頑張っている飼い主さんへ|「完璧」を辞めましょう

   

こんにちは!

今日も犬にぶつかられ、蹴られながらブログを書く犬になりたい犬ブロガーの瀧沢かいるーです。

さて、先日わたしは熱を出して仕事を休みました。

別にずる休みでも何でもないし、休まざるをえない状況だから仕方ないんだけど、それでも仕事を休むのって何だかすごく申し訳なくて悪いことのように感じるんですよね。

やらなければならないことがあると、仕事でも学校でも、無理をしてでも頑張る、というのが日本では良いことだとされてますね。それがブラック企業だったり過労死だったりにつながってるんですよね。

これ、犬のしつけにおいても同じことが言えるんです。

真面目な人ほど、完璧に犬を育てよう、しつけをしよう、完璧な飼い主でいようと思ってしまっているような気がします。

もっとまったり、気楽にやればいいのにな~と思っています。

 

「完璧」を辞めよう

犬に無理をさせていることに気づかない

何事も完璧に頑張る習慣がついている人は、犬にも「完璧」であることを求めがちです。

しかし、完璧な人がいないのと同じように、完璧な犬なんていないのです。

何かしら、大なり小なり飼い主が「うーん…」と思うところがあります。引っ張りだったり、吠えだったり、食糞だったり…うちのシェルティは未だに食糞します。もう諦めてます。

そういうところを全て完璧に良くしようとすると、犬に無理を強いることになります。犬が「もう無理!」と悲鳴を上げていることに気づかず、その結果犬にとってストレスになり更なる問題行動を起こしてしまうのです。これがまた飼い主にとってストレスになるという悪循環を生み出すのです。

頑張っても出来ないことは出来ない

飼い主として、愛犬に良い子でいてほしい、大人しく散歩してほしい、吠えないでほしいと思うのは当たり前のことです。

しかし、全てを完璧やろうとするとあなたにとっても犬にとってもストレスになるのです。

頑張らなきゃ、出来るようにならなきゃ、という思いはいったん忘れましょう。

「どうしてもこれが出来ないとダメだ」と思っても、出来ないものは出来ないのです。

犬の場合、どうしても性格的に吠えやすい、興奮しやすい、神経質だとかいうことがあります。

そういうのも「まあ、いずれ出来るようになるだろう」と気楽に構えていたほうが、案外上手くいくこともあります。

うちのシェルティもなかなかおトイレが出来ず、いつまでたっても失敗ばかりでしたが、「まあその内出来るようになるよ」と思っていたら、生後7ヶ月になって突然失敗がなくなりました。そんなもんです。

もちろん、ストレスからくる問題行動は改善しないとならないし、全ての問題行動を直さなくて良いというわけではありません。しかし、直そうとするその行為が犬にとっても人にとってもストレスになっては意味がないのです。

出来ないものは出来ないと受け入れて、もっとまったり暮らしましょう。

あなたが完璧でなくても犬はちっとも構わない

真面目な人ほど、犬にとって完璧な飼い主であろうと気が張っていると思います。

でも、犬はあなたが完璧でなくってもかまわないんです。

散歩をちょっとくらいサボっても、ご飯が手抜きでも文句を言ったりしません。

あなたが優しく、信頼出来る人であるならそれで構わないのです。

だから、疲れていたら無理して仕事帰りに散歩に行かなくてもいいし、時間がなければ手作りご飯やトッピングをしなくても構わないのです。

そこで無理をすると、ストレスになります。あなたのストレスを、犬は敏感に感じ取っています。飼い主さんが疲れている時にお散歩に行くと、オシッコもウンチもせずにさっさと帰る犬が多いのは、犬なりに飼い主を気遣っているからです。

無理をしすぎると、育児ノイローゼならぬ、育犬ノイローゼになることだってあります。

もちろん、散歩に行かない日が何日も続いていいわけではないですし、ほったらかしでいいというわけではありません。

無理をせず、何か出来ないことがあってもそれをストレスに感じないようにしましょう。

飼い主の事情を、犬はちゃんとわかってくれます。

 

まったり気楽に暮らそう

犬と暮らすのって、本当に楽しくって幸せなことです。

しかし、頑張りすぎて自分も犬もいっぱいいっぱいになっている人を時々見かけます。

楽しいはずの犬との暮らしがストレスだらけなんて人は、意外と多いのです。

犬と暮らすのって本当に楽しいものです。

あなたも犬も「完璧」である必要はありません。世界にたった一つしかない、あなたと愛犬にしか暮らせない日々を楽しんで下さい。

もっと肩の力を抜いて、まったり気楽に暮らしましょう。

 - まったり育犬, 犬との接し方・関係作り