「愛犬を二度と叩きたくない」そう思ったら今すぐやるべきこと

愛犬を二度と叩きたくないならすぐやるべきこと!

こんにちは!

犬になりたい犬育ブロガーの瀧沢かいるーです。

今日は、愛犬を二度と「叩かない」ために今すぐやるべきことについてです。

先日、TwitterのDMでこんな質問を受けました。

「わたしは今まで何度も愛犬を叩いてきました。
そのたびに、二度と叩かないと思うのですが、カッとなってまた叩いてしまいます。

二度と愛犬を叩かないでいるためにはどうすればいいですか?」

ちょっとしたことでイラっとして愛犬を叩いてしまうという飼い主さん、そしてそれが日常的になり、だんだん罪悪感がなくなってしまうという飼い主さん、今までたくさん見て来ました。

叩いたその直後は「またやってしまった…わたしってなんて最低な奴なんだろう…」と落ち込み、「もう二度とやらない」と思うのですが、喉元過ぎれば熱さ忘れるで数日後にはまた叩いてしまうんです。

「愛犬を二度と叩きたくないと思っているのに、叩いてしまう」という飼い主さんから、今までたくさん相談を受けて来ました。

数年前までわたしもそうでした。

仕事のストレス、イライラのせいで、のんちゃんがちょっとでも気に入らないことをしたり、言うことを聞かなかったりすると、怒鳴りつけていました。

叩いたってことはないけど、叩くフリはよくしてのんちゃんを脅かしてました。
そのせいで、のんちゃん、叩かれたのは1回だけど、今でもわたしが急に手を振り上げるとビクッとします。

そんな日が1年くらい続いたでしょうか。
その間のことってあまり覚えていないんだけど、のんちゃんを怒鳴ってたってことはよく覚えています。

愛犬を二度と叩かないでいるためには、まず叩いてしまう原因となる考え方を改める必要があります。

そして、犬が直接の原因でなく他にイライラする原因があるのなら、それを改善しなければなりません。

何より大事なのが、「二度と叩かない」ということを強く誓うことです。

今回は、愛犬を二度と「叩かない」でいるために今すぐやるべきことをお話します。

愛犬を叩いてしまうのが辛い、何とかしてやめたいけどすぐまた叩いてしまう、そんな風にお悩みの飼い主さん、ぜひ読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

叩いてしまう原因となる「考え方」

あなたはどんな時に犬を叩いてしまう、もしくは叩きたくなりますか?

たいていの場合、愛犬を叩いてしまうという飼い主さんに原因をうかがうと、以下のようなことをおっしゃいます。

  • 愛犬に馬鹿にされた・見下されたような気がした時
  • 言うことを聞かない・気に障るようなことをした時

この考え方自体が大きない間違いであり、犬を叩いてしまう原因になっています。

まずは、この「考え方」を改める必要があります。

馬鹿にされた・見下された

「そんなことをしたら犬に馬鹿にされる」

「飼い主は犬に見下されてはいけない、リーダーになるべき」

トレーナーやしつけ本が口をそろえて言っていることです。

今では公然とこんなことを言うトレーナーは少なくなり、「犬に信頼されるような飼い主」「犬が安心できるような飼い主」になれと言っていることが多いですが、それでも目指していること、根本的なことは変わらないのです。

そもそもなぜ、犬が人を馬鹿にする・見下すという考えになるかというと、パックリーダー論に基づく順位付けがつきまといます。

  1. 犬は群れをつくる生き物である。
  2. 群れには1位(アルファ)、2位(ベータ)、3位(ガンマ)というような確固たる順位付けがある。
  3. そのランキング構成には人間も含まれている。

といったような考え方です。

しかし今では、1も2も3もすでに否定されているのです。

このパックリーダー論は犬の祖先といわれるオオカミの研究をもとにされたものですが、アルファ論を世に広めたDavid Mech博士が20年前にすでにこれを否定しています。

そもそも今わたしたちがともに生活するイエイヌは順位付けの意識が希薄であることがわかっています。
犬は群れなんて作らず(同じ場所に複数の個体がいる「集団」は作りますがそこに順位付けはありません)、犬は人間を仲間として一緒に暮らすことは出来ますが同種としては認識していません。
なので、例えランキングがあったとしても人間はその構成には含まれないのです。
自分とは違う種の動物を、順位付けの構成に組み込むのは人間くらいなものです。

そもそもランキングがないのですから、馬鹿にする・見下すなんてことがあるはずもないのです。

他者を馬鹿にしたり、見下したりするためには、自分と相手を比べて劣っているかどうかを判断する力が必要になります。
しかし、犬は人間と違って、自分と他者を比べることはないし、ましてや劣っているか優れているかを比べることもありません。

犬は、犬相手でも人間相手でも能力の優劣ではなく、そのままを受け入れてくれます。

そんな純粋な犬相手に、「馬鹿にした」「見下した」と行動の一つ一つに目くじらを立てるなんて、「人間ってなんてみっともないんだろう」と、もし犬が呆れるということがあるならとうに呆れて見放しているでしょう。

言うことを聞かない・気に障ることをする

犬が人間を「馬鹿にする」「見下す」と思っていると、犬が言うことを聞かなかったり、人間の気に障るようなことをした時に、人間は自尊心を傷つけられたと感じます。

この「自尊心」というのがやっかいで、人は誰しも「自尊心」を持ち、他者から「尊敬」されることを望んでいるのです。

そもそも、犬を好んで飼うような人は「自尊心」が強いと言われています。

そして、誰かから馬鹿にされたり、見下されることはとても不快で恥ずかしいことなのです。

刑務所の囚人に、殺人や暴行の理由を聞くと「相手に見下されたから」という答えが返って来ることも少なくないと言います。

犬に対して暴力を振るってしまう理由も、この「見下された」という感情が影響しているのではないでしょうか。

「コイ」と呼んだのに来なかったり、「放せ」と言ったのにくわえているものを放さなかったり。
何度もいけないことだと教えたのにテーブルに足をのせたり、飛びついてきたり、あるいは唸ったり噛みついて来たり。

そういう時に、人は犬に自分の「自尊心」を傷つけられた=馬鹿にされた・見下されたと感じ、叩くという暴力に出るのです。

犬は自分の言うことを聞くものだと思っている

では、なぜ犬が言うことを聞かなかったり、自分の気に障ることをしたり、反抗的な態度をとったりすると「自尊心を傷つけられた」と感じるのでしょうか。

それは、犬は自分の言うことを聞いて当たり前だ、と思っているからです。

「どんな時でも犬は飼い主の言うことを聞かなければならない」

「そのためには犬に信頼されるリーダーにならなければいけない」

わたしが学生時代に研修に行った訓練所のトレーナーは、いまだにこんなことを言っています。

昔ながらの職人気質のトレーナーは、今でも堂々とこんな時代遅れのことを言って、実際に犬に厳しいトレーニングを強いて従わない場合は体罰を加えることも珍しくありません。

しかし、この「犬は人間の言うことを聞くもの」という考え方を改めない限り、犬に対する暴力はなくならないでしょう。

そう思っているからこそ、犬が言うことを聞かなかったり、気に障ることをしたり、反抗的な態度になった時に、馬鹿にされたとか見下されたとか、あり得ないことを思ってしまうのです。

犬の自由を認めたら犬が支配者になるとか、人を見下すようになるとか、何かとんでもないことが起こるかのような言われ方をされています。
犬は自分では何も考えられないから人間が全て指示してあげなければならないとか、犬を馬鹿にしているのはどっちだと言いたくなります。

しかし、犬はこれっぽっちも人間を支配しようだなんて思っていません。
言うことを聞かないとか、噛んだりとかいうのは人間側の配慮がないせいです。

犬は本当によく出来た人格者なので、人間の多少の横暴は許してくれます。
でもその優しさに付け込んで人間が身勝手なことをして、犬の気持ちを無視し続けていると、犬だって自分の身を守るために反撃せざるを得なくなるのです。

呼んでも来ないのは、ただ単純に行きたくないからです。
それか、「オイデ」の意味がわかっていないのです。

いたずらをしたり破壊行動をしたり、散歩中に引っ張ったりなどするのは、日常生活にストレスがあることが原因です。

唸ったり噛んだりするのは犬の防衛本能です。
犬が、あなたから身を守らなければならないと思うようなことをしてしまっているのでしょう。

では、今までルールや命令でがんじがらめにしてきた犬に、最大限の自由を保証したらどうなるでしょう。

誰かが言い出しいまだに多くの人が信じている通り、犬が人間のリーダーになってしまうのでしょうか。
自由を得た犬はやりたい放題、家の中は大惨事になるのでしょうか。

そんなことはありません。

自由を得た犬は、はじめは興奮して走り回るかもしれませんが、だんだんと落ち着いて穏やかな顔になり、日がな1日寝ているような犬になります。

飼い主が何も言わなくても自分で正しいことが出来るようになり、飼い主に対しても寛容で、精神的に安定した、一緒に暮らしやすい犬になるのです。

人間の言うことを全て聞いてはくれませんが、意思の疎通で出来るようになります。

その方が、犬は犬らしく暮らせるのです。

 

スポンサーリンク

 

「犬に対する考え」を改める

  • 犬が人間を馬鹿にする・見下す
  • 言うことを聞かない・気に障ることをする
  • 犬は人間の言うことを聞くものだ

こんな間違った「犬に対する考え方」は今すぐ改めましょう。

特に、犬は人間の言うことを聞くものだという考えをやめれば、自然と、犬に馬鹿にされたとも見下されたとも思わなくなりますし、言うことを聞かなかったり気に障ることをするのも犬のせいではないとわかるようになります。

犬は人間に従うものという考えを今すぐ捨てましょう。

そして、犬を思い通りにコントロールしようとする考えをやめましょう。

犬は人間の最良の友と言われています。

「友」という対等な関係なのですから、命令したり、コントロールしようとする必要はないはずです。

思いやりを持って接し、配慮していれば、犬も同じように接してくれます。
飼い主にリスペクトされて、信頼されて育った犬は、人を困らせるようないわゆる「問題行動」はしません。

そして飼い主も、「友」を叩くようなことはなくなるのです。

 

「二度と叩かない」と誓う

考えを改めることも大事ですが。

何より大事なのは、愛犬を二度と叩かないと、自分自身で強く決めることです。

決めるというより、誓って下さい。

誰に対して?

それは、目の前にいるあなたの愛犬です。

「叩くたびにもうやらないと思うんだけど、なかなか出来なくて…」

と言われますが、まずは自分自身で決めないことには始まりません。

二度とやらないためには強い心が必要です。

考え方を変えるのはなかなか時間がかかりますが、自分で決めて実行するというのはすぐに出来ます。

明日からと言わず、今すぐ始めましょう。

暴力というのは人間の本能的な部分がありますので、一度やってしまうと二度とやらないというのは難しいと言われています。
子どもに対する虐待やパートナーへのDVと同じです。

でも、難しいとかなんとか言っている場合ではありません。

愛犬との関係が修復不可能になる前に、飼い主であるなら今すぐやるべきです。

それから、愛犬に対するイライラが直接の原因ではなく、仕事や家庭環境など別のことが原因でストレスになり、愛犬に対する暴力になっていることもあるので、まずはそれを解消することも急務になります。

「わたしには無理だ…」

「出来るわけない…」

と言う前に、まずはやってみて下さい。

1ヶ月やらないでいることが出来れば、その後も続けられるでしょう。

わたしは4年前に「二度とやらない」と誓って以来、一度ものんちゃんを叩くことなくここまで過ごすことが出来ました。

毎日わたしに暴言を浴びせられ、すっかりストレス犬になってしまっていたのんちゃんも、今は毎日寝て過ごし、とても穏やかで落ち着いたまったり犬になっています。

時間はかかりますが、毎日続けていれば必ず良い結果になります。

最後にもう一度、のんちゃんからお言葉を。

 

スポンサーリンク

 

まずはやってみよう!のポチッをお願いします。
日本ブログ村ランキングに参加しています!クリックして応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
お好きな方をクリック!

このブログの収益の一部は愛護団体に寄付致します。

おまけ

そういえば。

るーこの怪我、だいぶ良くなりました!

かさぶたになっています。
何だか、人間だったら一番かゆそうな状態。

悪化して化膿したりしなくてほんとに良かった~。

ほんとだよ~見つけた時はびっくりしたよ。

あれ以来、お散歩後のボディチェックが更に入念になりました。

「ねえまだ?」みたいな顔されるけど、「ちょっと待って!」と待ってもらってます。

ごめんよ!あんたたち毛深いからチェック大変なんだよ!

今日は足裏の毛にバカの種(わかる?)をくっつけて帰ってきたるーこ。

痛くなかったのかよ…

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です