無意識に犬をいじめてない?愛犬がそばに寄ってこない理由

可愛がっているつもりでも、無意識に犬をいじめていませんか?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、愛犬がそばに寄ってこない理由は、無意識にいじめてしまっているせいかも?というお話。

高校時代の友人から、
「最近、愛犬が寄って来てくれない」
と相談されました。

「ちゃんと可愛がっているつもりなのに、なんか嫌われてるっぽい」
とのことなので、普段どんな接し方をしているのか聞いてみました。

そしたら、とある強制訓練系のトレーナーについてトレーニングをしていたらしく、
吠えるというので空き缶に小石をつめて投げつけたり、
仰向けにして毎日1時間押さえつけたり、散歩の時も常にツケで匂い嗅ぎもさせずに歩いたり、
挙げ句に電気ショックの首輪も使ったと言うのです(電気ショック首輪はあまりにかわいそうですぐやめたとのこと)。

そりゃあ犬に逃げられるよ、というような接し方をしていました。

これで「ちゃんと可愛がっているつもり」と言われてしまうのですから、犬もたまったもんじゃないでしょう。

今日はこの、可愛がっているという思い込みから、無意識に犬をいじめてしまう危険性についてお話します。

スポンサーリンク

 

犬が寄ってこないのは飼い主が嫌なことをするから

愛犬がそばに寄って来てくれないという悩みを持つのは、なにもこの友人だけではありません。

ペットショップに勤めていた頃から、けっこうな頻度でこの相談を受けてきました。

人に飼われている犬の多くは、飼い主以外の知らない人でも、たいていの場合自分から近寄っていきます。

人に対する警戒心がもともと薄いのです。

なので、その人間がよからぬことを企んでいたりすると、あっさりと犠牲になって虐待の対象になってしまうのです。

犬は、人間が隠し持っている悪意を見抜く力はないのです。

悪意ある人間の行動がわからないのは仕方ないのですが、飼い犬にとって問題なのは愛情を注いでくれるはずの飼い主の行動も、やっぱりわからないところがあるということです。

犬は人間の表情や声、時ににおいで気持ちや機嫌を判断します。

しかし、「いい子ね~」と褒める声、表情で言われているのに、その一方でジャークで首を絞められたりするのです。

家にいる時はベタベタに甘やかしてウザイくらい可愛がるのに、外に出ると途端に匂い嗅ぎもさせずにリードをグイグイ引いて、
飼い主の左側を無理矢理歩かせて、可愛がっているとはとても言えないことをされます。

いきなり仰向けに押さえられて抵抗したら、さらに強く押さえ込まれ、ひどい恐怖を与えられることもあります。

もちろん飼い主に悪意があるわけではなく、どこかで読んだり聞いたりした方法を、実践しているだけのことなのです。

でも犬にしてみたら、そんなことが繰り返されれば、飼い主に対して混乱し、不信感を抱くようになるでしょう。

愛情を感じる反面、いきなり何をされるかわからなくて不安になるのです。

不安の方が大きくなってくると、犬は飼い主のそばに近寄らなくなるのです。

スポンサーリンク

 

「可愛がっているつもり」は危険

自分では可愛がっているつもりでも、それに行動が伴っていない飼い主さんは多いです。

どれだけ愛情を注いでいるつもりでも、実際の行動が犬に不安や恐怖を与えていては、
犬を可愛がっていることにはなりません。

チョークチェーンを付けてグイグイ引っ張っている人を見ると、「犬をいじめてるよなあ」と思ってしまう。

一言「やめて下さい」と言いたくなります。

可愛がっているという思い込みは、実際に自分がどんな行動をしているか、気づかないのでとても危険です。

可愛がっているのに犬に好かれていないと感じたら、思い込みを捨てて今自分がどんなことを犬にしているか、
自分の行動に対する犬の反応はどんなものか、色眼鏡なしに見てみましょう。

手を使ったコミュニケーションは犬にとって怖い

1日に何度も愛犬を撫でている、触っているという飼い主さんは多いでしょう。

意識してやっているわけではなく、もはや癖になってしまっているので、自分では気づかないことも多くあります。

愛情表現だったり、挨拶代わりだったり、撫でたり触ったりする理由は色々あるでしょう。

しかし、犬に限らず、ほとんどのほ乳類は人間や猿のように「手を使う動物は非常に少なく、多くの動物は四本足です。
なので、その四本足の動物たちに対して「手」を使って何か行動を起こすというのは、動物にとって予測不能であり恐怖心を与えることがあるのです。

わたしたちが愛情表現のつもりで、可愛がってやっているつもりのことが犬たちには理解出来ず、逆に怖がらせてしまうのでは意味がありません。

また、中には犬が嫌がっているのをわかっているのに撫でるのをやめない人たちもいるから困ったものです。

こういう人たちには、嫌がっていることを認められない、撫でれば落ち着くと思っているなど、大きく分けて二つの理由がありますが、せっかく嫌がっていることを理解出来ているのなら即座にやめてあげるべきです。

その方が犬と仲良くなれますし、犬にも好かれるはずですよ。

犬を撫でるのは、犬の方からどばに寄って来て「撫でて」と要求してきた時だけです。

 

犬にそばに来て欲しいなら安心出来る飼い主になろう

ではどうすれば犬が近寄って来てくれるのかと言うと、答えは簡単です。

犬の嫌がることをしなければいいのです。

飼い主が嫌なことをやめてくれれば、犬はまたそばに寄って来てくれるようになります。

ただし、せっかく近寄って来てくれても、あちこちなで回したり、いつまでも話しかけていては犬にとってやはり不快なことです。

犬がそばに来ても、撫でたり話しかけたりせず、ただ隣にいてあげればいいのです。

そうすれば犬はお尻や背中をぴっとりと付けて、安心して寝てくれるようになるでしょう。

そしてせっかく信頼を取り戻した時にやってしまいがちなのが、
ちょっと虫の居所が悪くて犬に八つ当たりをしてしまう、といったことです。

八つ当たりというのは、犬にとって予測不能ですし、信頼を裏切ってしまう決してやってはいけないことです。
それだけにショックも大きいでしょう。
▼関連記事
犬に八つ当たりした最悪な1年間

犬には常に、穏やかな気持ちで接してあげたいものです。

飼い主が常に穏やかな気持ちでいれば、犬たちも安心してそばでくつろいでいられるようになります。

スポンサーリンク

 

おまけ

最近、仕事に行く前に「僕のヒーローアカデミア」を
1巻ずつ読むのが習慣になっております。

何アレ…あんなに漫画にハマったの久しぶり。

ジャンプってここ何年もONE PIECEしかまともに読んでない。

早く新巻出ないかななんてワクワクすんのも何年ぶりだろう。

とりあえず読めば読むほどオールマイトがヒロイン属性てんこ盛りで笑う。

そしてわたしが漫画読んでる間、犬たちはぐーすか寝てる。
いいことだ。

そしてわたしが漫画読んでると必ずといっていい程、構ってもらいに来るのんちゃん。

こんな感じ。

近っwww
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

スポンサーリンク

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です