「これでいいの?」犬育てで落ち込んだ・へこんだ・悩んだ時の乗り越え方

犬育てで落ち込んだら。

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、犬育てで落ち込んでしまった場合の対処法についてです。

ブログをやっていると、「犬育てで落ち込んだり、へこんだりした時にどうやって乗り切ればいいか」と聞かれることがよくあります。

犬育てをしていると、なかなかうまくいかなくて悩むことがあります。

特に、まったり犬育に切り替えたばかりの頃は、犬もストレスいっぱいで、飼い主さんの方もまだ手探り状態で、

「これでいいのか?」
「本当に改善するのか?」

と思い悩んでしまうことがあるでしょう。

他の犬と愛犬を比べて、「あの子は普通に引っ張らないで歩いているのに、うちの子は何でこんなにグイグイ引っ張りながら散歩するんだろう」と思って落ち込んでしまったという話はよく聞きます。

どんなに周りと比べないようにしていても、そう思ってしまうことはあります。

そんな時は、同じ悩みを抱えている人の話を聞くと、うちだけじゃないと少し安心します。

そして、大事なのは淡々とストレスマネジメントをしつつ、他の子と比べずに愛犬をよく見てあげることです。

今日は、犬育てで落ち込んだり、悩んだり、へこんだりした時の乗り越え方についてお話します。

今まさに犬育てで悩んでいる、上手くいかなくて落ち込むことがよくあるという飼い主さん、ぜひ読んでみて下さい。

犬育てで悩んだら

わたし自身も、犬育てで落ち込んだり悩んだり、へこんだりということは何度もありました。

今はこうすれば改善する、こうすれば犬にストレスがかからないというのがよくわかっているのでその通りにやるべきことをやるだけです。

でも、のんちゃんとの関係を改善するために試行錯誤で「まったり犬育」を始めた頃は、かなり途方にくれました。

従来の犬のしつけ方・接し方が間違っているということはわかりきっているのに、それ以外のしつけ方を提唱しているトレーナーさんや獣医さん「犬の専門家」と呼ばれる人たちが周囲に全くいなかったんです。

なので、自分自身でどうすればのんちゃんが楽になるか、ストレスをかけずに接することが出来るかを考え、あれこれ試しながら少しずつ自己流犬育てをしていきました。

1年ほど続けて、だんだんと関係も改善されてきて、わたしにもよく甘えるようになって、自分の意見もしっかり伝えて自己主張してくれるようになりました。
まったり散歩も出来るようになって、散歩中も緩いリードでわたしの少し前を歩きながらにおい嗅ぎをして歩くようになりました。
家の中ではだいたい寝ているだけで、コマンドも全く使わなくなったら用のない時に何となく「オイデ」と呼んでも来なくなるなどの行動が見られるようになってきました。

そんな時に、ワクチン接種のために動物病院に連れて行った時に言われたことですごく落ち込み、悩みました。

診察室に入った時に、のんちゃんがわたしに抱っこを求めたのを見て、獣医さんが、

「気を引く行動が見られるね。ちょっとわがままな子じゃない?ちゃんと言うこと聞かせないとダメですよ」

と言ったんです。

抱っこを求めたのは気を引くためではなく、ただ単に初めての場所が不安で怖かっただけです。
わたしも初めての場所は苦手なのでよくわかる行動です。

わたしに抱っこを求めたのも、そうすればわたしがちゃんと助けてくれると思っているからの行動であり、わたしに助けを求めれば安心だとわかっている(=信頼関係が出来ている)からこその行動です。

この獣医さんの言うように、「気を引く」行動でもなければ、決してわがままなわけでもないのです。

言うことを聞かせる必要もありません。

このことで直後はけっこう落ち込んだし、やっぱりこのやり方は理解されないんだなと悩んだりしました。

でも、このやり方がのんちゃんにとって良いものであると確信していたので、自分自身で試行錯誤しながら取り組むしかないんだ!と改めて気持ちを強くしました。

病院を変えて犬に優しい接し方をしてくれる獣医さんにかかるようにしたら、時間はかかりましたがのんちゃんの病院嫌いも少しずつ良くなって、大人しく協力的になってくれたので、このまま続けて行けばいいのだと確信しました。

 

「落ち込んだ」「へこんだ」「悩んだ」時の対処法

「なぜこうするのか」を説明できるようにする

まったり犬育に切り替えて、なかなか思うように結果が出ないと、落ち込んだり悩んだりというのはよくあります。

その上、他人から悪気ない言葉をかけられることもあります。

「何で犬をサークルに入れないの?入れた方がいいんじゃない?」とか。

「犬を飼い主の前に歩かせていいの?散歩は犬が横を歩くんじゃないの?」とか。

「リードは短く持たないとダメだよね?犬が飼い主に合わせるんでしょ?」とか。

「コマンド教えなくていいの?犬がわがままになるよ?」とか。

「何で人が犬に合わせて生活しなきゃいけないの?」とか。

全部わたしが言われたことであり、まったり犬育を始めたという飼い主さんがご家族やご友人から言われたとよく聞くフレーズでもあります。

多分、聞いてくる方は何となく疑問に思っただけで、悪気はないのだと思います。

でも、必死に犬育てしてる方からすると、こんなこと言われると「やっぱり自分のやり方は間違ってるのか…」と思って、落ち込んだりへこんだり、悩んだりしますよね。
上手く結果が出ていないような場合だとなおさらです。

そんな時、こんな言葉に惑わされないためには、自分自身が確証をもって犬育てに取り組むことです。

そして、どうしてこういう犬育てをするのか、理由をちゃんと説明できるようにしておきましょう。

自分自身で理由が説明できないと、モヤモヤするんです。

「何でサークルに入れないの?入れた方がいいんじゃない?」って言われたら。
「サークルに入れて行動範囲を制限してしまうとかえって犬のストレスになるんだよ。犬自身が落ち着いてストレスなく暮らしていれば、室内フリーでも好きなところで寝ているだけで問題行動は起こさないから大丈夫」

「犬を飼い主の前に歩かせていいの?散歩は犬が横を歩くんじゃないの?」って言われたら。
「引っ張らないでリードの範囲内であれば、どこを歩いても犬の自由だから別にいいんだよ。危険があったら飼い主が犬に近づいて守ってあげればいいんだし」

「リードは短く持たないとダメだよね?犬が飼い主に合わせるんでしょ?」って言われたら。
「リードを短く持たなきゃいけないような舗装路は極力歩かない。犬の散歩は犬のためのものだから、犬が楽しめる自然がたくさんある場所を散歩するべき。そこでロングリードでゆっくり好きなように歩くのが犬にとって一番ストレスがない散歩。散歩は犬のペースで行い、飼い主に合わせる必要はない」

「コマンドは教えなくていいの?犬がわがままになるよ?」って言われたら。
「コマンドって犬はロボットか。人間がいちいち命令しなくても落ち着いて犬は自分でちゃんとルールを理解して生活出来る。コマンドで言うこと聞かせたいのならロボットを買え。犬は人間の言うことを聞いて当たり前なんてことはない」

「何で人は犬に合わせて生活しなきゃいけないの?」って言われたら。
「犬は人間と暮らしている時点で十分人間に合わせてくれてる。一緒に暮らす以上合わせられるところは人間が合わせるべきだし、それを厭うのなら犬なんて飼ってはいけない」

など、あらゆるパターンを想定して、どうやって説明するかを自分なりに考えておきましょう。
ちなみにこれはわたしが実際に説明した時の内容です。

「ほぉ~」と納得してくれることもありますが、納得してもらえないこともあります。

でも、自分自身で「なぜこうするのか」を説明できることでだいぶ違います。

説明できるようになることで、自分のやっていることは正しいのだと確証が持てますし、自信をもって取り組むことが出来るようになります。

他の子と比べない

もうひとつ。

犬育てで落ち込む場面として、他の子と比べてしまうことです。

散歩中にすれ違うよその子を見て、「あの子はあんなに落ち着いているのに、何でうちの子はこんなに興奮して引っ張るのかしら」とか。

比べる相手はよその犬に限らず、同居犬と比べてしまうこともあります。
「上の子は全然手がかからない子だったのに、なんで下の子はいつまでたってもトイレ失敗するのかしら」とか。

よく出来る子と比べてしまって、なんでこの子は出来ないんだろう…と落ち込んでしまい、心配になることもあるでしょう。

でも、犬によって出来るようになるまでの時間は違います。

時間がかかる子もいれば、教えるとすぐ出来るようになる子もいます。

そういう時に焦るのではなく、ただ待ってあげることが大事です。

飼い主は犬が安心して学習できる環境を整えてあげることに専念しましょう。

環境を整えてストレスを減らすことをせずに待っていても、状況は変わらないので、それは誤解しないで下さい。

環境を整えストレスの原因を排除し、その上で犬が出来るようになるのを待ってあげて下さい。

他の犬と比べることには何の意味もありません。

いちいちよその子と比べられ、出来ないことを指摘されても傷つくだけでいいことは何もないのです。
小さい頃、お母さんに「よそはよそ!」と言われながらなぜかその家の子が出来ることと自分が出来ないことを比べられて叱られたという経験をしたことがある人もいるかと思いますが、まさしくあんな感じです。

わたしも経験があり、それがすごく嫌だったので、自分自身は犬たちを比べることはしないで「こういうもの」と思って受け入れるようにしています。

個性として受け入れ、温かく見守ってあげることが大事です。

ただし、ストレス行動は個性ではないのでこれを混同して「こういうもの」とは思わないようにして下さい。

安全な環境にいると、犬は安心して学習することが出来ます。

すると、苦手だったことも出来るようになったり、落ち着いて余裕が出てきたりします。

他のよく出来る犬と比べるよりも、今目の前にいる自分の愛犬をよく見て、観察してあげましょう。

 

周りに左右されないで淡々と続けて行こう

まったり犬育は、はじめの頃はなかなか周りからの理解を得られないやり方です。

見ただけだとただ単に犬を甘やかしているだけに見えますし、犬がわがままになって飼い主がそのわがままを聞いてあげてしまっているというように見えてしまうんです。

飼い主さん自身もはじめは半信半疑ですし、周りから「それは違うんじゃない?」って言われると「やっぱそうなのかなあ」って思ってやめてしまうこともあるんですよね。
で、そうなると、犬はまたストレスが溜まり、問題行動を繰り返す悪循環です。

一度始めたら、周りに何を言われても左右されないで、淡々とストレスマネジメントを続けていくことが大事です。

そして、自分自身が「これは正しいことだ」と自信をもって続けましょう。

続けて行けば少しずつでも成果が出てきますし、自信も強くなり確証も持てるようになります。

そうすれば、周りに左右されることはなくなります。

はじめは落ち込んだり、へこんだり、悩んだりするのは仕方ないですが、そこで諦めてしまわないことが大事です。

諦めないで続けよう!のポチッをお願いします。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

犬は時々、哲学の時間があるね。

何を考えているんでしょうか。

「犬なんて何も考えてない」って言われることもありますけど、そんなことないと思うんですよね。

犬は犬なりにちゃんと自分の考えがあるだろうし、それに従って行動してるんだと思います。

思考回路は人間とは違うだろうけど、犬なりの哲学があって複雑なことも色々考えてそう。

知的な顔をしてる犬たちを見て、今日は何考えてるのかな~って考えるのが好きです。


犬用サプリメント発酵野菜パウダーフリカケワン100gx1袋-3袋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です