子犬が育つ「環境」が将来の問題行動を左右する

子犬が育つ環境にもっと目を向けよう!

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、子犬が育つ環境と犬の問題行動の関係についてです。

今朝、るーこの散歩中に、目の前を猫の親子が通り過ぎていきました。

母猫と、子猫が2匹。子猫は生後3ヶ月くらいでしょうか。今年の春に生まれた子かな?
母猫は車が通る道路から遠いところを歩き、子猫はその後をちゃんとくっついて行く。

畑に入っていったところで、子猫の一匹がその場でおしっこを始めました。

るーこはけっこう猫好きなので立ち止まってじっとガン見していましたが、母猫はこの辺りで何度か会っている子で、わたしのカーミングシグナルにも応えてくれる子なので、今日も同じように瞬きをしてあげたら瞬きを返してくれました。
そのまま、子猫がオシッコを終えるのを待っています。
るーこがガン見していても気にしている様子はなし。

子猫がオシッコを終えると、母猫はまた子猫たちを引き連れて茂みの中に消えていきました。

母猫が、こうやって子猫の道の安全な歩き方を教えているのをよく見かけます。

犬も場合も、こうやって教えてあげればいいのにと思います。

子犬を飼い始めてしばらくたったという人から寄せられるお悩みで一位、二位を争うくらい多いのが、散歩が上手に出来ないというものです。

子犬も子猫と同じで、親犬や年長の犬だけでなく、人間にもついてくる習性があるので、子犬の頃にそうやって安全な道をゆっくり歩いてあげると、その後にくっついて自分で歩き方を学びます。

子犬はリードをつけて歩く練習の前に、リードをしない状態でたっぷり人や犬の後を追いかけさせておくと、ちゃんと自分で学習するので、その後の散歩の練習もとっても楽になります。

るーこはこうやって、10mのロングリードをつけた状態で公園を歩きながら、わたしやのんちゃんの後を追いかけさせて歩く練習をしたので、その後の道路での散歩デビューでつまづくことはありませんでした。

しかし、多くの飼い主さんがこの大事な行程をすっ飛ばし、子犬にいきなりリードをつけて歩かせようとするので、後々に散歩が上手く出来ないという問題にぶち当たるのです。

この散歩問題だけでなく、犬の問題行動の多くは、子犬の社会化感受期に過ごす環境によって大きく左右されます。

この社会化の感受期の重要性が、もっと多くの飼い主の間に広まって欲しいと思います。

そこで今回は、社会化期に子犬がおかれる環境と、その後の問題行動についてお話します。

子犬を飼う予定があるという方、子犬を飼ったばかりだという飼い主さん、ぜひ読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

「社会化感受期」の重要性

子犬の場合、社会化の感受期は、3週齢から10~12週齢くらいまでと言われています。

この時期に、色んな経験をさせてあげることが大切です。

それが子犬の一生に大きく影響を与えるのです。

2012年に動物愛護法の改正があり、生後56日(8週齢)未満の子犬子猫の販売や展示を禁止するという文言が盛り込まれました。

しかし、これにはいくつかの抜け穴があるのです。

禁止するのは「販売」と「展示」だけ

改正後の動物愛護法が禁止しているのは、8週齢未満の子犬子猫の、販売・展示だけです。

つまり、親兄弟から引き離すことは禁止していないのです。

となると、ペットショップは8週齢より早い段階で子犬を仕入れ、8週齢になったと同時に店頭に展示することが出来るというわけです。

実際、改正後もわたしもペットショップで働いていましたが、店には8週齢ギリギリの子犬子猫が輸送されてきました。

日本には「小さければ小さいほどかわいい」という意識がいまだにあります。
子犬も子猫も月齢が小さければ小さいほど商品価値が高いので、ペットショップは出来るだけ幼い状態で生体を仕入れたいのです。

現に、この生後8週齢規制がなかなか盛り込まれなかったのは、ペットショップ業界の強い反対があったからです。

大事なのは、展示・販売だけでなく、生後8週齢未満の子犬を親兄弟から引き離すのを禁止する、という文言を盛り込むべきです。

日本のかわいいもの好きについてはコチラの記事「日本人の「かわいいもの好き」が犬にもたらす問題点」に書いていますので、あわせてお読み下さい。

49日という緩和規制

またこの文言には、施行後3年間(もう過ぎています)は生後45日、その後別に法律に定める日(いつまでかはわからない)までは生後49日までとする、というよくわからない緩和措置がとられているのです。

せっかく文言に「56日(8週齢)」という文言が盛り込まれたにも関わらず、必要ない緩和措置のせいで効果が発揮されていないのです。

なので今もペットショップの子犬紹介ページを見ると、普通に生後49日前後の子が新入荷として紹介れています。

 

スポンサーリンク

 

子犬の「環境」に目を向けよう

45日にしろ56日にしろ、それまでの間は、ペットショップやブリーダー、保護活動家、または個人宅などのところにいるわけです。

重要なのは、この大事な時期に、子犬たちがどの扱いを受けているかです。

最近はペットショップで買うのは嫌だからブリーダーから買う、という話をよく耳にします。
少し前にチワワを飼ったという同僚も、「ペットショップってなんか嫌だからブリーダーにしたんだ」と言っていました。

ペットショップの問題がマスコミでも取り上げられるようになったことも大きく関係しているのだろうと思います。

しかし、ペットショップもブリーダーも、実際にはたいして違わないことをよく理解していただきたいです。

そもそも、ペットショップに子犬子猫を卸しているのはブリーダーです。

ブリーダーといっても色んなところがありますが、子犬を販売して利潤(もうけ)を生み出すには、犬をある程度の頭数を揃えて、どんどん出産させる必要があります。

しかし、本当に犬のことを考えれば、出産はせいぜい1~2年に1回、生涯で4度までがいいところです。

イギリスケンネルクラブでは、生涯の犬の出産回数を4回までに自主規制しています。

これを実行しているブリーダーが日本にどれくらいあるでしょうか?

いくつかのブリーダーのHPを見ても、去年も出産していた雌犬が今年もまた出産しているというのはよくあることです。

親犬だって毎日散歩に連れて行くのが当たり前ですが、何頭も飼っていたらそんなkとは不可能です。

狭い敷地や建物内にゲージをぎっしり置いて、50頭以上も犬を飼っているブリーダーなどはざらです。

時々、崩壊しては定期的にニュースになっています。

世話できないほどの数を抱えているから、病気がすぐに蔓延し、蔓延しても対処が出来ません。

寄生虫はもちろんのこと、ウイルス感染などもあります。

以前もお話しましたが、いい加減な繁殖による遺伝性疾患の問題もあります。

そんな「ブリーダー」から、お金を出して子犬を「買う」というのは、、まったくもってオススメできないことです。

ペットショップで働いていたわたしが言えたことではないですが、わたしは命の売買には反対です。
しかし、それはさておいても、商品を買うのですからもう少しよく選んで欲しいと、お客さんを見ながらいつも思っていました。

消費者が賢くなれば、悪徳商法はなくなるのです。

消費者が賢くなろう

社会化の大事な時期に、子犬がどんな場所で過ごしているのか、そこではどんな学習が可能なのか。

ブリーダーでもペットショップでも、子犬を買おうと思う人は見せてもらうべきです。

もし、締め切った室内のゲージの中に詰め込まれて、親犬から引き離されていたとしたら、その子犬はすでにストレスいっぱいです。

それは、個人宅や団体に保護された子犬でも同じことです。

親犬やそれに代わる犬と一緒に育ち、人間と同じ空間で育った犬は、落ち着いていて一緒に暮らしやすく、問題行動も出にくいです。

反対に、大事な時期を限られた環境で過ごした子犬は、脳の発達に遅れが見られたり、情緒的な安定を欠くのです。

そういう子犬を、見た目の可愛さで売りつけるというのは、悪徳商法と変わりありません。

こういった商法がなくならないのであれば、まずは消費者側が子犬の環境に目を向け、賢くなるしかないのです。

 

「環境」が子犬の将来を左右する

犬の問題行動が増えたように感じるのは、都市化など犬を取り巻く環境の変化も大きいですが、それとともにこのような商業繁殖された犬の増加が関係していると思われます。

また、子犬を保護しているという方は、その子の一生を左右する一大事に関わっていると自覚して下さい。

忙しいからと、ゲージやサークルに入れておいたり、散歩はワクチンが終わってからなどと言っていると、社会化不足になります。
今では獣医師も、子犬のワクチンが終わるまで散歩はしてはいけない、と言う人はまれです。

閉じ込められるストレスで、興奮度が高く不安定で噛みつきやすくなるなど、問題行動が出やすくなります。

せっかく保護しても、これでは譲渡後に飼育放棄リスクが増大します。

犬を取り巻く環境はあまりにも劣悪ですが、多くの方が知識や情報を得るということが、現状を変える上で重要なことなのです。

ぜひとも、「ペットショップは嫌だからブリーダーで買う」などと言っている人に、教えてあげて下さい。

もっと、子犬が育つ「環境」に目を向けましょう。

ペットショップの子犬の「感受期」についてはコチラの記事「問題行動の背景を考える~「感受期」について~」でお話しています。

 

ペットショップでの購入トラブルについてはコチラの記事「意識の高さが大切。ペットの購入トラブル」でお話しています。

 

いい加減な繁殖による遺伝性疾患についてはコチラの記事「「遺伝病」は当たり前?」でお話しています。

ぜひ合わせてお読み下さい。

 

スポンサーリンク

 

もっと「環境」に目を向けようのポチッをお願いします!
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

昨日、のんちゃんが発見したタケノコ。

今日ものんちゃん自ら観察に行っていました。

う~~~ん、ちょっと伸びたかな?

ここまで大きくなるともう食べられないね。

ところで今日は犬飯作りの日でした。

いつもは鍋だけど、今日はフライパン。
ジャガイモと人参と、トマト缶と、豆腐を、やわらかめに炊いたご飯とまぜて、鹿肉と一緒にいただきます。

すぐ隣でくつろぎつつも、おこぼれ待ちののんちゃんとるーこ。

残念。なにも落とさないよ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です