犬を「色んなものに慣れさせる」のは本当に必要?慣れさせるなら本当の意味で「犬のペース」を守ろう

「色んなことになれる」は本当に必要?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、犬を色んなことに慣らすということについて。

最近TwitterのDMの方から、

「うちの犬は〇〇が出来ないんですけど、どうやって慣れさせればいいですか?」

「うちの子は〇〇が苦手なんですけど慣れさせた方がいいですか?」

そんな質問をよく受けます。

しつけ本やサイトを見ていても、子犬を迎えたら苦手を作らないために小さい頃から色んなことに慣れさせましょうと書いてあります。

子犬だけでなく、保護犬を迎えた時も、色んなことに慣れさせて出来るだけ苦手を作らない方がいいと言われています。

もちろん、無理をさせずに犬のペースに合わせて、と書いてあることが多いです。

確かに色んなことに慣らすことは必要ですし、無理をさせず犬のペースに合わせてあげることは大事です。

でも、実際に、本当に犬のペースに合わせて慣れさせている人がどれだけいるでしょうか。

そして、人間が犬に慣れて欲しいと思っていることは、本当に犬にとって必要なことなのでしょうか。

愛犬に苦手を作らないようせっせと色んなことに慣れさせる努力をしている飼い主さん、ちょっと立ち止まって、ぜひ読んでみて下さい。

それは犬にとって必要なこと?

犬が「苦手」になりやすく、なおかつ「慣れさせましょう」と言われていることに、以下のようなものがあります。

  • 雷の音や花火の音、街中の賑やかな音、生活音などの「音」
  • お出かけの時の人混み
  • 色んな恰好の人
  • グレーチングなど色んな材質の上を歩くこと
  • 病院での診察時に体を触られること

確かに、慣れていた方が犬にとってもストレスがないでしょうし、人間だってこれらのことに慣れていてくれたら楽ではあります。

しかし、よく考えれば無理に慣らす必要がないことでもあります。

例えば雷や花火の音は、慣れなければいけないほど日常的にするわけでもありません。
慣れさせようとこういった音が収録されたCDを留守番の間など長時間聞かせ続けることをすすめるトレーナーもいます。
こういったやり方を「濁流法」というのですが、これは一つ間違えればトラウマを作りかねませんし、何より長時間不快な音を聞き続けるのですから犬にとってはストレス以外のなにものでもありません。

街中の賑やかな音は、そういった場所に住んでいれば自然と慣れるでしょうし、そもそも街中なんかに犬を連れて出かけてはいけません。

空き缶が転がる音とか、風船が割れる音に慣れさせましょうと言う人もいますが、そういう音こそ日常生活では聞かないものです。

しかも、犬は人よりもずっと耳がいいのです。

人間だって不快に感じる音なのですから、犬にはもっと苦痛な音になります。

人混みに関してですが、わたしはそもそも犬を連れて人混みに出かけることをすすめていません。
ゴールデンウィークや夏休みなどに犬を連れてリゾートに出かけるという飼い主さんには、やめてもらうようにお願いしています。
なので、お出かけの人混みというのもわざわざ慣れさせる必要はありません。

制服姿や作業着姿の人に吠えるという場合に、しつけ教室でハロウィンや仮装パーティーのような恰好をして慣れさせようとするトレーナーがいます。
しかし作業着や制服に吠えるのであればその服装に慣れさせなければいけないはず。
ハロウィンや仮装パーティーのような奇天烈な恰好をした人に遭遇することは、日常生活ではまずないはずです。
従って、しつけ教室でそんな恰好の人に慣れたところで日常生活には何の意味もないのです。

道路の側溝の、金属の網状の蓋、グレーチングっていうんですけど、あれに苦手意識を持つ犬は多いです。
慣れさせようと無理にグレーチングを渡らせる飼い主さんがいますが、犬にしてみれば崖から突き落とされるようなものです。
子犬や小型犬なら抱っこしてあげればいいだけですし、中大型犬なら大きくなれば飛び越えるという選択肢が出来ます。それまでは飼い主が抱っこで手伝ってあげればいいのです。

触られるのに慣れさせるため「仰向け抱っこ」?

犬が慣れる必要がない最たるものが、「仰向け抱っこ」です。

リラックスポジションなどと言われていることもあります。

犬を落ち着かせるためだとか、触られるのに慣れさせるためだとかいう目的で、いまだに多くの飼い主さんが実践してしまっているものです。

「病院での診察を楽にするために、体のどこでも触られて大丈夫にしておくために必要だ」という獣医師もいます。

子犬の内から全身を触られたり、治療を受けいれられるようにするように育てることは必要ですし、その点では同意出来ますが、そこでなぜ仰向け抱っこが必要というようになるのでしょう。

拘束されることを受け入れられるようにするためとのことですが、これでは本末転倒です。

仰向け抱っこは、ただでさえ犬にとってはされる意味がわからず、苦痛なものです。

仰向け抱っこをされた上で、さらにあちこち触られるようなことをされたら、嫌なことに更に嫌なことの上塗りで、犬は仰向け抱っこも触られることも嫌いになってしまいます。
仰向け抱っこで拘束され続けていれば、病院で保定されるのも嫌がるようになって、噛みつくようになるかもしれません。

ブログでも何度も言っていることですが、仰向け抱っこは犬にとって(飼い主にとっても)、百害あって一利もないことなのです。

 

スポンサーリンク

 

犬のペースで慣れさせるとは

色んなことに慣れさせましょうと書いている本やサイトでも、必ず「犬に無理をさせず犬のペースで慣れさせましょう」と書かれています。

しかし多くの場合、本当の意味で犬のペースで慣れさせるということが出来ている人は少ないです。

色んな音に慣らしましょうと1日中CDを聞かせたり、普段歩かない材質の上を歩かせたりというのは犬のペースを無視しているやり方です。

触られることに慣らすと言って仰向け抱っこをしたり、おやつで釣りながら触るといったやり方もそうです。

触られることに慣れて欲しいのであれば、犬の方が自分から「撫でて」と寄ってきた時に、犬の様子をよく見ながら、嫌がらない場所を嫌がらない範囲で撫でてあげるのです。
そうしていれば「この人は嫌なことはしない」と思ってくれます。

これが「慣れてもらう」上で大事なことです。

嫌なことをしない人と犬に認識してもらい、実際にその通りに行動していると、病院での診察などでちょっと我慢してもらわないといけない時に、ちゃんと協力してくれるようになります。

のんちゃんは一時期ひどく物音に敏感になって、触られることを嫌がるようになったことがありました。

なので、全く触らないようにし、わたしのそばにいても嫌なことは何も起きないということをのんちゃんが自分で納得するまで続けていたら、だんだん触られるのも大丈夫になりました。

今では必要な時はどこでも触らせてくれます。
もちろん、必要ない時や、のんちゃんが「撫でて」と来た時以外には触りません。

るーこは小さい頃からそうやって育てているので、病院での診察には協力的です。
体のあちこちを触る練習なんてしたこともない。

もし、のんちゃんにもるーこにも、おやつをご褒美に使いながら触る練習をしていたら、特にのんちゃんなんて怒って噛みつくようになっていたでしょう。

おやつを使うと「ご褒美があるんだからこれくらいいいでしょう」という気になって、知らず知らず犬のペースを無視して、無理なことをやらせるようになってしまいます。
その点でも、おやつをご褒美に使うのはおすすめしません。

最悪、おやつと嫌なことを関連付けてどっちも嫌いになってしまうこともあるし、おやつの興奮と関連付けてやたら興奮するようになってしまうこともあります。

音にも人にも何にでも、無理に慣らそうとすると思わぬ弊害が出て来るものです。

そうならないように、本当の意味で「犬のペースで」慣らすことが必要なのです。

 

「苦手」を認めてあげる

確かに「苦手」がなく、色んなことに慣れておいた方が生活は楽に出来るかもしれません。

でも、苦手なことって他人が無理に慣れさせようとしたところで、自分の意思で克服しようとしなければ意味がないのです。

何より、苦手なことを「さあ慣れなさい。出来るようになりなさい。あなたはこれ苦手でしょう」って言われ続けるのってすごく精神的につらいことだと思うんです。

苦手なことに慣れさせるために何度も何度も繰り返し苦手なことをさせていると、犬の中で「ちょっと苦手」くらいだったのが「ほんともうこれ以上ないくらい苦手」になって取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

まずは犬の「苦手」を認めてあげて、慣れさせるよりも出来るだけ回避する手段を考えましょう。

そして、それは本当に慣れさせる必要があるものかどうかを考えましょう。

慣れてくれれば人間は楽というものはいくらでもありますが、それは犬に無理に慣れさせる理由にはなりません。

犬が苦手なものにはそれなりの理由があるのです。

それを、「これくらい大丈夫でしょう」と飼い主が勝手に判断してはいけません。

苦手を認めて、出来る限り回避し、無理に慣れさせようとしなければ、いつの間にか克服していることもあります。

無理に慣らそうとせず、まずは回避して安心させてあげた方が犬のためになります。

 

スポンサーリンク

 

犬にだって苦手があると認めよう!のポチッをお願いします。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

今日は1日雨でした。

朝はまだ晴れてくれてて、散歩にしっかり行けたので良かった。

のんちゃんもるーこも、1日ぐっすりでした。

雨だと活動量が落ちますよね。
あとよく寝る。部屋が薄暗いからかなあ。

わたしは午後はずっとDVD見てゲームしてと好きに過ごしてました。

ゲームが…わたしがやっと折り返し地点に来てる間に、友人は3周終わらせたそうです…すごいな。

うっかりってレベルじゃなくネタバレしてくるので彼女がゲームの話始めたら耳塞いでます。笑

犬たちがいなかったら普通に夜明かししてプレイしてるけど、毎朝の散歩というイベントがあるからわたしの健康的睡眠時間は確保されています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です