犬は「嫌なことをする人」に吠える?家族で一人だけ吠えられる原因

      2018/10/12

家族で一人だけ吠えられるのはなぜ?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

ここ数日、雨で満足に散歩に行けない日が続きましたが、
今日はようやく1日晴れて、犬たちも朝と夕方に存分に散歩に行くことが出来ました。
ベッドで寝てばかりだった犬たちも満足してくれたことでしょう。

わたしも散歩に行けないと何だか気分が上がらないし、
生活リズムが狂ってしまいます。
それに日に当たらないと鬱っぽくなることもある。

聞いた話では、人は暑いとイライラして、寒いと鬱っぽくなるとか。
犬も同じなんでしょうか。

2頭続けて散歩に行っても2時間とかからないので、
犬も人も朝夕それくらいずつは歩いた方が気分転換にもなっていいのだと思います。

スポンサーリンク

複数の家族で暮らしていると、家族のメンバーの中で特定の人だけが
犬に吠えられたり、唸られたりということがたびたび起こるようです。

あまり家にいない人で、特に父親など男性が吠えられやすいようです。

以前は順位がどうのとか、犬に舐められているからとか、
家族の家長である男性に吠えるのはリーダーへの挑戦だとか言われていましたが、
わたしは犬の順位付けには否定的ですし、そもそもイエイヌは家族との間に順位をつけない、
ということがわかっています。

では、なぜ犬は家族の中でその人にだけ吠えるのでしょうか?
詳しくお話していきましょう。

 

犬が吠えるのは上下関係が原因?

犬はオオカミの子孫なので、オオカミと同じように人間の家族に対しても順位付けをする、
とかつては言われており、特定の家族に対してだけ吠えるのはその人を下に見ているからだ、
と言われていました。

しかし、このブログでも何度か言っているように、わたしたちが現在一緒に暮らしているイエイヌは、
家族のメンバーと1対1の関係を築くということがわかっており、
明確な順位付けの意識が薄いということがわかっています。

また、そもそも野生のオオカミは家族単位で暮らしており、
その中で順位付けもリーダー争いも起こらないということもわかっています。

▼合わせて読みたい
わたしがパックリーダー論を否定するワケ

順位付けや上下関係がどうのではなく、犬が吠えるのは、
その家族メンバーと犬との「関係」が問題なのです。

子どもが吠えられたり唸られたりすると、子どもが家族の中で一番順位が下だから、
などと言われがちですが、そんなことは全く関係ないのです。
そもそも、人間の家族の中で子どもが本当に一番下なのかどうかもわかりません。

では、順位や上下関係が関係ないのなら、なぜ犬はその人に対してだけ吠えるのでしょうか?

ブログをいつも読んで下さっている方はおわかりかもしれませんが、
犬がその人にだけ執拗に吠えたり唸ったりするのは、その人が犬にとって、
嫌なことをする人だから、ということがほとんどなのです。

犬は「嫌なことをする人」に吠える

男性であるお父さんが家族の中で吠えられるということがよく起こりますが、
男性は犬に対して攻撃的だったり支配的だったり、体が大きかったり、声が低かったり、
動作が荒っぽかったり、もしくは仕事のストレスを抱えていてイライラしていたりなど、
犬に限らず動物が嫌がる要素を持っている人が比較的多いのです。

もちろん、お父さん大好きで喜んで吠えているという場合もあるのですが、
そういう場合と嫌がって怒って吠えている場合とでは吠え方が明らかに違うので
すぐにわかるはずです。

ちなみにるーこも、うちの父が帰宅した時にだけ2,3回吠えます。
何度も執拗に吠えるわけではなく、他に何もやることがない時にだけ吠えるといった程度ですが。

子どもの場合は、年齢や正確にもよりますが、大きな声を出して走り回ったり、
バタバタ動き回ったり、手を上から伸ばして犬を触ったり乱暴に叩いたりなど、
犬が嫌がることを無意識にしてしまう子が多いのです。

このように、家族の中で、犬に吠えられやすく噛まれやすいという人が、
愛犬から吠えられ唸られるのです。

順位や上下関係は全く関係ないということです。

スポンサーリンク

 

犬が嫌がることを一切やめる

では、吠えられやすく唸られやすい人はどうすればいいのでしょうか?
諦めるしかないのでしょうか?

そんなことはありません。

その人が行動を変えれば、犬は案外あっさり吠えたり唸ったりをやめるのです。

犬のせいではなく、人間のせいであるということを自覚し、認めることが必要です。

その上で、犬が嫌がるようなことは一切やめるのです。

お父さんの場合は、帰宅時になるべく静かにそっと家に入り、犬に触ったりなどせずに、
例え吠えられても顔を背けて知らん顔をし、犬が落ち着くまで待っているのが一番です。

▼合わせて読みたい
来客時・家族の帰宅時に興奮「まずは落ち着かせる」

「養ってやっているのにどうしてこっちが気を遣わないといけないんだ」
なんて古くさいことは言わずに、犬を含めた家族が平和に暮らすには思いやりが大切です。

犬を思いやっていれば、吠えられたり噛まれたりしなくなるのです。

子どもは親の「正しい教育」が重要

子どもの場合は、まず親が犬との正しい接し方のお手本を見せ、
それを教えてあげることが重要です。

人間以外の動物を家族に迎えたいのなら、人間側が動物に配慮してあげる必要があります。
動物は動くぬいぐるみではないのです。

犬は人間よりもずっと感覚が鋭く、デリケートなので、大声を出したり走り回ったり、
乱暴に触ったりしたら嫌がるのだということを教えてあげましょう。

「情操教育のために」という目的で犬を飼うということがよくありますが、
子どもの情操教育にはまず親が犬に対して正しい接し方と知識を身につけている必要があります。
そして、親がそれを子どもに教えることこそが「情操教育」なのです。

▼合わせて読みたい
「子どもの情操教育に犬を飼う」は大人の正しい知識が大前提
犬は「ウォーキングのお供」で「情操教育」のため?

子どもにはカーミングシグナルを教えてあげると、
大人よりもずっと早く、そしてよく理解してくれます。

「あ、今顔背けたから嫌がってるね」「舌をぺろってしたから緊張してるのかな?」
とよく観察して犬の気持ちを読み取ってくれて、犬が嫌がらないようにするにはどうすればいいか、
子どもなりに考えてくれるのです。

子どもかあ目を離さないようにして、犬が嫌がっていたら教えてあげたり、
介入したりすると自分で適切な接し方が出来るようになっていくのです。

ただし、ストレス・興奮度が高い子どもは犬と同じで、聞く耳を持たないので、
生活環境や親子関係などの見直しが必要になります。
間違ってもそんな状況で「子どもの友達に」などと言って犬を飼ってはいけません。

荒んだ子どもと犬が触れあい、子どもが更生していくなどという素晴らしい感動のお話は、
ドラマや映画の中でしか有り得ないことです。

あり得たとしても、犬は子どもが更生するまでに相当のストレスを受けることでしょう。

犬も人間も、家族が笑顔で平和に楽しく暮らせるようになるにはどうするべきか、
一度、家族で話し合い自分たちの愛犬に対する態度や接し方を見直してみましょう。

スポンサーリンク

 

おまけ

本日のおやつ「豚耳」

るーこはのんちゃんに取られそうになって慌てて避難。笑

どっちもいい音させて食べてました♪
ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると励みになります!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

 - パックリーダー論, 吠え対策, 犬との接し方・関係作り