげます。

ストレス度が高くてやたら吠える場合は、静かな時間帯に少し出してあげることから始めましょう。

庭がなければベランダを使おう!

うちのように庭が囲われていなかったり、庭がないといった場合は、
ベランダを出入り自由にするという手もあります。

柵の間から落っこちないよう板などで隙間を埋めて、日射しで足下が暑くなるようなら、
人工芝を敷いてあげるなど工夫します。

移動出来る範囲は狭くても、外に出て外の空気に触れられるというだけで
犬にとってはだいぶ違います。

のんちゃんはわたしが仕事でいない時も、1日の大半をベランダで過ごしています。

一度、窓だけ開けて網戸を開けずに出掛けてしまったら、
網戸を破ってまでベランダに出ていたことがありました…

雨が降った時?

濡れた床を拭きましょう。

 

「外に出る」は大事

犬にとって「外に出る」というのはとても大事なことです。

散歩の時だけしか外に出られず、しかもその散歩が十分でなかったりすると、
犬はストレスが溜まって問題行動を起こしやすくなります。

1日9時間の留守番、散歩は朝夕15分ずつ、留守番中は窓閉めきりといった
ストレス度の高い犬の飼い主さんに、せめて出掛ける時に鉄格子がはまっている窓だけでも
開けておいてもらうようお願いしたら、少しストレス行動が減少したということもあります。

室内というのは犬にとって、人間が思う以上に退屈なものです。

もっともっと犬を外に出して、自由に過ごさせてあげましょう。

スポンサーリンク

 

おまけ

後光が射してるっぽいのんちゃんw
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です