ストレスマネジメント「上手くいかない日」を乗り切る方法

「上手くいかない日」をどうやって乗り切る?

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、ストレスマネジメント初期の「不安」についてです。

まったり犬育を始めて、ストレスマネジメントをしばらく続けた飼い主さんから、よくこんなことを言われます。

「昨日までとても落ち着いていて上手くいっていたのに、今日はすごく興奮してしまっていた。

せっかく良くなってきていたのに、このまままた悪化してしまわないかと不安」

室内フリーにして散歩もまったりを心がけ、コマンドを出して命令するのもボール投げやディスク遊びもやめて興奮させないようにし、落ち着いた規則正しい生活を心がけると、少しずつ犬も落ち着いてきます。

でも、昨日までうまくいっていて、良くなってきていたのに、今日はなんだか興奮しっぱなしでよく吠えて、散歩中も引っ張ってしまい、イマイチ上手くいかなかった。

そんな時、「あれ、逆戻りしちゃった?」と多くの飼い主さんが不安になってしまうのです。

ストレスマネジメントを進めて行けば、上手くいかなかった原因も何となくわかるようになるのですが、始めたばかりの初期の頃だと原因もよくわからないので余計に不安になってしまいます。

でも、そうやって不安になってしまった時に、慌ててしまったり、早く落ち着かせようとしてしまうのがよくありません。

上手くいっている日も、今日はちょっと上手くいかないなという日も、ただ淡々とやるべきことをやってストレスマネジメントを心がけることが大事です。

今日は、ストレスマネジメント初期に多くの飼い主さんが感じる「不安」の解決法についてお話します。

愛犬のストレスマネジメントを始めたばかりだよという飼い主さん、上手くいく日といかない日があって不安になっているという飼い主さん、ぜひ読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

「上手くいかない日」があると不安になる

ストレスマネジメントの基本は、あらゆるストレスの原因を考え見つけ次第出来る限りの工夫をこらして排除していくことです。

犬が毎日をリラックスして穏やかに暮らせるように環境を整え、自分自身の犬への接し方を見直し、恐怖や不安や興奮の原因になっていることを日々の生活からなくしていくのです。

ストレスマネジメントを始めると、早いと1週間くらいで効果が見られるようになります。

すっとサークルに入れていたのを室内フリーにしたら、はじめは大はしゃぎだったけどだんだん落ち着いて、自分の好きな場所を選んで寝ているようになります。
ボール遊びやディスクキャッチ、アジリティなど、興奮させるようなことをやめれば、室内でも興奮せずに落ち着いていられるようになります。
リードワークを意識してまったり散歩をすれば、引っ張りも少しずつ直ってゆっくり歩けるようになります。
命令したりトレーニングするのをやめれば、飼い主に対して攻撃的だったり、逆にいつもビクビクした態度だったのがだんだん改善されていきます。

効果が実感出来るようになると、もちろん嬉しいですよね。

でも、始めて数ヶ月では、まだ完全にストレスレベルが下がったわけではないんです。

それまでストレスマックスだったのがだんだん下がってきて、マックスの頃のような問題はなくなっただけで、ちょっとしたことでまたストレス行動が出てしまうことがあるんです。

なので、昨日は散歩もまったり歩けて家でも落ち着いていられたのに、今日はなぜか散歩中に引っ張って興奮して、家でもウロウロ動き回ってちょっとしたことでよく吠えたということがよくあるのです。

そういうことがあると、飼い主さんは一気に落ち込んでしまいますよね。

「昨日は上手くいってたのに何で…」とあれこれ原因を考え、「またこのまま悪化してしまうんじゃ」とさらに不安になってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

「上手くいかない日」はよくあること

「なんか今日は上手くいかなかったな」って日があると、飼い主さんは不安に駆られるでしょう。

でも、ストレスマネジメントを始めたばかりならこういう日はよくあることなのです。

高ストレス状態で興奮も高い時や、恐怖や不安、それによるストレスが強い時は、犬自身どうしていいかわからなくて、何となくイライラしたりむしゃくしゃすることは多いです。
原因はひとつだけでなく、複数の原因が重なっていることもあります。

それから、飼い主さん側もまだ犬目線で考えるということが見についていない時期でもあり、どうしても最大限の配慮が出来なかったり、心配するあまり過干渉になってしまうのです。

こういう時にこそ、淡々とストレスマネジメントを続けることが大事です。

上手くいかないことがあるたびに落ち込んでいるようだと自分が辛いし、犬にもストレスがかかかってしまいます。

「何で上手くいかないんだろう」と思い悩まず、いい日もあれば悪い日もあるというように考えて、ちょっとくらい良くないことがあってもいちいちがっかりしないようにしましょう。

 

飼い主さん自身が「動揺しない」

ストレスマネジメントを続けていく際に大事なことは、まず飼い主さん自身が落ち着いて、ちょっとしたことで動揺しないことです。

上手くいかない日というのは、何もストレスマネジメント中に限りません。

ストレスマネジメントがだいたい終わり、落ち着いて毎日を過ごせるようになっても「なんか今日は落ち着かないな」ってことはちょくちょくあります。

散歩中に苦手な犬と鉢合わせしてしまい興奮して引っ張ったとか、雷が鳴ったり花火大会があったりしてひどく怖がってしまったとか、家に何回もお客さんが来て興奮して吠えてしまったとか。
のんちゃんやるーこでも、いまだにそういう「上手くいかない日」があります。

そういう時にどうするかというと、特に何もしません。

「嫌だったね~」とか「怖かったね~」くらいの声かけはしますが、落ち着かせようといつもより長めに構ったり、心配でしょっちゅう様子を見に行くということもしません。

大事なのはいかにいつも通りの生活が出来るか、です。

そのためにはまず、飼い主自身がいつも通りの生活をし、落ち着いて過ごすことです。

ストレスマネジメントが進んでいる子であれば、万が一大興奮してしまうようなことがあっても翌日には落ち着いて過ごせるようになっているでしょう。

ストレスマネジメントにゴールはありません。
なので、毎日毎日、淡々とストレスマネジメントを続けていくことが重要なのです。

淡々と続けていると、半年後とか、1年後とかに、とても大きな変化があることに気づきます。

その頃になっても「上手くいかない日」というのはありますが、それくらい続ければ飼い主さんも原因がわかるようになります。

始めたばかりの頃は上手くいかないということはわかっても、その原因がわからないことが不安になってしまう原因の一つです。

「もっとこうして欲しい」「もっとこういうことが出来る子になって欲しい」ということは考えず、どうすれば犬が毎日を快適に穏やかに過ごせるかを考えてあげましょう。

そして、まず自分自身が落ち着いて穏やかな気持ちで毎日を過ごせるようになりましょう。

ストレスでイライラしたり、不安をたくさん抱えている人間と一つ屋根の下に暮らすのは、犬にとって決して快適で穏やかな生活とは言えません。

犬のちょっとした行動に不安になりすぎていないか、気にし過ぎていないか、自分自身の状態も確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

上手くいかなくても大丈夫!のポチッをお願いします。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

草の上でゴロゴロお嬢様。

のんちゃんは、本当に気持ちいいとこんな風にゴロゴロします。

子犬の頃はよくやってたんだけど、今はあんまやらなくなったな。
昔はあんな芝生の上でゴロゴロするの好きだったのに。

こういう時、一緒にゴロゴロしてあげると喜びます。

この日は前日に雨が降ったから土も湿ってたんだけど、ゴロゴロしたらとても気持ちよかったよ。

犬は本能的に気持ちいい場所がわかるんだろうなあ。

のんちゃにゃるーこがゴロゴロしてる場所はほんとに気持ちいいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です