愛犬の噛みつき「どれくらいでなおりますか?」という質問について

噛みつきがなおるのにどれくらいかかる?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、噛みつきがなおるまでの期間についてです。

噛みつきのご相談を受けることも多いのですが、その時に必ずといっていいほど聞かれるのが、

「どれくらいでなおりますか?」

というもの。

わたしは必ず「わかりません」と答えます。
そう答えるしかないからです。

愛犬の噛みつきで相談を下さる飼い主さんは、「少しでも早くどうにかしたい!」という気持ちが強いことがほとんどです。
なので、なおるまでの期間というのは気になるものなのでしょうし、ちょっとでも早く効果が見られるやり方を選びがちです。
その結果、犬の気持ちを無視したやり方をしてしまって、噛みつきをさらに悪化させてしまうことも少なくありません。

噛みつきというのはなおすのに時間がかかる行動です。

直るまでの期間も、原因や噛みつくにいたるまでの経緯、噛みつくようになってからの期間や、飼い主さんがどれだけストレスマネジメントを徹底できるかにも異なります。

なので、明確に「これくらいで直ります」と答えることは出来ません。

じっくりじっくり犬と向き合って、少しずつ改善していくしかないのです。

では、噛みつきをなおすのにどんなことをしてあげればいいのか。

そこを押さえれば、なおるまでの期間は早くなるかもしれません。

愛犬の噛みつきに困って少しでも早くなおしたいと思っている飼い主さん、ぜひ読んでみて下さい。

噛みつきの原因を知る

噛みつきをなおすためには、まず犬がなぜ噛みつくようになってしまったのかを知る必要があります。

不安と恐怖

ブログでも何度もお話しているように、たいていの噛みつきの原因は「不安と恐怖」によるものです。

保護犬の場合、かつて怖い目にあったことがあるのかもしれないし、その時に悪い関連付けをしたのかもしれません。

子犬で迎えたとしても、ブリーダーや親犬のもとにいる時に、嫌なことや怖いことへの対処法として噛みつきを覚えた可能性もあります。
ペットショップで、店員からぞんざいに扱われていた子犬は、飼い主さんから噛みつきの相談が寄せられることが多いように感じました。

多頭飼育崩壊の現場から助け出されたとある和犬ミックスの子犬は、保護された時は周りの大人の犬に噛まれて傷だらけでした。
そんな環境でも、他の兄弟犬は噛みつきがなく大人しい子もいたようですが、その子は気に入らないことがあったり、ちょっとでも乱暴な接し方をされると、ギャーと叫びながら噛みついてくる子ででした。
同じような環境で育っても、行動にはそれぞれ違いがあります。

叩かれたり、嫌なことを強要されたりして噛むようになる犬は少なくありません。

飼い主が当たり前にやっている、ブラッシングや足ふきのせいで噛みつきが出て来ることも多いのです。

他にも、長時間の留守番やトレーニングなどで、不安やストレスが強い犬は噛みつきやすいです。

のんちゃんもストレスマックスだった頃は、ちょっとしたことで、というか、何もなくても突発的に噛んでくるようなことがある子でした。

犬が不安がったり怖がったり、ストレスの原因になるようなものを調べて、一つ一つ排除していく必要があるのです。

生活環境

噛みつきの原因としてもっとも重要なのは、飼い主の接し方も含む、広い意味でも生活環境です。

ストレスが少ない環境を提供するということが大前提で、さらに一度噛みつくようになった犬の場合は、その時と同じ状況を二度と作り出さないことが重要です。

一度噛みつきが出た犬を同じ状況におくと、二度、三度と噛みつくようになり、噛みつきが定着してしまうのです。

犬は怖かったり不安だったりすると、態度でそれを示してくれます。

不安や恐怖の原因が飼い主の場合は、舌をペロペロしたり顔を背けたりして「嫌だ、やめて」とちゃんと伝えてくれています。

でも飼い主さんは、それに気づかずに犬が嫌なことを続けてしまうのです。

そうなると、唸り、空噛み、歯を当てる、軽く噛む、強く噛むというように、だんだん「やめて」の行動がエスカレートしていくのです。

犬によっては唸りからいきなり強く噛むこともあるのですが、それでもはじめは何かしらの友好的な手段で「やめて」を伝えているのです。

飼い主が犬の言葉に気づかないと、犬は常に噛みつきで対処するようになります。
以前は嫌がらずにやらせてくれていたことも、やらせてくれなくなります。

飼い主が聞く耳を持たない場合、そうして自分の身を守るしかないのです。

こういう状況になりやすいのが、トレーニングの時です。

「リーダーになれ」というような訓練所やスクール(いまだに根本はこいいうところが多いです)でトレーニングすると、犬が嫌がっても「そこで負けてはいけない」などと言われ、犬に無理をさせることになります。
専門学校時代のトレーナー講師は全員がこういう人でしたし、「犬に優しい」を謳うパピー教室のトレーナーも言ってることは全く同じでした。

その結果、上記のように、犬は自分の身を守るために噛みつくしかなくなるのです。

その一方で、おやつを使ったり、いわゆる「陽性強化」をやったり、「行動学に基づいた」トレーニングが犬に優しいかというとそうでもないのです。
これらもまた、噛みつきの大きな原因になるのです。

おやつがあると「ご褒美があるのだから少しくらい嫌なことをしてもいいだろう」とだんだん犬に対する接し方がぞんざいになり、いつの間にか犬に無理をさせるのが当たり前になってしまいます。
その結果おやつに悪い関連付けをしてしまい、おやつを持っている人に噛みつくようになったという子がいました。

のんちゃんもいまだに、トレーニングで使っていたおやつは嫌いで食べようとしません。

他にも、可愛がっているつもりでグシャグシャ乱暴に撫でていたり、遊びのつもりで乱暴な接し方をしていたりと、無意識の「乱暴」が噛みつきの原因になっていることも少なくありません。

自分が今やっていることを犬はどう思っているか。

嫌がっていないか、怖がっていないか、乱暴になってしまっていないか。

そういうことを客観的に見て判断する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

噛みつきを少しでも早くなおすには

噛みつきがどれくらいで直るのか明確な答えは出来ません。

噛むようになった原因や、噛みつきにいたるまでの経緯、噛むようになってどれくらいたったかなどでも違いますし、飼い主さんがどれだけストレスマネジメントを徹底できるかにもよるのです。

半年くらい前に噛みつきのご相談を受けたイングリッシュコッカーくんは、パピーの頃からトレーニングをされ、さんざん嫌なことをやられて噛みつくようになっていきました。

おやつを山のように使う、いわゆる「陽性強化法」のトレーニングで、「犬に優しい」を謳った大手のスクール(調べたら専門時代の講師のスクールでした…)に行っていたのですが、はじめは歯を当てる程度だったのがどんどん悪化し、壮絶な噛みつきになりとうとう飼い主さんの手の親指と人差し指の間の皮を引き裂いたそうです。

今のやり方じゃ悪化する一方だと気づいて、いろいろ探した結果わたしのところに相談をくださったそうです。

相談を受けて、トレーニングを一切やめてもらい、毎日の足拭きもブラッシングも一切やらないようにして、日常的にかまいすぎるのをやめてもらったらみるみる噛みつきがなおってきました。
依頼、噛まれたと聞いたのは3回くらいしかなく、その噛まれたのもお祭りの花火にびっくりしてパニックになったとか、うっかりつま先を踏んでしまったとか、そういう状況でした。

噛んだ時も、自分ではっとして離すことが出来るようになったというのです。

時々写真を送ってくださるのですが、目のクリッとした丸っこい顔の可愛らしい子で、ストレスマネジメントを始めた頃の、力が入って目も顔も三角になっていた時とは大違いです。
色んなことを話しかけてくれて、まだ時々癇癪を起すそうですがそれすらも可愛いのだとか。

このケースでは、犬が嫌がることをせず、ストレスマネジメントを徹底出来たことが、なおりが早かった大きな理由です。

時々、わたしがああして下さい、こうして下さいと言うのに対し、あれは難しいから出来ない、これはこういうのなら出来る、とやったりやらなかったりという方がいますが、それではなおりが遅くなるのは当たり前です。

少しでも早くなおしたいのなら、「徹底すること」を徹底して下さい。

 

犬が許してくれるまで出来ることをやろう

気をつけていても、犬が寝ている時につい撫でてしまうとか、犬がくつろいでいるそばをバタバタ通り過ぎるとか、拾い食いしたものを取り上げるとか、そういうことを無意識にやっていることは多いです。

くわえているものを取り上げられて噛むようになったという子は、飼い主が取り上げるつもりでなく、例えば口元についたゴミをとろうと手を伸ばしただけで噛むこともあります。
こういう時、犬は顔を背けたり、のけぞったりしていますが、これが「嫌だ、やめて」のサインです。
でも飼い主さんは、くわえているものを取り上げるつもりはないので、犬が嫌がっているのに気づかないということが多いのです。

例え噛まない犬でも、口元を触られることも嫌がる犬は多いので、ゴミをとる時なども注意する必要があります。

口元だけでなく、脚や背中などの汚れも、急に手でぱっと払うと犬は驚いてしまいます。
そういった瞬間に噛まれることもあるので、自分がやろうとしていることをやったらどうなるか、予測する力も大事です。

まったり犬育では噛みつく犬でも噛まない犬でも、常に気持ちよく過ごせるように配慮することが大事です。

はじめは噛まなくても、爪切りやブラッシングなどで噛むようになる犬も多いです。

これも飼い主さんが「どうしてもやるんだ」と使命感に燃えていたり、「嫌がったからってやめると犬がわがままになる」と誤解して強行していることが原因です。

飼い主さん自身は強行しているつもりなど全くないのですが、ちょっと横を向いて嫌がるくらいの時点でやめてあげないとそれは「強行」になります。

では爪切りやブラッシングは一生やってはけないのかと誤解されることが多いですが、そういうことではありません。

犬が受け入れてくれるやり方で、少しずつやらせてもらいましょう。

例えばのんちゃんはブラッシングが嫌いですが、くつろいでいる時にちょっとやる程度だったり、換毛期で毛がごっそり抜ける時なんかはやっても嫌がりません。

すでに噛みつくようになってしまっている犬の場合は、しばらくの間苦手なことは全てやめて、飼い主はもう不安や恐怖を与えないということを十分理解してもらい、犬の心に余裕が出来るまで待ちましょう。

一度壊れてしまった信頼を取り戻すのは難しいですが、人間なら関係修復できないことがあっても、犬は待っていれば必ず許してくれます。

犬が許してくれるまで、ストレスマネジメントを徹底し、犬の嫌がることをせずに、少しでも犬の気持ちを理解できるよう努めながら、じっくりと待ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

いつまでも待つ気持ちを持とう!のポチッをお願いします。
いつもクリックありがとうございます!とっても嬉しいです(≧▽≦)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

パソコンのマウス、新しいの購入しました♪

ワイヤレスだし、クリック音も静かでとっても使いやすいです。

のんちゃんは以前はマウスのクリック音がするたびにビクッてなってて、今でもちょっと苦手です。

夜遅くまでパソコンいじることもあるから、のんちゃんの安眠妨害にならないよう「クリック音が静か」って書かれてるマウスを探して使ってたんだけど今までのマウスで一番静かかも。

今日は夜にちょっと雷が鳴って、ビクビクしてたのんちゃん。

夜から明日の昼にかけて台風が最接近らしいけど、今のところ雨も降ってません…
朝はお散歩行けるかな?

9月になったというのに夏の暑さが続いたので、これで少しでも涼しくなってくれると嬉しいな。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です