「散歩不足」「退屈」「飼い主のバタバタ」問題行動の3大理由とその対処法

「散歩不足」「退屈」「飼い主のドタバタ」犬の問題行動3大原因はこれだ!

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、犬の問題行動の原因で特に多いものをご紹介します。

ペットショップで働いてた頃も合わせて、今まで受けたご相談は全てファイルにまとめてあるのですが、
先日そのデータを見直して、問題行動の原因でどんなものが多いかをまとめてみました。

噛みつきや吠えだったり、散歩中の引っ張り、落ち着きがない、極度にビビり、破壊行動、常に興奮状態など問題行動は様々でしたが、
その原因は「散歩不足」「退屈」「飼い主の落ち着きがない」の三つにだいたい分類することが出来ました。

もちろん全ての問題行動の原因がこれにあてはまるわけではないし、様々な原因が合わさって問題行動に現れていることもありますが、特に多いのがこの三つでした。

カウンセラーをやっている専門時代の恩師に聞いてみても、やはりこの三つの原因で何らかの問題行動が現れ、困っている飼い主さんが多いとのことでした。

特に、落ち着きがない、常に興奮している、散歩中に引っ張る、遊んでいると興奮して噛んでくるなどの問題行動は、この三つの内どれか、またはいくつかが原因であることが多いようです。

そこで今回は、問題行動の3大原因について詳しく、対処法などもお話します。

今現在、同じような問題行動でお困りの飼い主さんはこの原因があてはまっていないか、ぜひ読んで確かめてみて下さい。

原因1:散歩不足

まず一つ目の原因が「散歩不足」、それも自由運動の不足です。

日本で飼われている犬の大部分がこの問題を抱えていると言っても過言ではないでしょう。

特にポインターやセッターなどの猟犬や、ボーダーコリーやフラットコーテッドレトリバーなど、広大なフィールドを縦横無尽に駆け回ることを目的として作出された犬種は、
短いリードをつけてただ歩く散歩だけで、自由運動を全くさせていない場合にはてきめんです。

これらの犬種に、都会のコンクリートを歩くだけの散歩や、狭いドッグラン内だけでの運動では全くそのニーズを満たすことは出来ません。

自分のペースで歩いたり走り回ったり、におい嗅ぎをして探検したり出来る環境が必要になります。

一方で、小型犬や中型犬に多いのが、その見た目の小ささからあまり散歩が必要ではないと飼い主さんが思ってしまっているケースです。
現にチワワやトイプーなどの超小型犬は「散歩が必要ない」とのうたい文句でペットショップで売られており、飼い主さんがそれを信じてしまった結果、
ほとんど、あるいはまったく散歩に連れ出してもらえず運動不足になっている犬は多くいます。

小さくてもチワワやトイプー、ミニチュアダックスはとても活発ですし、テリア系ではジャックラッセルはもちろん、ミニチュアシュナウザーなども自由運動が不足すると吠えや興奮が出てきます。

質の高い散歩と自由運動が必要

対処法としては、まったり散歩で質の高い散歩と、十分な自由運動をさせてあげることです。

自由運動する場所がない、時間がない、アウトドアが嫌い、散歩に行かなくていいと言うから飼ったのに、など頭が痛くなる言い訳を並べて来る飼い主がいますが、
そういう人にはまず何を間違っても犬を飼わないでいただきたいものです。

特にセッターやボーダーなど、広大なフィールドを駆け回る無尽蔵の体力を持つよう作出された犬は、質の高い散歩とともに十分な自由運動が何より大事になります。

運動させるようにと言うと、永遠と続くボール投げやドッグスポーツを教えようとする人が多いですが、「自由運動」は犬が自分のペースで自由に、
歩いたり走ったり、におい嗅ぎをして探検したりすることです。

ストレスなく落ち着いた犬は、自由運動をさせれば自分の運動ニーズを満たしてくれます。

ボーダーコリーなどはリードを外せばいつまでも走り続けているようなイメージがありますが、実際に落ち着いてストレスのないボーダーに自由運動をさせると、
ずっと走り回っているというわけではなく、あちこちにおい嗅ぎをしてのんびり歩いている子がほとんどです。
うちののんちゃんもそうです。

若くてスタミナの有り余っている子はよく走りますが、自分で興奮を鎮められる程度にしか走りません。

近所に犬のリードを離して自由運動させられるような場所がない場合も、最低でも3mの長さのリードの範囲内を自由に歩かせてあげるだけでもだいぶ違います。

犬の散歩を充実させてあげようと思うと、犬のために割く時間は多くなりますが、犬の心身の健康に散歩はとても重要なものです。

愛犬の散歩内容を見直して、充実してないなと思ったらすぐに改善してあげて下さい。

スポンサーリンク

 

原因2:退屈

次に多いのが「退屈」です。

頭を使う遊びが不足していたり、1日中サークルに閉じ込められて刺激がないせいで、退屈してイライラしているというケースです。
散歩不足にも通ずる部分があります。

日常的にひどく退屈した犬の脳は縮んでしまう危険性があるという調査結果が発表されていますが、現代日本の飼い犬の多くはこの退屈に直面しているのです。

動物も人間と同じで退屈を苦痛に感じ、刺激が少なすぎる環境にいると脳の神経細胞が死んでしまい、認知障害が起こり認知症になるリスクが高まります。

適切な「刺激」を与える

犬たちを退屈から救うために、「刺激」が必要というのは一般的に言われていることです。

しかし、多くの人は「刺激」と言うと、犬とボール投げをしたり、ディスクキャッチをしたりなど遊んであげることを考えがちです。
犬の退屈防止について書いた記事をいくつか読んでも「退屈させないために遊んであげましょう」という結論でした。

しかし、刺激とは遊びのことではなく、環境による様々な刺激のことです。

ブログでも何度も言っていますが、犬をサークルやクレートに閉じ込めて長時間留守番させるというのは、犬を退屈させ苦痛を与える飼い主が一番やりがちな行為です。
そういった犬たちが退屈からイライラしたり、たまの自由時間や散歩の時間に大興奮したり、はたまた無気力になるのは当たり前のことと言えます。

犬を退屈させないためには、サークルやクレートから解放し、毎日しっかり散歩に連れ出し、質の高い散歩をさせて、におい嗅ぎをさせて自由に歩かせ、
枝をくわえたり葉っぱをくわえたり、五感を使って刺激を得られるようにすることが必要です。

また、「刺激」としてトレーニングを始める飼い主さんもいますね。
遊び感覚のゲームとしてであればコマンドトレーニングも良い刺激となり、犬も人間も楽しんで出来ます。
うちでも時々、5分程度遊びでコマンドトレーニングをやっています。

しかしこれが命令には絶対服従のオビディエンストレーニングになると、退屈防止の刺激どころか新たなストレスになり、別の問題行動を引き起こす原因になります。

退屈防止のためには適切な「刺激」が必要です。

 

原因3:飼い主の落ち着きがない

三つ目の原因で、意外に見落としがちなのが、飼い主さん自身や家族が落ち着きがないというケースです。

室内をバタバタと動き回ったり、大声でしゃべったり、いつも立ったり座ったり。

電話が鳴ったりチャイムが鳴ったりすると大慌てで走っていく。

飼い主自身がせっかちだったり、じっとしていられない性格であることもありますし、小さな子どもがいたらどうしても騒がしくなります。

うちの母も、何か行動を起こす時に「さて!」と言って勢いよく立ち上がる癖があったので、引っ越してきたばかりの頃はのんちゃんもるーこもこれに過剰に反応してしまい、一時的に落ち着きがなくなってしまったことがありました。

意識して落ち着いて行動する

この対処法としては、まず犬が一人で静かに落ち着ける場所を用意してあげます。

犬に好きな場所を選んでもらって、そこにクッションなりブランケットなどを敷いてあげて、簡単に目隠しをしてあげて快適な場所にします。

うちの場合は、わたしの寝室の一角が犬たちの落ち着ける場所になっています。

犬がその場所にいる時は、つい気になってのぞきたくなる気持ちもわかりますが、犬が落ち着けるようにのぞきこんだりせずにそっとしておいてあげましょう。

また、自分がバタバタ動いているというのはなかなか気づきにくいものですが、自分自身の落ち着きのなさを自覚したら修正することは可能です。

多いのが、ドアを勢いよく閉めてしまうのと、電話やチャイムが鳴った時に小走りになってしまうことです。
自覚しても漠然と直そうと思っているだけでは変わらないので、移動する時は「ゆっくりゆっくり」とつぶやきながら意識してゆっくり歩くようにしましょう。
ドアを閉める時も、ドアがちゃんと閉まるまでドアノブから手を離さないで静かに閉めるよう、普段から意識しておきましょう。

うちの母にも、「さて!」と気合を入れるのはともかく、勢いよく立ち上がるのを自覚してもらい、意識してやめてもらいました。

子どもがいて騒ぐ場合は、犬のそばで騒がない、走ったりしない、遊ぶ時は別の部屋で遊ぶなど、親が教えてあげる必要があります。

情操教育のために犬を飼う家庭がありますが、犬を飼うだけでは情操教育にはなりません。
親が犬に正しく接し、それを子どもに教えてあげなければ意味がないのです。
》「子どもの情操教育に犬を飼う」は大人の正しい知識が大前提

根気が必要ではありますが、繰り返し何度も教えて子どもに理解してもらえば、そう難しいことではありません。

また、自分自身が忙しい生活の中でイライラしている場合は、毎日10分でもいいので自分なりにリラックスタイムを作ってみましょう。

瞑想とまではいかなくても、何も考えずただボーッとするだけでいいのです。

アロマを炊いてもいいし、音楽を聴くのでもいいです。

どんな方法でもいいので、毎日必ずリラックスタイムをとるのが大切です。

イライラしている人に飼われている犬も、同じようにストレスレベルが高くイライラしがちです。

まずは飼い主がリラックスしてイライラを取り除けば、犬も自然とリラックスします。

毎日とにかく忙しいという人は、意識してまったり過ごしてみて下さい。

 

問題行動解決の第一歩

「散歩不足」「退屈」「飼い主の落ち着きがない」

以上3つの問題行動の原因についてお話しました。

もちろん、問題行動の原因はこれだけではありませんが、原因を知ることは問題行動解決の第一歩になります。

原因を究明せずに問題行動だけを改善しようとしても、それだけでは上手くいきません。
正しい原因を知り、適切な対処をし、根本的に解決しなければならないのです。

色々試しているけどなかなか愛犬の問題行動が良くならない、むしろなんか悪化してる…?という飼い主さん。

問題行動そのものをどうにかしようとするよりも、まずは原因究明が先です。

その上でストレスマネジメントをし、新しいことを教えたり散歩の練習をしたりするのはそれからですよ。

スポンサーリンク

 

おまけ

るーこはたくさん走ると(いつも以上に)アホっぽい顔をします。

いつもどこか間の抜けた顔で、ぽけ~っとしてるので癒し系と言われているるーこ。

いや~~~可愛いわぁ~なんてアホっぽいんだろう(褒めてます)。

ちょっとはしゃぎすぎると舌がペロンってなっちゃったりして。

るーこは今年で3歳のはずなんですけど、いつまでたっても子犬っぽいパピパピした感じが抜けないし、
正確もパピーっぽいし、いい顔してるしとっても可愛いと思う(親ばか)。

のんちゃんとはまた違った可愛さがあります。

るーこはシャッター切るまでこっち見ててくれるので撮りやすいのです。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です